ギャラリー

悠遊舎閉館 其の後:札幌へ

二十四節気「処暑」七十二候「禾乃登(こくものすなわちみのる)」

 9月に入り秋の始まりを感じるようになって参りました。此処、札幌に於いては既に日中の気温は25℃前後が最高となり快適な夏の終わりを過ごしています。

 皆様に於かれましては如何お過ごしでしょうか。
 
 さて8月1日に悠遊舎を閉じてから約3週間に亘って慌ただしく引越しの荷造りに勤しみ、8月21日に札幌へと移住して参りました。此方へ来てからはずっと引越し荷物の荷解きやら新生活の準備やらで大わらわの毎日でしたが、9月に入ってから少しづつですが落ち着きを取り戻しつつあります。それでも完全に荷物の整理を終えるためにはギャラリーの再開を待つしかありません。愛知県に於いて開廊していた当時の常設展示作品の開梱は狭いアパートの一室では到底叶わず、暫くはダンボールの中で眠っていて貰うしかありません。勿論そうは言ってもネットでの通信販売は継続しておりますので、もし御所望の作品がありましたらお気軽にお問い合わせ頂ければ嬉しく思います。

 此処で少なからず皆様が疑問に思っておられるであろう「何故、札幌なのか?」について少し御説明したいと思います。

 5月のGW明けに突如決まった「悠遊舎閉館」、その後「どうしてもギャラリーを再開せねばっ!」と言う思いを実現するために、ありとあらゆる熟慮の末(意外に浅慮かも…f^_^;)札幌に移住することを決めました。

(1)刈谷から名古屋へ移転→家賃の高さに比べて果たして売り上げは如何か?
(2)刈谷から東京へ移転→大都会は自分のような田舎者には落魄れる要素満載
(3)刈谷から関西へ移転→
    関西在住の作家さんが他ギャラリーと競合してしまう可能性大
(4)刈谷から各地方都市へ移転→
    ギャラリーを再開するなら最低限「政令指定都市レベルの人口規模があること」が大事と考え、札幌、仙台、広島、福岡が候補に。仙台、広島は行ったことが無く余りに無知(広島は修学旅行で宮島と原爆記念館を見学はしましたが)。そんなこんなで福岡か札幌か?の二者択一となり寒い>暑いことから札幌に決めました。
 勿論「美味い」「安い」「広い」など他にも様々な理由がありますが、長くなるので此処では割愛致します。いつかギャラリーを再開した時にきちんと御説明致しますので、その時はに是非、札幌まで遊びにいらしてください。

 知っていましたか?実は札幌は名古屋とほぼ同規模の人口があるのです。一方で人口密度が低い。人の多いところがかなり苦手な自分にとっては理想的な街なのです。しかもどの都市からもアクセスが良い。例えば現在、札幌⇆名古屋の航空券は往復¥9,000(LCC)、所用時間も片道2時間弱だったりします。流石に日帰りは厳しいですが、観光がてら札幌へ足を運ぶのも一つの選択として”有り”ですよね。また各都市からも新千歳までは直行便が出ていることが多いですから、距離が遠いとは言えアクセスは悪くないと考えています。
 また札幌と言う街のブランド力も考えました。日本の都市で世界的に知られている街は東京、京都や大阪など多数ありますが札幌もその一つと考えています。特に北海道は世界の富裕層からも注目されていると言うニュースを耳にすることも最近よくありますし、確かに街を歩いていても海外からの観光客の人たちをよく目にします。そう言う意味でも札幌の持つポテンシャルは決して低くないと考えています。

 そうは言っても自分にとってはそんなに知り合いも多くなく、全くの新人としてやって来ましたので、初めからそう簡単に上手く行くとも思っていませんが、そこはほら、根っからの能天気さで乗り越えて行こうと思っています。気付いたら「愛知でこっそり再開していた(汗)」と言うことの無いよう頑張りたいと思っています。
 早ければ2019年中にもギャラリーを再開出来るよう今から画策しております。その時には必ず御連絡を差し上げますので、それ迄の間どうぞ暖かく見守りください。

