どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
転載対策のため見えない文字で「転載禁止」と入れています。あとで消すのでご容赦をm(._.)m
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止
転載禁止

さて、今回紹介するのは平坂読さんの「妹さえいればいい。10」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、ついに千尋が弟ではなく妹だということを知ってしまった伊月。表向きには今まで通りの生活をしていた。妹すべのアニメも好評で台湾のイベントも成功して…売れっ子作家の仲間入りを果たすがある大きな問題が発生して…
シリーズ第10弾!大台二桁ですね!前巻のヒキがどうなるかと思いましたけど、今回も面白かったです!
ついに正体がバレてしまった千尋。しかし伊月の反応は予想外に好意的なもので…ここで伊月のあることに違和感を覚えられるあたり土岐さんは優秀ですね…何気ない日常を送る伊月。那由多とは今まで通りにいちゃいちゃと、妹になった千尋ともそれほど変わらず、楽しいことをしてイベントもこなしてアニメも好評で…でも最後で全てが明らかになります。伊月の決定的な弱点のど真ん中に弾丸撃ち込まれて、それまで通りにっていう方が難しいですよね…今回ページ数も少なく短めですし、ネタバレできない以上書けることは少ないんですけど、伊月としても物語としても終わりが本格的に見えてきた気がしました…

キャラ A
伊月…最後でこんな姿になる伊月は正直見たくなかったです…そうですか…弱点はそこなんですね…伊月の父親の過去話が序盤にドンと乗るんですけど、そことのリンクもよかったですね…今回は伊月のお話なので他のキャラはあんまりどうこう言いたくないんですけど、初さんがさりげなく本気モードに入ったことには注目したいです。あと撫子が天使で青葉が可愛かったです!

今後の期待度 A
いやー…ぶっちゃけ前巻よりも続きが気になります…この先伊月はどうなるのか…早く11巻が読みたいです…

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

ISBN 978-4-09-451742-2

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのは師走トオルさんの「ファイフステルサーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、魔王討伐から198年後の世界。そこには一つの王国と五つの国があった。アレンヘム公国では「アレンヘムの聖女」と呼ばれる女性セシリアが聖女の力で2年後に魔王が再臨することを知る。最悪な未来を回避するために最強の傭兵団「狂嗤の団」の団長カレルと婚約することに。魔王を倒すために五芒国を平定するために動き出す。一方その頃、王国では幼くして王女の座につくことになったマリアンのために暗愚を演じていたヴェッセルが動きだす…とこんな感じです!
ジャンルはファンタジー!ゴリゴリの戦記ものですね!
師走トオルさんの新作ファンタジー!師走トオルさんの作品で初めて読んだのが「火の国、風の国物語」だったんですよね。もう4、5年前ですし実は1巻しか読んでいないんですけど(^_^;)当時はファンタジー戦記にあまり触れていなかったので特別記憶に残る面白さがありました!
そんな師走トオルさんが再びファンタジア文庫で戦記ものを!ということで遅ればせながら拝読しましたが…

とにかく厚い!

この作品を一言で表すなら「厚い!」が1番でしょう!熱いの誤字ではなくて文字通り厚いです!重厚という言葉がぴったりな作り込まれた世界観!ページ数も350pオーバーとボリュームはあるんですけど、それ以上の情報量がギュッと詰め込まれていて、それでいて読者を英雄譚に誘うパワーがありました!すごく面白かったです!
物語のざっくりとした構成は、主人公のカレルが傭兵団「狂嗤の団」の団長となる序までのお話、王国を舞台に暗愚を演じていたヴェッセルがその力の片鱗をのぞかせるお話、そしてカレルの初陣と大きく三つに分かれています。個人的には陽のカレルと陰のヴェッセルのダブル主人公ものかな?と思いました。とにかく序盤の引力がすごいです!カレルの幼少から始まってカレルの現状からのセシリアとの出会い…この流れの美しさですよ…まさに壮大なファンタジーの始まりに相応しいスタートなんですよ…ここで世界観やカレルの状況なんかもしっかりわかってこの密度の高さ…これが求めていた戦記ものですよ…!そして知らされるセシリアの力と魔王復活の気配。この辺りはカレルという男の魅力を存分に楽しみつつ次の展開を期待させる良いバトルシーンがあったりと一つ序盤の見せ場でしたね!そして物語の舞台は王国へ!ここで活躍?というか暗躍?するヴェッセルがまあ最高なんですよ…ネタバレになるので詳しくは書かないんですけど、久しぶりにワクワクする男キャラに出会いました!終盤の策略を用いた戦闘シーンも期待通りのものでしたし、壮大な戦記の幕開けという感じの物語でした!すごく面白かったです!

