2025年06月25日

Top Page

1. 時間を決めて物事に取り掛かる
2. 読書などで得た知識をまとめる、そして何度も読み返す
3. 筋トレをする
4. 翌朝準備しなければならない物は、前日の夜に済ませる
5. 筆圧、ペンを握る力はできる限り弱く
6. 一行一秒の速読を練習、習慣化する
7. 書籍における「名作」の定義を考える
8. スマホはなるべくオフにしておく
9. チョコレートは買わない
10. 安い本の多読から高い本の多読へシフトする
11. 昼食と間食はしない
12. 睡眠時間をしっかり取る(平均七時間)




you_molto at 00:00|PermalinkComments(0)私の記録 

2017年08月31日

2017年07, 08月に読んだ本

Speed Reading: The Comprehensive Guide to Speed Reading, Liberal Arts, Nathan Armstrong (c3m=27)

消えた男、小説、阿刀田高 (c2l=12)

読書と日本人、教養、津野海太郎 (c4m=36)

本はどう読むか、教養、清水幾太郎、(c5h=60)

和本への招待、教養、橋口侯之介 (d5m=30)

フェルドマン式知的生産術、教養、ロバート・アラン・フェルドマン (c3l=18)


you_molto at 23:30|PermalinkComments(0)  読書録 

2017年08月18日

欠ける乱雑性

読書家は多くの場合、自分で選んだ本を読む。
そこに欠けるのは偶然の出会いのような、情報の乱雑性か。

テレビやラジオ、週刊誌や新聞にもあるが、書籍のようにある程度の分量を持ってひとかたまりになったものには欠ける。

偶然性が高いのは、人との会話か。それもあまり知らない人。旅の最中に出逢った人か。

人から進められた本を、下調べなしで読むのもいいだろう。

you_molto at 23:48|PermalinkComments(0)  本、読書 

2017年08月09日

漫画の大人買い

「僕たちがやりました」という漫画を全巻買った。
高校生の頃から連載漫画の続きを待つということが億劫になっていた。社会人になってキャッシュが増えると次第に大人買いをするようになった。
全九巻。40%ポイント還元キャンペーン中だったので、総額2700円くらいになったか。十分安い買い物だった。

you_molto at 00:12|PermalinkComments(0)  マンガ 

2017年08月02日

イキリオタクという言葉があるらしい

image


you_molto at 08:14|PermalinkComments(0)  笑い 

2017年07月30日

実施できていないプレミアムフライデーについて

Q.
導入できないから無くすんじゃなくて導入できるように考える頭はないんか? 


A.
それ「美人を優遇するんじゃなくてブスが美人になる方法を考える頭がないんか?」って言ってるのと同じやで 

無理や。これやから現実を理解してへんガキは嫌いなんや。夢ばっかりみとって益になることをせん 



you_molto at 11:09|PermalinkComments(0)  内政問題 

2017年07月26日

日本人の意味するところ中国人の受け取るところ

image


you_molto at 23:45|PermalinkComments(0)  へ〜。 

2017年07月23日

道路で遊ぶ子ども「道路族」が迷惑、親から慰謝料取れる? → 弁護士の回答は・・・



2017/07/23 21:10



交通量の少ない住宅街では、路上で子どもたちが遊ぶこともありますが、時に、近隣住人との間でトラブルに発展することもあるようです。 

法律相談コーナーには、「人生をめちゃくちゃにされたんだからかなり支払ってもらわないと気がすみません」として、「道路族問題でどのくらい慰謝料が取れるか」と質問する人も。やめさせるにはどうすればいいのでしょうか。松岡義久弁護士に聞きました。 

法律には、道路族について定めた条文はあるのだろうか。 

「道路交通法では、『道路において、交通の妨害となるような方法で寝そべり、すわり、しゃがみ、又は立ちどまっていること』や『交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること』を禁止し(76条4項2項、4号)、これに違反した場合には、5万円以下の罰金が科せられます(120条1項9号)。 

また、同法は、『児童』(6歳以上13歳未満の者)や『幼児』(6歳未満の者)を『保護する責任のある者は、交通のひんぱんな道路又は踏切若しくはその附近の道路において、児童若しくは幼児に遊戯をさせ、又は自ら若しくはこれに代わる監護者が付き添わないで幼児を歩行させてはならない』(14条3項)と規定しています。 

したがって、このような場合には、警察に通報して対応を求める余地があります。警察に熱心に対応いただけない場合には、その状況について証拠(実際の行為、これが頻繁に繰り返されている状況等)を収集することも必要になるでしょう」 

慰謝料はとれるの? 

「慰謝料については、一般生活上受忍すべき限度を超えているような状況が必要であり、ハードルが高いでしょう。家の前を、自転車・一輪車・キックボード等で何度も駆け降りる、走り回るという事例でも、その『何度も』という頻度、時間、時刻やその音量にもよりますが、慰謝料が認められるまでのケースはかなり少ないと思います。



you_molto at 21:23|PermalinkComments(0)  内政問題 

女、晩御飯

「今日つかれた…なにも作りたくない…」 
「じゃあ俺作るよ。なにがいい?」 
「なんでもいい…」 
「んー。じゃあ、やきそばでも作るか?」 
「えー!ごはん食べたい」 
「野菜炒めにするか」 
「野菜炒め…?なんかもっとちゃんとしたの食べたい」 
「カレーならルーあったろ」 
「カレーって気分じゃ…」 
「じゃあ、ハヤシライスにするか。トマト煮込めば美味いぞ、きっと」 
「そんな脂っこいものは疲れてるから食べたくない」 
「じゃ、アッサリと湯豆腐にするか」 
「湯豆腐とか手抜きすぎじゃない?」 
「足伸ばしてアンコウ買ってくるよ。アンコウ鍋にしよう」 
「今から待ってたら寝ちゃうからやめてよね!」 
「……じゃあ、どうしたいんだ?」 
「今日はもういらない!あんたも外で食べてきなさいよ!」 
「わかったよ。吉野家で食べてくる」 
「…まったく…冷蔵庫に材料あるのに吉野家とか嫌がらせブツクサ…悪くなって結局捨てる…ブツクサ」 
「なにか、作るか?なに作ってほしい?」 た 
「はやくいきなさいよ!」 

