カテゴリ: 音楽もの

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのはむつき潤さんの「バジーノイズ」です!
FullSizeRender

ストーリー A
マンションの管理人をしながら好きな音楽を奏でるだけの生活をする清澄。彼が出会ったのはマンションの上の部屋に住む潮と出会う。彼女がバンドマンの彼氏と別れたことをきっかけに清澄の音楽への扉が開かれる…
心地よい空間が魅力の音楽漫画。青春全開でも、音楽全開でもなく、日常に染み渡る感じがすごく好きな作品なんですよね…
物語はまだ若いのにマンションの管理人をしながら音楽を奏でる清澄の描写から始まります。この「すきなもんいっこ、あればいい」っていうのめっちゃわかります…僕も本だけあればいいです…そして出会うアッパー系全力系女子の潮。彼女がバンドマンの彼氏の別れたことで、清澄は潮に振り回されて音楽に傾き始めます。自分の好きなように、自分のために奏でていた音が潮のSNSを通して世界へ広がって、そしてそれを本気に楽しむようになっていく過程は静かに心を揺さぶられました。決して激しくはないかもしれませんが、確実に人の心を揺らす音でした!

キャラ A
清澄の言いたいこととやりたいことが自分の中で微妙に噛み合っていない感いいですね…そんな清澄を潮が引っ張って音を外へ連れ出していく。なんだかんだで2人はいいコンビでした!

A
音の表現がすごくいいですね!絵柄もすごく好きです!あと216pの見開き本当に最高でした!

総合 A
心を揺らす音楽ものです!めっちゃ面白いので音楽好き!って方はぜひ読んで見てください!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは三木聡さんの「音量上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ‼︎」です!
FullSizeRender

歌声が小さなことが悩みの明日葉ふうかはそれを理由にバンドから追放されてしまう。そんな時に出会ったのはシンという不思議な男だった。だが実は彼は奇跡の歌声を持つカリスマロックスターとして名を馳せており、さらにその歌声はドーピングによるものだった!ドーピングにより限界を迎えていたシンの声帯。彼を救うためにふうかは奔走する…

著者はトリビアの泉など有名なテレビ番組の構成作家や脚本、監督を務める三木聡さん。この作品は2018年の映画公開に先駆けて発売された作品となります。

全188pと短いながらもかなり密度の高い作品です。圧倒的なドライブ感とテンポの良さが光る文章は構成作家を務めたことがある氏ならではないでしょうか?

ストーリーはふうかという大きな声が出せないボーカルがバンドから追放されるところから始まります。落ち込む彼女が奇跡的に出会ったのがシン。スター街道を駆け上がる彼との出会いでふうかの日常は劇的に変化します。

シンが大きな声を出せといい、なんだかんだで逃げる理由を探してしまうふうか。有名と無名、男と女、大きな声と小さな声、なにもかも反対にいる2人がコミカルな掛け合いで音楽を中心にぐるぐる回る姿は見ていてとても楽しいです。

しかしそんな2人の日常はシンがある事件を起こし、体調に異変を起こしたことで一変します。人気者ゆえに追われることになったシンは己の傷ついた声帯とふうかを連れて逃げ、ふうかはそんなシンに振り回されるままどこまでもついていきます。

中盤以降の展開は序盤に比べてさらに非現実的なものでした。しかしこの2人ならやってしまう、やっても違和感がないと思わせられるまま物語は忙しい余韻を残して終えます。それでもふうかがシンがなにを言いたいのか、歌いたいのかが伝わってくるまっすぐな作品でした。

音量上げろタコ!シンが言った言葉を跳ね返してあまるほど成長したふうかをぜひ見届けてください!


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのは石川香織さんの「ロッキンユー!!!3」です!

ストーリー A
未確認フェスティバルに向けて動きだしたたかしたち。前哨戦としてライブに出るが、緊張と不安になるたかしにアキラがかけた言葉とは…そして4人のバンド名が決まり…
シリーズ第3弾!打ち切りとか…ないですよね…いやマジでこの前のツイッターで知った時は…頼むから10巻くらいまでは続けてください。お願いします…
というわけで本編はライブに突入!てか考えなくてもたかしはこの短期間でよくギター持ってボーカルでライブに立とうとしますよね…すごいです…ライブ前で不安になるたかし。それを打ち砕くアキラの言葉がカッコいいこと…バント内でも正解なんかに左右されるななんて言えないですよ…バント名もいいですね!シンプルながらこの4人にぴったり合っていると思います!ライブシーンも迫力満点でしたね!短いながらも歌詞とメンバーの本気のインパクトが最高でした!そしてライブ後にあるバンドのボーカルにある言葉をかけられるたかし…あいつの言うことも真剣にやってるからこそなのでわからなくもないんですよね…普通ではないことに気づいたたかしにはニヤりとしましたね。これからが楽しみです!今回もめっちゃくちゃ面白かったです!

