行ってきました、アルディアス大阪公演!
ファンクラブ先行でチケット取ったにも関わらず、整理番号127番とまさかの3桁!ということで、最初からクアトロのの2階で見ることに決めていました。いままで多少番号悪くても前で見てたのでチビな私は視界が他の人の頭でさえぎられることが多く、特にドラマーのMARINAはほとんどちゃんと見たことがない。ので、今回は2階前方で全体を見渡そうと決めてました。

入場してロッカーに荷物を預け、そそくさと2階へ。1.5列目と言う好ポジションをゲット。

一曲目はBelieve Myself!この名曲一曲目にキタ!re:peatedly〜Sclashと畳み掛ける。もう名曲の連続に今夜への期待が高まるばかり。

あ、Re:NOが髪をピンクに染めてたのが新鮮!!
トッキーはアクションがいっそう激しくなっていて、何回マイクスタンド倒すねん!!っていうほどマイクスタンド倒してた。

ニューシングルから最初に披露されたのはノスタルジック。攻撃的な曲ではないので客席はややおとなしく聞いてる感じ。盛り上がったのはdie for you。途中Year!×3の掛け合いコーナーが設けられていて、一通り掛け合いが終わった後、さらにRe:NOが「ちょっと変えます、ついて来て!」と歌ったのは学園天国のイエーイ、エーイエイ、イエーエイーの日本人なら誰でも知ってる例のかけあい。が、まさかのそのまま歌に入るRe:NO、ここで学園天国カバーするのか!?と思わせておいてトッキーがすかさず、「Re:NOさんRe:NOさん、これAldiousのライヴやから、戻ってきて!」とつっこみ客席を笑わせる。

超楽しみにしてた新曲Female Warrior、再現度がすばらしかった。イントロのヨッシーの超絶スゥイープピッキング見逃した!聴いてたけど。
セットラストはDearly。ファンとバンドの絆と言う意味で特別な意味のあるこの曲、イントロで泣きそうになった。
必死でシンガロングする。頑張った。

相変わらず長ーくAldiousコールをさせてから現れたバンドが披露したアンコール一曲目はFragile。この曲ではサワポがアップライトエレキベースをプレイ。ホンマに多彩でええベーシストや。

あ、サワポといえばサワータイム。新グッズがイッパイでアシスタントRe:NOがあたふたしてた。

アンコール時のMCで大晦日のピューロランドでのライヴが主催者都合で中止になった旨、そのライヴのために新幹線やホテルを予約したファンのために改めて同じ日にライヴを入れたこと、ぜひ参加して欲しい旨伝えられた。ファン思いのええバンドや。

MCで印象的やったんは、この一年を振り返ったときにツアーたくさん回ったこと。昨年12月から44本のツアーそれから間をおかず22本、そして今回のツアーと、一年中ツアーしてた気がすると。俺も大阪・京都・大阪・滋賀・奈良、そして今回の大阪と6回参戦。来年はさらにツアー回ると宣言したヨッシーに拍手喝采!!
さらに今年はサマソニ、ラウドパーク、ヴィジュアルジャパンサミット、HIDE'S birthday partyと大舞台も経験。
そうした大舞台のライヴ映像を見てRe:NOは号泣したと。
雑誌のインタビューではその理由を「大きな会場を掌握するにはまだまだ、理想と現実の差に泣いた」と語ってた。

曲で印象に残ったのはイマジネーション、deep、Defended Desire、WHITE CROWなど。とくにDefended Desireはただいま遠距離恋愛中の俺にとって「たとえ体が離れていても心は一つ」という歌詞が染みた。

アンコールは残念ながら一回。客電がぼんやりついて客出しのBGMが流れ出したがAldiousコールはやまず、とはいえもうないだろうと出口へ向かいかけると歓声が!カーテンコールに5人が再び現れた。

あわててもどったらRe:NOがシーっと人指し指を口にあて、観客みんなを静めると、マイクを使わない地声で「来年もAldiousをよろしくお願いしまーす!」と叫んでいよいよ本当にお別れ。

今回もホンマに楽しくポジティブな雰囲気にあふれたライヴやった。
最近ちょっとお疲れやったけど、そんなのすっ飛んだ!

ありがとうAldious!!