カテゴリ: その他

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。
さて、今回紹介するのは日之下あかめさんの「エーゲ海を渡る花たち」です!
FullSizeRender

ストーリー A
商家の家に生まれ世界を旅することを夢見るイタリア・フェラーラに住む少女リーザ。彼女はある日、クリミアから来た少女オリハに出会う。妹を探すためにクレタ島に行きたいという彼女に同行したリーザは共に船に乗り旅をすることになるが…

〜2人の少女が海を渡る〜
ずっと気になっていた作品でなかなか読む機会がなかったんですけど、ようやく読めて「めっちゃ面白い!」となったので早速紹介!
時は15世紀半ば、交易が発展したイタリア沿岸部を中心に物語は繰り広げられます。高校時代世界史をちょっとやっていたので、キナ臭そうな時代だな…と勝手に思っていたんですけど、ちょうど狭間の平和な時代らしく女性だけで街をうろついてもあまり問題ない感じでしたね。さて、物語はお転婆な商家の娘リーザがクリミアからやってきたオリハと出会うところから始まります!リーザはお転婆とは書きましたが、なかなか度胸もありコミニュケーション能力も高くて商人!という感じでしたね。オリハのことを知り、自身の長年の夢もあり共にクレタ島に行きたいと願うリーザ。なんとかその夢を叶えて船に乗り込みイタリア沿岸部の都市を商船で立ち寄ったりしながらクレタ島を目指します!ヴェネツィアやそのほかの沿岸部都市の文化や風土を感じられる描写や、リーザとオリハか行く先々でたくましく行動していく姿には思わず夢中になりました!15世紀半ばのイタリアを感じられる素敵な作品でした!面白かったです!

キャラ A
リーザはお転婆で強気な女の子。芯がピシッと通っていて強さの中に優しさもある頼り甲斐のある女の子でした!オリハは最初はふわっと柔らかい印象がありましたが、妹を探すという強い意志がありなんでも器用にこなす姿はリーザとは異なる強さがありましたね。2人のコンビもいい感じで見ていて楽しかったです!

最後に
15世紀半ば当時のイタリアを感じられる素敵な旅行記風の作品でした!リーザとオリハのコンビは本当に見ていて楽しいですし、これから2人がどんな体験をしてどんな景色を見るのか楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



エーゲ海を渡る花たち



著者





レーベル



メテオコミックス



ISBN



978-4-86675-047-7





どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは得能正太郎さんの「NEW GAME!9」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
はじめが立ち上げたドッチボールのゲーム制作がスタート!キャラデザとして頑張る紅葉だが、様々な問題に直面して…一方フランスではほたるがコウと同じ会社に!いきなり重要なモンスターのキャラデザを任されることになるが…
シリーズ第9弾!今回はがっつりドッチボールやるかと思いきや意外にもフランスのお話も多めでしたね!面白かったです!
いよいよはじめの初企画であるドッチボールゲームの制作スタート!キャラデザの紅葉、先輩としての自覚が出てきたひふみ先輩とゆん、そして青葉とそれぞれ新しい立ち位置で仕事を始めます!自分の役割に悩んだりすることもありながら、自分にできることをやってゲームをより良いものにしようという思いが伝わってきました!一方フランスではコウの会社にほたるが…前巻読んだのが半年前なのでうろ覚えでしたけど、こんな感じでしたっけ?(^_^;)ほたるは高校時代に商業イラストやったとはいえ勝手に油絵とか描いていると思っていたので、こうしてゲーム会社にすんなり馴染めているのが意外ですね…さて、イーグルジャンプでは帯にある通り炎上…?はじめの初企画ということもあり様々な問題が出始めます…終盤の展開はNEW GAMEらしい熱い展開があって最高でしたね!今回も面白かったです!

