融(ゆう)の徒然日記

男女・世の中・スポーツ・そううつや、ねことの暮らしなど、融(ゆう)がタイミングも題材も徒然に記します。 かろやかに・やさしく・融通無碍に・・・

2006年07月

BAD TRIP

本当の自分って??

いい年して、そんなことが今だにテーマです。
そもそもはうつで倒れたときから「自分像」の見直しが始まったわけですが。

先日、またそんなことを考えさせられる機会が。
恥ずかしいことに深酒して悪酔いしてしまいました。

そんなとき顔を出すのは、理性の働いているときには考えられない私。

傲慢で、皮肉屋で、弱くて、下品で嫉妬深く、他人を見下ろす、甘えた私。
それも自分の一面なのだ、と認めるしかないのですが、すると、普段は理性で抑えていて、理性が飛んだときに出てくるそれらがホントの私??

しかし、それはいやすぎる。
あーあ、悪い酒なんて飲むモンじゃないですね。
そもそも飲みすぎなきゃいいんです。はい。反省。

グラウベ!、グラウベ!!グラウベ!!!(涙)

分からない人、ごめんなさい。今日はK−1について書かせてください。

先ほど地上波の放送の終わったK−1REVENGE、グラウベ・フェイトーザ選手にしびれました。
もともとカラテが好きだから格闘技を見ている私。
カラテの気持ち・マナー・態度・根性を持っている選手を応援してしまう私。
K−1を主催している正道会館に少なからず苦々しい思いを持っている私。

そんな私にとって、昨年の決勝ラウンドに続く対戦となった武蔵(正道会館)選手対グラウベ・フェイトーザ選手(極真会館)の試合は、本当に胸躍るものでした。

とはいうものの(ここが重要・・・)グラウベに「極真」の二文字を背負わせてしまうのも少し、荷が重い感じがあったのも真実。

でも、でも、何回も何回も倒されて、でもグラウベは挑戦をやめず、ついに去年の準優勝、そして去年と同じカードとなった武蔵戦で、ダウンを奪っての完勝!!

信じることの強さ。
続けることの尊さ。
ともすれば疑心暗鬼や自己嫌悪に陥りがちな私をつかの間、「ああなりたい」と思わせてくれました。
ホントは今日、もっと暗い内容を書くはずだったんですが、グラウベに恥ずかしくてそんなことはできませんでした。もう一度、がんばろう。そう思いました。

余談;それにしてもゴング間際に放ったミドルキック、ゴングと同時にスっとやめてしまうグラウベをみて「行儀良すぎるんちゃうん!?」と思いました(笑)。あのタイミング、普通の選手ならそのまま蹴っ飛ばしてるよ(爆)勝ったからイイケド。

医療とカウンセリング

私は、そううつに関して、病院での治療とカウンセラーによるカウンセリングを受けています。
時々思うことが。もっとうまく連携できればいいのに、と。

私は、そううつという病の特性上、なんども躁と鬱を繰り返しました。
仕事もパートナーも失い、「状態が悪くなったら薬が増えるだけの対処療法」ではダメだ!根本的になんとかしなければ!!と本当に追い詰められたときに今のカウンセラーに出会いました。

そこで、自分の心のあり方・無意識にアプローチしてもらい、少しずつ状態がよくなり、短時間なら働ける自信もできて今に至っています。まだ、上り坂の途中だという実感もあり、あせらず病気と付き合っていこうと思っています。

そんな私が、お医者さんに、カウンセリングを受けていることを話すと、とても複雑な顔で、要するに「何かの足しになるの?あんなもの」と言葉には出さないもののそういう意味のことをおっしゃいました。先日は、「医者と言うものはああいうものには興味がないんでね。だから医者になったわけで」とも。

なるほど。確かに。その効果を信頼していれば、カウンセラーになってますよねえ。でも、二つのやり方をあわせることで私のような例もあるのだから、試す分には応援してくれるとか、よくなったら喜んでくれるとかあってもいいのにな。

余談:私は医者は3人目。カウンセラーは2人目(一人目は臨床心理士、2人目が民間の心理カウンセラー)です。いまの組み合わせが一番合っているみたいです。

久々の外食

fcfa6b28.bmp今日久々に外食。
いつもの通院、珍しく午前の診療に行ったので、昼食を外で食べました。
ネットで探したちょっと遠い病院に通院しているので、帰り道、きょろきょろしながら店探し。

ありました。いーい感じの洋食屋さん。
昭和の洋食屋さんをイメージしたおしゃれな店は良く見ますが、これは正真正銘の昭和の洋食屋さん。

厨房が見渡せるのがまた私的にはポイントアップ。
なんか焦がして煙がもうもうとこっちにきてたけど(笑)

まあ、収入は少ないですが、たまにはね!

