どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは古宮九時さんの「Unnamed Memory IV 白紙よりもう一度」です!
IMG_2962
前巻の記事↓
ストーリー A
内容は、オスカーが謎の魔法球の力で過去に戻りティナーシャと関わったことで再編された世界。ティナーシャは幼い頃に自分を守ってくれたオスカーに出会うため400年の眠りにつく。そして400年後、呪いの解放を願ってやってきたオスカーと再会する。だが。オスカーはティナーシャの記憶を持っておらずゼロからのスタートとなる。ティナーシャに子孫を残せない呪いを解いてもらうためにオスカーは彼女を城へと住まわすが、ティナーシャはトゥルダールの次期王としての地位が約束されていて…ティナーシャは再びオスカーと結ばれることができるのか再び1年間の物語が始まる!とこんな感じです!

〜再編された世界でもう一度〜
シリーズ第4弾!このラノでも堂々1位!重版もかかって電撃の新文芸のエースになりましたね!皆さん!レーベル名は電撃の新文芸です!Act.2は全てまた1からの物語であり、そして続きの物語でもある…改めてこの物語の魅力とティナーシャとオスカーのラブコメの素晴らしさを実感しました!すごく面白かったです!
魔法球によりオスカーが過去に飛ばされて歴史を変えたことで再編された世界。ティナーシャは再びオスカーに会うために400年の眠りにつきます。このあたりの時間軸は4巻を読む前に3巻後半をしっかりと読んだほうがいいかもですね…そして1巻と同様、自身にかけられた子孫を残せない呪いを解くためにティナーシャの元へとやってくるオスカー。過去(というか再編前の世界)を知るティナーシャとなにも知らないオスカー。前みたいにオスカーの側にいたいのにできない彼女は、微妙な距離感の中でオスカーの呪いを解くための日々を過ごします。かつては結婚までした相手なのに、今目の前にいるオスカーにはそんな記憶なんてなくて呪いを解く以上の役割を背負おうとするティナーシャを訝しみ、怪しみ、そして遠ざけていくオスカー…古宮さん、つらいっす…でもそんな中でも、ティナーシャは彼のために献身的に動いていきます!とはいえそこはティナーシャ。かなり怖めの暴走あり、オスカーに迷惑かけるのあり、無防備晒すのありといつかのアレやこれの場面を連想させるような展開…やっぱりティナーシャとオスカーやん。ファルサスとトゥルダールを巻き込みながら暗躍する謎の集団。政治的駆け引きに過去からの因縁。アンメモらしい展開の数々もあり、その中で深まっていく2人の絆はニヤニヤすることもあり、純粋な気持ちに胸がギュッとすることもありとこの作品でしか味わえない感情を味わうことができました!今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ティナーシャさん攻めますね!いや攻めなくちゃいけないんですけど、あれだけオスカーに攻められていたティナーシャさんがここまで攻めているのを見るとなんだか自然とニヤニヤしちゃいますね。自由奔放?なところもグッド!オスカーは今回は熱血!筋肉!パワー!というよりも冷たい印象が多かったような気もしますが、それでも最終的にはしっかりとティナーシャさんにドキドキしていてお父さんは安心です(後方父親面)ティナーシャさんをどうかよろしくお願いします。ミラやシルヴィア、ラザルトラヴィスといった面々も物語を盛り上げる魅力的な活躍をしてましたね!シルヴィアさんはあの寵姫のところで心労ヤバそうだったのでマジでゆっくり休んでください…

最後に
5巻発売決定!そしてあの「Babel」が電撃の新文芸から再刊!これは優勝!しかもイラストは森沢晴行さん!待ってましたよ!僕は古宮さんの作品を電撃文庫版の「Babel」から入った人なのでマジであれがなんで2巻で終わるんだと…マジで嬉しいですね…なんかこうすごく感慨深いです…2020年夏!待ってますよ!電撃の新文芸!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



Unnamed Memory IV 白紙よりもう一度



著者



古宮九時



レーベル



電撃の新文芸



ISBN



978-4-04-912803-1


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは周藤蓮さんの「吸血鬼に天国はない2」です!
IMG_2951
前巻の記事↓
ストーリー A
内容は、雪と共に迎えた新年。吸血鬼のルーミアに人間を襲わないことを約束させマフィアひしめく日常へと戻ってきたシーモア。しかし平穏も束の間、マフィアに追われて逃げてきた双子の姉妹ニベルコル・リンの2人に出会う。彼女らを助けたことでシーモアとルーミアは再びマフィアの抗争に直結する問題に追われることに…そして人間を襲うのをやめたルーミアの飢えが限界に近づき…とこんな感じです!

