カテゴリ: 漫画(新作・シリーズ紹介)

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは横田卓馬さんの「ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話」です!
IMG_2661

ストーリー A
真面目でカタブツな委員長の桜田門くんは短いスカート丈と髪の色が目立つ小日向さんを毎日注意していた。そんなある日、数学の補修で一緒になった2人。そこで小日向さんは桜田門が馬鹿なことを知る。勉強を教えることになり2人は仲良くなるが、小日向さんは微笑(ポエム)というキラキラネームを知られてしまう…カタブツで融通の効かない委員長と表情豊かなギャルによるラブコメが始まる!

〜この学校の委員がヤバい〜
横田卓馬さんの新作!個人的には背すピン以来ですね〜ダンゲロスとかMTGの漫画もありますけど、個人的にはジャンプの短期集中連載以降青春もののイメージがある漫画家さんなんですよね…閑話休題。新作はコメディよりのラブコメで面白かったです!
髪を染めスカートが短いギャルっぽい小山内さん。そんな彼女を毎日注意する風紀委員の桜田門くん…もう序盤からこの2人のやりとりが面白いですよね。小山内さんの表情あ本当に天才的だと思います!そして数学の補修で一緒になったことをきっかけに徐々に親密な関係になっていく2人。今までは注意される・注意する、追われる・追うな関係だった2人の距離がゆっくり縮まっていく?感じはラブコメみを感じましたね…2人のやりとりも楽しいですしポエちゃんマジ可愛いです!そして増える委員たち。元ヤン保険委員の出淵遊。超内弁慶で図書室でしかイケメンにならない月島聖一…賑やかさを増していく学園生活は楽しそうでしたね…桜田門とポエちゃんのやりとりが楽しい作品でした!面白かったです!

キャラ A
ポエちゃん!ポエちゃん可愛くないですか?ギャルっぽい見た目に反して子どもっぽいところがあったり手が出るのが早かったり母親のことをきちんと考えていたり…こういう可愛く良い子なJK好きです!桜田門くんはなかなか融通の効かない男の子でしたが、要所でキラリと輝くツッコミを見せたり照れもせずストレートに言葉をぶつけていく感じが最高でしたね!元ヤンの保険委員の出淵くん、イケメンなのは図書室だけの月島くん、そしてポエちゃんの友達の田崎ちゃんと秋名ちゃんも魅力的でした!

最後に
やっぱり横田卓馬さんの作品は面白いですね1ポエちゃんのころころ変わる豊かな表情に桜田門くんのストレートな言葉のやりとりが最高でした!面白かったので2巻もぜひ読みたいです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切会計JKの話



著者



横田卓馬



レーベル



シリウスコミックス



ISBN



978-4-06-517226-1


表紙の画像は「版元ドットコム」様より

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは由多ちゆさんの「くらいもり、しろいみち」です!
IMG_2659

優等生だがひねくれていて勉強以外に友達がいないしょう。彼女は冬の公園で白い女性・ちはるに出会う。目が見えないというちはるは好きな人がいたらどうにかなると思い、しょうのことを好きになるという。田舎でも都会でもない街の公園。ちはるにふりまわされるうちにしょうは少しずつ変わっていくが…

先日Twitterでオススメしていただいて早速読了。なんかこう、どうしようもなくダークな百合が読みたくなる時ありますよね?僕はあります。それが昨日今日でした。どこかほんのりと感じる閉塞感と青春しきれなさ、似ているようで似ていないしょうとちはるの関係が素敵な作品でした。

ひねくれて勉強しか友達がいないしょう。往復4時間もかかる高校にわざわざ通い、家族ともあまり関わらずに過ごす毎日…朝から晩まで長くて長くて仕方ない感じすごくよくわかります…僕も中学生の時はこんな感じでした。

そしてしょうは誰も寄り付かないような公園でちはるに出会います。目の見えない彼女を助けたことで公園でちひろとお話していくようになります。ちひろは不思議な魅力を持つ女の子で、作中では狐のように笑うと言われてましたけど行動もきつねっぽいですよね…あと恋愛感情未満?な感じの百合関係性がめちゃくちゃいいですね…

