キーワード:イリヤを含む記事

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
ブログ一周年がついに明日です! 自分でもよくここまできたなー、と感慨深いです。また、その話は明日しましょう。

さて、今回紹介するのはこのブログのタイトルの元になった「キーリ」です!
壁井ユカコさんは第9回電撃ゲーム小説大賞を今作で受賞しデビュー。デビュー後しばらくは電撃文庫を中心に活躍されていましたが、最近では一般文芸を中心に創作集団「GoRA」の一員としてアニメ「K」にも関わるなど、活躍の幅を広げています。

ざっくりとしたあらすじ。
教会の寄宿学校に通う少女キーリは幽霊が見えることから教会の教えに疑問を抱いていた。
そんなある日、キーリは不死人のハーヴェイとラジオに宿った霊兵長と出会う。成り行きから彼らと旅をすることになるキーリだが、そこには様々な困難が待ち受け…とこんな感じです!

ジャンルはセカンダリーユニバース。僕が知る限り、ライトノベルレーベルから出ているセカンダリーユニバースはこの作品だけです。

この作品は一巻は重厚なハイファンタジーとして始まりますが、二巻からは人々の微細な感情の動きを捉えていきます。また、設定で見せていくSF的側面も強くなっていきます。

この作品、何が面白いかというとキーリと不死人ハーヴェイの微妙な距離感です。壁井ユカコさんもあとがきで言及するようにつかず離れずの距離感が非常にいいです! 二人ともなかなか心の距離が縮められずやきもきしますが、それがピュアで素敵です。

幽霊が見えるという設定は、どちらかというと今ではなく、過去を経由して物語に深く関わってきます。キーリだけが見える存在が教えてくれるものが、物語を突き動かします。

そして、不死人のハーヴェイの過酷な過去、現実と不死人を狩ろうとする教会の対峙も面白いです! 負の歴史としての不死人を許せない教会と、それから逃げなければならない不死人…作品を読む際には不死人を狩らなければならない理由とその背景にも注目してもらいたいです!

この作品は全9巻完結済みです。名作の割に知名度は低いですが、個人的には「イリヤ」に並ぶ最高の作品だと思っています! 男女ともに楽しめる作品なので、ファンタジー・SFを読みたい方はぜひご一読を!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
最近金遣いが荒いです(苦笑)財布から野口さんが消える消える。そして時々一葉さんも…バイトで稼げ! はい、そうします( ̄^ ̄)ゞ

さて、今回紹介するのは秋山瑞人さんの「イリヤの空、UFOの夏」です!
秋山瑞人さんは先日「猫の地球儀」を紹介したのでそちらもどうぞ↓

えっと、最近ライトノベルを読み始めた方は知りもしないでしょうが、この作品はハルヒと並びライトノベル史上最高傑作とされています。もちろん個人的にもそう思いますし、本当に面白い作品です!

ざっくりとしたあらすじ。
6月24日は全世界的にUFOの日。
新聞部に所属する浅羽直之は部長のそんな発言からUFOの夏が始まるとは思いもしなかった。夏休みほぼ全てをUFOの張り込みに消費することになった浅羽は、夏休みの最後の日にせめてもの思い出づくりに、夜、学校プールに忍びこむ。しかし、プールには手首に金属の球体をつけた少女がいて…とこんな感じです!

ジャンルはセカイ系。もう、セカイ系としか言いようがないですよね(苦笑)

とにかくイリヤを読んだことがない人に言いたいことは読め! 面白いから!です! 何がどう面白いとか、そんな言葉すらこの作品を前にすれば陳腐です。だって理屈抜きで面白いんですから!

この作品は2001年に発売され完結済みの作品ながら、未だに大きな書店にいけば新刊で置いてあるという作品です。ライトノベルを読む方はわかると思いますが、そんな作品はこの作品かハルヒくらいしかありません。しかも、ハルヒとは違いテレビアニメ化し社会現象になっているわけでもなく、ハルヒより古いにも関わらずです。もう、どれだけすごい作品かわかりますよね?

ストーリーは謎の美少女伊里野加奈と主人公浅羽直之が微妙な距離感を、縮めながら青春を送るものになっています。しかし! この作品はセカイ系! イリヤは浅羽の知らないところで、何かと戦っています。浅羽はイリヤの力になりたいけど、なれない。そのもどかしさが半端なくいいです! 

色々言われますが、個人的に好きなシーンは浅羽がイリヤを連れて逃避行をするところですね。中学生として、現実のつらさを痛感しながらイリヤをなんとしてでも守ろうとする浅羽は読者として憧れました!

この作品は全四巻完結済みです。とにかく面白いので騙されたと思って読んでみてください! 漫画版やOVA版もありますが、この作品に限っては原作から読むことを強く勧めます!

