2020年05月

2020年05月24日

緊急事態宣言最終日


とうとう、明日5/25で、緊急事態宣言解除とのこと。

本当に長かったですね。。

東京都の自粛要請は、国の解除に関係なく5/31までとのことですので、

当院はもうしばらくの間、縮小運営となります。






もうすぐ休戦です。

それでも戦いが終わると、トラックが迎えに来てくれるんです

荷台に乗って、駐屯地に帰れるのです。

ながらく山の中にいて、ゲリラ作戦に従事していますと、

街の灯りはおろか人工物を見ただけで、感動で涙がでてきます。


BA001_0048


しかし、まだ敵が完全に殲滅されたわけではありません。

これからもwithコロナです。







“出勤再開うつ”だなんて言葉がネットニュースにありました。

それだけ自粛ストレスって、いろいろと自律神経をむしばみますよね






これまで当院は、毎月既存患者さんにハガキをお送りしていました。

保険証提示のアナウンスや、保険組合からのお手紙対応が、皆様のため絶対重要と思ったからです。






しかし、さすがに今月末は、これまでと状況が違いますよね・・・

緊急事態解除5/25、東京都の自粛解除5/31、

同じ月末でも、重みが全く違います。

今回は、さすがにハガキ一枚は失礼では、、、

2、3月当院にお越しの来院者様には、

感謝の気持ちをこめ、特別版のお手紙をお送りしようと思っています

これから作ります(内容は4月からずっと考えていました








じゃあ、日曜なのに今まで何やっていたんだ という話ですが、


4股関節➃-乳幼児期疾患、思春期疾患-1

いつも日曜は、接骨師やスポーツトレーナー目指すこれからの若い方に向け、

学習資料をつくっています。 

さっきできたやつの半分です。

いつも〆切との戦いなんです。








しかし、まだ終わってないとはいえ、4月から長かったですね



3月・・・・ロックダウンの可能性、銀行融資、日常品の備蓄、ホームページ整備

4月・・・・完全休業、スタッフとのLINEミーティング、院内の感染予防対策、情報発信、終日ニュースチェック、コロナ研究

5月・・・・縮小診療、ストレスケア治療、お手紙作成

思えば、こんな感じでした。





明日から、ちょっとずつ世の中が再起動しますが、

急な変化は体をこわしますので、

ゆっくりいきたいですね。






学校が始まる公立小中高の皆さん、頑張ってね

出社される方は、むりせずに・・・






しかし、本当に明日宣言解除でしょうか・・・?

モヤモヤしてもしょうがありません

私は明日に向かって、12.7mm機関砲をぶっぱなします


BA001_0050


この程度の火器でコロナが制圧できれば苦労ありませんよね
※直径12.7mmの銃弾(相当でかい)が当たると、上半身が吹っ飛びます。。。。





yotsume_st at 22:04|PermalinkComments(0)

2020年05月15日

緊急事態宣言38日目



とうとう39県の宣言解除、 世の中に動きが出て嬉しい限りです。 

経済とのバランス”、という言葉が、大臣の口からも、ちらほら聞くようになりました。



どうせワクチン普及までは、締めたり緩めたりしつつ、のらりくらり行くしかない現状、

天然痘と違い、新型コロナは世界から根絶されなくても、生活努力でここまで改善です




きっと7月は、マスク着用をのぞけば、楽しい夏が待ってそうです

個人的に期待しています


img_47cda09e5df79a2dd0fc91470d1a1daf336908



本来は、季節性インフルエンザで毎年3000人以上の方が、、不幸にも、、、、



それに比べると新型コロナは、自由とストレスとを引き換えに、かなりの健闘ぶりです

世の中の人全体の、鼻腔粘膜の面積が限られている都合上、新しい感染症が流行した年は、

季節性インフルがはやりにくいそうです。 (辛坊さんの番組より)

2020年はトータルすると、

ウイルス性疾患でお亡くなりになる方が、とても少ない年になりそうな予感が・・・









昨日は、専門学校にて配信用動画の撮影でした・・・

本来90分の授業を30分にまとめます。しかもたった1回で済みます

ずっと、このままがいいな・・・



これに慣れたら、

非常事態宣言の解除後、、、

私は社会復帰できないかもしれません・・・

2股関節②-2股関節唇損傷、3弾発股-1

夜なべしてつくった今回のプリントですが、

おそらく多くの学生さんは、講義動画なんてさっさと飛ばして、

課題だけやって、即効終わりでしょう。



しかし多かれ少なかれ、みんなストレスと戦っていると思いますので、

責任として、解りやすく楽しい講義(談)を目指します。





普段私は、人様のお話を聞くのが仕事ですので、

本当は、しゃべるのは得意ではありません。


理想の先生といえば、やはり今はこの方でしょうか

ぜひ見習いたい 下ネタ以外は





よつめ通りピィ~ヤは、在宅で頑張る皆様を応援しております




yotsume_st at 11:36|PermalinkComments(0)