キャラ A
ほたるがすごく良かったですね!高校時代は青葉に追いかけられる側でしたが、フランスではコウを追いかける側に…かと思いきやコツを掴んでサクサクと成長していくところは流石ですね!フランスでも人気ですし、やっぱり可愛いです!青葉は紅葉がキャラデザをすることになって悔しい思いをしているとは思いますが、その中で自分の思いを伝えて行動してうまくなろうとする姿は最高でした!そのほかのキャラももちろん魅力的でした!

総合 A
今回も面白かったです!次はいよいよ大台二桁の10巻!ドッチボールゲームの制作はもちろんフランスにいるほたるの活躍も楽しみですね!続刊が出るのはまた少し先だと思いますが、楽しみに待ってます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは江本マシメサさんの「浅草ちょこれいと堂 雅な茶人とショコラティエール」です!
FullSizeRender

専門学校を卒業後、ショコラティエールとしてチョコレート専門店の「ララ・オランジェット」で働いていた麗子。しかし人間関係に悩みを抱え退職してしまう。転職活動を始めるものの届くのは不採用通知ばかり…そんなある日、麗子はララ・オランジェットの常連だったギルバートと出会う。彼の雇い主である茶人の胡桃沢理人が麗子のチョコレートの大ファンだという。麗子は理人に新しくオープンする店で働かないかと持ちかけられて…

江本マシメサさんの新作!大好きな作家さんなのですが最近なかなか読めてなくて…新刊が出るたびに買ってはいるのですがどんどん積んでしまって…申し訳ないです…閑話休題。今回はチョコレートを一つテーマにしたお話で最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

専門学校を卒業後ショコラティエールとして有名店で働くも人間関係の悩みから退職してしまう麗子…というところから物語はスタートします。ショコラティエールはパティシエのチョコレート専門的な職人さんのことですね。序盤からいきなり仕事を辞めるというシーンですが、とにかく麗子の「チョコレート大好き!」という思いが伝わってきて楽しかったですね!普段何気なく食べているチョコレートの知識も読んでいてワクワクしました!

転職活動をするも失敗ばかりの麗子。そこに現れたのはギルバートという老紳士。彼の主人である茶人の理人が麗子の作るチョコレートの大ファンで新しくオープンするお店で働いて欲しいとの依頼が。色々悩んだ末に麗子は働く決心をします。

そして始まるショコラティエールとしての新たな一歩!浅草という土地、茶人というお茶のプロである理人のことを考えながら作られるチョコレートはどれも素敵でしたね…浅草の歴史や特徴に合わせたチョコレートはどれもとても美味しそうでした!またその中で人間関係に悩んでいた麗子が少しずつ成長していく姿もとても良かったです!

あと、途中で挟まれる「ルミのチョコレートファンブログ」という、作中に登場するブログのデザインもすごく良かったですね!チョコレートの挿絵もすごく美味しいでした!さらに終盤にはファンには嬉しいポイントも!どこかで見たことがあると思ったらやっぱり!こういうの好きです!

ラストもすごくいい終わり方ですし、久しぶりに江本マシメサさんの作品を堪能して大満足です!面白かったです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_4377

ISBN 978-4-8399- 6830-4

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは草野原々さんの「これは学園ラブコメです。」です!
FullSizeRender

