どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて今回紹介するのは内田弘樹さんの「ミリオタJK妹!3 異世界の戦争に巻き込まれた兄妹は軍事知識チートで無双します」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
内容は、ファルツラントと停戦状態にあるリリエンタール王国。そこに現れたのはエルフの国エルフガルド王国の摂政フロリナだった。共通的であるファルツラントを倒すために協力を持ちかけるフロリナ。だが、エルフたちが使う協力な魔法は人々の憎しみや悲しみによって増強されていることが判明する。人類を奴隷化し魔法資源にしようと考えるフロリナたち。ミリオタ故に戦争が嫌いな宗也はあえてラズたち竜人種と組んでエルフたちに挑むが…とこんな感じです!
シリーズ第3弾!残念なことに今回で完結とのこと…好きなシリーズだったんですけどね…136pでみぐが「ミリオタJKは供給過多ですか。リトルアーモリーとドルフロで十分ですか」とか皮肉言ってますけど「ミリオタJK」が終わってしまうので供給が…足りないですよ…あともう一巻続いて欲しかったですね…とまあ3巻で終わるのも残念なんですけど何より残念なのはイラスト。表紙とモノクロ2枚だけ…巻頭カラーイラストは表紙イラストの切り抜…単純に悲しいです。そりゃもちろん今回で完結とか、野崎つばたさんのスケジュールとか、編集部がどうとか色々あるとは思いますけど、最後にみぐが大きく描かれてもいいじゃないですか…メインヒロインなんですよ…大好きな作品で2巻まではすごく綺麗でかっこよくて可愛いイラスト満載だっただけに悲しいです…野崎つばたさんの描くみぐはもう少し見たかったですよ…さてストーリーは対エルフの国、そしてドラゴンを利用した航空作戦がメイン!ラズたちファルツラントに対抗するために同盟を申し出るエルフガルド。しかし真実が発覚し逆にエルフたちとの戦争へ…弾道ミサイルのような強力な魔法を使うエルフたちに何もできない宗也たち。そこで考えだしたのはラズたちと組んでエルフの国へ奇襲をかける作戦。これは面白かったですね!まさにファンタジー版の航空作戦!エルフの国へ竜を飛ばす策や、どこに攻撃すれば1番ダメージが与えられるかなどまさにミリオタ全開のいやらしくも有効的な作戦でエルフたちを追い込むのは見ていてワクワクしました!そしてみぐの葛藤と迷いからの解放。この辺はもう少しゆっくり描いて欲しかった気もしますけど、クライマックスでのみぐの行動は刺さりましたね!ラストも良かったですし、今回も楽しませていただきました!面白かったです!

キャラ A
みぐ…ミリオタでヤンデレでお兄ちゃん大好きなみぐにもう会えないんですね…寂しいです…強くてかっこよくて可愛いみぐが大好きでしたよ…宗也はミリオタを語るシーンとあの航空作戦を考えるのが最高に主人公してました!

今後の期待度 評価不能…
完結なのでこの評価で。お疲れ様でした。内田弘樹さんの次回作楽しみに待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_3369

ISBN 978-4-7973-9806-9