ゆうピンの水槽日記

アクアリウムに憧れて水槽始めて1年、まだまだ初心者の試行錯誤な水槽日記。

超初心者が水槽を0から開始して1年。今日までいろいろあったので、ブログにまとめてみようかと。 今日まで無事に続けられたのも、ネットやいろいろなブログのおかげなので、私の些細な経験でも、誰かの何かの役に立つ、かもしれない。 時間軸、バラバラですが、ご了承下さい。

マグロ

どうも、ゆうピンです。

先日、カージナルテトラの1匹が☆になりました。やたら大きく育って、存在感バツグンだったので、うちでは「マグロ」と呼んでいた1匹です。原因は松かさ病、エロモナス病と思われます。鱗が逆立ってるように見えた段階で隔離、観パラ投入したのですが、進行を止められず、隔離後3日後に☆になってしまいました。どうにもエロモナス病は厄介、大敵です。まだ1回も完治させられない……悔しいです。
今回も経過を書いておきます。反省や自戒もありますが、読んでくださった方の早期発見、早期治療に繋がれば。

最初は片目がちょっと曇ってるかな? と思った所でしょうか。もしかしたらもっと前段階に異変があるのかもしれませんが、私が「おや?」と思ったのは、ここ。目が膨らんだり飛び出たりは無かったので、ポップアイは除外してました。調べると自然と治る、とかもあったので、とりあえず様子見。

それから呼吸が荒い時が出てきて。普段から口をパクパクさせてますが、明らかに早い。口呼吸してるように見える感じです。ここが分岐点だったのかなぁ。体表も各種ヒレもエラも問題無し。食欲も変わらず、動きも居場所も変わらず。ただ呼吸が早い、そういう状態でした。

その状態が2週間〜1ヶ月続いて、ある時、色が薄く感じて、よく見たら鱗が何となく逆立ってる様になってました。急いで隔離、薬浴を開始したけど、悪化するばかりで☆になってしまいました。

ベタ子さんといいGHDグラミーといい、どうしても治りません。私的にはエロモナスは不治の病。なので病気にならない水槽維持が大事です。

まだまだ勉強が足りないなぁ。

グラ助とおっとりさん

どうも、ゆうピンです。

ゴールデンハニードワーフグラミー、略してGHDグラミーの事。
オスのグラ助、今年の春先に☆になってしまいました。


ブログの続きから進めると、本水槽に戻ったグラ助は、やっぱりナワバリ主張が激しく。
100均で買ってきた園芸用のアミで水槽内隔離を慣行。

KIMG1217



こんな感じ。
これが意外と上手くいきまして、まず、このアミでも双方が見えてない。
それから水流も隔離側は穏やかになり、泡巣が作りやすい。
ただ底の方は凹凸を遮るのが難しく、いつのまにかコリパンが入っていたりするので(笑)
下半分は無くして、上だけ目隠しのようにアミを設置しました。

というわけで、再び平穏が訪れたわけです。
その後も何度か産卵があって、1mm稚魚が居たこともありました。
でもそのままで成長させるのは難しいみたいで、結局、育つことはなかったです。


そんなグラ助、ある時、白いフンをぶら下げて泳いでいまして。
白い物なんて食べたっけ? くらいにしか思ってなかったです。
そのうち床に座ってることが多くなって、異変に気づき、急いで隔離。
でも時すでに遅く、エサも食べずに、数日後に☆になってしまいました。
隔離した時に調べた結果、どうもエロモナス菌による内臓疾患っぽい。
最初の「白いフン」がすでに病気になってる証拠みたいです。
やっぱり「普段と違う=病気かも」は常に思わないといけないと、反省。


