どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは平坂読さんの「妹さえいればいい。14」です!
IMG_3083
前巻の記事↓
ストーリー A
内容は、前巻から3年後。作家として安定した成績を残し、那由多こと和子とも結ばれさらには子どももできて順風満帆な人生を歩む伊月。しかし最近はなかなか納得のいく作品が書けず、また読者からも「主人公になりたい」を超える作品が出てこないと言われていた。千尋、京、春斗、アシュリー、海津、蚕、刹那、撫子…変わったり変わらなかったりする中で主人公たちが掴む未来とは…とこんな感じです!

〜主人公になりたい〜
シリーズ第14弾!そして完結!本当にこの作品に出会えて心からよかった。そういえる作品でした!10年もラノベ読んでるとそれなりに作品の完結を(良くも悪くも)迎えることができるのですが、その中でも特に最後まで、最後の一行まで面白いと言える最高傑作でした!
13巻から3年後。伊月は那由多(本編では本名の和子)と結婚して子どももできてしっかり父親していて、春斗も「リヴァイアサン・リバイヴ」がアニメ化して二期までやっていて…と登場人物たちの成長や変化が数多く見られましたね。那由多の和子呼びはちょっと違和感ありましたけど、普通の女性になったんだな…という寂しさと安堵感があったり…まぁそれも最高の形で覆してくれるのが流石可児那由多って感じなんですけど。個人的に驚いたのは撫子ちゃん…どうしてあんなにいい子がこないなことに…いやこういう成長?も好きですよ…はい…あとはまぁ伏線はあったとはいえ春斗絡みのあの終わり方はこいつも苦労するなーってことですね…てか1巻だけ読んだ僕に春斗がこういうルートに入って終わるなんていっても絶対に信じてもらえないですね…各登場人物が成長しながら辿りついた先。伊月が最後に放ったあの言葉。きっと僕が10代だったら刺さって、刺さって心の奥底に絶対抜けないトゲになっていたんでしょうね…いや、僕もまだ23歳なので若いんですけどね…伊月みたいにはなれなくても主人公になりたいっすね(社畜並感)番外編も好きでした!宙くんにはこういう男の子になってほしいです!最後の最後まで本当に楽しく読ませていただきました!大学時代から読んでいる作品が終わってしまうのは寂しいですけど、伊月のセリフを胸に刻んで「最高傑作のラノベがあるんだ!」と色んな人にオススメしていきたいと思いました!面白かったです!

キャラ A
伊月は本当に最高の主人公でした!みんなみんな主人公なんですけど、悩みながらも戦って戦って…その先で手にしたものは何よりも輝いていて本当に羨ましかったです!那由多こと和子は最初は普通の女性になってしまったのかと思いましたけど、あのセリフから伊月に対抗すべく作品を生み出すのマジで最高にかっこいいですね。いいお母さんになること間違いなしです!春斗…お前は最後まで苦労するな…マジで幸せになってくれ…撫子ちゃんも将来は素敵なラノベ作家になると信じてますよ…その他の登場人物も最後までもちろん魅力的でした!

最後に
完結おめでとうございます!&最高の作品ありがとうございます!この作品を読むことができて本当によかったです!次回作も期待してます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



妹さえいればいい。14



著者



平坂読



レーベル



ガガガ文庫



ISBN



978-4-09-451828-3


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのはケンノジさんの「痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の の席の幼馴染だった」です!
IMG_3078

ストーリー A
内容は、高校二年生の高森諒は電車で通学途中、痴漢されている同じ学校の制服の女子を助ける。助けた相手は疎遠になっていた幼なじみの伏見姫奈。彼女は誰もが認める超美少女で、地味で目立たない諒とは対照的な存在だった。しかし姫奈を助けたことをきっかけに2人は再び会話を交わすように。だが、姫奈は以前にも増して諒にグイグイくるようになり…とこんな感じです!

