カテゴリ: 一般文芸・キャラ文芸・ライト文芸

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは似鳥鶏さんの「理由あって冬に出る」です!
FullSizeRender

芸術棟と呼ばれる文化系の部活が集まる場所。美術部に所属する葉山はある日、芸術棟にフルートを吹く幽霊がいるという噂を聞く。怖くて送別会に向けた練習を行えないという吹奏楽部の要望の元、葉山は夜の芸術棟へ。まさか幽霊などいないと思っていた葉山だが予想に反して幽霊が現れる。葉山は伊神と共ににわか高校生探偵団として事件の解決に乗り出すが…

似鳥鶏さんのデビュー作。前々からずっと読もう読もうと思っていて、気づいたら高校生が終わり、大学生が終わり社会人になってしまいました…ですが、社会人になった今、こうして葉山たちの等身大の学園ミステリを読むことができてある意味良かったのかもしれません。

⚠︎ネタバレには配慮しますが、ミステリなので未読の方はお気をつけください

物語は意味深なプロローグから始まります。思えばこのプロローグがしっかり伏線となり最後に繋がるのは読んでいてとても気持ちよかったです。

序盤は葉山による某市立高校の実状と芸術棟で騒ぎになっている幽霊について語られます。10年前の作品なので、多少今と違うと感じる部分もありましたが「高校生活」を生で感じられる描写は好きでした。

そして夜の芸術棟で本当に幽霊を見てしまったことで伊神と葉山の2人を中心に「にわか高校生探偵団」の活動が始まります。最初は噂話程度だった夜の芸術棟の謎がどんどん大きくなり、次第に手に負えなくなる様子には驚きました。しかしそうした謎も伊神を中心に丁寧に謎が解けていく過程が描かれます。ミステリの重要な要素の一つである「なぜ?」と「どんな方法で?」がきちんと説明されていて読んでいてとても楽しかったです。また冒頭や作中の地図で登場人物がどのように動いているのか想像できるのもちょっとした探偵気分が味わえ楽しかったです。

立花先輩の部分から終盤にかけてはまるで予想のつかない展開で、特にラストは驚きましたが丁寧な伏線回収と謎解きを最後まで楽しませていただきました。シリーズで続刊もあるので、余裕があれば続きもまた読んでいきます。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

ISBN 978-4-488-47301-3

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは川澄浩平さんの「探偵は教室にいない」です!
FullSizeRender

第28回鮎川哲也賞受賞作。北海道を舞台にした中学生の少年少女たちがメインの安楽椅子探偵の学園ミステリとなっています。先日Twitterで「学園ミステリが読みたい!」とツイートしたらフォロワーさんからオススメされたので早速読んでみましたがとても面白かったです!

物語は中学二年生ながら身長が169センチあることがコンプレックスな海砂真史が幼なじみの鳥飼歩と再会する場面から始まります。バスケ部に所属し活動的な真史とは対照的に引きこもりな歩。しかし幼ない頃から頭がキレる彼は真史からあることを推理してほしいと頼まれます。そして些細な日常で起こるささやかな謎を解決するミステリが始まります!

物語は全4話で構成されていて連作短編形式で進んでいきます。以下4話の簡単な紹介です。

⚠︎ネタバレには配慮していますが、一応ミステリなのでご注意ください。

1話 Love letter from
真史に送られてきたラブレターが誰から出されたものなのか推理するお話。このお話で真史やその友人たち、そして探偵役の歩が紹介されます!学園ミステリ全開!なモチーフに安楽椅子探偵要素がよく絡んでいてめっちゃ面白かったですね!これが読みたかった!というのが1話目から味わえて大満足です!

2話 ピアニストは蚊帳の外
真史の友人の岩瀬京介のあることをやめた理由を推論するお話。これも学園ミステリと青春がぎゅっと詰まっていて大好きですね!もう本当に読みたいお話がどんどん読めます!彼の屈託もそれをした理由もすごく青春含有率高くてそれを知った真史の反応も良かったですね…

3話 バースデイ
真史の友人総士のお話。彼は人気のある男子生徒で彼女もいるのにあることをしてしまい…というのを歩が推論するお話。北海道の日本海側の冬の海を眺められる中学生本当に素敵だと思います!総士はやっぱりなんだかんだで優しくて気遣いができる男の子だということを知れて、真史は本当に友達に恵まれてるのだと思いましたね…

4話 家出少女
真史が父親と喧嘩して家出して、彼女の居場所を歩が探すお話。安楽椅子探偵がこんな行動するのもまた良し!というような魅力がありましたね!歩がどんな顔で推論していたのか、推論しながらの彼の行動を見るとニヤニヤと想像できてしまいますねw このお話も好きでした!

