どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は昨日とは違って暖かい1日でしたね…

さて、今回紹介するのは手嶋史詞さんの「飛べない蝶と空の鯱〜たゆたう島の郵便箱〜3」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、レンを新たなメンバーとして向かい入れた武装郵便屋「蝶と鯱」。彼らの元に届いた依頼はかつてジェシカから翼を奪った男への封書の配達だった。過去を断ち切るため、1人の男と決着をつけるため2人は空を飛ぶ…とこんな感じです!
シリーズ第3弾!昨日読んだ2巻があまりにも面白かったので流れで3巻読みました!今回も面白かったです!
ストーリーとしては一区切りついた感じですかね?ジェシカから翼を奪った男への封書の配達依頼から始まる失われた過去を取り戻すお話でした!ジェシカの人間嫌いが突き刺さって痛かったですね…追われ、攻撃され、裏切られ、空を飛ぶ自由まで失う。そんな経験をしたジェシカがそれでもウィルと一緒に飛ぶ姿を見ると…胸にグサリときまきた…今回は構成がやや特殊で途中混乱する部分もありましたが、終盤で綺麗に収束していくのは良かったですね…過去と現在を繋ぐのはどこまでも「約束」というかけがえのない絆。そして憧れと憎しみを乗り越えて美しい空に舞うウィルとジェシカ!ラストまで魅了される素晴らしい物語でした!面白かったです!

キャラ A
前巻から引き続きレンがいいキャラしてました!お転婆の度合いは増しましたが(苦笑)辛いときでも笑って頑張る姿がグッド!ウィルは最高にかっこよかったですね…ある男との決闘!過去を乗り越えて戦う勇姿に惚れました…ジェシカは今回照れたり甘いものを頬張ったり可愛い面をたくさん見せる一方、空では力強く頼り甲斐がありました!どのキャラもとても魅力的でした!

今後の期待度 A
面白かったのでこのまま続きを読んでいきたいです!お話的には一区切りなので次巻でどんな物語が展開されるか楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

ISBN 978-4-09-451389-9

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
雨が続きますね…寒いです…

さて、今回紹介するのは手嶋史詞さんの「飛べない蝶と空の鯱〜たゆたう島の郵便箱〜2」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、風を読むことが苦手なウィルと空を飛ぶことが怖い少女ジェシカが互いの欠点を補いながら営む郵便屋「蝶と鯱」。バディを組まずに郵便屋を営む彼らについに召喚状が届けられ経営の危機を向かえる。そんな中、謎の男からの依頼を受け封書を届けるとそこにはトランクの中に閉じ込められた少女がいて…とこんな感じです!
シリーズ第2弾!ブログで紹介したのが一昨年、1巻を読んだのが3年半くらい前なのでかなり久しぶりに続きを読みましたが前巻の内容はきちんと覚えていました。1巻はものすごく好きなお話だったんです。
そして2巻…最高です!読み終わるまでに何度心を打たれ、ウィルの、ジェシカの言葉が胸に突き刺さったか…とてつもなく面白かったです!
ストーリーはバディを組まなければいけない郵便屋の決まりを破り続けていた蝶と鯱の元に届く召喚状というところから始まります。最初はまさかここまで2人に絡むキーアイテムになるとは思ってもいませんでした…そして謎の男からの依頼。強大な敵を退けた後だからどんな依頼もこなせる!そう思っていたら封書の届け先にはなんとトランクに閉じ込められた少女レンが…何も覚えていないレンともう1通届けるべき封書のために行動する2人は次第にレンを封書を取り巻く謎に突き落とされます。その中で起こるウィルとジェシカのすれ違いがとにかく素晴らしいです!あまりにも美しすぎる空で実感する約束と絆。不可能に挑む少年少女の姿がひたすら胸を打ちます!鮮やかな空戦の先に待ち受けるレンに関する衝撃の事実!そしてどうしようもなく愛おしくて仕方ないラスト…最高としか言えない物語でした!

キャラ A
ウィル…!もう少しジェシカのことを考えて!読んでいく中で何度ウィルにやきもきさせられたことか…戦うだけじゃ男はダメなんですよ!ジェシカさんは機嫌が良かったり悪かったり、悪辣だったり優しかったりで1巻のときとは違った女の子らしさに悶えましたね…めっちゃ可愛かったです!レンは強い女の子でした…あんなに辛くて怖くても笑って冗談を言える。そしてラストのあの表情…幸せになってほしいですよ本当に…ケイトさんはちょっと不憫でしたね(苦笑)でもこういう女の子好きなんですよね…ジェシカという敵を乗り越えて頑張ってほしいです!

今後の期待度 A
もうだいぶ前に出ましたが、3巻も読むのが楽しみです!これから読みます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

ISBN 978-4-09-451373-8

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日も雨…桜が散りそうです…

さて、今回紹介するのは川原礫さん原作、猫猫猫さん作画の「ソードアート・オンライン ガールズオプス4」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
かつてラフィン・コフィンに協力させられていたルクスと仲のよかったグウェン。彼女はALO内で問題となっている悪質なギルドのリーダーとなっていた。ルクスはグウェンを説得するためにシリカ、リズ、リーファを連れて彼女の元へ向かうが…
シリーズ第4弾。この作品の一つ大きな問題となっていたグウェンは一区切りついた感じですね。SAOから続く因縁を綺麗に断ち切る…ということはできなくても、新たに友情を育むことはできる。少女たちの新たな一歩を見ることができました!しかしラフィン・コフィンに関することは…SAOの暗部でもあるその辺りのことは…まあ作品の肝はあくまでも少女たちですからね…爽やかなラストシーンまで楽しく読めました!

キャラ A
ルクスが向き合う過去とグウェン。自らの罪の意識と1人の少女のために果敢に立ち向かう姿はかっこよかったです!シノンとキリトはいいとこ持っていきましたね(苦笑)2人らしいです。シリカがルクスを励ますシーンは可愛かったですね…シリカは一番のお気に入りなのであの笑顔にはやれました…

総合 A
お話的には一区切りつきましたが、まだまだシリーズは続くようなので次はのんびりクエスト攻略とか見てみたいですね…続きが楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

↑このページのトップヘ