融(ゆう)の徒然日記

男女・世の中・スポーツ・そううつや、ねことの暮らしなど、融(ゆう)がタイミングも題材も徒然に記します。 かろやかに・やさしく・融通無碍に・・・

2008年03月

いつの間に!?

2f8615fc.JPGいつバイトしたの?ちゃみろうさん!!

鬼束ちひろとわたくし

悲劇の幕開け
花のようには暮らせない
食べて行くのには
稼がなきゃならない
圧迫的に

気分は野良犬
私は今死んでいる

鬼束ちひろの「育つ雑草」の一節だ。
私の胸をえぐる。
鬼束ちひろは創造者としての自分と商品としての自分の狭間でこれを書いたに違いない。

私は、病気で仕事とお金が思うに任せない自分を重ねてしまう。

だが、鬼束ちひろは最新作の中で

私はまだ死んではいない
この空白は私だけのもの
孤独も弱音もすべて
私が愛さなくて誰が愛する?
私が愛さなくて誰がそれを愛するの?


と歌う。絶望から、自己の肯定へ。
なにか気付きや、心の地殻変動があったに違いない。

私も自分の再構築の真っ只中。
勇気づけられる。わたしにとって大切なアーティストだ。

両手がそろっておられます

b0c99d0b.JPGかわいいにも程がある。グーググ〜


実践してさわやかなわたくし

今日から、怖がらずに質問しまくることにした。(経緯は昨日のブログ参照)

疑問が解消する。
安心できる。

いつになく、帰りの足取りが軽かった。
カウンセラーから出された宿題―2回以上質問すること―はクリアしてしまったが明日からもつづけよう。
フラワーエッセンスも効いているのだろう。

私には味方がたくさんいる。

頑張れる。きっと。

不安とわたくし

仕事前に不安になる。

今日はそこにフォーカスをあててカウンセリング。

私には根強く「質問するのは恥ずかしいことだ」という思いがあり、質問しない→疑問が解消しない→業務に自信が持てない→不安になる、という悪循環があったようだ。

明日からこれを変える。積極的に質問する→疑問が解消する→業務に自信が持てる→不安が自信に、というサイクルに変えるのだ。

悪循環の根底には成功してはいけない、自分を罰しようとしている、という人生脚本が影を落としているのではないか、とのカウンセラーの指摘もあった。

頑張って変えよう。自分を変えるのは自分しかいない。

ガンバレ、私。

書いておこう、借金のこと

借金のことで弁護士と相談していることは何度か書いた。

どうなってるか書いておきたい。

私の借金総額は320万ほど。
うち120万は返せていない奨学金だ。母子家庭だった私は大学進学にあたって日本育英会と交通遺児育英会の奨学金を利用した。

卒業して返していたが2001年にうつになり返済は後回しにした。

あとの200万は離婚して実家に戻ってから、実家の生活費のためにカードで作った借金。

最初は一過性の「うつ」だと思っていたから、治れば働いて返せる、と思って借りたが何度もうつが来る。

その度に休職や失職し、生活費のために借金が増えた。途中からは借金を返すために借金を重ねた。いわゆる多重債務だ。

そして、あるとき「そううつ」だと診断される。

一体どうすれば良いのか、完全に行き詰まった。いつか完治して昔のようにバリバリ働けば返せる、という考えを捨てなければならなくなった。

そんな時今のカウンセラーに出会い、時給制の契約社員として今の仕事につくところまでこぎつけた。2年前のことだ。

しかし、倒れない範囲で働いているから、月収は10万程度。
借金の返済に消える。実家の家計にも負担となり、たまたま政府広報のCMで母が見つけた債務整理の相談窓口「法テラス」に相談、弁護士を紹介してもらう。
弁護士費用は法テラスが立て替え、私が法テラスに月5000円返す仕組み。

さて、借金本体だが、「個人再生手続」をとる。
裁判所に「こういう事情でもう返せません」と申し立てをし、借金を100万円に減額してもらうのだ。

申し立てが通れば、3年間で100万を返す。
これなら今の収入でもなんとかなる。

なぜこんなことを書く気になったのか、よく分からない。
でも、さらけだして書くことで自分が納得する気がした。

読まされた方は「どないせーっちゅーねん」って感じかも知れませんがここは私の日記なので。

よろしければ今後も応援して下さい。そして、いつも読んでくれてありがとう。感謝しています。

座布団一枚!!

24502455.JPGそこに元気でいてくれるだけで座布団一枚!!

先祖帰り

今、アクションというバンドの最新作(と言ってもリリースは2年前)を聴いている。
先日弟が見つけてプレゼントしてくれた。

何を隠そう、私が初めて買ったハードロックのレコードがアクションだったのだ。

以来、25年に渡ってハードロック/ヘビィメタルを聴いてるのはアクションにロックのかっこよさを教わったからだ。

ヘビィメタルといってもさすがに25年もの間聴いてると様変わりしているが、アクションは変わらない。
リーダー、高橋ヨシロウ氏のポップでキャッチーな日本語ハードロック全開である。

今、日本のバンドを聴くことは皆無と言っていいが、アクションは耳になじむ。
子供の頃片時も手放さなかったぬいぐるみが久しぶりにでてきて、甘酸っぱい思いがするような感じかな…

高橋ヨシロウ風に言うなら「忘れられない初体験(はあと)」ってな感じか。

たまに原点に帰るのもいいもんです。嗚呼、80年代のかほり(笑)

あ、作品は単なるノスタルジーに終らないエナジーとクォリティを備えていた事を付け加えておきます。

極上の

a9612ad3.JPGアンモニャイトが観測されました。

絶好調!

カウンセリング効いたー!

なんか昨日までとは別人!

仕事忙しかったけど充実感あるし、地に足が着いた感じで、仕事や職場との一体感も感じられるし、こんなに気持ち良く仕事したのいつ以来!?ぐらいの感じです。

ウレシス。ギザウレシス。
融(ゆう)の事
大阪在住。
うつのリピーターと思っていたが、躁鬱だった。
ただいま躁鬱と仲良くやっていく方法を模索中。
人が死なない小説・ノンフィクション・猫・極真空手・阪神タイガース・子育てマンガ
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