どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
夜ごはんにラーメン屋行ったら両隣がカップルの席に案内にされてなんとも言えない気分になりました…そして入れ替わりで入ってきたお客さんもカップル…

さて、今回紹介するのは雨宮和希さんの「ハズレ奇術師の英雄譚」です!

ストーリー A
内容は、100人の日本人が女神によって異世界に転移させられる。彼らはそこで特殊な能力を得て、魔神再臨阻止のために戦えと女神に命じられる。転移者全員が戦闘系の能力を得る中、主人公の神谷士道はだけは奇術師という非戦闘職の能力を得ることになる。ハズレと言われながらも士道は異世界でのしあがっていく…とこんな感じです!
ジャンルはファンタジー。異世界転移ものですね。
ハズレと言われながらも異世界で戦い抜いていく士道の姿がすごくかっこよかったです!ストーリーは100人の日本人が異世界に召喚されるところから始まります。魔神再臨を阻止するために女神は士道をはじめとした100人を召喚しますが、そう簡単に従うというものは現れず…この辺りはリアリティがありましたね。そして異世界へポンと投げられます。魔物に怯え、食料を確保し、必死に生きていこうとするシーンはとても人間味に溢れてました。途中で出会う玄海という卓越した剣の腕を持つ老人を師と仰ぎ成長していく士道。こういう師弟関係本当に好きです…玄海さんめっちゃイケオジ…痺れる場面がいくつもありました…街に辿りついた後は冒険者として玄海、猫耳娘のレーナと行動をともにしていきます。そして現れる魔王軍所属の悪魔!ラストのバトルは本当に熱く、士道が胸に秘めた思いがガンガン伝わってきて最高に燃えました!面白かったです!

キャラ A
玄海さん個人的にすごくお気に入りです!こういうイケオジ(という割には還暦迎えていますが)に弱いんですよ…士道との師弟関係も最高ですね…強くて信念を持って行動する。すごくクールでした!ただ若者の青春を見守る目がどこか怪しかったですね(苦笑)途中士道たちと行動を共にすることになるレーナも魅力的でした!戦う女の子が猫耳を触られてふにゃっとなるのいいですね…そして肝心の主人公士道がかっこいいです!ああいう師弟関係見せつけてからのあのラストバトルは本当に胸に響きます…最高でした…

今度の期待度 A
気になる引きで終わっているので早く続きが読みたいです!士道はこれからどんな物語を歩んで行くのか…続きが楽しみです!

どんな人にオススメか?
熱いバトルが読みたい方は!あと玄海というイケオジ(還暦)が本当にすごく魅力的なキャラなので…!ToKaさんとのイラストの相性も抜群ですし、気になった方はぜひご一読を!

それにはこの辺で(≧(エ)≦。) 

ISBN 978-4-575-75132-1

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
4月の終わりがすぐそこに…!今年も三分の一が終わりです…

さて、今回紹介するのは竹岡葉月さん原作、Tivさん作画の「政宗くんのリベンジ0」です!

ストーリー A
単行本未収録の短編を集めた番外編的短編集!政宗、愛姫、吉乃、寧子、小十郎、妙、それに絹江と千夏のお話が描かれます!短編集という性質上各話を簡単に紹介していきます!
政宗の話は恥ずかしくて少女漫画が買えない政宗がなんとか本屋でそれを買おうとするもの。相変わらずよくわからないことに悩んでますね(苦笑)
愛姫の話はいつものように男子を振った愛姫が貧乳と言われ落ち込み怒り狂う話。ラストの謎展開に笑いましたw
吉乃は愛姫のワガママに付き合わされて夜中にドーナツを作るというもの。ささやかな吉乃の仕返しが最高でした!
寧子編は女子4人で水着を買いにいくというもの。てか、寧子編なのに師匠の存在感がw そして最後でぶっこんできますね…
小十郎は政宗との絡みを描いたもの。若干のBL展開は誰得なのかwでも面白かったです!
妙の話はキャッチボールがうまくできない妙と政宗が特訓するというもの。こちらも謎展開に笑いましたwなんですかこれw
ラストは政宗の母絹江と妹の千夏編。マジで絹江さん体の構造どうなっているんですかね…そしてこちらも謎展開…シュールすぎて微妙に笑えませんでした…いや、面白いんですけどね…
とかなり笑える展開が多かったです(苦笑)個人的には4巻まで読んでいればネタバレなく楽しめると思いました。気になった方は!