2020年05月11日

緊急事態宣言34日目


緊急事態の延長戦も5日目です。

当院は、先週まで1カ月の自主休業とさせて頂き、

5/8より、段階的に縮小再開の形を取らせて頂いています。




世の中が大変な中、再開させて頂くのは本当に葛藤がありました。

「気の緩み」「自粛疲れ」、こんな言葉が多く流れています、何事もバランスが必要かと、


EViIKU5UMAER9hu


医療系の国家資格を持っていると、協力金の対象外です。

だから今回は見逃して頂きたい 、、、自粛警察の方々には







休業中は、朝に職場に行き、そこからずっとパソコンに張り付く毎日。

ずっとコロナ関連のニュースを収集しながら研究し、同時に事務作業を進めます。

そんな中、とうとう 5/6時点から、形勢逆転

2020-5 コロナに勝利


その日の新規感染者数を、退院者数が上回りました しかも大きく、、、やったー

このペースでいけば、いずれ医療崩壊解消です


ところが、この情報では肝心のICUの空きまでは不明。

東京都と石川県の病床占有率はまだ90%以上、、、とのこと。。。

最前線の医療従事者のご苦労は現在進行形です。

大阪モデルなら60%が解除の分水嶺。

まだまだ、本来可能な限りの自粛休業が必要なことは充分承知の上です、、、、







当院も、清潔対策を徹底しており、先週もこのようなご時世にもかかわらず、

多くのご来院者様に必要として頂き、本当に感謝しております。 

このようなご時世だからこその、医療系国家資格者の役割を感じました。



しかし、少しでも心配に思われる方の場合は、

宣言の解除まで、ご来院を見送って頂くことが、何より大切と考えています。

ハガキにてお知らせさせて頂いた特別措置は、そのために当院が提供できる精一杯であります。











休業期間中は、仕事上必要だった2回を除き、

だれとも話さず、一人で孤独に30日間作業を続けていました。










しかし、思えば過去にもこんな休業期間があった気がします・・・・





覚えてらっしゃいますか、、、

あの時期、このCMばかりでした、、、、









当時、母が倒れ脳に障害が残るとの急報が、、、

東京での仕事はすべて辞め、福島県に急きょ帰郷です。

母が住んでいた古いアパートを拠点に、介護施設さがしと職探しに市内中を奔走する日々、、、

たった一人の親を抱えて、無職の再スタートです



あの時期3カ月前の、先の見えない福島県は、本当にいろんな意味で寒かった、、、

一歩まちがえば、人生休業の危機が、、、 親子ともども終わりか

経済的なリスクを大分抱えていたため、周りの親戚からも当初は腫れ物扱い、、、

しょうがないことです、、、

それだけ、当時20代だった私は、深刻な顔をしていたのでしょう・・・




こんな時ほど、気持ちの明るさが試されます

親の件を解決後、ようやく周囲の温かい気持ちに気づくことが出来ました






10年前は、もう二度と来ない人生の “冬休み(4カ月も)” と思っていましたが、

こんどは、春休みをもらえるとは、、、、、







あのCMがトラウマの方もいるかもしれません、、、

しかし、今は楽しい友達たちに変化、、、、、、  ゲットだぜ



 


おはよウナギ   いまだにコイツだけはカオスですが、


皆様の、大変な今のご苦労も、きっといつか良い思い出に変わることを、切に願っております。。。














スクリーンショット (59)





yotsume_st at 12:39|PermalinkComments(0)

2020年05月06日

緊急事態宣言29日目


接触10割減生活も、そろそろ終わりです

勝手ながら自主休業。本当にご迷惑おかけしました。

もう皆さまから忘れられていると思いますが、・・・

よつめ通り整骨院も、当初の予定通り5/8(金)より縮小にて再開させて頂きます。m(_ _)m




まだ緊急事態続行中だというのに開けるとは何事かと、お思いの方もいらっしゃると思います。

ただ、自治体全般の指示は、整骨院は適切な感染防止対策を要請とのこと、

image


社会の一員として、休業自粛の責務を果たせたかどうかは、皆様のご指摘を仰ぐところですが、

受付カウンターにはシールドが付き、受付時間も縮小して、

できうる限りの感染予防対策の元、段階的に診療再開をさせて頂きたいと思っています。

そして、熱や咳のある方の施術はお断りしなければなりません、どうぞご了承のほど。









元々、感染の急拡大ピークはすでに3月中旬。

そこから押し寄せる医療崩壊をいかに防ぐかが命題の、緊急事態からの自粛要請  

4月10日時点での東京都の実行再生産数はすでに0.5もはや収束 、、、
(3/14時点では2.6だったのに、、、、新型コロナは通常2.5)


