どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは一ツ屋赤彦さんの「葡萄大陸物語 野良猫姫と言葉渡しの王」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、様々な種族が暮らし葡萄のように国が乱立する大陸。そんな大陸の中にランタンと呼ばれる小国が存在した。特殊な出自から大陸に存在する全ての言語を話せるメルはランタンで豹人族の姫シャルネの教育係に任命される。優しいメルに惹かれていくシャルネだな、政略す結婚を前に2人の関係は切り裂かれようとしていた。そんなある日、シャルネは政略結婚の相手であるバツの国の王を怒らせ破談。さらにランタンの国王が病でもう長くないことからメルが国王に任命されシャルネと結婚することに!言葉を操り人を導くメルは果たしてこの窮地を救えるのか…とこんな感じです!
ジャンルはファンタジー。ヒロイックな、でも温かさを感じる作品でした。
第24回スニーカー大賞金賞受賞作!気になる部分もありましたが最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!
特殊な出自から大陸全ての言語を話すことができるメル。そんな彼はランタンで豹人族の姫であるシャルネの教育係を任される…というところから始まるストーリー。葡萄大陸の設定や言語関係の表現はすごく良かったですね!括弧の種類の違いだけでここまで言葉の壁とコミュニケーションを表せるのはすごいの一言!そして自由奔放なシャルネは教育係のメルに徐々に惹かれていきます。初めて恋を知る女の子の表情がまた素晴らしいのなんの…しかし政略結婚のためにメルから言葉を教わっていたシャルネの期限は徐々に近づいてきます。そして政略結婚の相手であるバツの国の王の態度にキレたシャルネによって結婚は破談。さらに現ランタン国王が病を患っていることもあり、メルは次期国王に…この辺りは事情が複雑なのでぜひ読んでいただければと。シャルネと結婚するために豹人族の国で鍛え成人の儀を受け、さらにランタンに怒ったバツと戦争…そんな窮地の中でもメルは言葉を手繰り自らの、そしてランタンの、葡萄大陸の運命を切り開いていきます!細かなところで気になる部分もありましたが、これぞファンタジー!と呼ぶにふさわしい作品でした!面白かったです!

キャラ A
シャルネちゃんがケモミミというだけで無条件降伏ですね…自由奔放な女の子が恋を知って可愛い自分を褒めてもらいたいってなるの可愛すぎて死にます…メルは優しくてでも強くて、王には頼りないかもしれませんがその分言葉を使ってみんなを繋ごうとする姿が印象的でした!キリンさんは強くて厳しくて、でもその強さがシャルネをみんなを守る盾に剣になっていたと思います!

今後の期待度 A
面白かったので続刊もぜひ!割と綺麗なところで終わっていますが、メルとシャルネの物語はまだまだ見ていたいです!続刊待ってます!

どんな人にオススメか?
本格ファンタジーが読みたい方は!言葉で様々な種族をつなぐ物語は素晴らしいの一言です!そして何よりシャルネがかわいいです!イエス!ケモミミ!大正義!気になった方はぜひ!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_4302

ISBN 978-4-04-108374-1