最後に読んだことのある方に向けて言うと、ラストシーンは個人的にハッピーエンド派です。仲間はいるでしょうか?

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
明日はこのブログのタイトルの元になった作品を紹介します!


どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
ブログ一周年が地味に迫ってますが、平常運転でお届けします…

さて、今回紹介するのは海猫沢めろんさんの「左巻キ式ラストリゾート」です!
海猫沢めろんさんは「全滅脳フューチャー」や「零式」などで有名な文筆家の方で、多方面で活躍されている方です。少し前にはダ・ヴィンチに小説を載せていたので、知っている方も多いのではないでしょうか?

ざっくりとしたあらすじ。
目覚めた僕は少女たちが暮らす見知らぬ学園にいた。僕が現れたのと時同じくして、トーチイーターと名乗る者による強姦事件が発生する。犯人を捜すために僕は立ち上がるが、逆に犯人と疑われてしまい…とこんな感じです!

ジャンルはセカイ系。エロ、グロ、ミステリ要素も含まれています。

⚠︎特に表記はありませんが、過激な描写があるので読む時は注意してください! また、下の画像に若干のネタバレを含みます!

この作品は下記のフォントいじりで注目されがちですが、とにかく面白いです! これを仮にライトノベルにカテゴリするなら個人的に「イリヤの空、UFOの夏」「キーリ」に並ぶ面白さです!

最初の80pはとにかくエロくて「なんだよこれ?」と思うはずです。しかし、読み進めてみてください。鮮烈なグロ描写、ミステリとしての完成度の高さ、僕の正体、学園の謎…これらがひたすら読者を魅力していきます! 

あと、この作品はかなり前衛的な試みがなされています。それがフォントいじりをはじめとした、限界の文字表現です!

おそらくこれ単体で見ればなんだと思うはずです。しかし、本編を読み進めていく中でこれを読めば必ず表現に圧倒されます!

そして、ラストがずるいです。正直泣きました。ミステリ部分を解決して、僕が一歩踏み出す。前半が前半だけに落差がすごくて、半端なく感動しました! ラストページの挿絵も最高です! 

フォントいじりばかりが注目されがちですが、セカイ系作品として傑作と言って過言ではない出来です! 奇作、怪作やセカイ系作品が読みたい方はぜひご一読を!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
そろそろこのブログも一周年です! 明日死ぬかも知れないですし、喜ぶのは早いですが(苦笑)頑張って一周年になる二週間後まで更新を続けたいです!

さて、今回はそろそろブログが一周年ということで、一年近くずっとほったらかしにしておいたセカイ系についての考察をします!前回の記事はこちら↓

また、前回はセカイ系の行方を書くと言いましたが、この一年でセカイ系を取り巻く状況が変わってきてしまったので、それは次回にします。今回はどこまでがセカイ系か、という話を中心にお話します。

まず、軽く復習から。
僕は前回の記事で、セカイ系の定義を
主人公とヒロインの物語のために他の要素を極限まで減らしたある種閉鎖的な物語としました。この考えは今でも変わっていないですし、今後も滅多なことでは変えません。この定義を中心にお話を進めていきます。

最近になって初期のセカイ系の作品を彷彿とさせる作品がいくつか出てきました。
・idーインスタント・バレットー
・クズと金貨のクオリディア
・ハロー・ワールド(一巻)
・一ナノ秒のリリス
・放課後ゲームフレンド
ここ一年、セカイ系が好きな僕が「これはセカイ系だろう」と認めた作品です。特に一ナノ秒のリリスは、個人的にイリヤと双肩を並べると言っても過言ではないと思っています。

ライトノベルが中心ですが、セカイ系自体ライトノベルを中心に発展したジャンルなので、これは仕方ないでしょうか?

さて、本題です。
どこからどこまでがセカイ系でしょうか?
もちろん僕の定義を利用して、振り分けることは簡単です。しかし、定義に近くてもこれはセカイ系ではないという作品といくつかあります。それにスポットを当ててさらに解説していきます。

・エアリセ
ノゲノラで有名な榎宮祐さんの連載デビュー作です。昔紹介記事も書いたので、そちらもどうぞ
僕の中では、セカイ系にもっとも近い作品です。どういう作品かは上の紹介記事を読んでいただければ、大体わかります。どうしてこれがセカイ系ではないか、上の記事だけでは疑問に思う方も多いと思います。しかし、決定的に違う部分があります。それは閉鎖的でないところです。セカイ系は閉鎖的でなければなりません。いくら君と僕の関係、主人公とヒロインの物語に終始していても、物語が仮想、宇宙など、手に届かない場所に行ってはなりません。

