緊急事態宣言29日目緊急事態宣言38日目

2020年05月11日

緊急事態宣言34日目


緊急事態の延長戦も5日目です。

当院は、先週まで1カ月の自主休業とさせて頂き、

5/8より、段階的に縮小再開の形を取らせて頂いています。




世の中が大変な中、再開させて頂くのは本当に葛藤がありました。

「気の緩み」「自粛疲れ」、こんな言葉が多く流れています、何事もバランスが必要かと、


EViIKU5UMAER9hu


医療系の国家資格を持っていると、協力金の対象外です。

だから今回は見逃して頂きたい 、、、自粛警察の方々には







休業中は、朝に職場に行き、そこからずっとパソコンに張り付く毎日。

ずっとコロナ関連のニュースを収集しながら研究し、同時に事務作業を進めます。

そんな中、とうとう 5/6時点から、形勢逆転

2020-5 コロナに勝利


その日の新規感染者数を、退院者数が上回りました しかも大きく、、、やったー

このペースでいけば、いずれ医療崩壊解消です


ところが、この情報では肝心のICUの空きまでは不明。

東京都と石川県の病床占有率はまだ90%以上、、、とのこと。。。

最前線の医療従事者のご苦労は現在進行形です。

大阪モデルなら60%が解除の分水嶺。

まだまだ、本来可能な限りの自粛休業が必要なことは充分承知の上です、、、、







当院も、清潔対策を徹底しており、先週もこのようなご時世にもかかわらず、

多くのご来院者様に必要として頂き、本当に感謝しております。 

このようなご時世だからこその、医療系国家資格者の役割を感じました。



しかし、少しでも心配に思われる方の場合は、

宣言の解除まで、ご来院を見送って頂くことが、何より大切と考えています。

ハガキにてお知らせさせて頂いた特別措置は、そのために当院が提供できる精一杯であります。











休業期間中は、仕事上必要だった2回を除き、

だれとも話さず、一人で孤独に30日間作業を続けていました。










しかし、思えば過去にもこんな休業期間があった気がします・・・・





覚えてらっしゃいますか、、、

あの時期、このCMばかりでした、、、、









当時、母が倒れ脳に障害が残るとの急報が、、、

東京での仕事はすべて辞め、福島県に急きょ帰郷です。

母が住んでいた古いアパートを拠点に、介護施設さがしと職探しに市内中を奔走する日々、、、

たった一人の親を抱えて、無職の再スタートです



あの時期3カ月前の、先の見えない福島県は、本当にいろんな意味で寒かった、、、

一歩まちがえば、人生休業の危機が、、、 親子ともども終わりか

経済的なリスクを大分抱えていたため、周りの親戚からも当初は腫れ物扱い、、、

しょうがないことです、、、

それだけ、当時20代だった私は、深刻な顔をしていたのでしょう・・・




こんな時ほど、気持ちの明るさが試されます

親の件を解決後、ようやく周囲の温かい気持ちに気づくことが出来ました






10年前は、もう二度と来ない人生の “冬休み(4カ月も)” と思っていましたが、

こんどは、春休みをもらえるとは、、、、、







あのCMがトラウマの方もいるかもしれません、、、

しかし、今は楽しい友達たちに変化、、、、、、  ゲットだぜ



 


おはよウナギ   いまだにコイツだけはカオスですが、


皆様の、大変な今のご苦労も、きっといつか良い思い出に変わることを、切に願っております。。。














スクリーンショット (59)





yotsume_st at 12:39│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
緊急事態宣言29日目緊急事態宣言38日目