以上4話の簡単な紹介です!
とにかく学園ミステリを読みたかったので「これ!これが読みたかった!」というお話が1話、2話と読めて大満足でした!もちろん3話、4話も面白かったですし220pちょっとと短いながら満足度が高かったです!学園ミステリ好きならオススメです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは米澤穂信さんの「いまさら翼と言われても」です!
FullSizeRender

このブログを読んでいる人にとってはおそらくアニメ「氷菓」の原作シリーズとして有名な古典部シリーズの最新刊。「氷菓」「愚者のエンドロール」「クドリャフカの順番」「遠まわりする雛」「ふたりの距離の概算」に続くシリーズ第6弾になります。ちなみに今作は短編集となっていて、必ずしも「ふたりの距離の概算」の時系列的な続きにはなっていません。

このブログでは米澤穂信さんの作品を取り上げるのは初めてですが、中学〜高校生の頃に特に好きだったのが米澤穂信さんの作品で高校三年生あたりまでは米澤穂信さんの作品は全て読んでいました。中でも古典部シリーズは最初に読んだ米澤穂信さんの作品であり、初めて最初から最後まで追った深夜アニメということもあり色々思い出が詰まっています。

以下では今作に収録されている六つの短編の簡単な紹介をしていきます。トリックに関する致命的なネタバレはしませんが、ミステリなので未読の方はご注意を。

箱の中の欠落
折木と里志が選挙の不正に挑む短編。焼きそばを食べ、ラーメンを食べと「あれ?折木って麺好き?」と思ってしまいましたね。選挙といえば学園ものの醍醐味の一つですが、折木らしい安楽椅子探偵な謎解きでしたね。犯人というより犯行手段を暴くというのが実に折木らしく、また古典部シリーズらしいと感じました。

鏡には映らない
摩耶花が中学時代に折木が起こした事件?に迫るというもの。後述しますが、今回で折木の過去が小中と明らかになってしまいましたね。卒業制作で折木らしくない息抜きをした理由が気になり調べることに…摩耶花の行動力でサクサクと明かされる謎は気持ちがいいですね。そして折木はヒーローでした。

連峰は晴れているか
こちらはアニメにもなった短編で、記憶が間違っていなければ時系列的にも今作では作中の時系列も初出も1番古い作品。中学時代の教師があるときだね、ヘリコプターに反応したのはなぜか?という謎に折木が迫ります。サクっと解決してえるを納得させる折木はさすがの一言です。

わたしたちの伝説の一冊
摩耶花が主人公の漫研を巡る物語。ミステリ軸というよりも青春軸でしょうか?個人的にはこのお話が1番好きです。文化祭以降(「クドリャフカの順番」)ギスギスを越した対立が生まれた漫研。そこで起こるべくして起こり、そして摩耶花が巻き込まれることになった事件が描かれます。個人的には今作ではこのお話が1番好きでした。摩耶花という女の子が何を思って漫画を描いて、何に向き合ってきたのかがわかる短編でした。

長い休日
折木のモットーの由来である小学校時代のエピソードが明かされるお話。たまたま気分がいい折木が意気揚々と出かけるとえるに出会い…小学校時代のエピソードを折木が語り、なぜあんなモットーで生きるようになったのか。青春の屈託がここにぎゅっと濃縮されていました。

いまさら翼といわれても
表題作。合唱祭に参加するはずのえるを探してほしいと折木が摩耶花に頼まれるところから始まるストーリー。こちらもミステリ要素は少なめですが、青春ものとして、そして古典部シリーズとしてはかなり重要なお話でしたね。なぜえるが合唱祭に来ないのか。その理由を折木は…ラストの余韻もすごく良かったです。

以上になります。20代になって初めて読んだ古典部シリーズでしたが、相変わらずとても面白くて安心しました。次はぜひ長編で折木たちの活躍を見てみたいです。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは江本マシメサさんの「浅草ちょこれいと堂 雅な茶人とショコラティエール」です!
FullSizeRender

