上海へ行って思ったこと・・・超一流の営業って・・・・

2008年12月31日

心を盗み見して     重力ピエロより


伊坂幸太郎の作品は文章の展開よりも
その文章、言葉の重みが心地よい。

今回の物語はハルという強姦によって生まれた子と
その兄を中心に展開する。
内容は単に復讐劇だが、
一つ一つのやりとりが
細い内容を太く包む。

伊坂幸太郎のブログを読んでるような感じ。
ハルが何を感じ、考えているのか?
その全てがわかるわけではないが、
その一部をのぞきこむことができた。
それは他ならぬ伊坂幸太郎の
心の中をその一部を盗み見することになるのだろう。

俺のブログをよまれているとき
読んでいる人間に
俺の心を読まれているのかもしれない。



you10171972 at 12:58│Comments(0)TrackBack(0)読書 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
上海へ行って思ったこと・・・超一流の営業って・・・・