こんばんは。夫Tです。工場の工事も終了し、今は営業活動真っ最中です。
工場はそれなり以上の出来だと思います。来て頂けるお客様全ての人がこれは良い工場だと言って貰えてます。今日も一人来て頂きまして、納得して帰って頂きました。
設置機械は少ないですが、Tの目に叶った物で構成されているラインです。一々説明もしませんが、どれ1つとて、買って来てそのままの機械はありません。安く譲って頂き、自己流で改造、改装。
全ては僕 の感性、こだわりで作り上げた工場です。

ここまで、やらせてくれせてくれ、今、未だ不安定なT&Yの会社。
Yちゃんには本当に申し訳なく思っています。
結婚したのが僕ではなく、安定したし職業の人であればこんな気苦労もなかったろうにと思います。

こんなに僕を支えてくれるYちゃん。こんなにも苦労させてゴメン。
今は僕も軽率な動きをしてはいけない時期。本当は、本当は僕が一番しんどい思いをしなきゃダメなのに、、、、Yちゃんが一番辛い思いをさせてしまった。

工場内を歩いているYちゃんを目が熱くなる思いでした。
その姿を見て、開業の決意をした時から今までの事が走馬灯のように蘇り、むせ返るようなYちゃんに対する愛を感じました。この歳になり、これほど愛を感じる幸せ。僕は本当に幸せ者です。
工場を一人歩くYちゃんにぼくの人生を賭けて幸せを実感してもらいたい!
僕は僕の幸せはどうでもいい。Yちゃんがそばにいて笑っていて欲しい。その為なら何でもする!