カテゴリ: ライトノベル調査

どうも夏鎖芽羽です

さて、今回はかるーい調査企画ということでラノベの発売点数の認識のズレをざっくり調査してみました。まぁ「ラノベがなにか?」という認識自体人によって違いますし、ここではレーベル説を採用するしかないので話半分で肩の力抜いて見てください。

データ元 ラノベの杜DB
データは一年間の総計です。

ではまずラノベの発売点数の変化から。表1

まず表について説明。これはラノベの杜の「男性向け文庫」と「男性向け単行本(いわゆるソフトカバー)」のデータと、その二つのデータを合わせた「合計」のものです。ざっくり言うと男性向けのラノベは2010年と2018年を比べて800~900冊くらい合計で増えています。一方文庫に限ればラノベの発売点数は減少傾向、単行本は増加傾向です。このままの勢いで推移すれば恐らく2020年にはこの数字が逆転すると思います。

続いて先日Twitterのアンケートを取った結果です。
90909090
このアンケートはまぁ気まぐれにとったもので拡散もあまりされなかったうえ、狭い範囲のアンケートだったのですが大抵の人が増えていると認識で実際の数字とは一致しています。でも「なにをライトノベルとするかは主観」なので、もし文庫だけ見て「増えている」なら実際とは異なる認識を持っていますし、単行本だけ見て合計値だけ見て「増えている」なら減っている文庫はどうなるの?ってなりますよね。いやまぁ合計値でみれば増えている認識は決して間違いないですけどね。

それでは細かいデータ
表2
こちらは「男性向け文庫」の中から主要なレーベルを抜き出したもの。電撃文庫は2012年の200冊超えから140冊まで数を減らしています。2010年以降に創刊されたレーベルは50~100で安定、昨年年間100冊を超えたレーベルは電撃文庫、富士見ファンタジア文庫、MF文庫Jの3レーベルです。前述の通り2014年をピークに文庫は減少傾向です。

続いて単行本
表3
2012年以降アルファポリスが盟主的存在でしたが、カドカワBOOKSが猛追。2019年は刊行点数が逆転する可能性も。ただ注意したいのはカドカワBOOKSは同じレーベルで女性向けも発表しているということ(カドカワBOOKSは帯の色が青だと男性向け、ピンクだと女性向け)。ただ女性向けの割合はい全体の2割かそれ以下だったはずなのでそれでも相変わらず単行本のなかでは強いです。またアニメ化作品も複数控えているのでこれから刊行点数を伸ばすのは確実です。アルファポリスは「ゲート」のアニメ二期が放送されていた2016年に刊行点数が最高に。MFブックスもアニメ化作品があるのでこれから発行数を伸ばしていきそうです。またここには載せきれていませんがここ3年で新しく創刊されたレーベルがかなりあります。

以上です。
ラノベの発売点数って何度も言う通り「結局なにをライトノベルとするか」でなんとでもいえるんですけど、一つ参考になれば。

それではこの辺で

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、毎年恒例?のラノベのタイトルの「異世界」率を調べたのでその報告というか結果ですね。過去に2度やっているので3回目の今回は割と傾向が見えて面白かったです…まぁ別にネットじゃ今更「ラノベって異世界ものばっかりじゃねwww」なんて人いなくなりましたし、いいかな?と思ったんですけどね…とりあえずチェックしたのでご査収ください。

2016/7~2017/6分はこちら

※条件

・あくまでタイトルに「異世界」が付くかどうかです。「異世界もの」の割合の調査ではありません「いや、あらすじくらい調べろよwww」とかいう方はどうぞご自分でお調べください。見なくていいです。
・タイトルに「異世界」が入るかどうかなのですべての「異世界もの」作品をカウントできているわけではありませんし、反対にただタイトルに「異世界」が付くだけの実際内容は巷で言われる「異世界もの」ではないものがあります。ご了承ください。
・この記事は過去に行った調査との比較です。2016/7~2017/6と2017/7~2018/6を比較しています。
・レーベル名は一部省略・略称です。また敬称略です。
・調査したレーベルは票をご覧ください。
・一迅社文庫は休刊したとのことなので表には載せていますが記事内で参考にはしていません。
・表は書き下ろしが中心のラノベレーベルとなろう書籍化が中心のレーベルにわけています。
・HJ文庫におけるHJノベルスのような文庫+ノベルのレーベルは文庫のみをカウント
・データはラノベの杜さんを参考にさせていただきました。
・数字の間違いがあれば教えてください。

