カテゴリ: 少年漫画(続刊)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは遠藤達哉さんの「SPY FAMILY2」です!
IMG_1781
前巻の記事↓

ストーリー A
スパイのお父さん・ロイド、殺し屋の母・ヨル、そして人の心が読める少女・アーニャ。3人は名門イーデン校の入学試験を受けるがあえなく落ちてしまう…そんな彼らを救ったのは面接を担当した寮長のヘンリー。なんとか補欠合格したアーニャだが、学校生活は波乱万丈⁉︎早速ターゲットの息子であるダミアンとトラブルを起こしてしまうアーニャ。果たして《黄昏》ことロイドは無事に任務をこなすことはできるのか…

〜アーニャ学校へ〜
シリーズ第2弾!早速次にくる漫画大賞に選ばれるなど今1番来ている作品ですね!今回も面白かったです!
イーデン校の入試に失敗するも、ヘンリーの計らいでなんとか入学することができたアーニャ。ヘンリーさんマジでいい人っすね…一悶着ありましたが、無事に学校生活スタート!やっぱりというか案の定というかターゲットの息子であるダミアンはクソガキでしたね…どうして金持ちのボンボンはこういう感じなんでしょう…でもそんな理不尽にも負けずに素敵な友達を作っていくアーニャちゃんマジでかわいいです!ですが!肝心の《黄昏》の任務がなかなかうまくいきません!アーニャはダミアンとトラブル起こすし、勉強はダメダメ!これから一体どうなるのか…終盤にはヨルの弟も登場!おー…こういう展開ですか…巻末のWJ出張編も含めて最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
アーニャちゃんマジで可愛かったですね!制服を着てはしゃいだり、学校で友達を頑張って?作ってみたり、ロイドの任務を成功させるために自分なりに工夫したり…アーニャちゃんマジで天使です…ロイドさんは相変わらず心労やばそうですね…でもアーニャのことをなんだかんだ可愛がっているのは微笑ましいです…ヨルさんはなんか今回大人しめ?でお母さん役に徹していましたね!ヨルさんはアーニャの存在でより素敵な女性になったと思います!ヘンリーさんはマジでいい人すぎます…よかったすね家族みんなでお世話になりっぱなしになる予感がするので今のうちから感謝しておいた方がいいっすよ。

最後に
今回も笑えてアーニャちゃんがかわいいコミカルスパイものでした!アーニャの学校生活はまだまだ始まったばかりですしこれからが楽しみですね!3巻も楽しみに待っています!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



SPY FAMILY2



著者



遠藤達哉



レーベル



ジャンプコミックスプラス



ISBN



978-4-08-882120-7


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは筒井大志さんの「ぼくたちは勉強ができない12」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
VIP推薦を断り自力で教育大学を目指すことを決めた成幸。バイトと勉強に明け暮れるもついに限界が…?そして桐須先生よフィギュア時代のことがバレて騒動に…
シリーズ第12巻!アニメも一区切りついて累計発行部数は240万部とジャンプのラブコメ!という作品になりましたね!今回も面白かったです!
VIP推薦を蹴り自分の進みたい道へ進むことをきめた成幸。これはまたどのヒロインが勝つかわからなくなってきたな…というところでまさかの桐須先生回。えっ、これは…今後の展開どうなるの?というところは置いておいて、桐須先生の過去と今のお話はすごく良かったですね!栄光の影にあった家族と自分とそして生徒。桐須先生のことがまた好きになれるお話でした!そしてあすみ先輩のお話!あー…いいっすね…いいっす…終盤ではあの出来事も思い出されてヒロイン戦争はますます激しくなりましたね!今回も面白かったです!

キャラ A
桐須先生…やっぱりこの人好きなんですよね…今の先生も好きでしたけど、昔の先生に何があってどんな景色をどんな感情で見れたのか知れたからこそ、より先生のことが好きになりました!あすみ先輩すこ。すこです。今回はメイン3人は出番少なめでしたけど、要所で魅力を存分に発揮してくるあたり流石の正ヒロインです!

総合 A
今回も面白かったです!今回はあまり作中時間が進みませんでしたけど…これ徐々に終わりには向かっているんですよね?その辺も気になりますが、なにはともあれ続きも楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは猪ノ谷言葉さんの「ランウェイで笑って8」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
育人の初のファッションショーが始まる!イギリス、イタリア、ドイツ、アメリカと世界を旅するコンセプトで臨んだショーは果たして成功するのか…そして心と千雪のタッグのファッションショーが始まる!2人が作るショーは常識破りのショープランで…
シリーズ第8巻!前巻から続く芸華祭編ですね!
いや…もうとにかくすごいとしか言えないです…育人、千雪、心、それぞれのエピソードが信じられないほど心に突き刺さります…なんでこんなに盛り上がるんですか…なんでこんなに夢中にさせるんですか…なんでこんなに熱いんですか…もう最後まで魅力されっぱなしでした!めっちゃ面白かったです!
序盤は育人のターン!世界を旅するというコンセプトで様々な服を見せていきます!とにかくキラキラ輝いてモデルも観客も審査員もワクワクしている感じが伝わってきました!そんな中で育人をはじめとした繋がりを感じる家族…過去や現状は色々ありますけど、それでも感動の熱だけは絶対に揺るがないものですよね…そして心と千雪のターン!絶対仲良くない2人がショーを成功させるという目的のため、心はデザイナーとして認めてもらうため、千雪はモデルとして勝つためにランウェイで勝負します!女の子2人の熱い煮えたぎるような思いがスポットライトの下で爆発するのは本当に最高としか言えないですね!なんでこんなに熱いんですか…とにかく夢中になって最後まで読みました!最高に暑くて面白かったです!