キャラ A
たかしはマジですごいです。ギターも全然できない、歌もすごく上手いわけではない、それでもライブに立って最前線で戦う!ダサくてもなんでも立ち向かうのがカッコいいんですよ!そしてアキラ!アキラも最強人間ではないんだなという弱さが見えたからこそ、ライブでのギターがぶち刺さりました!

総合 A
4巻…は出るでしょうけど…いやいやまだまだ続いてください。お願いします。「ロッキンユー!!!」がないとかこれからの新社会人生活やっていけないですよ…お願いします…

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。

さて、今回紹介するのははまじあきさんの「ぼっち・ざ・ろっく!」です!
FullSizeRender

ストーリー A
ぼっちちゃんこと後藤ひとりはテレビで見たバンドに憧れギターを弾くことに。メキメキ上達してバンドを組んで文化祭へ!…だがぼっちゆえにバンドが組めず中学を卒業してしまう。高校生になってもぼっちは空回りして家で一人ギターを弾く毎日。そんなある日、虹夏という女の子と出会い「結束バンド」というバンドに加入することになるが…
きらら系で音楽もの!ぼっちの最高にロックしてる音楽ものでした!面白かったです!
きらら系のワイド版なので四コマで進んでいきます。ぼっちゆえにバンドが組めないひとり。こういうジメジメ感いいですね…一人で何かに勝手に期待して勝手に敗れ去っていく…陰の者としてひとりのぼっち具合にはマジで全力で共感します。そんなひとりが出会うのがキラッキラな虹夏。彼女が組んでいる「結束バンド」というバンドになりゆきで加入することになります!バンド名イカしてますね!ギターのひとり、ドラムの虹夏、そしてベースのリョウ、そしてギタボの喜多ちゃんの4人でバンド活動を始めます!話が進むにつれてひとりが「お前…本当に主人公なのか…?」って具合に顔面芸がヤバくなっていくのは笑いましたwひとりがギタリストとして、結束バンドのメンバーとして成長していく姿は見ていて楽しかったですし、こういうぼっちで陰キャがやるロックこそ最高にロックしていると感じました!面白かったです!

キャラ A
ひとりはマジできらら系の主人公とは思えない顔しますねw でもぼっちなところとかそのマインドはすごく共感します…虹夏は輝いている女の子で誰にでも明るく快活に接していました!だんだんひとりの扱いに慣れていくのも面白かったですw リョウはベーシストらしく変人。喜多ちゃんは出てきたのが後半からでしたが、いい感じにキラキラしていてひとりの黒さを虹夏と一緒に中和してましたねw 意外と可愛いところもあって見ていて楽しかったです!

A
ぼっちの変顔が面白かったですw でも女の子らしいかわいさや楽器などの音楽ものとして重要な部分もすごく良かったです!

総合 A
タイトル通りぼっちのろっくという感じで面白かったです!ひとりちゃんは可愛かったですしこれからも楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回紹介するのは石川香織さんの「ロッキンユー!!!2」です!
FullSizeRender
前巻の記事↓

ストーリー A
アキラとゲリラライブを行いドラムのひろきという新たなメンバーが加入したロック研究会!ひろきの親友でベースができるというリョウマを勧誘するが、彼は周りとは趣味が異なる音楽を聴くことを隠していた。そんな彼の姿を見たアキラはリョウマをスタジオに連れ出し…
シリーズ第2弾!1巻がめちゃくちゃ刺さったので2巻もすごく楽しみにしてました!めちゃくちゃ面白かったです!
今回も胸にドスンと刺さりましたね。60pの見開きのところでたかしがリョウマに言うセリフですよ。もう「ここでなら」っていう5文字が最高にクールでロックでした!そしてそれに応えるリョウマのかっこよさですよ!その後のアキラの「みんなって誰だよ」っていうのも本当にしびれました…これですよ…この一言なんですよ…その後は正式に部活として認められ未確認フェスティバルという10代限定のフェスに出ることに!現実だと閃光ライオットみたいな感じですかね?ギターを譲ってくれた人やライブハウスで出会った人などこれからワクワクさせてくれそうな新キャラもチラッと出てきて大満足でした!今回もすごく面白かったです!

キャラ A
アキラ先輩はやっぱりかっこいいですね!そうですよ!これくらい言ってくれないと!みんなって誰だよとか意味もなく群れてる奴に言ってやりてーんですよ!みんなの言葉でベースを握るリョウマも好きでした!いいじゃん!好きなこと好きなだけ自分のためにやろうぜ!

総合 A
今回も最高にロックで青春でぶっ刺さりました!3巻も楽しみにしてます!この4人の音楽を最高に楽しみにしています!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

↑このページのトップヘ