表について
・青が「異世界」がタイトルまたはサブタイトルに含まれている作品の数です。
・白が全体の刊行数です。
・赤が一年間の合計刊行数です。
・黄色がレーベルの中の異世界物の割合です。小数点以下繰り上げです。

ではまずは書き下ろし中心の文庫レーベルから
a


細かいですが2016/7~2017/6と2017/7~2018/6を比較するとタイトルに異世界が付く割合はこんな感じです。

・電撃 6%→4%
・富士見 4%→3%
・スニーカー 5%→7%
・MF 23%→13%
・ファミ通 15%→19%
・ダッシュエックス 18%→11%
・GA 7%→9%
・HJ 20%→12%
・ガガガ 4%→4%
・講談社 10%→21%
・オーバーラップ 22%→17%

となっています。増えたのが講談社ラノベ文庫、微増がファミ通文庫で、半減がMF文庫。他のレーベルは微減・減少となっています。刊行数の関係上2~3%はほぼ誤差です。

過去3年の推移は以下の通りです。
b

年々全体刊行数が減っていて、「異世界」がタイトルにつく作品は2016/7~2017/6が一番多く減少傾向ですね。全体の傾向としては全体の刊行数が減って異世界がタイトルにつく作品も減少です

続いてなろう書籍化レーベルを
c

2016/7~2017/6と2017/7~2018/6を比較するとタイトルに異世界が付く割合はこんな感じです。

・ヒーロー 17%→15%
・モンスター 30%→17%
・MFブックス 32%→29%
・アルファポリス(ソフトカバーのみ) 39%→35%
・カドカワブックス 24%→29%
・アース・スター 6%→4%

カドカワブックスが微増、モンスター文庫がほぼ半減、MFとアルファポリスが微減といった感じですね。

過去3年の推移は以下の通りです。
d

全体の刊行数が増えて「異世界」がタイトルにつく作品は2016/7~2017/6が一番多く減少傾向ですね。全体の傾向としては刊行数が増えて異世界ものが減っているという感じです

以上になります。
まぁ、ライトノベルを網羅しているわけではないので参考程度にどうぞ

それではこの辺で(≧(エ)≦。)


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)

さて、今回は前置きなしで…久しぶりにラノベのことについて調べましたよーということでいまだにどこかで話題の「異世界もの」に関してです。個人的には「異世界ものより作家もの・クリエイターものが流行じゃね?」みたいな感じですけどけど、まぁイセスマのアニメも始まりましたしここらできちんと調査してもいいかなと…ということでタイトルに異世界がつくものを調べたのでご精査ください。

2014/6~2016/6はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1059069195.html 


※条件
今回はあくまでタイトルに「異世界」が付くかどうかです。「いや、あらすじくらい調べろよwww」とかいう方はどうぞご自分でお調べください。見なくていいです。
・タイトルに「異世界」が入るかどうかなのですべての「異世界もの」をカウントできているわけではありませんし、反対にただタイトルに「異世界」が付くだけの実際内容は巷で言われる「異世界もの」ではないものがあります。ご了承ください。

・今回は比較です。2015/7~2016/6と2016/7~2017/6を比較しています。
・レーベル名は一部省略・略称です。また敬称略です。
・調査したレーベルは票をご覧ください。
・一迅社文庫は昨年12月を最後に休刊したとのことなので表には載せていますが記事内で参考にはしていません。
・表は書き下ろしが中心のラノベレーベルとなろう書籍化が中心のレーベルにわけています。
・HJ文庫におけるHJノベルスのような文庫+ノベルのレーベルは文庫のみをカウント
・データはラノベの杜さんを参考にさせていただきました。http://ranobe-mori.net/
・数字の間違いがあれば教えてください。

