どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは三河ごーすとさんの「友達の妹が俺にだけウザい4」です!
IMG_3171
前巻の記事↓
ストーリー A
内容は、菫先生の実家に(強制的に)訪れることになった明照たち。縁結びの儀に参加することになった明照だが、菫の替え玉として彩羽と一夜を過ごすことに⁉︎ラブホっぽい雰囲気といつもより妖艶な彩羽の雰囲気にやられる明照。果たしてなにも起きずに一夜を乗り越えられるのか…一方その頃、真白は菫に自身の秘密を伝えてしまう。真白の話を聞いた菫の決断とは?そして敏腕編集カナリアに目をつけられた5階同盟の運命は…とこんな感じです!

〜ラブ祠と海と巨乳JKのビキニ〜
シリーズ第4弾!ドラマCDの制作も決まりますます盛り上がっていますね!コミカライズも順調みたいですし、ウザかわブームの頭として突っ走ってますね!今回も面白かったです!
お話は前巻の続きから。菫の彼氏として彼女の実家にやってきた明照たち。そこで縁結びの儀に参加させられることになり…なんかこの部分の展開は前巻読んだときにどうなるのかな?と想像していたものとは随分違いましたね。もっと菫メインになるかとおもいきや、思いの外明照と彩羽でグイグイきました。いい感じのラブ祠(ラブホテルっぽい祠の意味)でドキドキ試合二人。なんだよアオハルかよ。そして彩羽に対して芽生え始める気持ちを自覚する明照…いいですね…こういう仕事一筋の男が見せるギャップ!一方、縁結びの儀の間真白と菫は秘密を共有し…なんか5階同盟内の秘密を知ってる/知ってない関係がややこしくなってきましたね…そして実家の呪縛から解放されようとする菫。当初、明照が狙った方向とは違いましたが教師としてもイラストレーターとしても強くなってますね菫先生!中盤以降は真白こと巻貝先生の担当編集であるカナリアが明照の知らない5階同盟の本来の力を引き出すために黒山羊の新キャラとシナリオの企画を提示します。明照と彩羽以外のメンバーはそれに乗って制作を始めて…この中盤以降は明照と彩羽がお互いの気持ちでジャブしあって、創作的な部分でも一つターニングポイントとなる部分でしたね。どうして明照にしか見せないのか…このシーンは彩羽のかわいさが限界突破してましたね!そしてカナリアが5階同盟の企画をやろうとして、でも最終的には明照が糸口を見つけてというのもグッドでした!今回も最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
彩羽のかわいさは反則でしたね。ラブ祠ではしっとりとした大人びたかわいさを、海では二人だけの秘密的なかわいさを、そして5階同盟新キャラ編では演者としてズバっと演技してからの素に戻るかわいさがグッドでした!明照もみんなを幸せにするだけが5階同盟の目的じゃないと気づき始めたみたいで…これまで自己犠牲精神が強かったので、そこを克服した明照がどんな風に5階同盟を運営して自分の気持ちと向き合っていくのか楽しみです!菫先生は急激な変化こそないものの、実家とのしがらみ的なものは乗り越えたと思うのでこれからは伸び伸びと絵を描いてほしいですね!

最後に
今回も面白かったです!彩羽ちゃんのギャップに終始やられっぱなしでした!その中でクリエイターもの的な面白さもあって…やっぱりこの作品すごいです…次巻はどうやらラブコメ?のターンっぽいですね。5巻も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



友達の妹が俺にだけウザい4



著者



三河ごーすと



レーベル



GA文庫



ISBN



978-4-8156-0480-6


表紙の画像は「版元ドットコム」様より