どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
4月があと2週間もないとかマジですか?

さて、今回紹介するのは千田大輔さんの「マコさんは死んでも自立しない」です!
FullSizeRender

今回は4コマなので簡単にこの作品の魅力を紹介していきます。

高校入学を機に上京して1人暮らしを始めた遠野隣。大家さんに孫の面倒を見てくれれば家賃はタダという甘い言葉にのり、マコさんという20歳の女子大生の世話をすることになる。お互い好き同士な2人は毎日幸せな日々を過ごしていく…

千田大輔さんの作品は「異常者の愛」というエググロ狂愛ものがすごく好きなんですけど、こちらのマガジンで連載されているほのぼのニヤニヤ4コマラブコメも好きなんですよね…てかあちらを知っているとギャップが(^_^;)

マコさんが好きだけど気持ちを伝えられないリン。リンのことが好きだけど気持ちを伝えられないマコさん。高校二年生のリンと20歳のマコさんの年の差ラブコメは見ているだけでニヤニヤします!だらしないマコさんがリンに迷惑をかけて、それでもなんだかんだ面倒を見てあげるリン。2人のやりとりは愛おしくもあります!

リンとマコさんのラブコメを軸にしながらもリンのことが好きな鱒沢さん、傲慢高飛車な姫、忍びの末裔の忍と賑やかなキャラが日常を盛り上げます!

ニヤニヤできる年の差ラブコメが読みたい方はぜひご一読を!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)



どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
4月も終わってしまいますね…僕の元に内定さんがやってくるのはいつなのでしょうか…?

さて、今回紹介するのは鈴木大輔さんの「貴方がわたしを好きになる自信はありませんが、わたしが貴方を好きになる自信はあります2」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、連盟の襲撃を退けるも真と関わることでリスクが増していることを実感する誠一郎。正式なパートナーにしてくれと頼む真に対しテストを課すことになるが…時同じくして誠一郎の後輩芹沢春香がヘマをしてお尋ね者に。彼女の逃亡の手助けをする代わりに誠一郎はある条件を提示するが…
シリーズ第2弾!コミカライズも決まり好調なスタートを切りましたね!今回もページ数こそ少なかったですけど、密度の高いお話を存分に楽しませてもらいました!面白かったです!
前巻は終盤に色々ありすぎて「えっえっ?」と展開についていくのに必死だったんですけど、今回も淡々ととんでもない伏線がチラ見えしたりがっつり明かされたりと180pに満たない中で様々なことが起こりましたね…真の一人称視点はなんか微笑ましくてそれでいて静かな警戒と人ならざるものの香りがしてぐっと引き寄せられますよね。ストーリーは誠一郎の後輩である芹沢春香を匿うことになってから一気に進みましたね。開示される謎、新たに増える謎、衝撃の事実と突然訪れる再会…まるで予想できない展開の数々にとにかく引き込まれました!今回も面白かったです!

キャラ A
真は相変わらず可愛いですね!ちょっとオマセででも時々すごく大人びているように見えて、人ではなくて…彼女の見る世界がこれからも少しは幸せであればいいですね…誠一郎は少し優しくなりましたかね?事情があるとはいえ真に少しは歩み寄って向き合っている印象でした!春香はとんでもない爆弾でしたね…ただ酒を飲むニートではないと…やりますね。この女性。

今後の期待度 A
3巻は7月発売予定ということで今から楽しみですね!あのラストからどんな展開が待っているのか…続きが気になります!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

ISBN 978-4-08-631234-9

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
メンタルを安定させることはなかなか難しいですね…

さて、今回紹介するのは赤坂アカさんの「かぐや様は告らせたい9」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
相変わらずお互いが好きなかぐやと白銀。今日も2人によるバトルは続くが…そして季節は体育祭へ。応援団に入ればリア充になれると考えた石上だが、そこはリア充の巣窟。半端ない場違い感を乗り越え石上は過去と向き合うが…
シリーズ第9弾!累計210万部突破、連載2周年と相変わらず人気ですね!今回も面白かったです!
今回は野郎2人が表紙を飾っており、他の間とはちょっと毛色が違う感じでしたね。メインは体育祭での石上の話。中学時代の石上に何があって、どうしてここまで嫌われているのかということがわかるんですけど…いや、これは辛いですね…石上はナチュラルにキモいところがあるので(えっ)嫌われるのは自明の理かと思っていたんですけど…しかもあんな事件が中学の時ですよ?僕なら死んでます…そんな石上の力になり背中を押すのは白銀。いや、かっこよすぎますよ…石上のことをちゃんとわかって背中を押してあげる勇気もすごかったです!今回は普段のニヤニヤが止まらないラブコメ要素こそ抑えめでしたが、石上という男が過去を乗り越えるかっこいいお話でした!面白かったです!

キャラ A
石上は本当に頑張りましたよ…あんな辛いことがあったら普通は再起不能ですよ…体育祭で過去を乗り越えて必死に走るその雄姿は忘れません…!まあ、リア充にはなれないと思いますがw 白銀もかっこよかったですね!石上のことを本当によくわかっていて、きちんと背中を押してくれて力になれる。イケメンすぎます…個人的なお気に入りは副団長。彼女は本当にいい人だと思うので、これからも石上に何かあったら助けになって欲しいですね…

総合 A
今回はラブコメよりも石上の話がメインでしたが、別ベクトルで楽しませてもらいました!次でいよいよ大台の二桁10巻ですが、これからもラブコメで楽しませて欲しいです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↑このページのトップヘ