それから一ヶ月くらいして、今度はおっとりさんが白いフンを。
グラ助の事もあったので、今度は即隔離、観パラ投与。
小さな隔離水槽はどうも精神的に参るようなので、3日間だけ集中して薬浴。
様子見で本水槽へ戻したら、白いフンに茶色が混ざったり、ちゃんと茶色になったり。
やった! 治った!
と思ったのですが、だんだん元気がなくなり、食欲もなくなり、フンも白くなり。
もう一度隔離も考えたのですが、見た感じ、薬浴できる体力も難しそう。
いろいろ考えた結果、本水槽でのんびり余生を過ごしてもらうことにしました。
そうして二週間くらいして、おっとりさんも☆になってしまいました。


GHDグラミーは、たぶん混泳だと難しいのかもしれないです。
というのは、彼ら口が小さい割に、食欲は旺盛で、どんどん食べちゃう。
それこそ水草の隙間に落ちたエサとか、床のエサも探して、食べちゃう。
だから食べ過ぎ→内臓疾患になっちゃうのではないか?と思うんです。
これが一種類なら量を減らせば済むけど、混泳水槽はエサを減らすと他の魚が餓死しちゃう。
コリドラス用のタブレットも食べちゃうし。

うーん、難しい。
混泳水槽の永遠のテーマな気がする……。

久々に

どうも、ゆうピンです。

ぼぼ一年ぶりのブログ更新です。
水槽はやめていません、ちゃんと継続してます。
この間はもちろん、いろいろ事件はあったのですが……アプリゲームが忙しく……(^^;)
そんなわけで、2017年の9月から更新が止まっていたのですが。
先日ふと見たら、こんな中途半端に止まってるブログでも、ほぼ毎日誰かが見に来てくれていて。
たまたま検索で見つけただけでも、見てくれる人がいるなら、再開しようかな、と。

そんな感じで再開するので、正直、また止まると思いますが。
少しずつでも書いていこうと思います。
そんなわけで、よろしくです。

卵?

 どうも、ゆうピンです。

 コリパンたちが大暴れしてた翌日、卵っぽいのを発見!

aca9ba94.jpg

 とりあえず食べられないように、網でガードしてみました。中に入ってるかどうかはちょっと分からないけど、もしかしたら……。
 よく見ると水槽の他にもいくつか。ただそれらはもう残骸というか、ガラス面に白く跡だけ残ってる。この2つだけ、水槽上部だったからか残ってました。

 調べてみると、数日で孵化するみたいなので、様子をみようと思います。
 ミクロなコリパンが出てきたら、可愛いなぁ(^_^;)

平穏♪

 どうも、ゆうピンです。

3c57ab16.jpg

 アヌビナスナナの枯れた葉っぱがグラちゃんそっくり♪ 遠目だと一瞬間違えるくらい。

 水槽はすっかり平穏無事、平和そのもの。忙しい時に平和だと、本当に助かる。隔離水槽は導入よりも維持が大変なので、使わないのはいい事。飼い主に優しい住民達です(^_^;)
 先日導入したミナミヌマエビもちゃんと3匹発見。まだ小さいからか、普段はアヌビナスナナの密集した中とか石の隙間とかでジッとしてます。一応グラちゃんは天敵なので、当たり前なんですが(^_^;) もう少し大きくなったら、水槽内を自由に動いてくれるかな? と思ってます。
 グラちゃんは反省部屋=隔離したのが良かったのか、大人しくなりました。最近はココヤシドームがお好き♪

e4c5dca0.jpg

 コリさんと一緒に入ってたりして、なかなか可愛い。出てくる時もなんか得意気に見える。あざといなぁ(笑)
 しばらく平穏だったけど、ここ数日でまた発情期が始まってしまった……。今のところ様子見ですが、また暴れ出したら今度は容赦なく即隔離予定(笑) 泡巣が下手なんですよね〜。全然作れない。水質の問題かも。
 コリドラス達もいつも通り。パンク3匹は動かない、前に出ない。パンダ3匹は縦横無尽に元気一杯。バルちゃんもいつも仲良し、カーくんも変わらず。