表について
・青が「異世界」がタイトルまたはサブタイトルに含まれている作品の数です。
・白が全体の刊行数です。
・赤が一年間の合計刊行数です。
・黄色がレーベルの中の異世界物の割合です。小数点以下繰り上げです。


ではまずは非なろう書籍化レーベルから
2

各レーベルの異世界物の割合は2015/7~2016/6と2016/7~2017/6で比べてこんな感じです。

・電撃 4%→6%
・富士見 1%→4%
・スニーカー 5%→5%
・MF 12%→23%
・ファミ通 9%→15%
・ダッシュエックス 10%→18%
・GA 3%→7%
・HJ 13%→20%
・ガガガ 4%→5%
・講談社 9%→10%
・オーバーラップ 40%→22%

以上です。明らかに増えたのがMF、ダッシュエックス、HJですね。減ったのはオーバーラップ文庫です。2~3%のゆれ動きは2、3作品、電撃や富士見でさえ4作品の差なので大きな変化とは言えないですね。MFはほぼ倍増、オーバーラップはほぼ半減という感じです。
非なろう書籍化レーベル全体としては9%→11%の変化。異世界ものは増え、全体の刊行数が減っています。あと、一応補足ですが非なろう書籍化レーベルというのは別になろう書籍化をしていないというわけではないので…

次にいわゆるなろう書籍化レーベルを見ていきましょう。
1

各レーベルの異世界物の割合は2015/7~2016/6と2016/7~2017/6で比べてこんな感じです。

・ヒーロー 24%→17%
・モンスター 28%→30%
・MFブックス 24%→32%
・アルファポリス(ソフトカバーのみ) 27%→39%
・カドカワブックス 30%→24%
・アース・スター 11%→6%

以上です。
増えたのはMFブックス、アルファポリス。減ったのはヒーロー、アース・スターという感じです。
ヒーロー文庫とモンスター文庫は文庫ですが、他の4レーベルはソフトカバーです。ご存知の通りアース・スターはなろう書籍化レーベルといっても他とはちょっと色が違います。MFブックスは「異世界」がタイトルにつく作品が順調に巻数を重ねて増えている印象ですね。アルファポリスは相変わらず刊行数が多いです。電撃、富士見に次ぐ刊行数です。しかも「異世界」とタイトルにつく作品が39%と多いのでより目立つ印象でしょうか?
なろう書籍化レーベル全体だと28%という感じですね。全体の刊行数が増え、異世界とタイトルにつく作品も増えてます。

というわけで結果でした。
まぁ、集計していないレーベルが結構あるのでラノベ全体とはいいませんがまぁタイトルに「異世界」が付く作品はだいたい2割くらい刊行されています。5冊に1冊という感じですね。ただ何度も言うように「異世界とタイトルにつく」だけではカバーしきれませんし、何より「異世界から帰ってきた主人公が現代ラブコメやる」「異世界からきたヒロインがなんかやる」みたいな「異世界に行かない」タイプの作品も入ってきてしまいます。どこまでも参考にもならないデータですが、まぁ本屋言ってぱっとラノベコーナー見るような人が「最近のラノベ異世界多すぎwww」というのにはある程度効くのではないでしょうか?効いたところでどうしたの?という話ですけど。
最後に、僕はこういうのを調べるのが好きなだけで異世界が増えようが減ろうがどうでもいいです。はい。

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は雨ですね…外に出られないです…いや、出る用事もないんですけど(^_^;)

さて、今回はライトノベル調査企画ということで過去2年間に発売された主要なライトノベルレーベルの中でどれくらいの割合で長文タイトルのライトノベルが発売されたか調べてみました! 単に個人的に気になって調べてみましたが、なかなか興味深い結果となりました! 先日のタイトルに「異世界」が含まれるライトノベルの割合と一緒にお楽しみください。