あとそんな2人の関係を繋ぐものもまた良かったです。世界が終わるわけでもないし、一般から逸脱するほどでもないけど、どうしようもない悩みをそれぞれ抱えて、それが共感のアイテムになって不思議な関係へと昇華していく。こういうのがなんかダークすぎないダークさがあってめっちゃよかったです。

最後のお別れのシーンも良かったですし、ほんの少しだけ変わったしょうの姿もまた印象的でした。決して劇的に何か変わるわけではないお話ですが、じんわりと染み込んでくる2人の関係が魅力的な作品でした。1巻完結なので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



くらいもり、しろいみち



著者



由多ちゆ



レーベル



まんがタイムきららコミックス



ISBN



978-4-8322-4111-4


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています
さて、今回紹介するのは朝賀庵さんの「さっちゃん、僕は。」です!
IMG_2655

ストーリー A
大学生になり北海道から上京した片桐京介。彼は地元で付き合っていた彼女の小山内早智と遠距離恋愛することになる。しかし、京介は隣人の国木田紫乃に惹かれていきついに一線を超えてしまう。しかも紫乃は人妻だった。不倫をしてしまった京介の運命はどうなるのか…

〜あの時、していれば〜
ジャンプ+で連載されている作品。Twitterで流れてきたのをみて買いましたけど、めっちゃ面白かったです!
地元に彼女を残して上京した京介。しかし隣人の紫乃さんと不倫、しかも人妻という個人的には最高しかない要素が溢れてましたね…いいっすねこういう堕ちていく感じ…京介は彼女の早智が拒んだせいで、上京する時には童貞で…という背景もなかなか彼の闇というか心のおくにぐにゃっとした闇を絡みつかせていていい感じでしたね…相手の紫乃さんもなんか闇が見え隠れしていていい感じでした…途中から登場する須川美鈴さん、黒磯朝日くんもいい味出してましたね…ただ京介と早智と紫乃を中心とした不倫劇ではなくて、何やら京介となにかあった女の子が出てきたり、ヤリチンクソ野郎が出てきてかき乱していく感じ好きですよ…物語はまだ始まったばかりという感じもしますが、ゆるやかに堕ちていく感じが最高の作品でした!面白かったです!

キャラ A
京介くん…マジで早智ちゃんがちゃんとやらせてあげれば彼の運命は変わったかもしれないですね…なんだかんだ理性ぶっても男は男ですよ…彼はいいやつで好きなんですけどね…早智はなんか手紙送ってくる時点でメンヘラ臭がなかなかなんですけどw自分が傷つきたくないために大切なものを手放していかないかどうか心配ですね…まぁそんあ気持ちもラストで若干薄れましたが…紫乃さんはヤバいっすね…なんもなくてもこんな綺麗な人が隣に住んでたらクラっといっちゃいますよ…そしてなんか闇がありそうでいいですね…美鈴さんと朝日くんも魅力的でした!

最後に
まだそんなにドロっとはしてきていないので、物語の序盤のほうかな?とは思いますが、緩やかに堕ちていく感じが最高の不倫恋愛ものでした!2巻も楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



さっちゃん、僕は。



著者



朝賀庵



レーベル



ジャンプコミックス+



ISBN



978-4-08-882122-1


表紙の画像は「版元ドットコム」様より


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。
さて、今回紹介するのは日之下あかめさんの「エーゲ海を渡る花たち」です!
FullSizeRender

ストーリー A
商家の家に生まれ世界を旅することを夢見るイタリア・フェラーラに住む少女リーザ。彼女はある日、クリミアから来た少女オリハに出会う。妹を探すためにクレタ島に行きたいという彼女に同行したリーザは共に船に乗り旅をすることになるが…