 平和って、いいな♪

復帰しました

 どうも、ゆうピンです。

a2fb6a82.jpg

 卵を守るために大暴れして隔離されてたグラ助、10日振りに本水槽に復帰しました。復帰直後は呼吸が荒かったけど、数時間で落ち着き、今はもうノンビリ過ごしてます。
 稚魚っぽい黒いものは、結局その後も動かず、次の日にはグラ助も気にしないし……ダメでした。まぁ、本気で育てるつもりなら、もっと早めに隔離するべきです。自然に任せる、そういう方針なので、次もそのままにしようと思ってます。
 ただグラ助の大暴れは問題なので、次は本水槽の中で仕切ろうと思います。その方がグラ助の負担も少ないし、私の負担も少ないし(^_^;)
 ということで、いつものように100円ショップへ。

28d45792.jpg

 園芸用のアミです。プランターの下に入れるヤツですね。これくらいの網目なら視界を遮れるし、水は通るし、上手くいくと思う。
 ただ隔離するには地面に石とかいろいろあるので、それに合わせる必要があります。なのでハサミで加工。

3d7551ed.jpg

 こんな感じ。横から見て、だいたいの目算で切ってみました。たぶんキレイにハマる……はず。まだ合わせてないけど、あとは置き場所とかで微調整すれば大丈夫、なはず。まぁ100円だし、ダメならまた買ってこよう。

 使わない事が一番なんですけどね(^_^;)

エビさん導入

 どうも、ゆうピンです。

 ミナミヌマエビのメス3匹を購入して1週間。別水槽でトリートメント、様子を見てましたが、元気です。脱皮もしたし、病気とかも大丈夫そう。ということで、いよいよ本水槽へ導入しました。
 本水槽で元気な姿を写真に撮ろうと思ったのですが、サッと消えてしまって、それ以来見つけられず……。どうも隠れたまま出てこないようです。うーん、まだ小さかったのかなぁ。本水槽に来て最初にグラちゃんを見たのがマズかったかな(^_^;)

 見つけられずに3日後、ようやく発見!

173dc6f5.jpg

 上手く隙間に隠れてました。良かった、食べられてない(笑)
 この隙間はよく確認してたので、いろいろ動き回っているようです。この後も見たら居なかったので、見つからないように上手くステルスして生きてるみたい。
 さらに今日も発見!

ef16c88c.jpg

 うちはコリパンとかグラちゃんとか、念入りに探索するのが居るから、逃げるならこういう隙間になっちゃうんだろうなぁ。見つかって良かった。もう少し大きくなったら、外を出歩くようになるでしょう。

 掃除の時に十分注意しないと。

株分け

 どうも、ゆうピンです。

 先日から順調に育ってるブセファランドラの脇芽。1本がけっこう大きくなってきたので、試しに株分けしてみます。

0fac4001.jpg

 ブセファランドラの西カリマンタン。真ん中の下側に赤い部分がありますが、これが脇芽。これを根本から切り取って、植えます。

eb8d75d0.jpg

 こんな感じ。今回は適度な石がなかったので、マルチリングを半分にしてテグスで巻き付けました。石よりもこっちの方が管理はしやすい。軽いし小さいし。まあ、見た目は自然っぽくなくなりますが。

865e08e8.jpg

 本水槽へ。見易い所に置いて、経過観察。横向きになっちゃったけど、そこは植物だから、きっと光に向かって伸びるはず。
 株分けする際はアヌビナスナナでもそうですが、あまり小さすぎると駄目みたい。葉が3枚以上で、根があった方が成功しやすいそうな。条件的には大丈夫なので、上手く育ってくれるといいな。

やっぱり

 どうも、ゆうピンです。

1471fd4d.jpg

 グラ助です。はい、隔離されました。しばらく安静&反省させます。
 グラ助の追い立て方が酷くなって、メス2匹とも水槽の端から出てこない。カーくんもバルちゃんも半分より向こうに行かなくなっちゃったし。いくら卵の為とはいえ、やり過ぎだなぁ、と思ってたら。

あ、グラちゃんメスのおっとりさん、尾ビレがちょっとボサボサ……。

あ、カーくんも1匹、背ビレがちょっとボサボサ……。

……アウト〜!!

