大門整体日記〜朝日とともに始まる治療院!

人間の体の中は空も海もある・・・ 肩こりも腰痛も、そして小顔も、その目で見ていきたいと思います

きみにかわれるまえに

昔はこの本屋のマンガ
全部読む!(立ち読みで)

ぐらいのパワーがあったのに


生きてて
50年も過ぎると

どんなマンガを見ても

どれもこれも
読んだことがあるか

読んだことがあるマンガの
バリエーションだなあ・・という感じで

なんか読む気がなくなる・・・


なんて甘いことを言ってるんじゃねえ!

面白い本がないのは
お前が見つける努力をしてないからだ!


そういう風に
頭を殴りつけてくれる
マンガが

まだ、あるのは幸せなこと!








今日、昼休みに見つけました。


いつまでも
頭を殴ってくれるマンガや

いつまでも
頭を殴ってくれる師匠(殴られてはいませんが)が

いてくれる幸せを感じつつ

さあ、よい6月を過ごすぞ!


ちょっと恐い

今日の
コンビニの雑誌コーナー

IMG_0220

なにか
ちょっと
怖い

生身(なまみ)は辛いよ

コロナ騒動のおかげで
ちょっと時間が出来たので

新しい本、古い本
大量に読んでます(至福の時間♪)


読み返した本のひとつ

院長井上は、20年以上前に
法律事務所職員として働いていて

その時、
依存症の方々のケースに
ちょっと、かかわらせていただいた。


なのでその後も
折にふれ、こういう本はチェックしてるのだが

年をとればとるほど
他人事だと思っていたのが
「ああ、自分のことでもあるかなあ・・」
と実感できるようになる。


この本の中で
薬物やアルコールを、
再使用してしまう時、

生理がキッカケという女性が
けっこう多いという話が出ている。


その文章の中で
「生身(なまみ)はつらいよ」
という言葉が出てきて

なにか凄く納得してしまった。


院長井上、生理の辛さはわからないが
(なにしろ男性なもんで)

生身がつらい、という感じは
なにかわかるようになりました。


考えてみたら、現代人って
生身じゃなくて
幻想を生きてるようなところがあるから

生身に帰ると
なんか辛いよね。

でも、本当は
「心からの幸せ」とかって

生身じゃないとわからないところがあるから


生身じゃなくて
幻想と言う名の現実を生きてると

いくらお金を稼いで使っても
満足できない、っていう
地獄のようなパターンにはまるから
(だってお金もある種の幻想ですもの)

だから
生身は辛いけど

そう感じられるようになったというのは
心からの幸せにつながる
第一歩なのかもしれない、とか思ったり。


いい意味での生身
本当の意味での幸せ

そんなものを感じられるような
整体ができてらいいな、と思いながら

こんな時期に
研究を進める日々です。

風が通うといいな

なんだかコロナで
世界が大変。

なんか、院長井上にも
できることあるかな?


こういう時、大きいことを言いだすと危険。

「政治が悪いんだ」とかね。

(いや、僕も政治は悪いと思ってるけど)


こういう時、人のせいにするのも危険。

「安部総理が悪いんだ」とかね。

(いや、僕も安部は悪いと思ってるけど)


大きいこと言って、人のせいにすると
なにか一瞬
気持ちはいいかもしれないけど

結局、世界はなにひとつ変わってない。


だったら、小さいことでいいから
自分に出来ることをしよう! と思って

ご縁のある方に、
お守り?ハガキを郵送させてもらおうと思いました。


と思って、780部印刷して
郵便局に料金別納で頼んだら

職員さんが数えて
「あの、980部ありますけど・・・」

ええっ?!

どうも印刷ミスって
200部ぐらい、宛名がダブっていたみたい。


だけど
どれがダブってるのかわからない(涙)

泣きながら、家に帰って
約1000枚のハガキを、50音順に並べて
一枚一枚、チェックしていきました。

・・・けっこう大変でした(笑)


でも、おかげで
一枚一枚、宛名を見て
その方を思いだしながら

いい感じになりますように・・みたいに
思うことができたので

かえってよかったな♪


ささやかなことだけど

閉塞感のある毎日に
ちょっとでも
風が入って

少しでも、受け取った方の
気持ちが軽くなったら嬉しいな。


みんなにとって
少しいい、5月のラストで
ありますように!