〜2人の少女が海を渡る〜
ずっと気になっていた作品でなかなか読む機会がなかったんですけど、ようやく読めて「めっちゃ面白い!」となったので早速紹介!
時は15世紀半ば、交易が発展したイタリア沿岸部を中心に物語は繰り広げられます。高校時代世界史をちょっとやっていたので、キナ臭そうな時代だな…と勝手に思っていたんですけど、ちょうど狭間の平和な時代らしく女性だけで街をうろついてもあまり問題ない感じでしたね。さて、物語はお転婆な商家の娘リーザがクリミアからやってきたオリハと出会うところから始まります!リーザはお転婆とは書きましたが、なかなか度胸もありコミニュケーション能力も高くて商人!という感じでしたね。オリハのことを知り、自身の長年の夢もあり共にクレタ島に行きたいと願うリーザ。なんとかその夢を叶えて船に乗り込みイタリア沿岸部の都市を商船で立ち寄ったりしながらクレタ島を目指します!ヴェネツィアやそのほかの沿岸部都市の文化や風土を感じられる描写や、リーザとオリハか行く先々でたくましく行動していく姿には思わず夢中になりました!15世紀半ばのイタリアを感じられる素敵な作品でした!面白かったです!

キャラ A
リーザはお転婆で強気な女の子。芯がピシッと通っていて強さの中に優しさもある頼り甲斐のある女の子でした!オリハは最初はふわっと柔らかい印象がありましたが、妹を探すという強い意志がありなんでも器用にこなす姿はリーザとは異なる強さがありましたね。2人のコンビもいい感じで見ていて楽しかったです!

最後に
15世紀半ば当時のイタリアを感じられる素敵な旅行記風の作品でした!リーザとオリハのコンビは本当に見ていて楽しいですし、これから2人がどんな体験をしてどんな景色を見るのか楽しみです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



エーゲ海を渡る花たち



著者





レーベル



メテオコミックス



ISBN



978-4-86675-047-7





どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していま
さて、今回紹介するのは狐谷まどかさん原作、あしもと☆よいかさん作画のの「異世界に転生したら全裸にされた」です!
FullSizeRender
原作1巻紹介記事↓
http://blog.livedoor.jp/you1869/archives/1075560370.html

ストーリー A
立ち飲み屋に行った帰りに気づいたら全裸で異世界に転生したシューターこと吉田修太。村で底辺の扱いを受けながら生活を送っていたが、実力が認められ家と嫁を手に入れる。狩人として働き始めたシューターだが、ある日、村に凶暴なワイバーンが現れて…

〜異世界de全裸noコミカライズ〜
マッグガーデンノベルスから発売されている作品のコミカライズ。原作を読んでいてもいなくても楽しめるコミカライズでした!
原作で序盤にあたる部分はぎゅっと濃縮されてシューターが嫁にカサンドラをもらうところから本格的に物語は始まります。異世界転生からカサンドラを嫁に〜までの流れはダイジェストではありますが、シューターが村でどんな扱いを受けてなぜカサンドラを嫁にもらえることになったかがきちんと説明されていて好感度高いですね!そして始まるシューターの狩人生活!カサンドラとの夫婦生活はまだちょっと微妙ながらも、ゴブリンのッワクワクゴロさんと一緒に狩りをします。下半身裸で。下半身裸で。大事なことなので二回言いました(真顔)。村八分の状態から解放されても、フルチンなんですよね…シューターは…そして村にやってくるワイバーン!ここは原作とは若干話の流れが異なりますが、シューターの活躍が期待以上ですごく楽しく読ませていただきました!最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!

キャラ A
シューターの日本人だったとは思えない下半身裸っぷりには脱帽ですね…カサンドラは原作では大人しそうなイメージがありましたがシューターに近づくほかの女性に嫉妬したり、シューターと見つめあったりとすごく可愛かったです!

最後に
原作を知っていても知らなくても楽しめるいいコミカライズ作品でした!フルチンてワイバーンと戦う色んな意味でテンションの高い作品なので気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。)

書籍情報

タイトル



異世界に転生したら全裸にされた



著者



作画/あしもと☆よいか

原作/狐谷まどか



レーベル




バンブーコミックス

ISBN



978-4-8019-6476-1



↑このページのトップヘ