キャラ A
吉乃師匠がマジ可愛かったですね…ぱつんぱつんの水着は神でした…そして謎の存在感があった絹江さん…インパクト強すぎません?寧子もまたこの路線を貫いてくるんですね…いや、いいと思うんですけど…愛姫は相変わらず。でも男子にしてやられる描写は少ないので見ていて新鮮でした!

総合 A
それぞれのキャラの魅力が存分に生かされたいい短編集だったと思います!アニメ視聴済みなら原作未読でも楽しめるでしょうし、原作組も4巻まで読んでおけばネタバレなく楽しめると思います!気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
4月が終わりそうです…待ってください…

さて、今回紹介するのは縹けいかさんの「異世界監獄√楽園化計画 -絶対無罪で指名手配犯の 俺と<属性:人食い>の ハンニバルガール- 」です!

ストーリー B
内容は、主人公のトウは目覚めると異世界監獄サクラリメスにいた。自分は何も罪を犯していないはずなのになぜ監獄にいるのか。疑問を持つ中出会ったのは人を食らう罪を持つナギサという少女。罪状に基づいたアニマウェアと呼ばれる異能が存在する世界で、トウは自分が何者なの探っていくことになるがある計画が指導し…とこんな感じです!
ジャンルは…なんでしょう?ファンタジー?コミカルで意味わからない世界でのキャラの掛け合いが楽しかったです!
「食せよ我が心と異形は言う」の縹けいかさんの新作ということで購入!作風がかなり異なることに驚きましたが、それなりに楽しませていただきました!てっきりタイトルと上記の作品のテイストから監獄内で繰り広げられるダークなお話を予想していたのですが、そんなことはなかったですね…女の子たちと楽しい会話、ちょっとおかしい登場人物たち掛け合いは見ていて楽しい反面少し不気味でもありました。と、キャラの掛け合いはとても面白かったのですが、ストーリーが微妙でした…まず何より軸が定まっていなかったですね…主人公の記憶、罪状、事件の犯人を追う、この世界の危機、そして主人公の正体…と話の中で重要な目的がコロコロ変わっているにもかかわらずラストでいきなり重みのないミステリ的カタルシスを見せられても…ちょっと納得できないですね…明かされる真実自体は面白いのに、そこに至るまでの過程があまりにも短いのでどうしても薄味に感じてしまいました…面白い要素は散らばっていて、それぞれはすごく楽しめるのに全てが繋がらずに終わっていました。キャラの掛け合いが楽しいだけに残念です…

キャラ A
登場人物は何人も出てきてそれぞれ出番が限られる中、キラリと光る魅力がありました!主人公トウの正義のための戦い、ナギサの歪な人格とトウへの思い、山田の狂気と快楽殺人魔的な不気味さ、さだめとパーシェンカが加わることにより起こる不思議な化学反応。それぞれ強烈な個性があり、ストーリーを盛り上げていました!

今後の期待度 B
ぶっちゃけ今回でお腹いっぱいですね…つまらないというわけではありませんし、続きがどうなるか気にならないわけではないんですけど…

どんな人にオススメか?
へんてこな作品が読みたい方は!独特の世界というか、どこまでも不思議な感覚が読んでいる中でつきまといます。キャラの掛け合いは楽しいので、もし興味のある方は…

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

ISBN 978-4-08-631180-9

↑このページのトップヘ