融(ゆう)の徒然日記

男女・世の中・スポーツ・そううつや、ねことの暮らしなど、融(ゆう)がタイミングも題材も徒然に記します。 かろやかに・やさしく・融通無碍に・・・

2009年07月

低調その後

先日のカウンセリングで亡くなった父について触れた。
わたしは15で父を亡くしてから、長男として、父の役割も担わなければ、という呪縛に囚われていたと思う。実際それが求められていたのも事実だろう。

そのことが「なんでも自分一人で解決しなければ」という考え方の悪い癖になってしまっていた。

カウンセラーにお父さんの力を借りてもいいんですよ、と言われ、目から鱗が落ちた。

父が亡くなってからわたしは天の父に「見守ってください」とか「助けてください」とかお願いをしたことはなかった。ただの一度も!

でも、それができると気付いて、とっても気持ちがラクになった。

寝る前に、仕事前にお願いする。
「どうか守ってください、力を貸してください」と。

なあ、お父ちゃん、これから忙しなんで。

よろしうに。

帰り路をなくして

私の好きな鬼束ちひろのニューシングル「帰り路をなくして」がいい。

ゆったりとした曲調、オリジナリティあふれる歌詞には悲壮感さえ漂うのに、聴いた後は優しい気持ちになれる。

魔法がある。

9月発売が決まっている次のシングルもとっても楽しみだ。

低調

ここのところ、ずっと調子が悪い。
とうとう今日は欠勤してしまった。
非常にまずい状況なのだが、心と体が思うようにならない。

情けないよ。

2連休

今日と明日は連休。今日は友達と会って明日は漢方の病院。

昨日は職場でマネージャーに「ちょっと」と呼ばれ面談。

要は「これ以上休まないでね」とのことなのだが、「これからも一緒にやっていきたいから」というニュアンスで話してくれるからヘンなプレッシャーにもならず前向きでいられる。

ありがたいことだ。

今回

欠勤は3日で止まった。
三連休のあと二日欠勤、所定の休み一日、欠勤一日でまる一週間職場から離れていた。


今日ははっきり言って、リハビリモード、そこそこだけ頑張ってきた。

受け入れてくれる職場があるだけ幸せだ。

死なない程度にがんばろう。

ブログやメールを通じて励ましてくださった皆様、本当に感謝しています。
万全じゃないなりに復帰しました!
ありがとう!

下降中

そううつくんの機嫌が悪い。
2日欠勤。
明日は行かねば。
本当、みんなが当然にできる事がなぜ出来ないか。

面倒臭い病気だ。

ヘンな夢

今朝の夢は妙に覚えている。中身も妙だった。

私はまだ会社員で大学卒業後10年を過ごした会社にいる。
しかしうつで休職が続き、迷惑ばかりかけているので転職を決心。
今度はキャバクラとパチンコ屋を経営する会社だ。

すると辞めようとしていた会社に呼び出され行って見ると、社長以下幹部の皆さんが勢揃いしていて「会社を辞めるなよ」「一緒に頑張ろうよ」と励まされ感涙する…この辺で感動して目が覚めた。
珍しく起きても生々しく覚えている夢でした。

誰かに「君が必要だ」と言って欲しいのかなぁ。

ちなみにキャバクラとパチンコには縁がありません。

墓参り

昨日、3連休の最終日、弟と一緒に父の墓参りに行って来た。

私はもう何年もごぶさたしていたのだ。(その間主に弟が行ってくれてた)
というのも片道1時間半くらいかかり、その大半がバス利用のため、結構しんどい。
体調に響くといけないので自粛していたのだ。

久しぶりだから一生懸命磨いてきたよ。

よろこんでくれてたらいいのだが。

三連休〜

非常に珍しいことに三連休。
また、非常に珍しいことに、心の調子がいい。
なんか力強さを感じるよ。

今日はカウンセリング。
明日は完全休養日。
あさっては父の墓参りに行こうと思ってます。

うっとおしい

晩ご飯を終えて雑誌なぞ読んでいると、階下で嵐が吹き荒れている模様。
母の怒鳴り声が聞こえる。遅く帰った弟と一悶着あった模様。

ふたりは性格が似ているからぶつかるとひどい。

物を乱暴に扱う物音が響く。

俺は知らん。気の済むまでやってくれ。

怒鳴り声や物音が私の心と心臓に響く。
ああ、いやだ。
せっかく上向きだったのに。

いや、俺には関係ないのだ。
自分のやるべきことを黙ってやろう。
融(ゆう)の事
大阪在住。
うつのリピーターと思っていたが、躁鬱だった。
ただいま躁鬱と仲良くやっていく方法を模索中。
人が死なない小説・ノンフィクション・猫・極真空手・阪神タイガース・子育てマンガ
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