ということで、グラ助は隔離。他人に迷惑をかけるのは駄目。うちは平和な水槽を目指してるのです!


 で、卵の方ですが、翌日には無くなってた。ダメだったのかなぁ、と見ていたら、グラ助が何かを食べたり出したり。

……もしかして、稚魚?

1mmくらいですが、なんかそれっぽい形をしてる。1匹だけでも産まれた? と思ったので、スポイトで取って一緒に隔離水槽へ。

16f9e217.jpg

 うーん、黒い点にしか見えない……。肉眼で見ると確かに四分音符の形をしてるので、おそらく稚魚だと思います。ただねぇ、動かないんですよね。よくよく考えれば、本水槽の時から動いてなかった気がする。流れがあるからフワフワしてただけにも思えて、すでにダメだったのかもしれないです。まあこれは、しょうがないかなぁ。

 稚魚の事は置いといて、グラ助は隔離です。オスもメスも回復する必要があるので、別々にしてゆっくり過ごしてもらおうと。グラ助には狭い所で反省を促します。

産卵!

 どうも、ゆうピンです。

 ゴールデンハニードワーフグラミー、グラちゃんですが、ついに産卵しました!

726da387.jpg

 分かるかなぁ? オスメスで回りあって、なんか抱きつくように絡み合って、フワッと気絶したように落ちちゃって、卵がワッと舞いました。うん、文章が変だ(^_^;) でもそんな流れで産卵してます。絡み合う感じは情熱的ですね。ちょっと恥ずかしいくらい(^_^;)
 ただ産卵の前後がもう大変。オスが縄張りを異様に主張するから、メスはもちろんカーくんも追い立てられるし、メスは水槽の端まで全速力で追いかけられるし。
 というのは、グラちゃんはオスが卵を守ります。水面に泡巣という泡の巣を作って、そこに卵を移動させて、せっせと世話をします。

4e643827.jpg

 こんな感じ。なので巣に近づく者は容赦なく追い立てます。それがもうホント、全力過ぎてちょっと危険。怪我とかしそうで不安です。もう少し縄張りを小さくしてくれればいいのですが……水槽の半分も範囲だと、みんな困っちゃう。うーん。
 その泡巣、かなり小さい気がする。他の人の写真だと直径5cmくらいあったりするのに、グラ助は卵+α程度。追い立てる回数を減らして、もっとちゃんと泡を作らないと。なーんか気合いが空回りしてる気がする。若さかねぇ(-.-)

 とりあえず様子は見るけど、グラ助の暴れ方次第では隔離も検討しないと、駄目かしら? 今はエビさんがトリートメント中なんだけど……久々に水槽3個は避けたいなぁ。

エビさん購入♪

 どうも、ゆうピンです。

 ミナミヌマエビが長女だけになってしまったので、新しく購入しました。

94d9ce77.jpg

 3匹。小さい。見えるかな?
 いつも通り通販サイトのチャームさんから購入。メスだけです。オスもいると大繁殖しちゃうので、メスだけ欲しかった。普通はミナミヌマエビは10匹単位で売ってるので、メスだけなんて購入できないのですが、チャームさんに「ブリード強化セット。オス1匹メス3匹」というセットを発見。これを購入して、メスだけにしてもらいました。ワガママを聞いてくれて、ありがとうございました、チャームさんm(__)m

 ということで、ゆっくり水合わせして、トリートメント水槽に導入。

ec09eb79.jpg

 3匹とも無事に導入出来ました♪ 本水槽から持ってきたマルチリングをツマツマ。リングの中にも入っちゃうし、小さい、可愛い(≧▽≦)
 このまま1週間、無事に過ごしたら本水槽に導入する予定です。熱帯魚と違って薬は使えないのですが、やっぱり何かあったら嫌なので、薬はいれずにトリートメント。
 無事に過ごしてほしいなぁ。……しかし小さいから、本水槽に入れたら探すのが大変そう。

脇芽!