で、牛丼食って帰ってきたら特上寿司の空桶が置いてあんのね 
なあ、俺はどーすりゃよかったん??

you_molto at 00:00|PermalinkComments(0)  ふ〜む 

2017年07月21日

ノンモダンチャイルド

仲のいい同僚数人で、その中の一人の田舎に川遊びに行った時のこと。 

結構な田舎で、川では地元の小学生から高校生まで、昼前から夕方まで 
入れ代わり立ち代り泳いだり魚を取ったり流木で遊んだりして、素朴な一日を過ごしていた。 
それを皆で眺めながらBBQをしたりして、こういう勉強に縛られるでもなく、家にこもって 
ゲームをするでもなく昔みたいな子供たちってのいいねぇとほのぼのさせてもらった。 

日も落ちてきた帰り際、子供たちも帰り支度を始めたが、すれちがった時。 
「じゃあ、また今夜Skypeでなー」 

皆で( ゚Д゚)こんな顔して振り向いた。

you_molto at 01:09|PermalinkComments(0)  なんかいい 

2017年07月16日

電子書籍端末のレビュー記事は、たいてい質が悪い

smart newsにKindleなどの電子書籍専用端末のレビューがよく載っている。私も愛用しているのでつい見てしまうのだが、あまりにも程度の低い内容ばかりでがっかりする。

you_molto at 10:39|PermalinkComments(0)  戯言 

生活必需品の買い替え時

https://twitter.com/mikannotaiki_44/status/884989008606113792

ウチの母さん有能すぎない? 
生活必需品が切れたら磁石を裏返しておくことで 
何を買ってこなきゃいけないかがすぐわかるアイデア ほんとすこ 

まぁ1番有能なのは磁石裏返しとくだけで文句ひとつ言わずに必ず買って帰ってくる父さんなんだけど

image


image


you_molto at 08:57|PermalinkComments(0)  面白い 

朝日新聞は信用できるか、のアンケート

twitterより
image


you_molto at 08:49|PermalinkComments(0)  メディア 

2017年07月15日

倍勤マン

新入社員「定時マンたすけてー!」
定時マン「倍勤マン! 残業を強いるのはやめるんだ!」
倍勤マン「俺は別にいいと思うよ。俺は別にいいと思うんだけどね、定時で帰って周りの人がどう思うか考えてみ?」

土勤ちゃん「もちろん休日出勤もするよね?」

you_molto at 00:46|PermalinkComments(0)  笑い 

2017年07月04日

「道路族」トラブル深刻 住宅街路上で遊ぶ子と親 騒ぐ声など原因で訴訟になるケースも

新興住宅街の袋小路になった路上で子どもを遊ばせ、騒ぐ声などで近隣住民とのトラブルになるケースが各地で問題化している。 
こうした親子は、一部で「道路族」などと呼ばれ、住民同士の裁判や刑事事件になることも。専門家は、地域のモラルが希薄化している危険性を指摘する。 

京都市内の住宅街に住む女性(42)は、分譲開始に伴い2009年に入居。12年春ごろから、自宅前の道などで遊ぶ子どもの大声に悩まされている。 
長男が中学受験を控え、母親らに注意すると、脅迫めいた手紙を送り付けられたり暴言を浴びせられたりするようになったという。 

今年3月、この女性に威嚇行為を繰り返したとして、住民の男性(43)が京都府迷惑防止条例違反罪で略式起訴され、罰金30万円を科せられた。 
男性の弁護士によると、男性は「カメラを付けて監視されたので抗議のつもりだった」と話しているという。 

女性の代理人の豊福誠二弁護士は、東京や神奈川などの新興住宅街でも同様の事例があると指摘。母親らが世間話に熱中し、 
子どもが野放し状態のケースが多く、「子どもを注意している姿を撮影された」「嫌がらせを受け引っ越しを決めた」などの声があるという。 

横浜地裁では、「道路族が原因で重度のストレス障害になり引っ越しを余儀なくされた」として、家族が相手方に慰謝料など計1100万円を求めた訴訟が係争中だ。 

一方、路上で遊ばせる親は、子どもを近くで見守ることができる自宅前の道路の方が安心という意識が強いとみられる。 
ボール遊びや自転車を禁止する公園もあり、思いきり遊べないとの意見もある。ただ、車による死亡事故も起きており、危険な面は否めない。 

京都大大学院教育学研究科の明和政子教授は「同世代のみで構成されがちな振興住宅街では、その世代間の価値観に偏ったルールが形成される傾向がある」と指摘。 
「高齢者らを含む多様な年齢層から成るコミュニティーでは、規範や文化の継承がそれに歯止めをかけているのだろう」と話している。 

配信 (2017/07/04-04:56) 
時事ドットコム 
http://www.jiji.com/...7070400133&g=soc



you_molto at 09:09|PermalinkComments(0)  内政問題