890284d1


しかし、1日の退院数をまだ上回る新規感染者数。


4月
~GWは、どんなに感染対策を講じたとしても、休業できるなら休業が1番の貢献か。

GW明け以降は、新しい生活様式の定着と、世の中に合わせた企業努力を頑張るのみ・・・


そして現時点では、オーバーシュートはどうやら免れ、新規感染者も減少傾向へ、

後は、1日の新規感染者を、退院者が上回る日を願って、もうひと頑張りの5月スタートです。








これから日差しの強さに正比例して免疫力は上がります。

免疫抗体の多くは腸のリンパ節で作られ、ビタミンDが多い程、多く作られるとのこと。

ビタミンDの必要最低摂取量は 240 IU/日。※ちなみに牛乳1杯 100 IU。

夏に日光浴すると体内で最大 13,000 IU/日も作られ、一方、冬は不足するので風邪をひきます。

安倍総理は、5/14又は5/21に、状況により早期解除の可能性を示唆、、、、

しかし、小池知事は5/31までこれまで通りがっちり自粛休業時短営業継続と、、

やはり某府知事同様、現場の長の気迫を感じます。。。







ステイホーム週間の努力と、温かい時期の免疫上昇・・・そしてレムデシビル5/7に承認

(一般インフルエンザでいうところのタミフルと同じ効果の薬ですまさかこんなに早く承認

意外と・・・、新型コロナって、すんなり収束しそうな予感 ・・・を充分感じます


実際、東京都の新規感染者数は全国でダントツに見えますが、

感染の広がり方(実行再生産数)は、全国平均より0.2ほど小さいそうです。(4/上旬時点)

人口が多いので、どうしても相対的に新規感染者が多くなるのでしょうが、

実は東京って、そこまで危険なわけではないということでしょうか

今は、市中感染は減り、家族間や医療機関の中でのクラスターが大変そうですよね。。。


結局今後は、【その日の退院者数】が【その日の新規感染者数】を上回れるかどうかが

国民の実生活や実経済を左右しますので、私はそこに願いを込めます

・・・いやいや、これは本当に不謹慎発言です  

最前線で命をかけ戦う感染対応の医療従事者の皆様方に本当に申し訳ありません。。。







やはり、冬にまた波が来そうですね・・・

なんだかんだで長期的には皆一度はかかるはず・・・

現在東京では単純に割ると、PCR検査で陽性になる確率は3000分の1です。

どんなに対策しても、結局は運否天賦なのでしょうか・・・

と、思いつつ・・・レムデシビルによるゲームチェンジを期待します 頑張れ厚生官僚








そうはいっても、やはり清潔環境の徹底と、免疫力向上 6月は温泉に行きましょう

完全自粛はさすがにもうできません。。。さすがに、、、

雇用調整助成金、もちろん当院は要件を十分満たしてます。でもこれ本当に申請できるのでしょうか?

最近揶揄されるパチンコ屋さんは、月の固定費で1000万以上吹っ飛ぶそう、、、心底ぞっとします。

当院は数十万で何とかなるので、業界団体の御指導に従い、休業させて頂きましたが、

都からの協力金なんてなんもありません。悲しいです。(一律10万円は設備費にあてます









しかし・・・今、最も悲しいのは、、、


やはり、、、高校総体 インターハイの中止です。   


専門学校勤務時代は、東京と千葉の高体連陸上競技大会トレーナー業務の担当だったため

強豪校の先生によくしていただき、今でも生徒さんの治療をご依頼頂くことが多々あります。

本当に陸上競技に育てて頂きました。

それだけに、彼ら彼女たちの気持ちを考えると本当に胸が痛い。

きっと新人戦のシーズンに、文部大臣が生徒さん達の気持ちに答えてくれるはず、、、

よつめ通り整骨院は今後ともアスリートの皆さんを応援させて頂きます

選手皆さんの努力が報われますように・・・








しかし、考えてみれば、私も部活の顧問をしていた時期がありました・・・・








DSC00574


DSC02581


上司より陸上部を作るよう命令を受け、この時期は経験者をかき集めなんとか部っぽい形をつくり。

最初はユニフォームの発注も追いつかなかったため、ありあわせので、なんとか大会出場

創部初期のメンバーたちは、専門学校に入ってまで陸上競技をやらされるとは、、、、

さすがに思ってもみなかったでしょうね・・・


それに比べると、後半戦はだいぶ部員も増えました。これで私の役目も終了です。

寂しいですが、自分で選んだことです。


DSC01256


だいぶオッサンになりました。

顔のしわは大分増えましたが、

写真を見るに、着ている服はこの10年あんまり変わってなかったです





今思うと良い思い出だったような気が、、、

みんな、立派な医療従事者になってるかなー  



引き続き、GW明けに向け準備をさせて頂きます。

ありがとうございました。











yotsume_st at 00:59|PermalinkComments(0)