キャラ A
カレルはいい男ですよ。なんかフラフラしてる奴みたいな評価がセシリアと接するうちに変わってきて…案外まっすぐででも何のために行動するのかわかっている頭の回る男でした!セシリア様はなんというか聖性がすごいですね…こう女神様!みたいな感じではないんですけど、等身大の年相応の乙女ながら自分の使命を理解して、カレルのこともしっかり考えられる…可愛いというより思わず頼りたくなるような芯がある女の子でした!そしてヴェッセル!この男のかっこよさですよ!マジでここまで読者の心を掴む男キャラを生み出してしまうとかもはや神の所業ですよ…!暗愚を演じてでも計算高く腹違いの妹で王女であるマリアンな接するときはしっかりお兄ちゃんで…まだまだ彼の魅力は半分も見えてないです。これからが楽しみですね!

今後の期待度 A
10年に一度出るか出ないか。誇張なしでそのレベルの戦記ものが出てきたと思います!ダンまちの大森藤ノさん大絶賛もわかります!これはぜひこの物語にふさわしい終わりまで読みたいです!8月に出る2巻が楽しみです!

どんな人にオススメか?
戦記ものが読みたい方は!もう本当にこんなに面白い戦記ものに出会える機会なんてこの先早々ないですよ!有坂あこさんのイラストも素晴らしいですし、巻末の大森藤ノさんの文章を読めば!読みたく!なるはずです!お願いします!ぜひぜひご一読を!

それではこの辺で (≧(エ)≦。)


ISBN 978-4-04-072699-1

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのは島崎無印さんの「乙女男子に恋する乙女」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
初詣にやってきたまゆたち4人。そこでケイは明日花が自分の正体に気づいていることを知る。ケイは女装してならまゆと自然と接することかできると明日花に説明するが…そしてまゆは自分の男性嫌いを克服するために勇気を出すが…
シリーズ第2弾!今回も乙女男子と恋する女の子を存分に楽しめました!面白かったです!
初詣の時に明日花に正体がバレてしまうケイ。それでもまゆには自分で言えという明日花は優しいですね…明日花的にはまゆに言ってしまってもいいのに…明日花のこういうところはすごく好きです!まゆとゆきの関係もかなり進展しましたね!ゆきがまゆの家に行ったり、辛い時に支えてあげたりとまゆのために行動していて…でもまゆの家庭環境が明らかになってまゆの母親が話したことを知ると…ゆきにはまゆのことを大事にしてほしいなと改めて思いました。巻末のゆきの過去編も良かったですし、今回も大満足でした!面白かったです!

キャラ A
ゆきは今回すごく魅力的でしたね!まゆが頑張ろうとして辛くなってしまったときにきちんと助けてくれるゆきは見た目は女の子でもすごくカッコいい存在でした!まゆの母親に対しても自分のことをきちんと説明できていて…そういうところは純粋にすごいと思いました。まゆは頑張りすぎてちょっと空回りすることもありましたけど、周りの人に支えられて一つ前進したのかな?と感じました。

総合 A
今回も面白かったです!まゆとゆきの関係も進展しましたし、今後2人はどうなるのかケイと明日花もどうなるのか…3巻も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↑このページのトップヘ