 どうも、ゆうピンです。

bd915d2f.jpg

 ブセファランドラの西カリマンタン。最初に買ったブセファランドラで、来てから10ヶ月くらい。順調に育ってます。
 そして、よく見たら脇芽が出てきた。

31328e5d.jpg

 拡大。下の方の左右にちょっと赤いのが出てます。脇芽です。やった〜♪
 このまま上手く育てば増やせる♪
 というのはこのブセファランドラ、ちょっとお高い。この西カリマンタンも、通販サイトのチャームさんで1500円くらいで購入。なので自力で増やせると嬉しい。このまま大量生産できたらネットで販売して……なんて、出来る訳ないのですが(^_^;)
 もう少し育って、葉や根が増えたら切り取ってみようと思います。増やせたらいいな♪

とりあえず

 どうも、ゆうピンです。

92a92492.jpg

 今日の1枚。コリパンとオトシン先生の貴重なツーショット♪
 可愛い(≧▽≦)

 先日のコリさんたちの呼吸が早い一件。帰ってすぐにバケツ1杯分、20%くらいですかね、水換えをしてみました。底砂はいじらず、上部の水を取って、新しい水を入れて。この水もいつもはPSBとか液肥とか入れてるけど、カルキ抜きのみにしてみました。何が良くないのか不明なので、単純に薄めてみようかと。
 で、次の日に見たら、かなり落ち着いてました。まだ中さんの呼吸が早い事が多いけど、小ちゃんと主さまは普段通りに近い感じです。良かった。
 コリパンの大暴れも少し落ち着いた感じです。水換えが成功したのかな? 病気とかじゃなさそうで、ひとまず安心。コリドラスも敏感な所があるんだなぁ、と思いました。ちなみに上層チームのカーくんバルちゃんグラちゃんは平常運転です。そうするとやっぱり原因は底あたりの水質悪化、なのか? 今月はフィルターの清掃もやったし、その辺も影響あったのかも。

 水は本当に難しい。見た目は変わらないだけに、住人の様子がバロメーターになる部分もある。日頃のチェックって大事です。今回も早めに異変に気づけて良かった(^_^;)

胸騒ぎ

 どうも、ゆうピンです。

292d86b2.jpg

 コリドラスパンク、これは主さま。相変わらずお顔が真っ黒♪
 と、音符をつけてる状況ではないのですが。
 コリさんたちの様子が変。コリパンたちが大暴れしてるのは前回アップしましたが、今度はコリさんたちの呼吸が早い。昨日くらいからゼーハーしてます。明らかに、変。
 これが1匹なら病気を疑うのですが、3匹とも呼吸が早い。コリパンも暴れてるし、関連付ければ水が怪しい。火曜日に水換えしたのですが……失敗したかなぁ。水換え=掃除ですが、実はデリケートな部分もあります。底砂をプロホースというサイフォン原理な掃除グッズで中まで掃除するのですが、あまり奥までガッツリやると、逆に毒素を巻き上げてしまうそうです。なので底砂は薄めにしてたし、毎回取り出せる物は取り出して満遍なく掃除してたのですが……。もしかしたら毒素を巻き上げてしまったかも。目に見えないから推測なのですが、でも水質悪化の可能性がある。先週フィルターの清掃をしたから、そっちかもしれない。

 またも原因が特定できないのですが、明らかに様子が変なので、帰ったら水換えをしようと思います。今回は水だけ換えます。掃除はなし。下手にやり過ぎるのも良くないので、上だけ。水質悪化なら緩和されるはず。

 これで落ち着いてくれればいいけど……。

なんだろう?