で、これが

e3a26223.bmp本日のごちそう。
スープとサラダ付。もちろん奥に輝く泡の出る飲み物は、オプションです。
カンペキな取り合わせ(笑)

いやあ、泣けた泣けた。

本当に厳しかった。
長い道のり。

あまりに結果が出なくて、周りの人がみんな敵に見えたり、信じられなかった時間、決して短くなかった。

それでも自分を信じて、信じて、自分を曲げずにやってきた。
曲げずに、は正確ではないかもしれない。
一緒に成長してきたのだと信じたい。そうあってほしい。

ガマンして、自分に誇りをもてなかった時間が長ければ長いだけ、誇りを持てる幸せは甘美になるようだ。最近やっと分かった。
力がないことが分かっていて、つまらない強がりや、虚勢を張ったこともあった。
力のあるものに毒づいたこともあった。
でもそんな日々とはもうお別れ。

もう信じていいんだね。

ホント、涙がぽろぽろ出たよ。

余談:何の話かって??モチロン(?)プロ野球オールスターの阪神勢(特に球児!!)の活躍です。いやあ、ホントに涙出たよ球児の三振奪取劇。今日は仕事だったのでニュースで見たのですが、それでも涙腺がゆるゆる。明日はリアルタイムで見るぞ!!泣いちゃうぞ!涙の用意は万全ですっっっ!

べろべろっと

f70a82f6.bmpちゃみろうさん・・・
私、そこから出る水で顔洗ったり、歯を磨いたりするんですけど・・・

頭突きに思うあれこれ

W杯の頭突きについて、いろんな意見がありますが、どの意見もどうってことないな・・・と思っていたら、「そう!これこれ!!」と言うことを言っていた人がいました。
トミーズの雅。普段は絶対に意見が合わないと思いますし、芸人としても並、と思っている彼ですが、こういってました。

「ぜったいに許されない!スポーツをやっているならなおさらだ!」
そうそう、ヒザを叩きました。どんな理由があろうと駄目なもんはダメ。
理解できる事情があるという報道もある、という報道もありますが、それを認めたら、条件によっては暴力OKよ、ということになります。

雅に共感したのは近いバックグラウンドがあるからかもしれません。
彼は元プロボクサー、私はカラテを学びました。人を傷つける術を教える場ではその技術を私用で使うのはものすごく戒められます。学ぶ資格はない!ぐらい言われます。そして、カンタンに人を殺せるくらいの技術を修めた人ほど、絶対に私用に使わない。

やっぱり、格闘技を学んだ人は、暴力にナイーブよね!と一人納得していたら、相撲取りがカメラマンを殴る事件発生!!
ダメじゃん!!がっくし。

余談:〜という報道もある、という報道がある、というあたり、日本のマスコミの価値観のモロさを感じて情けないばかりです。

恋に恋するわたくし

ああ、恋がしたい。

正確に言うと「誰かのことを一番に考えたい。その人に一番に思って欲しい」
ということになりますでしょうか。

おもえばパートナーのいない生活、ずいぶん久しぶりです。

いつも一番に考える対象がいて、その人がそばにいてくれた私はとっても幸せだったのだね、と今は思います。
誰かのことを一番に考えるってとてもポジティブで心楽しいことなんですね。なくなって実感しました。

私、「恋愛は目的ではなく結果だ」派なので、積極的にアクションを起こしたりはしませんが、パートナーのいないさみしさが最近やけに気になります。

でも現実は、まだまだそんなエネルギーはないし、収入もスズメの涙だし、実際問題として、いま誰かと出会っても何も起こせません。

モノには順序ってものがありますからね。いまは目の前に現れるステップを一段一段登るのみ。そうすればいずれ・・・ね!

余談:彼女元気かなあ・・・と今まっさきに思う女性は4歳だったりします(笑)。

あまりに・・・

ff7c60c7.bmpちゃみろうさんは最近あまりにアメリカ的なものを見ると「ウガっ」ってなるみたいです。「ウガっ」


・・・分からんでもないな。


みなさん御一緒に、あなたにとっての何かに向かって!


「ウガっ!!」
融(ゆう)の事
大阪在住。
うつのリピーターと思っていたが、躁鬱だった。
ただいま躁鬱と仲良くやっていく方法を模索中。
人が死なない小説・ノンフィクション・猫・極真空手・阪神タイガース・子育てマンガ
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