どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、毎年恒例?のラノベのタイトルの「異世界」率を調べたのでその報告というか結果ですね。過去に2度やっているので3回目の今回は割と傾向が見えて面白かったです…まぁ別にネットじゃ今更「ラノベって異世界ものばっかりじゃねwww」なんて人いなくなりましたし、いいかな?と思ったんですけどね…とりあえずチェックしたのでご査収ください。

2016/7~2017/6分はこちら

※条件

・あくまでタイトルに「異世界」が付くかどうかです。「異世界もの」の割合の調査ではありません「いや、あらすじくらい調べろよwww」とかいう方はどうぞご自分でお調べください。見なくていいです。
・タイトルに「異世界」が入るかどうかなのですべての「異世界もの」作品をカウントできているわけではありませんし、反対にただタイトルに「異世界」が付くだけの実際内容は巷で言われる「異世界もの」ではないものがあります。ご了承ください。
・この記事は過去に行った調査との比較です。2016/7~2017/6と2017/7~2018/6を比較しています。
・レーベル名は一部省略・略称です。また敬称略です。
・調査したレーベルは票をご覧ください。
・一迅社文庫は休刊したとのことなので表には載せていますが記事内で参考にはしていません。
・表は書き下ろしが中心のラノベレーベルとなろう書籍化が中心のレーベルにわけています。
・HJ文庫におけるHJノベルスのような文庫+ノベルのレーベルは文庫のみをカウント
・データはラノベの杜さんを参考にさせていただきました。
・数字の間違いがあれば教えてください。

表について
・青が「異世界」がタイトルまたはサブタイトルに含まれている作品の数です。
・白が全体の刊行数です。
・赤が一年間の合計刊行数です。
・黄色がレーベルの中の異世界物の割合です。小数点以下繰り上げです。

ではまずは書き下ろし中心の文庫レーベルから
a


細かいですが2016/7~2017/6と2017/7~2018/6を比較するとタイトルに異世界が付く割合はこんな感じです。

・電撃 6%→4%
・富士見 4%→3%
・スニーカー 5%→7%
・MF 23%→13%
・ファミ通 15%→19%
・ダッシュエックス 18%→11%
・GA 7%→9%
・HJ 20%→12%
・ガガガ 4%→4%
・講談社 10%→21%
・オーバーラップ 22%→17%

となっています。増えたのが講談社ラノベ文庫、微増がファミ通文庫で、半減がMF文庫。他のレーベルは微減・減少となっています。刊行数の関係上2~3%はほぼ誤差です。

過去3年の推移は以下の通りです。
b

年々全体刊行数が減っていて、「異世界」がタイトルにつく作品は2016/7~2017/6が一番多く減少傾向ですね。全体の傾向としては全体の刊行数が減って異世界がタイトルにつく作品も減少です

続いてなろう書籍化レーベルを
c

2016/7~2017/6と2017/7~2018/6を比較するとタイトルに異世界が付く割合はこんな感じです。

・ヒーロー 17%→15%
・モンスター 30%→17%
・MFブックス 32%→29%
・アルファポリス(ソフトカバーのみ) 39%→35%
・カドカワブックス 24%→29%
・アース・スター 6%→4%

カドカワブックスが微増、モンスター文庫がほぼ半減、MFとアルファポリスが微減といった感じですね。

過去3年の推移は以下の通りです。
d

全体の刊行数が増えて「異世界」がタイトルにつく作品は2016/7~2017/6が一番多く減少傾向ですね。全体の傾向としては刊行数が増えて異世界ものが減っているという感じです

以上になります。
まぁ、ライトノベルを網羅しているわけではないので参考程度にどうぞ

それではこの辺で(≧(エ)≦。)