 どうも、ゆうピンです。

0e8dc4ad.jpg


 コリドラスパンダ。すっかり大きくなっちゃいました♪
 そのコリパンたちが、昨日は大暴れ。しきりに水槽を右へ左へ、全速力で泳ぎ回ってました。たまに暴れる事はあるのですが、昨日はずっと大暴れで、疲れないのか心配するくらい。なんで暴れるのか、毎回理由がよく分からないんですよね。最初は病気とか寄生虫とか疑ったけど、そういう感じでもないし。実は産卵?とか、月の満ち欠けが関係?とか。ナマズ系だから地震を疑ったり(笑)
 でも結局よく分からないうちに収まって、次の日は木陰でボーッとしてたり。うーん、謎。ちなみに先輩のコリさん達は、全く無反応。本当になんでだろう……。
 今回の大暴れは長くて、翌朝もまだ元気。今日は水槽の清掃なので気をつけて掃除したら、収まった。……もしかして水質系? 週1で掃除してますが、今週末は忙しくて10日振りの掃除。確かにいつもより水換えが遅くなったけど……。新しい水を寄越せ、と催促してたのかなぁ。コリドラスは新しい水を好むので、ありえない話じゃないけど、それはそれで心配というか、困ったというか。

 他の人のコリドラスも、こんな感じで、突然暴れたりするのかなぁ。原因はなんだろう?

フィルター清掃

 どうも、ゆうピンです。

 記録用。
 今日はフィルターの清掃。特に問題なく、わりと早く終わりました。前回が5月だから、3ヶ月くらいですが、それでも汚れるものですね〜。使い捨ての細目パットは真っ黒でした。交換したら、水流が速くなった気がします。良かった。
 やっぱり3ヶ月に1回はやらないとダメかなぁ。ちょっと面倒なので、もう少しスパンが長いと楽なんだけど(^_^;) でもうちは、どうも濾過力が弱そうなので、ちゃんとメンテしないとマズイからなぁ。

 8月にやったので、次は11月。覚えておこう。
 その前にゼブラ先生に催促されそう(笑)

祝 半年

 どうも、ゆうピンです。

7c8ac7b0.jpg

 ゼブラオトシン。うちに来て半年が経ちました。
 元気一杯です。水槽内を右へ左へ、見るたびに位置が変わってます。水草だけじゃなく、流木もココヤシドームも、ホースもチューブもガラス面も、どこでもモフモフ♪ 可愛い(≧▽≦)
 何よりもこちらを怖がらないのが素敵です。カーくんやバルちゃんはサーと逃げていくけど、ゼブラ先生はあまり気にせずモフモフ。先輩のオトシン先生は引っ込み思案だし、コリさんはそもそも出てこないし……。やっぱり近くで見れるのは楽しいです。

ce350938.jpg

 1日1回はこうやって、お腹を見せてくれます♪ お腹の確認は大事。オトシンクルスは餓死しちゃう事があるので、こうやってお腹を見て膨らんでるのを確認できると安心します。
 お腹を見せてくれるのはいいのですが、たまに困った行動が。

ef364b42.jpg

 倒れてません。床近くのガラス面のコケをモフモフしてる所です。一瞬、ひっくり返ってるように見えてドキッとします。お願いだからやめてほしい。それに何か、ガラス面の掃除を指摘されているような気もするし。

「飼い主さん、ここ掃除できてないですよ〜、モフモフ」

みたいな?
ゼブラ先生にご指摘いただかないよう、ガラス面の掃除は下まで綺麗にやってます(笑)

最近、フィルターの吸水ホースに居るので、そろそろフィルターの清掃をしないと(^_^;)

