キーワード:サクラダリセットを含む記事

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
今日は一段と花粉が酷かったような…くしゃみが…

さて、今回紹介するのは河野裕さんの「機械仕掛けの選択 サクラダリセット3」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
2年前初夏。中学二年生だったケイは未来視の能力を持つ少女相麻菫によって春埼と出会うことになる。リセットをもつ彼女を欲しいと考えたケイは一人の少女にまつわる事件を解決していくことになるが…
サクラダリセットシリーズ第3弾!そろそろアニメが始まるので読むのを再開。今回はこれまで名前と存在は提示されていた相麻菫という一人の少女が深く関わってくる過去のお話となっていました。
読み終わってなんとなく感じたのが、静かに残酷な物語ということです。あまり深く内容に突っ込むとネタバレになるので表面をなぞるだけになりますが、ケイが春埼、相麻菫、そして事件の渦中にいるクラカワマリに要求したり暗に要求していることはきっと悲しいことなんじゃないかなと感じました。なんかもっといい方法かある。でもそれをやってくれない、読み手が気づかない。そんな感覚に陥りました。ストーリーとしては長いシリーズの心臓に触れるお話でもあり、欠かすことのできないピースでしたが文句なしに面白かったです!

キャラ A
春埼は2年前はこんな感じの女の子だったんですね…外側は現在とほとんど変わりませんけど、中身は本質はまるで別人でした…そして変わった春埼に深く関わっているのはやはりケイでしたね…相麻菫は不思議な魅力を持つ女の子でした。未来視という能力ゆえによくも悪くも全然中学二年生らしくないです。智樹はこの頃から変わらずでなんだか安心しました。

今後の期待度 A
この過去編を受けて、次にどんなストーリーが展開されるか楽しみです!ケイと春埼はどんな未来に出会うのか。なるべく早く続きを読みたいです…

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

ISBN 978-4-04-104206-9

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
寒い日が続くので今日はチゲ鍋を食べました…辛味が体を芯から温めます…

さて、今回紹介するのは河野裕さんの「魔女と思い出と赤い目をした女の子 サクラダリセット2」です!
前巻の記事↓

ストーリー A
写真の中に入る能力を持つ佐々野はある日突然赤い目をした女の子によってその能力を封じられてしまう。そんな彼の能力を乗り戻そうとするケイ。しかし、彼の前に魔女を名乗る女性が現れる。そして因縁の相手岡絵里がケイを倒すと宣言し、ケイは彼女に追い詰められていく…
サクラダリセットシリーズ第2弾! 今回は記憶と咲良田という街が能力者の街になってからの壮大なエピソードが描かれていました!
今回はあらすじにもある通り割と頭脳戦でしたね〜。能力者による未来の読み合い、能力の制限を見抜き先手を打ち、自分たちの不利な状況を覆す…2章はかなりワクワクしながら読ませていただきました! そしてストーリーの核となる2人の男女の約束の物語。これは切ないですね…作中ではケイたちが他のことに集中している分、比較的あっさり目に語られますがそんなに耐えられないですよ…咲良田の過去、管理局が能力者を管理できるとする理由…とかなり咲良田という舞台が明らかになりました…ケイと春埼の関係にもメスが入り、彼らの普通にしては歪な繋がりも再認識できました。

キャラ A
春埼の存続理由ってなんなんでしょうかね…ケイは本当に春埼に「リセット」以外を求めていないのか、そしてケイがいなくなったとき春埼はどうなるのか…考えると危うい春埼の姿が浮かんできました。村瀬はなんだかんだいい奴ですね(苦笑)こんなにケイに協力する姿は一巻では想像もしてませんでした。魔女の悲しき定めも最後は…という部分に感動でした…彼女のためだけの童話がきちんと現実になったときは…魔女なんてあだ名は彼女にはふさわしくないですよ…

今後の期待度 A
次からはケイたちの過去に関わる存在が本格的に物語に参戦してくるみたいなので楽しみです! 三巻は買ってあるので早く読みます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
昨日に続き今日も蝉の鳴き声を聞きました…しぶとく生き延びてますね〜

さて、今回紹介するのは河野裕さんの「猫と幽霊と日曜日の革命 サクラダリセット1」です!