〜耐えられない飢え〜
シリーズ第2弾!今回も奇妙で歪なシーモアとルーミアの関係を思う存分楽しませてもらいました!面白かったです!
まず感じたのは前巻と真逆だということ。なにが真逆かは読んだ方ならある程度わかると思うんですけど、こういうのめっちゃいいですね。
さて、今回の物語はシーモアがマフィアに追われる双子の姉妹を助けたところから始まります。可憐な美少女のニベルコル、人ならざる怪力の持ち主のリン。とても双子の姉妹には見えないワケありな2人をなりゆきから助けることになります。美人局のようなことをして生きてきた2人。そんな彼女らの出自が分かるとともに明かされる「なぜ2人がシーモアの元にやってきたのか」という事実…これはやっぱり救いのないこの街ならではですね…そして徐々んい表面化してくるルーミアの飢え。約束によって人を襲えなくなったルーミアの渇きは決して癒されることはなく徐々に、徐々に彼女を内側から苦しめます。下品な例えだと性欲があるのになんもできない状態が続くような地獄ですかね?いや、彼女のソレはまた別種なのかもしれませんが…そして始まるヴァンパイアハンターとの戦い。物語の住人であるルーミアに、存在しないはずのヴァンパイアを狩る者。異質で奇妙でマフィアだらけの街で妙に浮いたこの戦いの結末は…そして戻ってくる日常と新たな日常。さらに解放された存在…ザラりと血の味が口に残るようなラストはたまらないですね…今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
リンは癒し(真顔)このこめっちゃ素直でかわいいじゃないですか!常人にはない怪力を持つ女の子。でも喋ることができず「あー」や「うー」で会話する…狭いエセックスの中で身を縮こませて外を眺める姿は微笑ましいですね…ニベルコルはつんつん系美少女!妹思いで彼女にとって唯一の家族であり家であるその姿は気高くもあり脆さを孕んでいましたね。ルーミアは相変わらずの美少女っぷり。最後に出した答えはすごく良かったです。

最後に
今回もめっちゃ面白かったです!どうやら爆弾が放たれたようなので次巻以降どうなるかめっちゃ楽しみですね!3巻も楽しみに待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



吸血鬼に天国はない2



著者



周藤蓮



レーベル



電撃文庫



ISBN



978-4-04-912906-9


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは池内たぬまさんの「魔王様と結婚したい」です!
FullSizeRender

ストーリー A
奴隷の人間の少年・ハルを助けたのは魔王の美少女・エレノア。ハルを城へと連れて帰ったエレノアは従者としてハルを育てることに。数年後、イケメンの青年へと成長したハルはエレノアに結婚しようとプロポーズする!戸惑うエレノアだが、長い間従者としてしてエレノアの側にいたハルはもはや恋人以上の存在!?異種間、年齢差、身分差…2人の間に立ちはだかる壁は高いけれどハルは諦めない!魔王と人間の従者の甘々ラブコメが始まる!

〜魔王様がかわいすぎる〜
Twitterで見かけて魔王様が激可愛だったので購入。人間の従者であるハルと340年も生きる魔王のエレノアとの甘々イチャイチャラブコメを存分に楽しませていただきました!面白かったです!
物語h基本的に4コマで進行します!なにもかもやり尽くしてしまい暇な魔王にハルが提案したのはなんと結婚!?でもよく考えてみるとハルにアレコレお世話されて過ごす日常はもはや恋人以上の関係!?いつも一緒にいて魔王様のお背中も流しているのでこれは結婚ですね。でも、付き合ってないと否定する魔王様に結婚しようとグイグイいくハル。魔王様に結婚とか無理と言われてもグイグイ行って、最終的に魔王様がちょっとデレってしちゃうのが最高ですね。かわいい。2人の日常は本当に愛おしくていつまでも眺めていたいくらい幸せ度数が高かったです!かわいい魔王様と2人のイチャイチャを楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
魔王様がかわいい。340年も生きる魔王の女の子で、でも精神的には初心でハルの行動に当たり前のようにドキドキしたり、ハルと女の子が仲良くしてるのをみると嫉妬したり、デートに誘われれば当然のようにハルと一緒にお出かけしたり…はぁ、かわいい。ハルは魔王様が大好きな人間の男の子!元気よく魔王様にラブラブアタックしていく様子は本当に魔王様が好きなんだということが伝わってきますよね!魔王様のことならなんでも知っていて優しくてイケメンでした!あとツッコミ役?のメイドのメイベルちゃんも可愛かったです!

最後に
めっちゃ面白くて甘々イチャイチャな最高のラブコメでした!ハルと魔王様のラブコメはまだまだ読みたいです!2巻待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



魔王様と結婚したい



著者





レーベル



メテオコミックス



ISBN



978-4-86675-088-0




↑このページのトップヘ