どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは黒杉くろんさんの「冬フェンリルの愛子となった私が、絶望から癒されていく話」です!
image

ストーリー A
内容は、上司のミスを押し付けられブラック企業をクビになった藤岡柊(ノエル)。全てが嫌になった彼女は突然異世界へ⁉︎全てが雪に覆われた世界で大精霊のフェンリルに出会い、魔力を失ったフェンリルに代わって冬姫として魔法を使い<冬>を呼ぶことに。そして始まる異世界スローライフ!フェンリルや癒しの力を持つユニコーンと一緒に困っている動物たちを助けたりフェンリルをもふもふする日常が始まる!とこんな感じです!

〜異世界にきたらフェンリルもふもふ!〜
黒杉くろんさんの作品。個人的には初挑戦の作家さん。小説家になろう発の作品で先にコミカライズ、その後本書で書籍化という作品です。マッグガーデンノベルスさんの作品を読むのは久しぶりになっちゃいましたね…相変わらずデザインがすごく良くて…ページ右上のフェンリルマークとか左上の雪の結晶がかわいいのです。社畜のOLが異世界に転移してフェンリルとユニコーンをはじめとしたみんなと優しいスローライフを送るほっこりする作品でした!面白かったです!
ブラック企業で上司の分まで一生懸命働くもミスをなすりつけられてクビになってしまった藤岡柊。疲れ切った彼女がやってきたのは一面白銀に覆われた冬の世界。そこでフェンリルと出会い、愛子になる資格を有していた彼女はエルとして冬を呼ぶ冬姫になります。文章から伝わるエルさんの社畜っぷりはなかなかですね(社畜並感)。しかもIT系っぽいので非常に親近感を覚えます。わーい仲間。閑話休題。春のためには冬が必要でその冬を呼ぶのはフェンリルの仕事。しかし色々あって冬を満足に呼べないフェンリルの代わりにエルが冬を呼びます。こうしてエルは冬姫となり、そしてフェンリルの愛子となり共に暮らしていくことに。冬が来なかったせいで不調な雪山の動植物をケアしたり、フェンリルをサポートするユニコーンのグレアに文句を言われながらも順調に愛子として成長していくエル…辛かった社畜の日びを忘れてもふもふなフェンリルに癒されて元気にエルの姿は微笑ましいですね。そして冬が訪れたことで王国から使者がやってきます。本来王国の姫がなるはずだったフェンリルのサポート役にエルがなってしまったことで一波乱…かと思いきや王子のクリストファーも姫君のミシェーラもうごくいい人そうで…みんなでお話ししたり雪山を満喫したりと見ていてすごく楽しそうでした!終盤ではエルがブラック企業の記憶をフラッシュバックさせたり、怪物が現れたりとちょっと大変なこともありましたがグレアやフェンリルがしっかりと問題を解決してエルを守ってくれていました!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
エルこと藤岡柊(ノエル)はブラック企業の元社畜。この社畜感嫌いじゃないです。本人は嫌でしょうが…でも疲れ切った日々にさよならして異世界でもふもふなフェンリルとちょっと厳しい?けどエルのことをしっかり考えてくれるユニコーンのグレアとともに楽しそうなエルは見ていて楽しかったですね。優しくて懐の広いフェンリル、ちょっと厳しい?ユニコーンのグレア、そのほかのキャラも魅力的でした!

最後に
社畜だったエルが異世界で幸せそうな暮らしを送るいいスローライフものでした!面白かったので続きがあるなら読んでみたいですね!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
スローライフ、もふもふ、優しいファンタジーが好きな方は!エルがフェンリルと出会い愛子となり徐々に元の世界の辛いことを忘れて癒されていく姿は見ていて楽しいです!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



冬フェンリルの愛子となった私が、絶望から癒されていく話



著者



黒杉くろん



レーベル



マッグガーデンノベルス



ISBN



978-4-8000-1017-9


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは硬梨菜さん原作、不二涼介漫画の「シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~」です!
image

ストーリー A
クソゲーが大好きな陽務楽郎ことPNサンラク。彼はいくつものクソゲーに挑んではそれをクリアしていくクソゲーマーだった。そんな彼が次に選んだゲームは総プレイヤー数3000万人の神ゲー<シャングリラ・フロンティア>だった。クソゲーで鍛えた超一流のゲームスキルを駆使して戦うサンラクだが、いきなりゲーム内最強と呼ばれるユニークモンスター・夜襲のリュカオーンに出会い…

〜神ゲーは本当に神ゲーですか?〜
小説家になろう発のコミックス。書籍化ではなく直接コミカライズという形式ですね。時折、なろうからの書籍化+コミカライズでコミカライズが先に始まるパターンはありますけど、こちらは完全に漫画化という感じですね。シャングリラ・フロンティア通称シャンフロの世界でゲームスキルで戦い抜くサンラクがとにかく楽しい作品でした!面白かったです!
まず序盤。クソゲーを楽しむサンラクが描かれます。最初いきなり女の子ぶん殴っていて何事かと思いましたよwクソゲーが大好きなサンラクが次に選んだゲームが紛れもない神ゲー・シャングリラ・フロンティア。総プレイヤー数3000万人はすごいですね…そんなゲームでサンラクは早速クソゲーで鍛えたプレイヤースキルではじまりの街によらずにモンスターを借り続けます。こいつ絶対ポケモンでポケセンなし縛りとか好きなタイプですよ…そしてバトルシーンがめっちゃすごい!ただゴブリンと戦うだけのシーンでこんなにワクワクするなんて思ってもいませんでした!ここからはとにかく物語に引き込まれていきましたね!プレイヤースキルで戦いぬくサンラク、しかも防具なしの初期装備のままで…こういうのすごくワクワクします!と、普通にゲームを楽しむも夜襲のリュカオーンというユニークモンスターに出会ったことで運命が変わります。ゲーム内最強の夜襲のリュカオーンに初期装備と低レベルで渡り合えるスキルはすごいんですけど…なまじ対等に戦ってしまったことでこんな展開に…サンラクさんすげー…物語はまだまだ始まったばかりですが、圧倒的なポテンシャルを感じる素晴らしい作品でした!面白かったです!