自粛警察とかいうのが流行ってるらしい

「自粛警察」とかいうのが
流行ってるらしい。


美女Nさんから
「なんかヒドイらしいけど
 先生どう思う?」
みたいな質問をいただいた。

(他の方たちにも聞かれたので
けっこう多くなってるのかな?)


「質問に答えるとね」

「はい。」

「たとえばある人が
 あまりいい年齢の取り方をしないで」


「へ?」

「いつのまにか
 誰からも尊敬されない老人に
 なっていたとしよう」

「はあ」

「まあ、老人といったけど
 おじさん、おばさんでも同じね。

 その人が
 どんなにえばりたくても
 世の中でえばれる相手がいない。

 想像できる?」


「はあ。なんとなくは」

「えばりたいけど
 性格悪いから、尊敬されないし
 えばれるような努力もしてこなかった」


「はい」

「そんな時に「コロナ」ですよ。
 コロナ様という名前を出せば
 大手を振って、「えばれる」わけさ。」

「なるほど〜」

「もう死ぬまで人にえばれないと思っていたら
 コロナを出せば、安易に
「正義の味方」になって、人を注意できるわけさ」

「ちょっとわかるかも」

「まあ、ハッキリ言うけど
 最低の人間だと思うね。

 もしくは「コロナ教」の信者だね」


「先生、そこまで言っていいんですか?」

「うーん。百歩譲って
 自分の名を名乗って、注意してるんならいいよ。

 でも、そういうことしてる人って
 だいたい匿名でやってるんでしょ?

 張り紙とか、電話とか、道行く人を怒鳴るとか。」

「あ、そうかも」

「安全地帯から、自己満足のためにやってる。
 だから最低だと思う。」


「先生、そういうこと
 ブログには書かない方がいいよ」

「いや、なんか
 その気になったんで書くね。」


「えーっ?!」

「だって、黙っているっていうのは
 無言の同意になっちゃうからね。」

「う、うん・・」

「ついでに匿名だったら

 自分は安全地帯から
 ただえばりたいためだけに
 コロナを使ってる
 最低の人間ですね、と
 言っちゃうかも。」


「先生、どうどう・・・」

「すまん。
 ちょっと熱くなっちゃった。

 でもね。
 クライアントさんにも
 お医者さんをはじめ

 この状況で、
 必死に自分に出来ることをしてる人が
 たくさんいるのに

 もしくは、
 さんざん悩んで、
 お店を開いた人もいらっしゃるのに・・

 匿名で安易に人を責める人には 
 「だからお前は人に尊敬されないんだ!」
 と言いたいね。」



なんか、一人の治療家として
ブログに書く内容ではないかもしれませんが

どうもおかしなことに
なってるようなので、
クライアントさんに答えたとおり
ここに書かせてもらいました。


自粛警察とかする前に
自分にできることを、やりましょうよ。

たぶん、
自粛警察するより
本当に人のためになることが
たくさんあるし

その方が
人にきっと尊敬してもらえますよ。


不安なのもわかるけど
そういう時期こそ

かっこ悪いことはやめましょうよ。

そうしないと
コロナ騒ぎが終わった時には
また誰にもえばれない自分が残るだけだから。


この災害を通じて
ちょっとだけでもいい人間になることが

人に出来ることの、ひとつだと思います。


大門整体院リンク

大門整体院(朝6時から!)
電話: 080-6663-6883
東京都港区芝大門1-2-5
新橋・大門・浜松町・
御成門・神谷町圏内
自己紹介

大門整体院 院長 井上誠

平日は朝6時から夜8時まで大門整体院を経営。
毎日が楽しくてしょうがない。
でも楽しいのは楽とは違うのだということを痛感する日々(でも楽しい)
大門を日本一元気な背中のあふれる町にしたいと密かに思っています。

電話 080-6663-6883
inchoinoue@gmail.com

このブログを携帯に登録

http://blog.livedoor.jp/yotubye/
最新コメント
記事検索
月別アーカイブ
大門整体院携帯サイト

http://katy.jp/body/
大門整体院
大門整体院
東京都・都内/港区
新橋(新橋駅烏森口)
→ JR・ゆりかもめ
浜松町(浜松町駅北口)
→ JR・モノレール
大門(大門駅A5出口)
→ 都営新宿線・都営大江戸線
神谷町(神谷町駅3番出口)
→ 東京メトロ日比谷線
御成門(東京都)
→ 都営三田線
圏内の整体院です。

お読みいただいて
本当にありがとうございます!

今日一日が
あなたにとって
よい一日でありますように!
  • ライブドアブログ