どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日はめっちゃ寒いですね…ダウン着るかどうか真剣に悩みました…

さて、今回紹介するのは赤坂アカさんの「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜7」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
もう一度生徒会長になるべく選挙に立候補した白銀。しかし、ライバルとして天才一年生の伊井野ミコが立ちはだかる。思わぬライバルの登場に前生徒会メンバーは全力で挑むが…
シリーズ第7弾&新章突入!もう一度生徒会に返り咲くために白銀たちが選挙に全力で挑んでましたね!今回も面白かったです!
序盤は生徒会が解散して、選挙活動が始まるまでの時間を描いてましたね。相変わらず大暴走のかぐや様が今回はさらに大暴走…なんすか目フェチって…ちょっとヒキました…そして選挙活動が始まり新キャラ伊井野ミコちゃんが登場!表紙を飾る彼女が白銀のライバルとして立ちはだかります!いいですね!こういう関係!過去を乗り越えて堂々と戦う姿はグッドですよ!生徒会選挙は最高に盛り上がりましたし、メインのラブコメもたっぷり楽しませてもらいました!面白かったです!

キャラ A
かぐや様…こ、今回怖くないですか…?目フェチの行き過ぎ、裏工作、脅し…こ、これがかぐや様の本気…白銀は今回かっこよかったですね!強者の風格というか、相手のプライドも考慮したやり方は最高にクール!まあ、相変わらずラブコメ面ではへっぽこですがw 初登場のミコちゃんも魅力的でしたね!こういう過去に色々あったけど、変われる女の子好きです!

総合 A
新章も相変わらずいいラブコメを堪能できて楽しませてもらいました!続刊も引き続き楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
眠いです…

さて、今回紹介するのは鴨志田一さんの「青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、麻衣先輩と付き合うことになり浮かれる咲太。しかし、翌朝起きるとなぜか6月27日を繰り返していた。戸惑う咲太の前に現れたのは尻を蹴り合った後輩古賀朋絵。朋絵は友達が恋している先輩からの告白を断るために逃げ回っているらしい。それがループという現象を引き起こしていた。そんな中、朋絵のついた嘘で咲太と付き合っているという噂が広がる。朋絵からわけを聞き偽の恋人を演じることになる咲太たが…とこんな感じです!
シリーズ第2弾!前巻は存在消滅+シュレディンガーの猫でしたけど、今回はループ+ラプラスの悪魔でしたね!
まず言わせてください…今回もめっちゃ面白かったです!あー!青春の!いい!ところが!濃縮されて!ストレートに!心に!ぶっ刺さります!もう本当、本当に最高ですよ…ありがとうございます…ありがとうございます…
前巻でアレ?となったところからスタート。咲太はなぜか6月27日がループしていふことを知ります。しかもどうやらループしているのは自分のだけ…かと思いきや、四回目のループでどうやら朋絵が原因だとわかります。思春期症候群を疑った咲太は解決に協力しますが、なぜか偽の恋人を演じることに…偽の恋人は青春ものやラブコメでは割と鉄板ですけど、理由が理由だけにこれは咲太からしたら断れないですよね…そして朋絵と付き合うことになりますが、今回もシチュエーションがとにかくいいです!水族館、桜木町、海、江ノ島…とにかくぶっ刺さって離れません…そして最後のアレはもう、本当に本当に…わかっていても、わかっていても…気持ちは時にすごく残酷で容赦のないものですね…朋絵ちゃんには幸せになってほしいです…今回も最後まで面白かったです!

キャラ A
朋絵ちゃん本当にいい女の子ですよ。正義の味方。可愛いくせに時に等身大のかっこよさがある。色々苦労した分幸せになってほしいです…咲太は相変わらずですけど、飾らないかっこよさが本当に憧れというか惚れます!麻衣先輩は相変わらずですけど、やっぱり可愛いですね!双葉も難しい女の子かと思ってましたけど、年相応というかそんな感じの可愛さがありました!

今後の期待度 A
また気になる終わり方だったので3巻も早いところ読みたいと思います!夏になり新たな問題に直面するであろう咲太がどうなるのか…続きが楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

ISBN  978-4-04-866808-8

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日の午後は久しぶりに雨が止んだので、ふらっと本屋行ってきました。な、何も買ってませんよ?

さて、今回紹介するのは鴨志田一さんの「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」です!

ストーリー A
内容は、ある日図書館でバニーガールに出会った梓川咲太。バニーガールの正体は活動休止中の人気女優にして同じ高校の三年生桜島麻衣先輩だった!麻衣先輩は数日前から周りに彼女の姿が見えなくなるという事象が起こっていた。咲太はこの現象を「思春期症候群」という怪現象と疑い、麻衣先輩と仲良くなりながら調査を始めるが…とこんな感じです!
ジャンルは青春+SF?オカルト?そんな感じです。
まず言わせてください…この作品すごく面白いです!いやー、前評判が高かったのでどれだけ面白いのかと気になっていたんですけど予想をはるかに超えてきました!心に真っ直ぐ刺さるこの感じ!最高ですね!
始まりはインパクト大でしたね。図書館で可愛いバニーガールに遭遇。なかなかデカい一撃でしたね…しかしなぜバニーガールなのか…作者さんの趣味?ですかね?序盤はややスロースタートな感じですかね?藤沢やその周辺の景色や海風を感じながら咲太の学校生活や麻衣先輩と仲良くなっていく様子が描かれます。咲太の言い回しというか、会話のテンポがよくスラスラ読ませてくれますね!麻衣先輩をはじめとしたキャラたちとの掛け合いも楽しいです!そしてゆっくりと進行する麻衣先輩が見えなくなる現象。これが始まってから面白さが一気に加速しますね!とにかくシュチュがいいんですよ!海岸、大垣のホテル、深夜のコンビニ、朝の理科室、校庭…とにかく刺さって離れないシーンがたくさん…これはヤバいですね…青春のいいところが、現実より甘くて苦くて切なく表現されています!ラストも最高でしたし、大満足でした!面白かったです!

キャラ A
咲太の素直すぎる言い回しというか、ちょっとクズ入っているところはめっちゃ好きです!麻衣先輩のためにあんなに頑張るのは最高に主人公してますね!麻衣先輩は最高の一言。年上ぶって、咲太にあたりが強いくせに、時々弱気になったり恥ずかしがったりして…初々しいところがありつつも咲太にいいとこ見せようとする感じ最高ですよね!他のキャラも魅力的でした!

今後の期待度 A
今2巻読んでいるんですけど、まだ序盤ですけど面白いですね!この分だと2巻も面白いこと間違いなしなので楽しみです!

どんな人にオススメか?
青春ものが好きな方は!ややスロースタートな感じもしますが、物語が一気にうごいてからは面白さが加速します!麻衣先輩も可愛いですし、ぜひご一読を!オススメです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

ISBN  978-4-04-866457-5

↑このページのトップヘ