どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は暑かったですね…バテました…

さて、今回紹介するのは天那光汰さんの「異世界堂のミア お持ち帰りは亜人メイドですか?」です!

ストーリー A
内容は、猫族の亜人メイドのミアは新しい奉公先を紹介される。雇い主の新堂偏也は瞬く間に財を成した天才だったが、身の回りに無頓着で屋敷は荒れていた。そんな町外れの屋敷で働くミアは、ある日偏也に異世界へと繋がる鏡で「チキュウ」に連れて行かれ…とこんな感じです!
ジャンルはメシものプラス日常。ミアと偏也のやりとりが優しくて見ていて楽しいです!
発売前からずっと楽しみにしていたんですけど、期待を大きく上回る面白さでした!いいですね!偏屈な男と頑張り屋さんのネコミミメイドの女の子!好みにどストライクでした!
序盤は結構ドタバタな感じで始まります。メイドとして偏也の屋敷にやってきたミアが偏也の失礼な行動に驚き、いきなりパーティに連れ行かれ…とそんな忙しさの中で2人の魅力がキラリと光る描写がありました!そして異世界「チキュウ」へ。ここで偏也が現代日本人だということが判明し、ミアはチキュウのテクノロジーに驚くことになります。ミアの反応がいちいち可愛いのが本当に卑怯です…はあ、可愛い…異世界「チキュウ」とミアたちが住む世界。それぞれ違いに驚きながらも、ミアはメイドとしての仕事を頑張ります。この作品の魅力はなんといってもミアが「チキュウ」のごはんを食べるシーン!食べるものは特別なものではなくたい焼きとかチェーンの牛丼なんですけど、食べ方とミアの反応が可愛いくて可愛いくて…癒しです。最高の癒しです!そしてこういう庶民的なものがものすごく美味しそうに見えて最強のメシテロです…ツナご飯が食べたいです…ちょっと変わった偏也とネコミミメイドのミアとのやりとりも終始楽しかったですね!最後まで楽しく読めました!

キャラ AA
ミアちゃんが可愛いすぎて…なんですか、なんなんですかこの子!こんなに可愛いのにネコミミついててしかもメイドとか反則じゃないですか!喋る言葉に時々猫語が混じるのも可愛いですし、表情豊かなのも可愛いですし、チキュウの食べ物に感動するのも可愛いですし、偏也とのやりとりも可愛いですし、とにかく可愛いがぎゅっと詰まった女の子でした!偏也は偏屈屋で何考えているかわからない男なんですけど、なんだかんだいってミアのことを大切にしていて時々からかったりして奇妙な魅力がありました!ただミアちゃんとお風呂に入ったのは許さない。許しません。ドラゴンの亜人メイドのサラは出番こそ多くないものの、不良メイドっぷりと乙女さのギャップがベリーグッドでした!

今後の期待度 A
結構綺麗に終わってますけどミアちゃんは永遠見ていていたいので続きお願いします。続きお願いします!

続きお願いします!

どんな人にオススメか?
ケモナーでメイド好きの方は読んでいる途中で何回か可愛いすぎて悶え死ぬと思うので注意してください!ミアちゃん本当に可愛いんです…偏屈な男と頑張り屋さんのネコミミメイドのやりとりは見ていて楽しいですし、メシテロも秀逸です!気になったかたは!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

ISBN 978-4-8002-7280-5

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
最近ブログのパーツにアクセスカウンターを追加しました。なんとなくつけただけなのでいつか消すかもですが、アクセス数が見られますよー

さて、今回紹介するのは森田季節さんの「物理的に孤立している俺の高校生活2」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、愛河の事件を乗り越えた人研のメンバー。しかし、業平は相変わらずドレインの能力のせいでクラスから孤立していた。そんな中、夏休みを前に転校生汐ノ宮嵐蘭がクラスにやってくる。えんじゅは嵐蘭を友達候補をとして人研に誘うが…夏休み編開幕!とこんな感じです!
シリーズ第2弾!重版も決まって好調っぷりがうかがえますね!今回も異能×青春ラブコメとして面白かったです!
ちょっとヒーローになっても相変わらず孤立し続けるグレくんこと波久礼業平。本当になんで彼だけこんな厄介な能力なんですかね…まあ、おかげで女子たちと一メートルの距離を取らなければならず、羨ましさは半減してましたけどw そして転校生の汐ノ宮嵐蘭がグレくんたちのクラスにやってきます。後述しますが、能力云々ではなくこういう女の子いたらちょっと…って感じですよね。夏休みということで海に行ったり、お祭りに行ったり、お泊まりに行ったりと楽しそうなイベントがたくさんありますがどうもこのメンバーたど楽しそうに見えないのが不思議。それでも、普段は見れない女性陣の可愛らしい姿(主に服装)が見られて楽しかったです!表紙にデデンといるようにエリアス対グレくんのお話が一つのメイン。ラストで個人的には青春らしいと思える決着が見れて満足です!今回も面白かったです!

キャラ A
えんじゅは相変わらず毒が強いですね(苦笑)でも、感情をストレートに表現できる女の子は素敵だと思います。でもでもグレくんにもう少し優しくしてあげてください…愛河は相変わらず天真爛漫で異能のせいもありますけど男の子にとって魅力的な女の子でしたね。グレくんにとってのオアシス的存在ですね。エリアスさんは過去のこととか色々わかって、どこか理不尽さは感じなくなりましたね。なんだかんだいって今後メインヒロインになれる素質があると思うので頑張って欲しいですね…新キャラ嵐蘭は余計なお世話が過ぎるところと1人進みすぎるところがあってあんまり好きじゃなかったです…それでも人研のメンバーが彼女を受け入れる姿はグッド! Mika Pikazoさんのイラストも素晴らしかったです!特にえんじゅの水着姿は最高でした!

今後の期待度 A
今回も面白かったので3巻も楽しみです!夏休みが終わり二学期に入った人研のメンバーがどんな高校生活を繰り広げていくのか…続刊待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

ISBN 978-4-09-451685-2


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日はちょっと疲れました…明日から頑張ります…

さて、今回紹介するのは丸戸史明さん原作、武者サブさん作画の「冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム8」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
真由がキャラデザを務めることになり、順調に進んでいく「純情ヘクトパスカル」のアニメ。しかし、シリーズ構成を担当する詩羽のシナリオ執筆は困難を極めていた…
恋メトももう8巻ですか…どこかの幼馴染さんルートはあっさり終わったのに、詩羽様ルートは250万部も売れて…まあ詩羽様も好きなんですけどね。
そんなわけでアニメ化に向けて色々頑張る詩羽様と倫理くんか中心でしたね。つか、倫理くんは色々ヤバそうですね…詩羽様に身も心も堕としてしまうとこうも(将来的な意味で)危うくなるんですね…でも詩羽様の作品への思いはしっかり届いていると思います。2人の関係は相変わらず一進一退ですが、そこにまたニヤニヤさせられました!

キャラ A
詩羽様は本当に尽くすタイプですね。いや、尽くすというとちょっとかなり違う気もしますけど、なんだかんだ倫理のこと大切なんですよね。お風呂シーンはとても可愛かったです!真由はやや出番が少なかったものの、存在感は抜群!意外と純真なところも見せてくれて満足です!

総合 A
今回も面白かったです!丸戸さんが書いている通りこれ本編の時系列超えますね(^_^;)まあ、何はともあれそろそろ一つの区切りも見えてきそうなので続きが楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)



↑このページのトップヘ