大門整体日記〜朝日とともに始まる治療院!

人間の体の中は空も海もある・・・ 肩こりも腰痛も、そして小顔も、その目で見ていきたいと思います

感謝ってなに?

先日の整体講座の後

15280899_701500490031116_2014526338_n

懇親会で
何人かの先生方に
アドバイスをさせていただき

その後、
このブログにも書き込みをいただいたので

出来る限りで
返信(&アドバイス)をさせて
もらったのだが・・・


書いてて
悩んだのが

「感謝」という言葉。


なんで悩んだかと言うと

「感謝」って
やれって言われてするものじゃないものなあ・・・
ってこと。


周りに感謝できる人は
確かに成功すると思うけど

「成功するなら感謝する」みたいな
セコイ奴にも
なってほしくないし・・・


でもわかりやすく伝えれば
いいってもんでもない。


わかりやすくした瞬間に
失うものがある言葉ってあると思うし。

「感謝」って
そういう言葉の一つだし・・・


うーん。

どう伝えればいいんだろ?

15226587_701500556697776_542441802_n


そんなことを
美女Fさんに
小顔+全身整体をしながら
お話したところ

「うーん。

先生、私、メイクアップアーティストじゃないですか。」


「うん。」

「自分がメイクした人が

ステージに出て、会場を沸かせているのを見ていると」

「うん。」

「なんだか、じわっと胸が熱くなるんですよね。」

「ああ・・・」

「なんか、ありがとうっていうか」


「うん。うん。」


そうだよね。

そうだよなあ。

うまく言えないけど「わかる」


感謝って、いくら言葉を知ってても

そういう経験がないと
やっぱり難しい。


だから

自分が胸が熱くなる瞬間があったら

「これが感謝かも」
って思って

その経験を自分の中に
大事にとっておいて欲しい。


そして、なにか
ひっかかる瞬間があった時

「もしかして
 これが「感謝する瞬間」なのかな」

と思ってみてほしいかな。


即効性はないかもしれないけど

それが
自分でやっていても嬉しい
治療院をつくるための

本当の近道だと思うから。

おむつは何時とれる

院長井上は
元保育士なので

整体中に

『うちの子(赤ちゃん)の立つのが
遅いんじゃないかと心配なんです』 

というご相談を受けることがあります。


なにかの障害がない限り
(そしてあれば、今は検診とかでわかるから) 

「今まで、立ち上がらなかった子は
 見たことないから大丈夫!」

とお伝えしています。
 

そんな話を美女Tさんにしたら

「私の場合は、お姑さんから
『(孫の)おむつ、なかなか取れないね』
と言われたんですが」


「言われたんですが?」

「『このまま大きくなっても
 今は大人用おむつもあるから大丈夫!
と答えました」


「凄い(笑) 大技だ!」
 
「お姑さんは
『あんた大物だねえ』と
呆れてましたが(笑)」


うん。素敵なお母さんだな♪

生きてるってそんな風に

明るく、大きく、進んでいけば
いいんじゃないかな。

元気と笑顔をいただきました。
ありがとう、Tさん!


ちなみにTさんのお子さん

今はおむつも
もちろん卒業して

立派に大きくなられているようです!

 

メリルかく語りき

新聞を読んでいたら

(院長井上は
こういうところは
古いスタイルの人間なので

ネットニュースより新聞派)

92a5ae2e.jpg
 
メリル・ストリープの
インタビューが載っていた。
 
その中で

−−−−−−−−−−−−−−−
『演技はドキュメンタリーのように
 嘘なく、本当っぽく』
とばかり考えていました。

しかしライザ・ミネリの舞台を見に行き、

『そのエネルギーに教訓を得ました。

リアルだけではない欲望・情熱を
出さなければ
演技は平坦になってしまう。

一番後ろの席に座っていても
伝わるものがあると気づかされました。』
−−−−−−−−−−−−−−−

なんだか、グッとくるなあ。


正しいことも大事だけど

間違っているかもしれなくても
損かもしれなくても

こうとしか行動できない!
ってことが人生にはあって


それは正しいことよりも
応援したくなったりするから

人生は面白い。


そんなことを思いながら
本日も、雑誌の対談原稿の校正。

自分のことだったら
ここまで、がんばれない。

自分のためって
がんばれそうだけど

実は、がんばれないよなあ。

綺麗ごとじゃなくて
人のための方が
がんばれることって多いよなあ。


そんなことを
素直に思えるようになるから

長生きもいいもんだ。


人生は、意外と面白い。


さて、明日も
そんな不思議な人生を生きていこうっと!

いろいろ いろいろ考えた

日曜日に
整体講座の懇親会で

いろいろ質問を受けて

いろいろ院長井上、考えた。


そして、昨日、今日と

クライアントさんたちから
「みなさん、大変だなあ」
ということを聞かせていただいて

またもや
いろいろ考えた。


まあ、いろいろ考えたのだが

一つ思ったのは

「攻めるって、大変だけど簡単で
 守るって、簡単そうだけど、超大変」

っていうこと。


たとえば、ここに
「開業したい!」
という治療家さんがいたとして

やれることを全部やる!
と決めて

本当にやれることを全部やれば

それは大変だけど
(寝不足になるし、頭使うし、身体使うし)
(人と関わるのを恐れないことも必要になるし)


でも

でもでも

極端な話

「やるべきこと」をやれば

それなりに繁盛はする、と思う。


だけど

守るって超大変。

たとえば
家族が毎日、平和に過ごしていくのって

攻め、じゃなくて
守りだと思う。

子どものころは
家族がいるって
当たり前のことだと思ってたけど

いやあ、普通のことじゃないですね。

結婚すると、さらにそう思う。


だから、今、院長井上が
尊敬する人って

技術を持っている人でも
稼いでる人でもなくて

(そういう人は凄いな、と素直に思いますが)

家族のことを
ちゃんとやってる
お父さんとかお母さんかな。

いや、家族のことをちゃんとやってる
息子さんや娘さん、
それかおじいちゃんに、おばあちゃんもかな。


そういうのは
どうも院長井上、むいてなさそうなので

せめて治療について
やれることはやっていこう!