キャラ A
育人はやっぱりすごいですよ。才能だけではなくて、努力でも負けないで、完璧な作品を作り上げる!家族への思い、そして自分の夢への思いが最高でした!千雪は負けたくないの一心であそこまで強くなれるんですね…あの日受けた屈辱を晴らすために奮闘する姿は誰よりもかっこよかったです!そして心!自分の気持ちに正直になって真っ向から立ち向かう姿に痺れました!千雪とのバチバチもグッドです!

総合 A
今回もめっちゃ面白かったです!育人たちの出番は終わりましたけどまだあの人がいるんですよね…9巻も早く読みます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは猪ノ谷言葉さんの「ランウェイで笑って7」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
千雪と心がタッグを組み敵同士となってしまった育人。そんな彼は予選でぶつかった龍之介に協力を依頼し芸華祭に向けて準備を始める!マネージャーを認めさせたい心と見返したい千雪、そして家族のためにショーに挑む育人の戦いが始まる!
しばらく読んでいなかったんですけど、久しぶりに続きを読みました(^_^;)相変わらずめちゃくちゃ面白くて熱くて心臓にくる物語でした!すごく面白かったです!
千雪と心を敵に回して1人で芸華祭に挑む育人。そんな彼は予選でぶつかった龍之介に協力を依頼してショーを目指すことに。まぐれで予選を勝ち抜いたのではない実力を龍之介の前で遺憾無く発揮していくのがもう本当にのまれましたね。家族の思いと家族への思いを背負ってショーに向けて準備をする育人。て千雪、心、遠、木崎香留、はそれぞれの胸の内に秘めた思いで芸華祭へ向けて準備を進めます。そして始まる芸華祭。まだまだ始まったばかりなのに熱くて熱くてそれなのに胸を貫く特大の感動もある。ただ熱を感じました。本当になんでこんなに面白いんですか…6巻も最高でした!

キャラ A
龍之介が意外といい奴で笑いましたw ちゃんと他人のいいところを認められるんですね…結構印象変わりました。育人は本当にすごくカッコいいんですよね…普段は冴えないくせに「家族」が入ってくるとすごく強化されて、自分の実力もガンガンだせてキラキラ輝く!最高に主人公してました!

総合 A
6巻もめっちゃ面白かったです!これから最新刊まで時間があるときに読んでいきます!芸華祭は始まったばかりなのでこれからどうなるか楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは筒井大志さんの「ぼくたちは勉強ができない11」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー  A
父親に天文学をやりたいという思いを伝えるも聞き入れてもらえない文乃。そんな文乃に成幸がかけた言葉とは…そしてそんな文乃に触発されてうるかと理珠も行動開始!果たして2人は成幸に何をするのか…とこんな感じです!
シリーズ第11弾!ついにアニメも始まってますます人気が出てきましたね!今回も面白かったです!
今回の目玉は前巻から続いていた文乃編の決着。天文学をやりたい思いを父親に伝えるも相手にされない文乃。そんな文乃に成幸はある場所へ。いいですねーこういう青春な感じ…ぼく勉は割とドキドキ感のあるラブコメなのでこういう爽やかな感じのシーンは割と新鮮ですね!落ち着くところに落ち着いた感じですけど、やっぱりやりたいことを貫くのはすごいと思いました。そしてそんな文乃に触発されてうるかと理珠も成幸にアピール!うるかのあの表情はちょっと切ないです…そして我らが理珠ちゃんがかわいいこと!僕も理珠ちゃんに催眠術かけられたいです!先生やあすみ先輩の活躍も良かったです!そして成幸自身にも変化が…一体どうなるのか…今回も面白かったです!

キャラ  A
文乃がすごく魅力的でした!自分のやりたいことを貫いて貫いて親を説得するその気持ちから本気が伝わります!成幸とのやりとりも青春!って感じで良かったです!うるかはあの表情がすごく鮮烈で印象に残りましたね…うるかはこれからどうするんでしょう…理珠ちゃんはかわいすぎて無理です。僕たちも催眠術かけられたいですし、かけたいです!理珠ちゃんに膝枕されたいです!

総合  A
今回も面白かったです!文乃編も決着がついていよいよ次は成幸の問題を解決していく感じですかね?12巻も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↑このページのトップヘ