ストーリー A
内容は、能力者が集う街咲良田で見聞きしたことを忘れない高校生浅井ケイと世界を3日間巻き戻す力を持つ春埼美空の2人が奉仕部で様々な事件を解決している。ある日、死んだ猫を生き返らせて欲しいと依頼する女の子が現れ、2人は事件を解決するために3日間時間を巻き戻す能力「リセット」を使い解決を図る。しかし、事件には裏があり…とこんな感じです!
ジャンルは青春ミステリという感じでしょうか? 角川文庫の作品ですが、角川スニーカー文庫からの再刊ということでカテゴリはライトノベルにしておきます。悪しからずm(_ _)m
面白いというより不思議な作品ですね…ミステリというよりミステリアスという言葉が似合うと思います。3日間時間を巻き戻す能力を使い事件を解決する。しかし、このリセットという能力には制限がありセーブが必要だったり、一度使うと24時間使えなくなります。この能力の制約の中で事件を解決していくケイと美空の2人の行動や言動がとても魅力的でした! 事件の着地点は青春ものらしく甘く酸っぱく苦い印象を受けました。

キャラ A
ケイはなかなか食えないヤツですねー。こういう子は嫌いじゃないです。あと無意味な話で盛り上がれることは純粋にすごいと思いました。春埼美空がまた困った子ですね…ケイにべったりというか、なんというか…単純に言うと「人」という字の「ノ」みたいな、ケイという支えがないとダメになってしまう。そんな危うさというか儚さがありました。出番は少ないですが、個人的なお気に入りは智樹。彼はすごくいい奴です。

今後の期待度 A
話自体には綺麗に区切りがついていますが、7ヶ月連続刊行ということであと6巻もあるんですね…続きが楽しみです!

どんな人にオススメか?
青春ものが読みたい方は。能力とか出てきますけど、派手にバトルやったりとかはなく河野裕さん独特の世界観に浸って不思議な気分を味わえます。気になった方は!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 

昨日河野裕さんの「ヘイビー、グッドモーニング」紹介したばかりでしたね


ということで「サクラダリセット」がアニメ化企画進行中です!
実写化やコミカライズも同時に進行中 するようでかなり大規模なメディアミックスになっていくようです。
このブログでは今月発売の新装版からブログで紹介していく予定なのでお楽しみに。

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)
高校生以下学生の方は夏休みも今日で終わりですかね? もう少し早く終わっている方もいるでしょうけど…大学生はもう少し夏を堪能します!

さて、今回は月末恒例の(といっても月末にやったのは久しぶりな気も…)来月発売のオススメライトノベルです! 毎度のことですが、これは僕が注目しているライトノベルを紹介するだけで、来月発売する全てのライトノベルを網羅しているわけではないので悪しからずm(_ _)m 
それではいってみましょう!

9月1日発売 角川スニーカー文庫
いつかの空、君との魔法 著/藤宮カズキ イラスト/フライ
さよなら、サイキック 著/清野静 イラスト/あすぱら

9月1日発売 HJ文庫
ドルグオン・サーガ 著/にゃお イラスト/ぺろっちゃ、ろぼみすっちゃ
精霊幻想記5 著/北山結莉 イラスト/Riv

9月10日発売 電撃文庫
魔法科高校の劣等生20 著/佐島勤 イラスト/石田可奈
激突のヘクセンナハト3 著/川上稔 イラスト/さとやす
血翼王亡命譚3 著/新八角 イラスト/吟
おはよう、愚か者。おやすみ、ボクの世界 著/松村凉哉 イラスト/竹岡美穂
クロバンス戦記 著/高村透 イラスト/p19
プラスティック・メモリーズ 著/林直孝 イラスト/okiura

9月17日発売 富士見ファンタジア文庫
機甲狩竜のファンタジア 著/内田弘樹 イラスト/比村奇石

9月23日発売 MF文庫J
異世界拷問姫2 著/綾里けいし イラスト/鵜飼沙樹

9月23日発売 ダッシュエックス文庫
白蝶記 著/るーすぼーい イラスト/白身魚

9月24日 角川文庫
サクラダリセット 著/河野裕 

9月25日発売 オーバーラップ文庫
音使いは死と踊る2 著/弁当箱 イラスト/巖本英利
フレイム王国興亡記5 著/疎陀陽 イラスト/ニリツ

以上です!
新作の最注目はやはり今年の電撃大賞で大賞を受賞し大注目を浴びた松村凉哉さんの「おはよう、愚か者。おやすみ、ボクの世界」ですね。竹岡美穂さんとのコンビで半年ぶりの凱旋です。そのほか、角川スニーカーの新作二つも前評判はいいですね。
シリーズ続刊は精霊幻想記の五巻ですよね…やはり…もう人生の生きてる意味の5割くらいは精霊幻想記です!血翼王亡命譚の三巻、異世界拷問姫の2巻あたりが楽しみですね…フレイム王国興亡記の五巻は一応発売予定ですけど、実際に書店に並ぶまでは信用しません。また、角川文庫から河野裕さんの名作「サクラダリセット」が再刊されます!

それではこの辺で(≧(エ)≦。) 
来月もよろしくお願いしますm(_ _)m

↑このページのトップヘ