スランプ不況の本質

2009年03月02日

ワインの奥深さ


ワインの奥深さ。
なぜ皆ワインを好んで飲むのか?
ハマッテ抜け出せない人もいる。
日本酒もうまい。焼酎も最高だ。
でも
ワインぐらい世界中で造られ愛されているお酒はないだろう。
日本でもアメリカでもアフリカでも。

ワインの難しさ。それがワインの楽しさであるのかもしれない。
水を使わず、葡萄だけで味と風味を演出するその技法は
ほかのエンターテイメントにはない壁となって生産者に襲い掛かる。
そしてその壁を越えたものだけが、ワインを愛する人々に満足感を与えることが
できる。

そういう意味では日本人もおいしいワインが造れるはずである。
どの国の人々よりも
高い壁に立ち向かい、山を登り、重いものを背負うことが好きなこの国の
国民性はワインという壁も越えてしまうような気がしてならない。

いや、超えてほしい。

フランスワインも良い、南米のワインも楽しい。
それに負けない日本のワインが出来ても良いはずだ。

早くそんな日が来ることを待ちたい。



you10171972 at 12:35│Comments(0)TrackBack(0)ワイン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スランプ不況の本質