今日、あたらしい職場でマナー研修を受けました。
電話の取り次ぎ方など基本中の基本です。前の会社の新入社員研修を12年前に受けて以来の研修内容。

とってもためになりましたとも。
基本中の基本も、録音までして講師の方に指摘していただいて気づくことイッパイ。

で、思い出したのが空手の稽古でしょっちゅう言われてたコト。

空手の稽古はよくご存知のように「基本動作」は上級者から初心者までならんでみんなで同じコトをやるわけです。
そこで師範がおっしゃってました。「同じ動作をしていても、黒帯のそれと白帯のそれは同じであってはならない。また、基本動作をおろそかにやると、「おろそかな動作」を100回、200回と繰り返すことになる。実戦のつもりで100回繰り返す者とは1年後、ものすごい差がつくことになる

本日それを痛感。
12年間、それなりに経験を積んでやってきた基本の「電話応対」をここで見直せてよかった。

これ、電話応対だけじゃないぞ。仕事のすべてに当てはめよう。

これ、ビジネスだけじゃないぞ。恋愛、人間関係、すべてそうだ。

丁寧に、真摯にいきましょうとも!

余談:空手の稽古、再開したいなあ。もちっと健康と仕事に余裕出るまでお預け!