異世界がタイトルとサブタイトルに入るライトノベルの割合調査記事↓

条件
今回は長文タイトルの基準として長文タイトルの先駆けと言われる「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の16字を基準にしました。16字以上は全て長文タイトルとしてカウントしています
また上記の基準はあくまで個人的見解に基づく基準でしかありません。この記事を読んでいただいた方の長文タイトルの基準とは異なる場合があるかもしれないですが、あらかじめご了承ください。
・サブタイトルは含みません(あくまで長文タイトルのため)
・読みではなくタイトルの文字でカウントしています。「とある魔術の禁書目録」の場合は「インデックス」というルビではなく「禁書目録」という四文字としてカウントしています。
・ナンバリング(例:(1)、《1》、Ⅳ)は含みません
・空白(スペース)も含みません
OBSTACLEシリーズ 激突のヘクセンナハト などメインとなるタイトルの前に◯◯シリーズが入る場合は激突のヘクセンナハトだけをカウントしています。
・記号はタイトルに含むものとしてカウントしています(例:、。! ? ⁉︎など)
・半角、全角関係なく一文字は一文字としてカウントしています。
・英文字、ひらがな、カタカナ、漢字全て一文字は一文字としてカウントしています。
・2014年6月から2016年6月までの2年間を集計
・調べたレーベルについては下記を表画像をご覧ください
・特装版は含んでいません
・HJ文庫におけるHJノベルスのような文庫+ノベルのレーベルは文庫のみをカウント
・タイトルまでは表に入れられないので省略しています。また、一部レーベル名は略させていただいています。敬称略です。
・2014年7月以降に創刊したレーベルの創刊前のデータは全て0で換算しています。また、ダッシュエックス、カドカワブックスは前身のレーベルのデータを反映していません。
・データはラノベの杜さんを参考にさせていただいていますhttp://ranobe-mori.net

表について
・青が長文タイトル含の作品の数です。
・赤が全体における長文タイトルの割合です。%表記です。
・白が全体の刊行数です。

それではいってみましょう!

まずは主要な文庫レーベルです。
1
次になろう書籍化を中心に刊行しているレーベルです。


結果
2年間(2014/6〜2016/6)総計

電撃文庫  10%
富士見ファンタジア 16%
角川スニーカー 18%
MF文庫J 12%
ファミ通文庫 16%
ダッシュエックス文庫 14%
GA文庫 13%
HJ文庫 19%
ガガガ文庫 8%
一迅社文庫 21%
講談社ラノベ文庫 10%
オーバーラップ文庫 11%

ヒーロー文庫 0%
モンスター文庫 39%
MFブックス 10%
アルファポリス 24%
カドカワブックス 43%
アース・スター・ノベル 31%

以上となります!
長文タイトルの先駆けと言われる「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」を出した電撃文庫は10%にとどまりました。ただ、電撃文庫はキノなどサブタイトルが長い傾向があります。
その他は比較的高めなのがスニーカー、HJ、一迅社、比較的低めなのがガガガ、講談社ラノベ文庫、オーバーラップですね。全体ではおおよそ15%前後ですね。

なろう書籍化主体のレーベルはヒーロー文庫が脅威の0%でした…期間内で最も文字数が多かったタイトルで14字…もしかしたら長文タイトルをあえて避けている可能性もありますね…
MFブックスは10%と低めですか、その他のレーベルはかなり高めです。全体を見てみると25%前後と主要な文庫ライトノベルレーベルの15%と比べ10%程度高い数字となっています。

全体的には約2割程度と異世界ものよりは一割程度多い結果となりました。何かあればコメントかTwitterで教えてくださいm(_ _)m

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 



 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は涼しかったですね〜こういう日が続くと体調悪くなりそうで怖いです(´・_・`)

さて、今回は久しぶりにライトノベルについて調べてみました! 今回調べたのはラノベにおける「異世界」ものの多さを調べてみました! 最近のラノベは異世界ものばっかり…ということは度々言われていますが、実際のところはどうなの? と思ったので調べてみた次第です。
後述しますが、全部読んで中身までチェックはできないので今回はタイトルかサブタイトルに「異世界」が入るかどうかで調べました! というわけでいってみましょう!

