どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
連投です!明日はラノベの感想更新します…

さて、今回紹介するのはLINKさん原作、宵野コタローさん作画の「終末のハーレム3」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
ゆず先生から誘惑を受け快楽に墜ちていく土井。しかしそれは始まりに過ぎなかった。土井はカレンから学園に関する驚きの事実を聞かされる…
シリーズ第3弾。100万部ですか…ほえー…なんか、その、すごいですね。
さて、ストーリーの方は前巻で土井が出てきて男3人の視点で同時に話し進めるのは…なんて不安もありましたが、今回は土井のことをきちんとやってくれて面白かったので満足ですね。土井もただ、思春期を爆発させるのではなくきちんと過去と現在の狭間で葛藤していたのは好感度高いです。ただ、ドロっとする未来がチラリと見え隠れして…今後はどうなるんでしょうか?

キャラ A
ゆず先生ヤバいですね…女性教師と男子生徒のシュチュもそうですけど、ギャップが…奈都もお嬢様とのギャップがいいですね〜しかも積極的で…カレンはちょっと怖いですね…影の支配者のオーラを感じました

総合 A
今回は土井メインできちんとやってくれたので大満足です!続きも楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)