・All you need is kill
⚠︎上記は漫画版。
ハリウッド映画にもなった有名なライトノベルです。この作品はループを続ける主人公が、そのループからの脱出を目指す作品です。
ループする世界というのは同じ世界をひたすら繰り返し、非常に閉鎖的です。では、どうしてこれがセカイ系ではないのでしょうか?それは主人公とヒロインの物語、君と僕の関係が皆無だからです! ヒロインは主人公がループを脱出する上での要素でしかなく、障害ですらあります。この作品をセカイ系とは言えません。

・ミサイルとプランクトン
紹介記事書いたので、そちらもどうぞ↓
こちらは若干ネタバレを含むかもしれないです(^_^;)
この作品はセカイ系と他の人に言われたら納得するしかありません。それくらいセカイ系作品に近いです。
しかし、セカイ系作品と違う決定的な部分が主人公が女性(主に女性主人公視点で話が進む)ことと、群像劇だということです! セカイ系はモヤモヤ悩む主人公、少年が醍醐味です! なので、こんなにイケメンな男はセカイ系にはいりません!これはセカイ系ではありません。

以上の三つの作品を中心にセカイ系の線引きを説明しましたが、最近のセカイ系作品として紹介した作品はとりあえず僕の定義には収まっています。一応僕の定義に収まるのはこれ、収まらないのはこれ、ということがわかっていただけたと思うので、今回はこれで締めくくります!

セカイ系作品はとても魅力的です! しかし、はっきりとした定義がなく、青春ものや恋愛ものにカウントされがちです!なので、これからもセカイ系の記事に書くので、よろしければ読んでみてください!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
PNにもある通り、僕は割と夏が好きなんですけど(冬は寒いので嫌いです)湿気には本当に参りましたね(苦笑)本が痛むし、髪はまとまらないし…やってられません(苦笑)

さて、今回紹介するのは秋山瑞人さんの「猫の地球儀」です!
実質上下巻なので、二枚画像載せておきます。

僕と同じ世代の人はまったく知らないでしょうが、僕より倍くらい年上の方ーー2000年に十代でライトノベルを読んでいた方なら、秋山瑞人さんを知らない方はいないでしょう!
秋山瑞人さんは「EGコンバット」で電撃文庫からデビュー。その後は「イリヤの空、UFOの夏」が大ヒットし、セカイ系の代表作として今でも語り継がれるなど、名作を数多く残した作家さんです。また、日本短編部門星雲賞を受賞するなど、SF作家としても高い評価を受けています。
ただ、驚異的までの遅筆で、その遅さは火浦功さんを凌ぐほどです。

秋山瑞人さんは古橋秀之さん、川上稔さんとともに、初期〜中期の電撃文庫でSFを書いていた作家さんとしても有名ですね! 同時代には小川一水さん、谷川流さんなんかもライトノベルでSFを書く作家さんとしても認識されていました。また、瑞っ子と呼ばれる熱狂的ファンがいることでも有名です。

ざっくりとしたあらすじ。
スカイウォーカーと呼ばれる地球儀に生きたまま到達することを目指す者は、宣教部隊によって殺される時代。そんな中で、三十七番目のスカイウォーカー幽は、こっそりポッドを作成し地球儀を目指していた。
地球儀をに到達する夢を叶える前に、幽には最強のスパイラルダイバー焔と戦わなければならなかった。
幽と焔。二人が激突したとき物語は幕を開ける!…とこんな感じです!

ジャンルはガチのSF。ライトノベルでは一、二を争うほど骨子がしっかりしつつも、きちんとSFをしている作品ではないでしょうか?

とにかく言いたいことはこの作品は半端なく面白いです! 当時のライトノベルとしても珍しく美少女がまったく出てこないばかりか、人間すら出てこない作品ですが、タイトルにある通り猫とロボットが魅力的です。

ストーリーはシンプルで、描写力に関してはさすがは秋山瑞人さん! という感じで、読者を物語の中に誘う力がすごくて、読んでいると物語と融合するような感覚に陥ります。何百冊とライトノベルを読んできましたが、こんな感覚になる作品は今後一生ないと思います。

また、設定がシンプルながらすごく深いです。単純なものも、秋山瑞人さんの持つ抜群のセンスで味付けされています! 特に魔法の粉は一番好きですね。

キャラは猫とロボットしか出てきませんが、どちらも物語の中でしっかり生きています! もう、宇宙に彼らが存在していたと言われたら信じるくらいのリアリティーがあります!

この作品が出たのは15年も前で、古本屋でも見つけるのは難しく、電子書籍化もされていませんが見つけたら読んでみてください! 絶対に面白いです!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
つ、積本が( ꒪Д꒪)

↑このページのトップヘ