キャラ A
サンラクはとにかく見ていて楽しいですね!生粋のクソゲーマーながら抜群のプレイヤースキル。シャンフロでは初期装備で一切街に寄らずに最初のボスを撃破!見ていてすごく楽しい主人公でした!その他のキャラは1巻ではまだ顔見せ状態ですが、今後の活躍が期待できそうですね!

最後に
とにかくすごい作品!すごくなる作品!というポテンシャルを感じました!2巻もとにかく楽しみです!はやくサンラクさんの活躍が見たい!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~



著者



硬梨菜 不二涼介



レーベル



マガジンコミックスデラックス



ISBN



978-4-06-521232-5


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは作者さんの「アーモンド入りチョコレートのワルツ」です!
image

森絵都さんの作品。「DIVE!」「カラフル」など有名な作品も多いですね。個人的には中学二年生の頃に読んだ「カラフル」以来の森絵都さんの作品になります。本作が発売されたのは1996年10月とのこと。24年前の作品ですね。しかし今なお色あせない魅力があり、僕の手元にある文庫もちょど2ヶ月前に重版した39版でした。長く愛されていますね。

この作品は前3編の短編で構成された短編集になります。それぞれのクラシックの楽曲がモチーフになったお話です。それら3編について簡単にご紹介。

子供は眠る
お金もちの章くんの別荘に親戚の子供たち5人が集まり、夏休みの2週間を過ごすのが毎年の恒例な智明。しかし今年の夏はいつも仲良く過ごしている5人に不協和音が生まれて…
夏休み。子供たちだけの別荘(正確には別荘を管理する小野寺さんがいます)。みんなの憧れの章くん。そして彼に従う智明を含めた4人。学校とは違う非日常を過ごす彼らは、最初はすごく楽しそうに語られますが、智明がちょっとしたことから章くんに疑問を持ってしまったことで5人は徐々に分裂していきます。青春ちょっと手前の中学生・小学生たちが抱えるもの、感情、心情、屈託がちょっとした会話の中にギュッと詰め込まれていて読んでいて胸にすっと刺さりました。最後に眠っていた彼らを誰が運んでいたのかわかるシーンにははっとさせられました。

彼女のアリア
不眠症になった少年が旧校舎で出会ったのはピアノを弾く女の子・藤谷りえ子。同じく不眠症だという彼女と話が弾み、少年は週に1回彼女のピアノを聴き話をするために旧校舎を訪れるようになる。しかしりえ子に関するよくない噂を聞き…
本作品の中で唯一学校を舞台にした物語。突然不眠症になった少年。彼が出会ったピアノを弾く女の子。すごく綺麗な出会いの中で、徐々に始まるすれ違い。最初は共有していた不眠症があっさりと治ってしまった少年。そしてどこか話がおかしいりえ子。2人がそれぞれに抱えるもの、そして知ってしまうりえ子の噂。でも卒業式の日にあぁして出会いより素敵なことをして、笑いえるのはとても素敵だなと思いました。すべてがハッピーエンドでした。

アーモンド入りチョコレートのワルツ
変人として有名な絹子先生の元でピアノを習う奈緒と君絵。ある日、ピアノ教室に絹絵先生の知り合いだというフランス人・サティが現れる。絹子先生以上に突拍子もない行動をするサティに戸惑いながらも、徐々に彼を受け入れていく。しかし君絵がサティのことを好きになり駆け落ちしようとしたことで絹子先生とサティの間に不穏な空気が…
表題作。とても優しくて温かいくせにどこか鋭い。そんな作品でした。ピアノを習う奈緒と君絵、2人を指導する絹江先生、突然現れたサティ。4人はとても仲が良くて、木曜日にはいつもワルツを踊って楽しそう。でも君絵がサティに恋をして彼と駆け落ちしようとしたことで、物語は不穏な方向へ。奈緒と君絵。2人の少女がなにもできずに絹子先生とサティのことをおろおろと見るしかないのが、とても子供らしくこちらも悲しい気持ちになってしまいます。しかしクリスマスの演奏会に向けて頑張る2人の姿、2人の成果をワルツで受け入れる絹子先生とサティ。くすっと笑ってしまうようなラストも含めて素敵な作品でした。

3編ともクラシックをモチーフに中学生を瑞々しく描いていた素晴らしい作品でした。今なお愛され続ける理由は読めばわかります。気になった方は


それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



アーモンド入りチョコレートのワルツ



著者



森絵都



レーベル



角川文庫



ISBN



978-4-04-379101-9


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