地味な結論が出るまでの
ここ3日間でした。


というわけで
結婚生活がちゃんと出来てる人は

治療院の繁盛なんて
楽勝だぜ! という結論に
もっていきたかったのですが

結婚生活という「守り」と
治療院繁盛という「攻め」と

両方やらなくちゃいけないから

そいつはさらに大変だ!
という 

困った結論になっちゃった。


まあ、困った結論だけど
結局はやるかやらないか
なんだろうな。


 

言葉に血を通わせよう

昨日は
師匠のセミナーで

53085738

講師業!


その後の懇親会では

独立開業したばかりの先生や
開業を目指している先生が多かった。


少しでもうまくいって欲しいから
あえて厳しいことを言わせてもらった。

それにもかかわらず
みんなまっすぐに話を聞いてくれて 
その態度が素晴らしいと思った。


ただ、気になったことがあった。

「大事なことってなんだと思う?」
と院長井上。

「お客様目線だと思います!」
と、若手の先生。

「お客様目線って何?」

「えーと・・・」


院長井上は
「お客様目線」みたいな言葉を

「最終言語」
って呼んでます。


確かに間違ってない。
だけど、それを言った瞬間に
思考が停止してしまう言葉。

便利だけど
とっても危ない言葉。


「今はお年寄りばかりなので
30代、40代の女性に来てほしい。」
という治療家さんがいた。

「じゃあ、30代40代の女性の方は
 何を求めてると思う?」

と聞くと

「えーと・・・」


『自分が30代40代の女性の目線になって
 自分の院を見たことある?』
ってことなんです。

30代の女性になって

入口を
スリッパを
院のトイレを
ベッドを
照明を
そして治療家としての自分の姿を

見たことある?

ってことなんです。


クライアントさんと同じように
ベッドに寝転がったことある?

寝転がらないと
気付かない匂いとかが
もしかしてベッドについてない?

寝転がったことがあっても
クライアントさんと同じように
30分、院のベッドでうつ伏せに
なってみたことある?

意外とベッドが固いとか冷たいとかに
気付くかもしれないよ。


そこまでいって
初めて

最終言語の(思考停止の)
「クライアントさん目線」じゃなくて

血の通った言葉として
「クライアントさん目線」
という言葉が使える

そう、院長井上は思っています。


便利でかっこいい言葉を増やす前に

手持ちのいくつかの言葉でいいから
血を通わそうよ。

「クライアントさん目線」っていう言葉に
本当に血が通えば

その院は、絶対に成功すると思うよ。


「クライアントさん目線」って言葉に
血を通わせずに

ただ言葉をもて遊んでいても

それは
「彼女に告白したいけど、どうしよう・・・」
と迷ってるのと同じ。


迷ってる時間は
ある意味、楽しいのだけど

それでは、何も始まらない。


現実に告白すれば
うまくいくかもしれない。
手ひどく、フラれるかもしれない。

でも、
うまくいくのも
フラれるのも

告白してみなくちゃ
起こらないこと。


もちろん、現実には
フラれることの方が多いかもしれない。

でも、
自分の思考の中で
「フラれるかな
・・・でももしかしてうまくいくかな?

 うまくいったらどうしよう♪
 でもやっぱり無理かも・・・」

と、いくら考えても
現実は何も変わらない。


告白して
フラれて

現実のヒリヒリを味わって

それでも、その現実と
まっこうから向かい合って

汗をかきながら
べそをかきながら
それでも歯を食いしばって
前に歩きつづければ

どこかにつくこと

それだけは保証できるから。


現実と接点のないところで
いくら言葉を増やしても

現実は
ひとつも変わらないから。


そして

なにひとつ
傷つかないで

うまくいくことなんて
ありえないぜ!

そんな当たり前のことを
人はけっこう忘れちゃうんだぜ!


そんなことも
昨日は話したかったのですが

時間の関係で言えなかったので

ここに書かせてもらいました。


というか、
全部、自分にかえってくる言葉なんですけどね(苦笑)

ああ、自分の心が痛いぜ!


昨日、お話させていただた先生方、

お互いがんばって
年末には

「11月ラストからの一か月

 今までとは違った工夫が出来た!

 行動が出来た!」

と充実感とともに

振り返るような1か月にしましょうね!

院長井上も、がんばります!


自己紹介
大門整体院リンク

大門整体院(朝6時から!)
電話: 080-6663-6883
東京都港区芝大門1-2-5
新橋・大門・浜松町・
御成門・神谷町圏内
このブログを携帯に登録

http://blog.livedoor.jp/yotubye/
最新コメント
記事検索
大門整体院携帯サイト

http://katy.jp/body/
大門整体院
大門整体院
東京都・都内/港区
新橋(新橋駅烏森口)
→ JR・ゆりかもめ
浜松町(浜松町駅北口)
→ JR・モノレール
大門(大門駅A5出口)
→ 都営新宿線・都営大江戸線
神谷町(神谷町駅3番出口)
→ 東京メトロ日比谷線
御成門(東京都)
→ 都営三田線
圏内の整体院です。

お読みいただいて
本当にありがとうございます!

今日一日が
あなたにとって
よい一日でありますように!
  • ライブドアブログ