どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは朝賀庵さんの「さっちゃん、僕は。」です!
IMG_2655

ストーリー A
大学生になり北海道から上京した片桐京介。彼は地元で付き合っていた彼女の小山内早智と遠距離恋愛することになる。しかし、京介は隣人の国木田紫乃に惹かれていきついに一線を超えてしまう。しかも紫乃は人妻だった。不倫をしてしまった京介の運命はどうなるのか…

〜あの時、していれば〜
ジャンプ+で連載されている作品。Twitterで流れてきたのをみて買いましたけど、めっちゃ面白かったです!
地元に彼女を残して上京した京介。しかし隣人の紫乃さんと不倫、しかも人妻という個人的には最高しかない要素が溢れてましたね…いいっすねこういう堕ちていく感じ…京介は彼女の早智が拒んだせいで、上京する時には童貞で…という背景もなかなか彼の闇というか心のおくにぐにゃっとした闇を絡みつかせていていい感じでしたね…相手の紫乃さんもなんか闇が見え隠れしていていい感じでした…途中から登場する須川美鈴さん、黒磯朝日くんもいい味出してましたね…ただ京介と早智と紫乃を中心とした不倫劇ではなくて、何やら京介となにかあった女の子が出てきたり、ヤリチンクソ野郎が出てきてかき乱していく感じ好きですよ…物語はまだ始まったばかりという感じもしますが、ゆるやかに堕ちていく感じが最高の作品でした!面白かったです!

キャラ A
京介くん…マジで早智ちゃんがちゃんとやらせてあげれば彼の運命は変わったかもしれないですね…なんだかんだ理性ぶっても男は男ですよ…彼はいいやつで好きなんですけどね…早智はなんか手紙送ってくる時点でメンヘラ臭がなかなかなんですけどw自分が傷つきたくないために大切なものを手放していかないかどうか心配ですね…まぁそんあ気持ちもラストで若干薄れましたが…紫乃さんはヤバいっすね…なんもなくてもこんな綺麗な人が隣に住んでたらクラっといっちゃいますよ…そしてなんか闇がありそうでいいですね…美鈴さんと朝日くんも魅力的でした!

最後に
まだそんなにドロっとはしてきていないので、物語の序盤のほうかな?とは思いますが、緩やかに堕ちていく感じが最高の不倫恋愛ものでした!2巻も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



さっちゃん、僕は。



著者



朝賀庵



レーベル



ジャンプコミックス+



ISBN



978-4-08-882122-1


表紙の画像は「版元ドットコム」様より