2018年を振り返ると、災害の多い大変な年だった。自身も南フランスやフィンランドへ、屋久島への旅など移動距離としてはさらに広がった年だった気がする。イベントとしてはソロー6周年の節目としてポリ裏ブックバザールもやり遂げることができ、周囲には本当に感謝しかないです。

しかし水平ではなく垂直の旅として、自分の中で一番掘り下げて行ったのは2019年春頃刊行予定の『ローカル・トライブ』に向け、友人たちを訪ねる旅だった。その撮影と執筆に終始した1年でした。

これは編集者の浅野さんより企画を頂き、写真と文章でのドキュメンタリー本を作れないかという話が発端。僕自身もローカルに帰って来て10年が経とうとしている今、改めて人をフックに四国、瀬戸内の懐に深く入って行けるような気がしている。

人生において誰しも一度はローカルを離れたり、旅に出る。大事なのは自分をその先で見つけたあと、どうやって、どこに着地するのかということだと思う。

ローカルトライブは、グラウンディングの物語として、今現在も都市で生活しながら、いつかローカルにと思い悩んでいる人たちに向けて書いている本だ。誤解しないで欲しいのは、全ての都市生活者を否定するものではないということ。ローカルに帰る事だけが、もちろんグラウンディングではないのだから。


1981やブラックレインが予言していたように、国家と民と精神がこんなに乖離した時代も歴史上なかったと思うし、この分裂症気味な傾向はより加速していく気がしている。


全てが崩壊しつつあるように見える今。中央から周辺へ、高みから地に足の着いた大地へ。3・11などにより強制的に加速された僕たちの世代の魂は、確実に新しい旅を始めている。


これを成長には必要なことと捉え、未来に前向きに進んで行きたい。僕たちはせめて、この大地だけでも取り戻せるのだろうか?


2019年春、新著『ローカル・トライブ』刊行予定!頑張ります。皆さま良いお年を!

多謝◎


IMG_01364321
1234208H0208208H0477208H1402208H1974208H4195208H9487208H9672079207970798080408060807080908140816082108240835IMG_1164IMG_2097IMG_2110IMG_3701IMG_3791IMG_3822IMG_5841IMG_8718IMG_9080IMG_9941IMG_4829IMG_4313000200010900IMG_56210897IMG_54801IMG_1247