不注意

 どうも、ゆうピンです。

 先日、エビの次女が☆になってしまいました。原因は完全に私の不注意。本当に申し訳ない事をしたと、後悔してます。

 以前ブログでも紹介しましたが、私は水槽の清掃時にレイアウト全部出してしまいます。

7e75fd6f.jpg


 こんな感じ。前回のレイアウトが掃除しづらかったので、今回は最初から全部取り出せるように工夫してあります。それで、流木を取り出した時に、一緒にエビ次女も連れ出してしまったのです。
 最初は取り出す時に気をつけていたのですが、エビもオトシンもちゃんと逃げていたので、だんだん安心してたというか、気をつけなくなってました。なのでエビ次女を連れ出したのも気がついてなくて、掃除をして、流木を水槽に戻す時にトレイに居るのを発見。急いで水槽に戻したら生きていたので、ホッとしたのですが……。やはり小一時間も外に居て、ダメージが無い訳がなく、その日の夜に☆になってしまいました。

bc5a0829.jpg


 闇落ちエビさんとして紹介した直後だけに、ショックです。本当に、申し訳ない事をしてしまいました。


 これでエビ三姉妹も長女だけになってしまいました。最初はコケ対策で何となく導入したエビさんですが、すっかり愛着が湧いてます。動きはコミカルだし、水槽内でアクロバットしてるし。いろんな所でツマツマしてる姿は、見てて飽きません。なのでまた買ってこようと思うのですが、ミナミヌマエビは大繁殖しちゃうので、ちょっと考え中。ヤマトヌマエビは大きいからカーくんが襲われそうだし……。
 うーむ(-_-;)

ベタ子さんの闘病日記 まとめ

 どうも、ゆうピンです。

 ベタ子さんの闘病日記。治療法とかの検証、まとめ。


 ベタ子さんは結果として半年弱の長期治療になってしまったのですが、なによりも、一番悔やまれるのは、全て遅かった事。お腹の膨らみはかなり初期に、ちょっと太った?くらいに気がついていたのですが、病気の診断も治療に踏み切るのも、全部が後手後手になってしまいました。本当の初期段階で、すぐ観パラで薬浴アタックしていたら……と考えてしまいます。原因は私の経験不足、決断力不足です。経験不足は分かっていたので、知識で補おうとしたのですが、そうするとたくさんの症例、症状から自分で考えて、選択する必要が出てきてしまい、経験不足が仇になってしまうという結果に。

 薬浴も「変だと思ったら即薬浴」もあれば「むやみな薬浴は寿命を縮める」もある。症状を診断して、適切な治療を行うことが本当に難しい。熱帯魚の医者に診てほしい、ホントに。
 私の経験不足が原因で、ベタ子さんの病名は二転三転してしまい、その度に治療法も二転三転。
 最初は便秘だと思って、軽くココア浴を試してみたり、ココア入りのエサを作ってあげてみたり。
 それから腎臓肥大という病名を見つけて。これは食べ過ぎとか消化不良とかが原因とあって、思い当たる節があったのでこれだ、と。ただ治療法はない、と書いてあったので、エサの量を減らしただけで特に治療せず。
 でもお腹は少しずつ膨らんでいくので、腹水病かも、と思って、ようやく薬浴を開始。最初の異常を見つけてから2ヶ月後の話。今となってはこの2ヶ月が本当に悔やまれます。でも初期の段階で腹水病、薬浴という診断は、やっぱり出来ないなぁ。薬浴自体が未経験だったというのもあります。薬浴をするとどうなるのか、私が知らないから、どうしても怖いと思ってしまいます。今なら即、観パラ&塩浴アタックしちゃいますけど(^_^;)
 薬浴を始めても改善は見られず。ただ進行も止まったので効いているとは思ってました。でも1ヶ月を過ぎると、また膨らんでいく様に見えて、一部白っぽくなっていくので、膿が溜まってるのかと。じゃあ排出を促そう、ということでココア浴を再びやってみる事に。しかも今度は0.1%という濃い方法を発見したので、試してみて。
 この先はブログで書いたので割愛しますが、こういう経緯、経過でした。本当に初期診断、初期判断が大事だと痛感しました。
 この先きっと、またベタを飼うと思いますが、ベタ子さんとの日々、経験は絶対に活かそうと思ってます。


