どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは江本マシメサさんの「エルフ公爵は呪われ令嬢をイヤイヤ娶る」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、女性嫌いのエルフの公爵ハイドランジアは日々持ちかけられる婚約話にうんざりしていた。そんなある日、かつて娘の婚約と引き換えに禁書を読ませるという約束を思いだし名前しか知らない女性・ヴィオレットを妻にすることを決める。しかしヴィオレットは異性に触れられると猫になってしまうという呪いの持ち主だった⁉︎猫好きなハイドランジアは苦悩の中でヴィオレットとの新婚生活を送っていくが…とこんな感じです!

〜猫もヴィオレットも好き〜
江本マシメサさんの新作!最近なかなか江本さんの作品を読めずにめちゃくちゃ積んでしまっていて…少しずつ読んでいきたいんですけどドンドン新作が出るという嬉しい悲鳴をあげています…それはともかく!今作も面白かったです!
特別な貴族であるハイドランジアに日々婚約話が舞い込むことですっかり女性が嫌いになってしまったハイドランジア。しかし、それは止まることを知らず…そこで結婚してしまえばいいと思い立ったハイドランジアはかつての約束を思い出しヴィオレットという女性と結婚することになります。女性向けとしては珍しく男性視点のお話なのは意外でしたが、普段男性向けの作品を中心に読んでいる身としてはスラスラと物語に入っていけましたね!後述しますがハイドランジアさんが怖そうで猫好きというギャップも良かったですw 異性に触れられると猫になってしまうヴィオレットとの新婚生活はなかなかうまくいかず…というか最初は強引にハイドランジアがヴィオレットを連れてきたせいで2人の関係はピリピリしていました。でも強力な魔法の使い手であるハイドランジアと魔法に憧れるヴィオレットは「魔法」を通して少しずつ関係を築きあげていきます!ヴィオレットがハイドランジアに触れてしまう度に猫になったりと、なかなか理想の結婚生活とはいきませんが、ちょっとずつ歩み寄っていく2人の姿は微笑ましくもあり応援したくなりますね!そしてヴィオレットの背後で動く怪しい影…ヴィオレットの家と、かつての事件と、そして遠い昔のこと。少しずつ明かされていく真実の中で2人が夫婦になっていく過程は素敵でした!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
ハイドランジアは冷たく怖い印象がある男なんですけど、猫好きででも魔力が強いために動物全般に嫌われるという悲しい境遇で…なんだかんだでヴィオレットのことをきちんと気にかけていていい奴でしたね…ヴィオレットは異性に触れられると猫になるというちょっと変わった呪いを受けた女性。好奇心旺盛で元気いっぱいな普段の姿と、猫になった時のかわいさと…様々な魅力的な姿を見せてくれました!その他のキャラももちろん魅力的でした!

最後に
個人的には男性視点ということでスラスラと物語に入っていくことができました!猫好きなハイドランジアと猫になってしまうヴィオレットの結婚生活はなかなかうまくいきませんが、そんな2人が徐々にではありますが関係を深めていく様子は読んでいて楽しかったです!まだ解決していないこともたくさんあるので続刊が出るならぜひ読みたいです!

どんな人にオススメか?
普段僕のブログを読んでいる方で、女性向けをあまり読まない方にオススメしたいです!男性視点なので入りやすいと思います!江本マシメサさんのファンの方はもちろん、エルフの公爵と猫になってしまう女性の新婚生活ものと聞いて興味を持った方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



エルフ公爵は呪われ令嬢をイヤイヤ娶る



著者



江本マシメサ



レーベル



アイリスNEO



ISBN



 978-4-7580-9204-3




どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは安里アサトさんの「86―エイティシックス―Ep.6 ―明けねばこそ夜は永く―」です!
IMG_4813
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、エイティシックスとして誇り高く戦い死ぬ。生きることへの執着はない。そう思っていた彼らだが、シリンたちの戦いを前に自分たちの在り方を疑うようになる。生きる意味とはなにか苦悩するシン。そんな彼に戦いが終わった後の夢を訊くレーナ。彼女はシンを理解しようとするが、その度に溝は深まるばかりで…そして始まる高機動型との戦いでシンは…連合王国編クライマックス!とこんな感じです!