専門学校を卒業後、ショコラティエールとしてチョコレート専門店の「ララ・オランジェット」で働いていた麗子。しかし人間関係に悩みを抱え退職してしまう。転職活動を始めるものの届くのは不採用通知ばかり…そんなある日、麗子はララ・オランジェットの常連だったギルバートと出会う。彼の雇い主である茶人の胡桃沢理人が麗子のチョコレートの大ファンだという。麗子は理人に新しくオープンする店で働かないかと持ちかけられて…

江本マシメサさんの新作!大好きな作家さんなのですが最近なかなか読めてなくて…新刊が出るたびに買ってはいるのですがどんどん積んでしまって…申し訳ないです…閑話休題。今回はチョコレートを一つテーマにしたお話で最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

専門学校を卒業後ショコラティエールとして有名店で働くも人間関係の悩みから退職してしまう麗子…というところから物語はスタートします。ショコラティエールはパティシエのチョコレート専門的な職人さんのことですね。序盤からいきなり仕事を辞めるというシーンですが、とにかく麗子の「チョコレート大好き!」という思いが伝わってきて楽しかったですね!普段何気なく食べているチョコレートの知識も読んでいてワクワクしました!

転職活動をするも失敗ばかりの麗子。そこに現れたのはギルバートという老紳士。彼の主人である茶人の理人が麗子の作るチョコレートの大ファンで新しくオープンするお店で働いて欲しいとの依頼が。色々悩んだ末に麗子は働く決心をします。

そして始まるショコラティエールとしての新たな一歩!浅草という土地、茶人というお茶のプロである理人のことを考えながら作られるチョコレートはどれも素敵でしたね…浅草の歴史や特徴に合わせたチョコレートはどれもとても美味しそうでした!またその中で人間関係に悩んでいた麗子が少しずつ成長していく姿もとても良かったです!

あと、途中で挟まれる「ルミのチョコレートファンブログ」という、作中に登場するブログのデザインもすごく良かったですね!チョコレートの挿絵もすごく美味しいでした!さらに終盤にはファンには嬉しいポイントも!どこかで見たことがあると思ったらやっぱり!こういうの好きです!

ラストもすごくいい終わり方ですし、久しぶりに江本マシメサさんの作品を堪能して大満足です!面白かったです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_4377

ISBN 978-4-8399- 6830-4

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは三木聡さんの「音量上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ‼︎」です!
FullSizeRender

歌声が小さなことが悩みの明日葉ふうかはそれを理由にバンドから追放されてしまう。そんな時に出会ったのはシンという不思議な男だった。だが実は彼は奇跡の歌声を持つカリスマロックスターとして名を馳せており、さらにその歌声はドーピングによるものだった!ドーピングにより限界を迎えていたシンの声帯。彼を救うためにふうかは奔走する…

著者はトリビアの泉など有名なテレビ番組の構成作家や脚本、監督を務める三木聡さん。この作品は2018年の映画公開に先駆けて発売された作品となります。

全188pと短いながらもかなり密度の高い作品です。圧倒的なドライブ感とテンポの良さが光る文章は構成作家を務めたことがある氏ならではないでしょうか?

ストーリーはふうかという大きな声が出せないボーカルがバンドから追放されるところから始まります。落ち込む彼女が奇跡的に出会ったのがシン。スター街道を駆け上がる彼との出会いでふうかの日常は劇的に変化します。

シンが大きな声を出せといい、なんだかんだで逃げる理由を探してしまうふうか。有名と無名、男と女、大きな声と小さな声、なにもかも反対にいる2人がコミカルな掛け合いで音楽を中心にぐるぐる回る姿は見ていてとても楽しいです。

しかしそんな2人の日常はシンがある事件を起こし、体調に異変を起こしたことで一変します。人気者ゆえに追われることになったシンは己の傷ついた声帯とふうかを連れて逃げ、ふうかはそんなシンに振り回されるままどこまでもついていきます。

中盤以降の展開は序盤に比べてさらに非現実的なものでした。しかしこの2人ならやってしまう、やっても違和感がないと思わせられるまま物語は忙しい余韻を残して終えます。それでもふうかがシンがなにを言いたいのか、歌いたいのかが伝わってくるまっすぐな作品でした。

音量上げろタコ!シンが言った言葉を跳ね返してあまるほど成長したふうかをぜひ見届けてください!


↑このページのトップヘ