 札幌の街に住んで未だ少ししか時間が経っていませんが、北海道人の印象は「親切で優しい」。あと何故だか「散髪屋が矢鱈と多い」。昨日も最寄りの駅まで1kmほどの道のりを歩いたのですが、途中に目に付いただけでも5~6軒の床屋がありました。この理由も誰方か御存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けると嬉しいです。

 季節の変わり目ですのでお身体を御自愛ください。
 今後とも宜しくお願い申し上げます。

悠遊舎:閉館のお知らせ

 皆様に於かれましては御健勝のことと存知ます。
 
 さて突然のお知らせで大変恐縮ですが、2018年8月1日を以って悠遊舎を閉じ、それに伴ってギャラリー、カフェなど全ての営業を休止致しました。

 1997年6月30日に悠遊舎を開館してから21年間、また2003年1月には現代工芸を中心としたギャラリーとして悠遊舎ぎゃらりぃを開廊して15年半の間、試行錯誤をしながらも自分なりに運営に努めて参りましたが、一身上の都合により閉館せざるを得なくなったことは本当に残念に思います。

 自分としてもここ数年の間により多くのお客様にいらして頂けるようになり、漸くギャラリーの経営も余裕が出て来て、まさにこれからさらに質の高い、より良い作品、独創性のある作家を紹介していこうと思っていた矢先のことで非常に忸怩たる思いがあります。

 このような形で永きに亘って情熱を注いで来たギャラリーの仕事を中断せざるを得ないことは自分としても本当に残念でなりません。また様々な形でお世話になった方々には本当に感謝の言葉もありません。

 有難う御座います。

 いつか必ずギャラリーを再開出来るよう暫くの間は充電期間として、じっくりと研鑽に努めたいと思っております。また何処かでお目に掛かることもあろうかと思いますが、その時はまた宜しくお願い致します。

 尚、再開までの期間は下記の通りSNS等を運営して行く予定です。

http://www.you-yuusya.com:休止
facebook.com/YOU.Yuusya:継続
twitter.com/you_yuusya:継続
blog.livedoor.jp/you_yuusya:継続
gallery@you-yuusya.com:継続

 季節の変わり目ですのでお身体を御自愛ください。
 今後とも宜しくお願い申し上げます。

悠遊舎ぎゃらりぃ 加藤鉄則

アホもここまでくればある意味立派です。

2011年1月21日(金)

昨日は気持ち良く晴れましたね。
クルマを運転していても空の青が目に心地好く、
それはそれは楽しいドライブを楽しむことが出来ました。

そうです、昨日は伊勢まで出掛けて来ました。
伊勢の内宮前のおはらい町通り近くで開かれている、
「川北友果 ガラス展」を観に行って来たのです。

朝早く起きて朝食も摂らずに7時過ぎに家を出て、只管23号線を西へ。
途中、名古屋に入ってすぐの南区辺りと、
木曽川長良川の橋の工事、四日市の工業地帯近辺で渋滞はあったものの、
他は比較的スムーズに流れて、快適なドライブでした。

伊勢までずっと下道で行くのは初めて。
と言うか伊勢自体行くのは初めてかも。
多分子供の頃に家族で行ったことはあると思うのですが、全く記憶の彼方。
途中、津からは伊勢道が無料化実験期間中だったので、
そこからは高速を使いましたが、
それまではえっちらおっちらと下道を走りました。

そうなんです。
実はわたくし、只今、super ultra deluxe 金欠病の真っ最中でして、
土日ならいざ知らず、平日の高速で伊勢まで往復5,000円以上を払うのは、
ちょっとツライな〜と言う結論に達しまして。
ガソリン代も考えると1万円くらいになりそうだったし。
クルマの運転は全く気にならない、というかむしろ大好きなので、
こりゃひとっ走り行ったろやないかい、と言うことになりました。