〜一緒に海が見たい〜
シリーズ第6弾!読むのが本当に遅くなってしまいまして…ち、ちょうど社会人になりたての頃に出て読む気持ちの準備ができなかったんですよね…ついに連合王国編完結ということで盛り上がり方も良かったですね!面白かったです!
先の戦いでシリンたちによる壮絶な最期を見て自分たちの生き様を改めて見つめざるを得なくなったエイティシックスたち。5巻読んだのはかなり前ですけど、アレは壮絶でしたからね…彼らがこうして悩むのもわかります。そしてシンはエイティシックスとしての生き方と自身の未来について悩みます。レーナからの問いに答えられない自分。自分が何者で何がしたいのか。今の戦いよりも未来の自分とは。揺れ動く感情の中で、レーナが求める/自分が求める答えを見つけていきます。そして始まる高機動型との因縁の戦い。地下で出会い、地上で戦い、進化を重ねて相手が選んだ最後の形態は…まさかの答えでしたね…たしかにそれに辿り着くのは自然かもですが…シンとの死闘は本当に読み応えがあり迫力満点でした。戦いが終わった後も良かったですし、これでシンとレーナは心置きなくラブコメが始められますねw 連合王国編完結巻として最高の一冊でした!面白かったです!

キャラ A
シン〜…どんなことがあっても女の子を泣かせてはいけないです。反省しないさいw シンの強さと脆さに触れていて、やっぱり彼には生きていてほしいなと思いました。レーナはマジで恋する乙女全力全開全力疾走でかわいすぎか?ってなりましたね。かわいすぎです。あんまり言うとアレですけど、レルヒェはあの戦いの後だとちょっと不気味に映りますね…それもまたシリンとしての魅力かもですが…その他のキャラも魅力的でした!

最後に
今回は連合王国編完結巻でしたが、それに相応しいラストだったと思います!シンとレーナの関係もいい感じですし、これからどうなっていくのか楽しみですね!もう7巻は出ていますし、買ってはいるのでこちらも早めに読みます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



86―エイティシックス―Ep.6 ―明けねばこそ夜は永く―



著者



安里アサト



レーベル



電撃文庫



ISBN



 978-4-04-912461-3


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは望公太さんの「神童勇者とメイドおねえさん2」です!
IMG_4812
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、相変わらずメイドたちにちょっかいを出されながらも平穏に暮らすシオン。そんなある日、魔王の呪いので成長しないはずのシオンの身長が1センチ伸びていた⁉︎ついにエナジードレインの秘密も解き明かせるかもしれない。そんな期待に胸が膨らむなか、シオンたちは街で行方不明事件が続いていることを耳にする。解決に乗り出すシオンたちだが、それは思いのほか大きな事件へと発展していき…とこんな感じです!

〜ずっとメイドおねえさんと一緒〜
シリーズ第2弾!コミカライズも決まって順調ですね!今回は前巻よりもラブコメ多めの印象でしたが、面白かったです!
相変わらずメイドたちと楽しく暮らすシオン。なんか改めて見ると本当に羨ましい生活してますよね…なんだこのシオンって奴は…まあ過去が過去なので許しますけど…今回もシオンがいい感じにおねえさんたちにやられてましたね…下着の件、シオンくんにふんどしはまだ早いと思いました(真顔)そんな平穏な日常も街で発生している行方不明者続出事件からキナ臭い方向へ…事件の犯人を見つけたと思ったら…予想外の方向に転がっていくストーリーに予想外の女装姿のシオン(すこ)、そしてまさかの陰謀にぶちあたって…強くてメイドおねえさんたちを守れる力を持ったシオンの活躍は見ていて楽しいですね!今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
シオンはメイドおねえさんたちが「かわいい」ばかり言っていて、実際にかわいいんですけど今回は女装という新たなかわいさを見せてくれましたね。これは好きです。メイドおねえさんたちを守ろうとする姿は相変わらずかっこよかったです!そして4人のメイドおねえさんたちは相変わらず。てかアルシェラさんはビックチャンス逃しましたね。いや、個人的には女装というスーパーファインプレーを生み出してくれてめっちゃありがたかったんですけどねw ナギさんはナイスふんどしでした。

最後に
今回はラブコメが前巻よりやや多めかな?と思いましたが相変わらず面白かったです!メイドおねえさんたちを守るシオンもかっこよくて女装姿は可愛く、えっちなことで頰を赤らめるのもグッドでした!3巻も楽しみにしてます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



神童勇者とメイドおねえさん2



著者



望公太



レーベル



MF文庫J



ISBN



 978-4-04-065793-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


↑このページのトップヘ