どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
明日からコミケですね!僕は3日目ですが、1日目から参加される方はお気をつけて!

さて、今回紹介するのは佐島勤さんの「魔法科高校の劣等生23 孤立編」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、世界各地で戦略級魔法の使用が行われる中、達也が開発した魔法「アクティブ・エアー・マイン」が紛争地域で武装ゲリラに使用されるという事態が起こる。達也にその意思はないにせよ立場が悪くなるなか、金星のテラフォーミング計画「ディオーネー計画」が持ち上がる。そこで達也はトーラス・シルバーとして参加することを求められる。図らずともシルバーとしての達也の正体がバレ、不穏な気配を感じ取った達也は…とこんな感じです!
シリーズ第23巻!前巻のあとがきで佐島勤さんがずっと書きたかったお話と言っていましたが…なるほどこういう展開でしたか…まさに「孤立編」達也が進む道が決まったというか決められたお話でした。
不安定な世界情勢。使用される戦略級の魔法。そんな中で威力をかなりのレベルまで上げられる「アクティブ・エアー・マイン」が使用されます。多数の死者を出したことで開発者の達也の立場が悪くなる…しかし酷い構造ですよね…読者は達也のことを知ってますけど、マスコミがどうしても高校生に、一高に、魔法師に罪をなすりつけて排除しようとする…この辺りは見ていてあんまり気持ちのいいものではなかったですね…そして持ち上がる「ディオーネー計画」金星のテラフォーミングを計画したもので、大量の魔法師が必要となる計画の裏を達也は感じます。さらにシルバーとしての達也の正体も国内外の一部の人々にバレてそれぞれの思惑から参加させられようとします…マスコミのところもそうでしたけど、いくら達也とはいえ背負うものが高校生1人では、人間1人では抱えきれないものですよね…そしてお話はあの魔法師との対決へ…このバトルも短いながらに見事の一言です…サブタイトルが示すお話になりましたが、孤立は孤立でもきっと色々な意味で孤立ではなく意味な意味で想像を絶するほど孤立なんだろうなと思いました。今回も面白かったです!

キャラ A
達也がこれほど苦しむのは初めてくらいじゃないですか?それでも彼はやはり最強でしたね…深雪はさすが正妻といった感じで達也のこととなると…ですがあそこで変な勘違いをして本気で恥ずかしそうにして慌てるのは可愛かったです!今回重要なキャラや過去に登場したあの方々も出てきていい働きをしてました!

今後の期待度 A
次巻は続きではなくもしかしたら映画のノベライズになるかもしれないらしいですね…本編に続きも気になりますが、ノベライズのほうも映画では語られなかった部分が語られるらしいので楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

ISBN 978-4-04-893281-3