どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
最近眠くて仕方ないです…冬眠のシーズンだからですかね?

さて、今回紹介するのは西尾維新さんの「屋根裏の美少年」です!

前巻の記事↓

ストーリー A
指輪創作により天井絵が描かれることになった美少年探偵団の事務所である美術室。しかし、天井裏から奇妙な名画の模写が発見される。誰が何の目的で描いたかわからない絵の真実を解くために美少年達が立ち上がる!
美少年シリーズ第3弾!2巻が個人的にはかなり微妙だったので、しばらく読む間が空きましたが今回は面白かったです!
天井裏に隠された名画の模写の秘密という事件より、指輪創作くんが天井絵を描いた理由が見どころでした! 創作くんが自分の絵で眉美に思いを伝える…いいですね…好きですよこういうの! さてさて、事件の方はすごく意外性があるわけでも、あっと驚くようなトリックがあるわけでもありませんが、その真実にはある一人の熱い思いが隠されていたのだと思うと…個人と組織。その構図の中で生まれた今回の事件に激しくそしてどこか静かに反抗していて気持ちよかったです!短い物語ながらすごく楽しめました!

キャラ A
創作くんいいですね…こういう気持ちを絵で伝えるロマンチック?なところは好感度高いです! 生足くんもいいところあるじゃないですか、眉美のためを思って説教するなんて。まあ3時間はやりすぎですがw 2巻で出てきたあいつも登場し、これからも眉美たちに関わってくることを匂わせてましたね…動向に注目したいです…

今後の期待度 A
今回はすごく面白かったので、4巻以降も楽しみに読んでいきたいです! どうやら6巻のタイトルが4巻で出てきたあの人物と関係ありそうなので楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
寒い日が続くので今日はチゲ鍋を食べました…辛味が体を芯から温めます…

さて、今回紹介するのは河野裕さんの「魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット2」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
写真の中に入る能力を持つ佐々野はある日突然赤い目をした女の子によってその能力を封じられてしまう。そんな彼の能力を乗り戻そうとするケイ。しかし、彼の前に魔女を名乗る女性が現れる。そして因縁の相手岡絵里がケイを倒すと宣言し、ケイは彼女に追い詰められていく…
サクラダリセットシリーズ第2弾! 今回は記憶と咲良田という街が能力者の街になってからの壮大なエピソードが描かれていました!
今回はあらすじにもある通り割と頭脳戦でしたね〜。能力者による未来の読み合い、能力の制限を見抜き先手を打ち、自分たちの不利な状況を覆す…2章はかなりワクワクしながら読ませていただきました! そしてストーリーの核となる2人の男女の約束の物語。これは切ないですね…作中ではケイたちが他のことに集中している分、比較的あっさり目に語られますがそんなに耐えられないですよ…咲良田の過去、管理局が能力者を管理できるとする理由…とかなり咲良田という舞台が明らかになりました…ケイと春埼の関係にもメスが入り、彼らの普通にしては歪な繋がりも再認識できました。

キャラ A
春埼の存続理由ってなんなんでしょうかね…ケイは本当に春埼に「リセット」以外を求めていないのか、そしてケイがいなくなったとき春埼はどうなるのか…考えると危うい春埼の姿が浮かんできました。村瀬はなんだかんだいい奴ですね(苦笑)こんなにケイに協力する姿は一巻では想像もしてませんでした。魔女の悲しき定めも最後は…という部分に感動でした…彼女のためだけの童話がきちんと現実になったときは…魔女なんてあだ名は彼女にはふさわしくないですよ…

今後の期待度 A
次からはケイたちの過去に関わる存在が本格的に物語に参戦してくるみたいなので楽しみです! 三巻は買ってあるので早く読みます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回はツイッターの方で再三お知らせしている冬のコミケで頒布するラノベ同人誌の詳細についてです。色々と申し上げている通り、サークル自体は一次創作の小説サークルですが、今回コミケ初参加ということでラノベ同人誌を作って持っていくことにしました。そして先日原稿のほうが完成したのでブログでお知らせします。

まずタイトルですが「世界の一部はライトノベル」というタイトルです。本当はブログのタイトルをそのまま流用して番外編にでもすれば、ブログの読者の方にはわかりやすと思ったんですけどラノベ同人誌ってわかりませんんからね(苦笑)

表紙はこんな感じです
s冬こみ表紙

えっと、実際はタイトルなどの文字も入っていますが、企画内容のネタバレになるので…とりあえず猫が積本に慄いている様を表現したものになります…えぇ、現実の僕ですね…

そして肝心の中身の方ですがこんな感じです
「2016年新作ラノベ全部三行レビュー!」
「2016年にデビューした注目の新人作家!」
「ニューウェーブ! これからが楽しみな注目シリーズ!」

三行レビューは僕が2016/1~2016/11に読んだ少女小説とノベライズを除く全ての新作を三行でレビューしたものです。全94冊をレビューしてます!ちなみにこれが同人誌の大半を占めています…五段階評価と本当にざっくりとしたレビューが載っています。

2016年にデビューした注目の新人作家では、今年商業デビューを果たした五人の作家さんを紹介しています!今年は大型新人さんが多いので五人を選ぶのは難しかったですけど、僕が特に推したい作家さんをピックアップして紹介しています! ここでは作者さんの書く物語の特徴に注目しています!

ニューウェーブ! これからが楽しみな注目シリーズは「アニメ化していない」「デビュー一作目である」「既刊4巻以上」という打ち切りの危険性が低く、今からでも追いつきやすい巻数の新進気鋭の作品を紹介しています。条件に合う作品を選んでいたら全部ファンタジー作品になってしまいましたが(^^;)どれも面白い作品です!

そんな内容のラノベ同人誌になります! 頒布予定数は20冊、値段は百円を予定しています。コピー本です。本当は無料にしようと思ったんですけど、三行レビューが思った以上の分量になったので…

冬コミでは金曜日西地区"ぬ"ブロック-22a「SUNderBIRD」で頒布します。評論系は三日目の土曜日が主ですが、僕の所属しているサークルは一次創作の小説サークルなので二日目です! 西の入ってすぐあたりにいるのでわかりやすいと思います。一応取り置きなども受け付けるので、また冬コミ近くになったらTwitterの方で告知します。

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

↑このページのトップヘ