ストーリー A
内容は、ラブコメのような人生を送る高城圭。しかし彼はある日、自らの死をきっかけにこの世界はフィクションであることを知る。言及塔まどかはこの世界が学園ラブコメであることを願うが「なんでもあり」がそうはさせてくれない⁉︎ファンタジーにSFにミステリまで侵食してきて大混乱⁉︎果たして圭は学園ラブコメの主人公になれるのか…そして物語は学園ラブコメになれるのか…とこんな感じです!
ジャンルは…わかりません。まあコメディ+メタフィクション…?とかそんな感じですかね?
草野原々さんの新作!ハヤカワJA文庫からも新たに新作が発売されてますね!「最後にして最初のアイドル」がめちゃくちゃ面白かったので新作も期待していたんですけど…これはかなり読み手を選びますね(^_^;)面白かったは面白かったですけどこの「面白い」は僕だけのものなのでオススメはしたくない。そんな作品でした。
うーん…感想も悩みますね…ストーリーにはあえて言及しません。だって僕はこの作品のストーリーを楽しんで面白いとは思っていないからです。なのでメタと構成について話します。とりあえずすごくメタなんですよ。何がメタって作品でそれっぽいことして「はい、メタ!」みたいな作品ではなくて、この作品自体が、下手をすれば(いやうまくいけば?)この作品を出した世界自体をメタにしてしまうくらいの作品なんです。ある人にはめちゃくちゃ面白くて、ある人にはめちゃくちゃつまらない。どこまでメタを楽しめるかがポイントですね。そして構成。単純なストーリーラインとしては主人公と言及塔まどかが暴れまくる物語を学園ラブコメに押しとどめようと奮闘するコメディです。でもそれは端的に述べられるストーリーラインで、実際にはメタを展開するための計算されたストーリーなんですよね。僕はこれが面白いと思いました。こんな風にメタっていくのは多分誰もできなければやろうともしないと思います。面白いでも誰にも勧められない。そんな作品でした。

キャラ A
言及塔まどかがあまりにもすごすぎました。いやハイテンションで暴れてるだけなんですけど、彼女が真のストーリーライターなんですよね…主人公の圭は主人公じゃないなと思いました。他のキャラに関しては評価できないです。

今後の期待度 評価不能
一巻完結だと思うので。

どんな人にオススメか?
正直誰にもオススメできないです。草野原々さんの作品を読んだことのある人はぜひ挑戦してみてください。これが草野原々さんの初作品です!という方は…どうなんでしょう?マジでどういう読後感になるかわからないです…メタを楽しめるとかそういう次元を超えてメタを楽しめるならぜひ。

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↓下の画像を保存して書店での予約・取り寄せ・検索にご利用ください!
IMG_4041

ISBN 978-4-09-451784-2

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは三田誠さん原作、川崎宙さん漫画の「よすがシナリオパレェド2」です!
IMG_3598
前巻の記事↓

ストーリー A
物語恐怖症の由宇は佳城一陽の弟子檜垣双と出会う。彼は母親との思い出がある家を佳城が売り払うことを由宇に伝えにきたのだった。絶望する由宇によすがは物語を書くことを勧める。由宇は物語を書くことと向き合う決心をし、坂口との共作で檜垣双に挑むことになる…
シリーズ第2弾!今回もめちゃくちゃ熱かったです!
まず序盤!なんすかこの熱量!ライバルとしての檜垣双の出現!そして父親との確執!落としてからのよすがのキラキラ輝く言葉の数々!こんなの熱すぎますよ!由宇の中にあるまだ吐き出したことのない物語を、それを書くためのエネルギーにこれでもかと点火する言葉の数々!もうめちゃくちゃ熱いです!そしてとある文芸誌で檜垣双と戦うことに。さらにはその文芸誌内で佳城賞という登竜門的な賞が開催されます。賞を取れば確実にステップアップする。そんな賞を取るために本気で挑む檜垣双と、それに対抗する坂口と由宇のペア。初めて物語を作る戸惑いの中で由宇が作りあげる物語は想像するだけで無限にワクワクします!後半も怒涛の展開で最後まですごく楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
よすがの言葉はなんでこんなにキラキラして熱いんですかね!もう本当に心に響きます!ライバルの檜垣双も良かったですね!冷徹さの中に果てしない欲望みたいなものが見えてかっこよくもあり、憎いくらい魅力的な男でした!物語を書くことを決めた由宇もグッド!迷って足掻いてその中で書き上げた作品は想像するのがすごく楽しいです!

総合 A
今回もめちゃくちゃ面白くて熱かったです!3巻ではとんでもない方向に動き始めた物語がどんな方向に向かうのか楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↑このページのトップヘ