〜幼なじみだけど…〜
ケンノジさんの新作!個人的には初挑戦の作家さんですね。諒と姫奈の「かつては仲のいい幼なじみだったけれど疎遠になって高校生になってまた仲良くなる」という過程から生み出される関係が最高の作品でした!面白かったです!
ある日、通学中に痴漢されている女の子を発見した諒。彼は真っ先に、遠くから満員の乗客をかき分けて彼女のことを助けます。そして助けた相手が幼なじみの姫奈で…ここのシーンは序盤ながらも全編を通して最も印象的なくらいかっこよかったですね!諒がめっちゃ主人公してました!姫奈を助けたことで再び幼なじみとして仲良くなる2人。疎遠だった期間のこととか、よく遊んだ頃の思い出とかを話して再びかつての距離感を取り戻していく2人…かと思いきや姫奈がグイグイきて…まぁ、そりゃあんなカッコいいとこと見せられたら惚れちゃいますよね。諒と幼なじみ以上の関係になりたい?彼女は必死に自分の気持ちを諒に伝えようと奮闘します!諒と2人で学級委員になったり、相合傘をしたり、2人で学校サボってどこかにいってみたり…しかし鈍感な諒は気づかないばかりか、鳥越さんというクールビューティーな女の子と昼休みは一緒に食事をする関係で…しゅうばん、大ピンチに見舞われた姫奈が一生懸命言葉を伝えるシーンも良かったですし、最後まで大満足の幼なじみラブコメでした!おもしろかたです!

キャラ A
諒は行動はイケメンなのに鈍感なのがたまに傷な高校二年生男子。痴漢されている女の子を助けたり、誰もやりたがらない学級委員をやったり地味という割にはアグレッシブな男の子でしたね!個人的には好きです!姫奈は学校でも注目の美少女にして諒の幼なじみ!疎遠になっていたところをあんな風に助けられたらそりゃ…ね…完璧に見えて実は泣き虫だったり、ファッションセンスが潰滅的だったりギャップも魅力的でした!

最後に
諒と姫奈の関係が魅力的ないい幼なじみラブコメでした!2人の関係はまだまだ見ていたいですし、作品の雰囲気にぴったりなフライさんのイラストも最高でした!2巻待ってます!

どんな人にオススメか?
幼なじみ好きは!やっぱり幼なじみは最後に絶対勝つんです!と幼なじみ完全勝利を期待する人はぜひ!諒と姫奈のやりとりは見ていて微笑ましくてかわいくて見ていて楽しいです!気になった方は!
それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった



著者



ケンノジ



レーベル



GA文庫



ISBN



978-4-8156-0420-2


表紙の画像は「版元ドットコム」様より




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは堂本裕貴さんの「ネクロマンス2」です!
IMG_3063

前巻の記事↓

ストーリー A
ゾンビのトラブルに巻き込まれて運良く聖属性を無効化する腕輪を手に入れたシブキ。久しぶりにサフィに触れる。あわよくばえっちなことも…と考えていたが、聖職者として教会で育ってきた純真なサフィに拒否されてしまう。気を落とすシブキだが、サフィはシブキに迫られてからシブキの顔も見れないほど照れてしまい…そんな中、魔王の側近である血塗れのシオンが現れる…

〜イチャイチャチャンスは終了しました〜
シリーズ第2弾!今回もシブキとサフィの甘々ラブコメを存分に楽しませていただきました!面白かったです!
聖属性を無効化する腕輪を手に入れたシブキ。これでサフィとイチャイチャできる!と意気込むのも束の間、教会育ちの純真なサフィちゃんに神聖な行為だからと窘められてしまいます。サフィちゃん初心っすね…かわいい…そしてタイミング悪く腕輪が壊れて再び禁欲生活スタート。命の大樹という大きな木が見守る街・モンサミツリーでイブキとサフィはデートに!いいですね!こういうデート!幼い頃を思い出しながら笑って、宝物と日記の話をして…といい感じにピュアいシーンを挟んでからのへんてこアロマは流石緩急の付け方がわかってますね!こういう笑えるのも好きです!後半は魔王の側近が登場していきなり曇り空…アンデッドになって本調子ではないシブキと聖属性の魔法を扱うが故になかなかうまく戦えないサフィの運命は…今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
シブキはやっぱりかっこいいですね!サフィのことを本当に大切にしていて、サフィを1番に考えて行動する…強くて優しくていい男です!サフィはちょっと純粋すぎて色々わかっていなかったですね(^_^;)そういう風になっちゃうんですよ…男は…リコは2人のサポート役として、またバニラのいい友人としてとても魅力的でした!

最後に
今回も面白かったです!気になるヒキで終わってますし、シブキとサフィがいい関係になってきたのでこれからどうなるか楽しみです!5月に発売される3巻も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ネクロマンス2



著者



堂本裕貴



レーベル



マガジンコミックス



ISBN



978-4-06-518673-2


表紙の画像は「版元ドットコム」様より



↑このページのトップヘ