で、事件は起きたのでした。

そう、時刻は11時。
伊勢I.C.でもうすぐ高速から降りるよ〜って時になって、
ふっとある不安が頭を過ったのです。

「そう言えばギャラリーの定休日っていつだったっけ?」

さっそく鞄の中から作品展のDMを取り出してチェックすると、

”※1月20日(木)は定休日となります。”

の無情の文字、、、、、

な、何てこったい〜!
お〜まいがっ!!
助けて神様!!!

何で事前にチェックしなかったんだ〜っっ?
てか、何でもっと早く気付かなかったんだ〜っっ??

以前にも似たようなミスをしているのです。
あれは2008年のこと。

2008年5月に倫敦と紐育にて開催される、
クラフト系のアートフェアを観たくてエア・チケットを取ったのにも拘らず、
出発の少し前になって、
紐育のアートフェアが4月中に終わっていたことに気付いたのです。
これは事前に分かったから良かったようなものの、
それでもしっかりとキャンセル料を取られたし、、、

思い込むとしっかりと調べもせずに突っ走ってしまうと言う悪い癖。
簡単には治せそうもありません…(泣)

でも、ここまで来た以上、今更引き返しても何の意味もありません。
これは神さんが呼んだんだよ、きっとね。
今年は何かあるから(良いことか悪いことか分からないけど)、
お参りに来なさいってことなんだよね、きっと。
IMG_6107

と言うことで気を取り直して、先ずは内宮へ。
こう言った神聖な場所は何かのエネルギーが充満しているのか、
気持ちをリフレッシュするにはもってこいです。
正宮でお参りして伊勢の森で森林浴、やはり気持ち良いですね〜。
お伊勢さんに何をお願いしたのかは秘密です。

その後おはらい町通りへ。
先ずは最初の目的地であったギャラリーさんへ取り敢えず。
おはらい町通りの一本裏手にあるそのギャラリーさんは、
こぢんまりしていて素敵なギャラリーさんでしたよ。
ガラス越しに川北さんの作品を拝んで来ました。
相変わらず精力的に作品創りに励んでいるようで、
新作も沢山出品されていました。
またいつか、自分のギャラリーでも個展をお願いしたいと思います。
IMG_1739

ギャラリーからおはらい町通りに戻って、先ずは腹ごしらえ。
さすがにお腹が空いていたのですぐ傍にあった伊勢うどんの店へ。
汁がとても濃ゆくて麺が柔らかめ。
その独特の味は初めはぎょっとしますが、食すと意外に美味しいのです。
IMG_0066

昼飯を喰ってからはその辺りをぶらぶら。
赤福で善哉をいただいたり、最近名物になりつつあるコロッケをいただいたり。
三重と言えば真珠、で知られるようにたっくさんの店が軒を連ねてましたよ。
他にも伊勢の組紐で作られた羽織紐にとても洒落たものがあって、
ウ〜〜〜ンと悩んだ挙げ句、今回は我慢、、、
いつか絶対に手に入れてやるんだ〜!
他にも、おかげ横町をあっちこっち散策しながら土産物を探したり。
最近のパワースポットブームのせいか、やたらごった返してましたね。
IMG_9391

そんなこんなで伊勢を後にしたのは14時頃。
実はその後にヤボ用があって、どうしても18時までに帰り着きたかったので、
今度はひたすら23号線を東へとクルマを走らせました。
帰りの道は木曽川長良川の辺りで渋滞しただけで、
本当にスムーズに気持ち良く帰って来ることが出来ました。

そんなこんなで、相変わらずアホな失敗ばかりを繰り返しておりますが、
ま、前を向いて元気よく生きて行きましょ〜。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0322
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://twitter.com/you_yuusya
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
カテゴリー