どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのは鳩見すたさんの「地球最後のゾンビ -NIGHT WITH THE LIVING DEAD-」です!
FullSizeRender
ストーリー A
内容は、全世界を襲ったゾンビパニックから5年。ゾンビは腐りほぼ全滅していたが、人類もまたゾンビの影響でその数を著しく減らしていた。荒廃した東京で1人旅をするユキトは、ある日空から降ってきたゾンビの少女エコと出会う。彼女はゾンビウイルスに感染しながらもゾンビにはならなかった特殊なゾンビだった。しかし体は死んでいるエコはいつか死んでしまうことを悟っていた。エコが死ぬまでにやりたいことを達成するため、彼女が死ぬのを見届けるために2人は北に向けて歩きだす…とこんな感じです!
ジャンルは旅もの。ポストアポカリプス的な世界観で旅をする2人の姿が印象的でした!
鳩見すたさんの新作!デビュー作の「ひとつ海のパラスアテナ」以来に読みましたがこんな文章を書く作家さんだとちょっと懐かしくなりましたね。
作品はゾンビものやボーイミーツガールというよりも旅ものといったほうがしっくりくる感じですね。ゾンビによって世界がめちゃくちゃになるも、当のゾンビは5年という月日の中で腐りほとんど見かけなくなったという設定。1人旅をするユキトとゾンビにならない死んだ女の子エコとの不思議な旅が始まります。人が滅んだ後の世界というのが非常によく再現(というか創造)されていたなと思います!ゾンビで滅んだ社会、ゾンビがいなくなったと言っても次の脅威は「人間」な世界でどう生きるか…この辺りのリアリティはすごく良かったです!ストーリーは1人で生きているユキトがエコと出会い彼女の願いを叶えるために旅をするというもの。太陽の熱で腐ることを恐れて夜を歩き、旅をする2人の距離が愛おしかったですね…ユキトはゾンビで辛い思いを何度もしてきて、完全なゾンビになりきれないエコにも葛藤があって、友達でも恋人でもないような距離で旅を続ける2人の姿は廃墟だらけの世界でやけに眩しくもあり切なくもありました。物語の中盤以降は自分が求めていたものとは違って、この展開はどうなのかな?と思うこともありましたが終着はこの2人らしいのかな?と思ったり…ユキトとエコの夜の旅は優しくて切なかったです。

キャラ A
ユキトは面白い男の子でしたね。過去の積み上げや今を生きる姿。面白い言葉遣いや他人に対する態度は見ていて楽しかったです!エコは死んでるとは思えないほど活発で天真爛漫な女の子でした!でも笑顔の裏にある切なさがとても印象的で、エコはユキトの寝ている横で何を考えていたんだろうと思うとちょっと…

今後の期待度 評価不能
うーん…続くんですかね?いや、個人的には続かない方がいいなんて思っているので…

どんな人にオススメか?
旅ものが読みたい方は!過度にゾンビものや泣けるお話を期待するとちょっと違うかもしれないです…物語をどう見るかによってだいぶ評価が変わる作品だとは思いますが、面白いことには面白いので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

ISBN 978-4-04-893873-0