どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは大泉貴さんの「ダンジョン・ザ・ステーション」です!
FullSizeRender


ストーリー A
内容は、迷宮王を名乗る存在によりダンジョンとなった新宿駅。国は迷宮を攻略するための探索員制度を制定するが、ヤクザや異能力者など個性的なメンバーが日夜ダンジョンに集まるようになっていた。そんな 中,新宿駅で行方不明になった妹を探すために薬王寺ユウはダンジョンに挑むことに。最強のシスター、謎の後輩、ヤクザの用心棒、魔法使いの少女という個性的なメンバーで新宿駅に挑むが、探していた妹は意外な形でユウの前に現れて…とこんな感じです!

〜ダンジョンになった新宿で妹を探し出せ!〜
大泉貴さんの新作!個人的に初挑戦の作家さんです!過去作の「アニソンの神様」がかなり評判がいいのでいつか読んでみたいな〜と思っていて、今回LINE文庫エッジで新作を出すとのことで購入。思わずワクワクしてしまう魅力的な設定と熱い展開を楽しませていただきました!面白かったです!
まず何より設定がいいですよね!新宿駅がダンジョンというのはネットから始まりゲームや漫画など様々な作品に出てくるある種定番的な存在ですが、それに真っ向から挑み「これが俺の新宿駅ダンジョンだ!」と叩きつけてくる感じ最高です!スイカというバングル型の機械にたまる切符(ヴァイタル)のポイントで各階層を行き来したり、切符は駅員(ガーディアン)というモンスターを倒すことで入手できたり、貯めたポイントを自身の身体能力を上げるためい使用してさらに強いモンスターを倒す!こういうの!こういうのが読みたかったんです1好きなんです!物語は妹のつかさを探しにユウが新宿駅を訪れるところから始まります!初っ端からピンチに陥りますが、謎の後輩の女の子と紅血の聖女と呼ばれる最強シスターによりピンチを切り抜けます!ここでこの作品に完璧に惚れました!そして3人で始まるいもうとのつかさを探す物語。最初は迷宮を攻略していくのかと思いきや、新宿駅のダンジョンが実はユウが昔書いた小説の設定そのものであることが明かされたり、妹のつかさが思わぬ形で出現するところから物語は急速に回転を始めます!そしてここからは熱い展開の連続!仲間を増やして、窮地を脱して、また窮地におちいっても仲間と力を合わせて乗り越える!物語の力でピンチを脱していく様は読んでいて本当にワクワクしました!ラストもすごく好きでしたし、最後までめちゃくちゃ楽しめました!面白かったです!

キャラ A
ユウは妹想いの優しい男子高校生。でも見た目に反して結構好戦的で、新宿駅を徘徊するモンスターや自分よりも強い探索者相手に挑む姿はカッコ良かったです!謎の後輩ちゃんこと花園茉莉花はメガネがキュートな後輩系女子!自由でなんでも知っているかと思いきや…?こういうミステリアスで終盤に頼りになる女の子好きです!神楽は紅血の聖女という二つ名を持つさいきょうのシスター。普通の探索者ではありえない力を使ってモンスターたちを一網打尽にします!冷静沈着な女の子ですが、反面無防備なところもあり戦いとは別の表情を見せてくれるのがグッド!その他のキャラももちろん魅力的でした!

最後に
めっちゃ面白い作品でした!こういうワクワクが止まらない作品が読みたかったんです!LINE文庫エッジさんからまた楽しみなシリーズが出ましたね!2巻も準備中とのことで続刊が楽しみです!

どんな人にオススメか?
熱いバトルものが好きな方は!新宿駅がダンジョンになって…という設定で惹かれた方もぜひ!ハマること間違いなしです!魅力的な設定とキャラ、熱いバトルにあきらめない物語をぜひ最後まで楽しんでください!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ダンジョン・ザ・ステーション



著者



大泉貴



レーベル



LINE文庫エッジ



ISBN



978-4-910040-00-4