・条件
・2014年6月から2016年6月までの2年間を集計
・調べたレーベルについては下記をご覧ください
・タイトルかサブタイトルに「異世界」という三文字が入った場合をカウントしています。
・特装版は含んでいません
・HJ文庫におけるHJノベルスのような文庫+ノベルのレーベルは文庫のみをカウント
・タイトルまでは表に入れられないので省略しています。また、一部レーベル名は略させていただいています。敬称略です。
・2014年7月以降に創刊したレーベルの創刊前のデータは全て0で換算しています。また、ダッシュエックス、カドカワブックスは前身のレーベルのデータを反映していません。
・データはラノベの杜さんを参考にさせていただいていますhttp://ranobe-mori.net

表について
・青が「異世界」がタイトルまたはサブタイトルに含まれている作品の数です。
・赤が全体における「異世界」ものの割合です。%表記です。
・白が全体の刊行数です。

それではいってみましょう!

2年間総計
電撃 2%
富士見ファンタジア 3%
角川スニーカー 4%
MF文庫J 8%
ファミ通 5%
ダッシュエックス 6%
GA 3%
HJ 10%
ガガガ 2%
一迅社 1%
講談社 6%
オーバーラップ 25%

代表的な文庫のライトノベルレーベルは2年間の総計が以上の結果になりました!
電撃文庫はほとんどなかったですね…異邦や世界という単語がつく作品はいくつかありましたが…富士見ファンタジア文庫は年々下降気味という結果でしたが、富士見ノベル→カドカワブックスという流れの中でなろう書籍化作品が減ったことが要因の一つでしょうか? スニーカーは今年に入って微増ですね…それでも%は二桁に乗らない程度でした。
MF文庫Jはアニメ絶賛放送中のリゼロが大半でリゼロがなければ電撃や富士見と大差がないのではないでしょうか?
ファミ通とダッシュエックスは今年に入ってからかなり増えましたね…いくつかなろうを書籍化しているので、それらの作品が全体の%を押しあげている一因でしょうか?
GAとガガガはともに低い%を維持しています。HJ文庫はやや高めですね…こちらもファミ通とダッシュエックス同様今年に入ってから増えています。講談社も今年に入ってから増えています。
オーバーラップはなろう書籍化を行いはじめたあたりから現在にかけて徐々に異世界ものの割合が増えている印象がありましたが、データでも出ていますね…後述するなろう書籍化レーベルと遜色がないです…

さて、次にいわゆるなろう書籍化レーベルと呼ばれているなろうからの書籍化、またはなろう書籍化からデビューした作家さんが中心となっているようなレーベルのデータを見てみましょう

2年間総計
ヒーロー 22% 
モンスター 29%
MFブックス 26%
アルファポリス(ソフトカバーのみ) 23%
カドカワブックス 30%
アース・スター 14%

なろう書籍化レーベルの先駆者的存在のヒーロー文庫の22%を筆頭に高い割合を全体的に示していますね…ヒーロー文庫は刊行数の増加とともに「異世界」がタイトルにつく作品が多くなっているようですね…モンスター文庫は人気シリーズに「異世界」がついていることで高い%で推移していますね。MFブックスも26%と高い%を維持しています。
アルファポリスは%は低いものの「異世界」がつく作品は55作品と最多を数えました。%は他のなろう書籍化レーベルに比べるとやや低めですが、刊行数は電撃文庫、富士見ファンタジア文庫、MF文庫Jに次ぐ4位と多いのでその分下がっているようです。カドカワブックスは刊行数自体が少ないのであまり参考にはなりませんが、今年は36%と高い%で今後も一定の割合で推移していくことでしょう。アース・スターノベルは他のなろう書籍化レーベルとは少し異なるタイプの書籍化が目立つ(人外系+日常ものなど)からか、やや低めですね…

以上です!
調べてみた結果、やはりなろう書籍化レーベルに「異世界」がタイトルまたはサブタイトルにつくものが多いですね…「異世界」ものの%を底上げしているのはなろう書籍化作品が中心でしょうか。あと、まったく関係ありませんがアルファポリスの刊行数が多く驚きましたΣ(・□・;)これに女性向けのレジーナや文庫落ちのアルファライト文庫もいれるとかなりの数になりますね…
あと、今回の調査の結果はタイトルの話ということを繰り返し言っておきます

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

↑このページのトップヘ