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
 
さて、今回紹介するのは森田季節さんの「魔王です。女勇者の母親と再婚したので、女勇者が義理の娘になりました。」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、主人公のガルトー・リューゼンは妻と死別してからは魔王として仕事一筋の毎日を送っていた。そんなある日、女勇者のアンジェリカを倒し村に送り返すことに。だがガルトーはそこで出会ったアンジェリカの母レイティアに一目惚れし結婚を申し込むことに⁉︎しかも返事はオッケー⁉︎ガルトーは義理の娘となったアンジェリカと平穏な日々を過ごせるのか…とこんな感じです!
ジャンルはファンタジー。コメディテイストのかなりライトな作品です!
森田季節さんの新作!小説家になろう発ですでにコミカライズも決まっているようですね!森田季節さんの作品はこれまでにも何作品か読ませていただきましたが、なろう書籍化作品はこれが初&ガガガブックスも初挑戦でしたね。ライトな日常系ファンタジーとして楽しませていただきました!面白かったです!
物語は魔王のガルトーが女勇者のアンジェリカを倒すところから始まります。魔王と勇者という関係性はあるものの、魔族と人間の関係は「なんとなく戦争をしていることになっている」という感じでこの戦いも割と便宜上のものになっています。こうした魔族と人間の関係があるからこそ、本命の新米家族ものがアンジェリカとの関係に焦点を当てられるプラス要素になっていたと思います!そしてガルトーさん、開始23pにしてプロポーズからの1ページ未満で承諾。2人は夫婦となります。このスピード感もいいですねw そしてここからはホームコメディ的な感じでサクサクお話が進んでいきます!アンジェリカとの関係に悩んだり、アンジェリカに彼氏がいないか本当の父親のように心配したり焦ったり、2人を安心させるために村のお祭りに参加したり…ファンタジーの世界観で描かれる何気ない家族の日常がすごく良かったです!ラストも良かったですし、ライトなファンタジーとして存分に楽しませてもらいました!面白かったです!

キャラ A
アンジェリカは難しい年頃だなんだ言われますけど、普通にいい子でしたね…レイティアさんのことすごく大事にしてますし…特にパーティ内の恋愛の考え方とかすごく大人で言動以上にしっかりしているなと思いました。レイティアさんはゆるふわ系でちょっぴりズレてるところはありましたが、優しくてガルトーのことを考えられる女性でした。ガルトーは魔王とかいいつつも人間にもいそうな官僚という感じでしたね。でもつまらない大人ではなくきちんと考えて行動して、アンジェリカのことも女勇者としてではなく娘として接しているところがグッドでした!

今後の期待度 A
面白かったので続刊出たら買います!これからこの家族がどんな風に絆を深めていくのか楽しみです!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
コメディテイストのライトなファンタジーが読みたい方は!サクサクテンポよく進んで読みやすいですよ!アンジェリカとレイティアさんは可愛いですし、そんな2人と家族になっていくガルトーも魅力的です!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にお使いください!
IMG_2776

ISBN 978-4-09-461114-4


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのは嵩乃朔さんの「吸血鬼ちゃん×後輩ちゃん3」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
夏休みを共に過ごしさらに距離を縮めたアイリスの沙羅。しかし最近アイリスがそっけない。心配する沙羅だが、アイリスから同居を切り出され不安が払拭される。だが、アイリスが隠していた秘密の過去を知ることになり…
シリーズ第3弾!今回も濃密な百合を楽しませてもらいました!面白かったです!
まず序盤というか巻頭の番外編!海辺でキスシーンとか…ガチで読者を殺しにきていますね…しかも平気そうな顔をしているアイリスの内心が…ここでライフを一つ減らしました…そして本編!なんだかそっけない先輩に不安になる沙羅…しかし先輩から同居を切り出され…あぁ…尊みが尊いです…なんなんですかこの感情…あ、アイリスさんの表情といい沙羅の表情といい最高ですか…ここでライフをまた一つ減らしました…そして始まるアイリスさんが秘密にしていた過去編。うわぁ…これは…ここでさらに蝶鬼の秘密も明かされますけどこれがまた…なんかもう幸せになるのを拒んでいる感がハンパないですよ…最後にこれを沙羅が…という展開もすごく良かったです…!これを乗り越えたからこそのラスト1話がまた尊みの極みでした…!今回も最高でした!

キャラ A
沙羅は本当にアイリスが好きなんですよね…そっけないと心配して過去を知るとわたしに重ねているのではと、わたしを愛していないのではないかと心配になって…本当に健気に愛してそれ故に追い詰められてしまうこともあるというのがすごく良かったです!アイリスさんの過去は苛烈でしたね…愛は許されず蝶鬼の残酷さがそれを許されない…アイリスさんの愛は本当なのでそれがずっと終わるまで続いて欲しいですね…

総合 A
今回も面白かったです!徐々にタイムリミットがせまるなか2人がどんな日常を、非日常を過ごしていくのか…今後も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↑このページのトップヘ