 そのためにも、いろいろまとめ。

・お腹が膨れる→腹水病や内臓疾患→エロモナス菌が原因。観パラ等で薬浴。便秘との見分けは自信ないけど、ベタ子さんと違う膨らみ方で判断できそう。
・ココア浴は効果ありそう。濃度は0.05%〜で試してみる。0.1%はかなり濃いので、常に状態確認が必要。酸欠も危険。
・観パラ薬浴は長期も可能。ベタ子さんは2ヶ月ガンバった。ただ症状に変化が見られない場合は、薬を替えてみるのも手かも。
・薬浴中は余計な物を入れない。やしゃしぶの実は逆効果だった感触。薬品はアルカリ性、やしゃしぶは酸性だから中和した可能性が。
・薬餌は少し薄めて作成。原液で作ると吐き出す事もあった。薬浴水5mgに1滴くらいが良さそうな感触。
・留守番フードでの点滴作戦は旅立つ直前で効果を確認できず。やっぱり食べてる間に改善させないと難しい。


 こんな所でしょうか。それと、試してみたかったのは、薬の変更。観パラとグリーンFゴールドは同じ成分なので、やるならエルバージュ。ただ強い薬だし、光に弱かったりするので、体力があるうちに、短期勝負になると。仕事しながらは難しいけど、覚えておこうと思います。
 それと温度。エロモナス菌は熱帯魚と一緒で26℃〜30℃が一番活発なようなので、それ以下、25℃より下げると治療が効果的のようです。これも知ってからヒーターを外してみたのですが、思ったように下がらず、不調に終わってしまいました。実施するには可変型のヒーターが必要になるので、今度通販する時に購入しておこうと思います。
 次が無い事が一番ですし、起こさないように飼育しますが、いざという時の準備もしっかりやっておこうと思います。それが生き物を飼うって事だと思いますから。




 ベタ子さんは深夜に旅立ったので、翌日、家の庭に埋葬しました。
 今までも庭の空いている所に埋葬してたのですが、ベタ子さんはどうにも、それだけで終わりに出来なかったので、植樹しました。


9e70f363.jpg

 ライラック。植樹しようと思った時に、思いついた木です。ホームセンターで1本だけ残ってました。春になると白から薄紫の花を咲かせます。ベタ子さんと同じ色です。
 熱帯魚1匹に大げさだなぁ、とは思うのですが、やっぱり愛着あったし、せめて樹木葬くらいはしたかった。
 植えてから1ヶ月経ちますが、枯れてないから根付いてくれたと思います。放置してる庭ですが、ライラックの回りは綺麗に、水を撒いたりしてます。
 来年にはキレイな花を咲かせてくれると、嬉しいなぁ。


 ベタ子さん、ありがとう。
 どうぞ安らかに。


もしかして?

 どうも、ゆうピンです。

009e08a8.jpg

 グラすけが水槽の角に、せっせと泡巣を作ってます。
 植えてたはずのマツモが抜けて、水面に浮いてたのが良かったみたい。マツモで流れが止まるからか、今までよりもしっかり出来てます。
 それが関係してるのか、グラすけが元気一杯。というか、落ち着かない様子。全速力で泳ぐし、垂直で停止してたり、追いかけたり、追いかけられたり。そうそう、女子に追いかけられてるんです。今までは縄張り主張して追い立ててばかりだったのに、おっとりさんに逆に追いかけられて、触角ペシペシされたり。なんだろう、なんか今までとみんなの雰囲気が違う気がします。これはもしかして、本当に産卵が始まるのかも?

 それは良いことだし、応援はしようと思うけど、問題が1つ。

 掃除、どうしよう……。

 とりあえず今週末は水換えだけ、静かにやろうと思います。定期的に新鮮な水は入れたいし。掃除は来週にしてあげよう。それまでに進展があったら、その時また考えよう。と、いう感じで経過観察しようと思います。出来れば自然に任せたいけど、掃除で無下に壊すのも気が引けるし……。

 あ、グラちゃんの産卵とか、もう一度調べておこう。
  • ライブドアブログ