グラス

「元木貴信 元木庸子 硝子展」のお知らせ

2018年7月20日(金)

二十四節気「小暑」七十二候「鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)」

酷暑とも言うべき沸騰しそうなほどの熱暑に、
全国各地で熱中症などの被害が報告されています。
特に甚大な豪雨被害が齎された中国・四国地方では、
被災者の方々、またボランティアに駆け付けた多くの方々も、
十分に水分を摂って体調を崩されませんようお祈り申し上げます。

さて明日より「元木貴信 元木庸子 硝子展」を開催します。

神奈川県横浜市にて製作を続けている元木貴信、庸子は、
人生の伴侶として、そして仕事のパートナーとして、
信頼関係を築きながら創作に励んでいます。
貴信の制作するきちっとした器の数々は使いやすさに定評があり、
その上その独特の感性によって重厚さ、或いは清涼感も兼ね備えた、
職人気質の丁寧で真面目な姿勢が魅力です。
一方、その貴信の作品にサンドブラストと絵付けを施し、
華やかさ、可憐さを感じさせる庸子の作品は、
サンドブラストによる立体感のある表現のお陰で、
鳥や兎など動物たちの表情も生き生きと躍動し、
また花や草木など花鳥風月の世界が浮き立つように私たちに迫ってきます。
それは元木庸子ならではの唯一の硝子の世界と言えましょう

180721_motoki_t_works_01
元木貴信
1972 神奈川県に生まれる
1995 長野ガラス研究所入所
1998 長野オリンピック芸術祭参加(JSGA野外モニュメント展)
2007 伊藤けんじ氏(「彩グラススタジオ」主宰)に師事
2008 国立台湾芸術大学 glass studio resident artist に就任
2010 横浜市に築炉、元木庸子と共に制作を始める
2011 第5回 金津創作の森 酒の器展 入選
2014 黒壁30號館 長浜アートセンター「現代日本ガラス工芸の最前線」180721_motoki_t_works_05
 色を幾重にも重ね合わせ奥行きのある色彩を表現しました。青畳に合う、和みの器を生み出したいと考えています。また飲料などを注いだ時に、揺らめく金属箔の煌きを楽しんで頂きたいです。180721_motoki_t_works_02
180721_motoki_t_works_03
180721_motoki_t_works_04


180721_motoki_y_works_01
元木庸子
1972 東京都に生まれる
1994 東京理科大学理学部応用化学科 卒業
2004 父 黒住正敬氏に師事
2005 「彩グラススタジオ」(伊藤けんじ氏主宰)にて吹きガラス技法を学ぶ
2008 テーブルウェア フェスティバル入選(‘10入賞)
    国立台湾芸術大学「日本硝子工芸技術講座」講師
2009 川崎市ガラス工芸教室合同作品展 優秀賞受賞
2010 横浜市に築炉、元木貴信と共に制作を始める
2011 第5回 金津創作の森 酒の器展 入選
2014 黒壁30號館 長浜アートセンター「現代日本ガラス工芸の最前線」180721_motoki_y_works_03
 サンドブラストによりガラスに彫刻を施した後、エナメル彩を幾重にも重ねて作品を制作しております。動植物の柔らかな表情や繊細で奥行きのある表現をお楽しみ頂けましたら幸いです。180721_motoki_y_works_02
180721_motoki_y_works_05
180721_motoki_y_works_04
   

会期は8月1日(水)まで、木曜、金曜休館/10時〜18時です。
尚、7月21日(土)、22日(日)は作家が在廊致します。
また、この作品展が悠遊舎ぎゃらりぃでの最後の作品展となりますので、
暑い最中ですがこの機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
https://www.facebook.com/YOU.Yuusya/
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

「加飾的硝子」のお知らせ

2018年4月14日(土)

二十四節気「清明」七十二候「鴻鴈北(こうがんかえる)」

数日前から少しづつ花粉症も落ち着いてきたような気がします。
例年に比べて軽かった今年の花粉症、
今後、少しづつ治まっていってくれると良いのですが…
今年の桜は一気に咲いて一気に散ってしまい、
自分は花見に間に合いませんでした。
来年はこんなことにならぬよう早め早めに行動するよう心掛けたく思います。

さて明日より「加飾的硝子」が始まります。
通常、作品展は土曜に始めるのが常ですが、
今回は私用があり明日、日曜からの開催となりました。

今回は5人の作家にお願いしています。
初めて御紹介する作家2人に、久し振りの出番となった作家が3人です。
ギャラリー内はとても賑やか、華やかな雰囲気に包まれています。
硝子の透明感のある鮮やかな色彩が色とりどり咲き乱れておりますので、
観ているだけでも華やいだ気分になれると思います。

180415_ito_works_02
伊藤かおり
    国立音楽大学器楽科ハープ専攻科 卒業
    第三回 国際ハープ会議(ウィーン) 参加
    国際ジャズ&ポップスハープフェスティバル(モントレー) 参加
2000〜 外航客船による世界一周クルーズにエンターテイナーとして乗船
2001 演奏活動の傍ら硝子制作を始める
2010 ビアマグランカイ8 入選
2016 東日本伝統工芸展 入選
    第五回 そば猪口アート公募展 入選
2018 丹青会 招待作家枠にて出展
現在 ハーピストとして活動しながら硝子制作を続ける
180415_ito_works_03
 私自身が美しく輝くものが好きなので、切子のまばゆい程のキラキラ感を楽しんで頂けるような作品作りを心掛けています。特にグラスやぐい呑みは飲む人が一番美しい状態を見られるよう、覗き込んだ時が一番楽しめるようにデザインしていますので、是非お手に取って覗いて見て頂きたいです。
 サンドブラストの柔らかな表情と、切り子のガラス本来の煌めきという一見相反する表現を一つの器の中に閉じ込め、また最近はそれらをより生かせるよう、キルンワークで生地から制作する事にこだわっています。180415_ito_works_01


180415_oomameuda_works_01
大豆生田綾子
1975 栃木県に生まれる
1996 女子美術短期大学 卒業
    草木染め 修業
1997 江戸切子 修業
2014 現代日本ガラス 工芸の最前線
180415_oomameuda_works_03
 切り子とサンドブラストという技法を用いて、器という用途のあるものをより楽しく使えるように、そして使っていて幸せな気持ちになれるような器を目指して制作しています。180415_oomameuda_works_02


180415_kigoshi_works_01
木越あい
1988 多摩美術大学立体デザイン科クラフト専攻ガラスコース 卒業
1990 多摩美術大学大学院デザイン科修了
1994 世界現代ガラス展 (北海道立近代美術館)
2017 Japanese Glass Today (ドイツ)(’18)
180415_kigoshi_works_02
 宙吹きにて3色以上の透明色を薄く表面に重なるように器を作り、冷めてからサンドブラストで色を彫って絵を描いています。
 物語を感じる絵をガラスという透ける素材を通して描きたいと考えています。手前と奥の絵を呼応させたり、擦りガラスと透明な部分の違いで意味を持たせたり、器という立体物に絵がある楽しさを追求しています。180415_kigoshi_works_03


180415_sanot_works_01
佐野 猛
1960 東京都に生まれる
1984 法政大学社会学部社会学科 卒業
1996 オーストラリア国立大学キャンベラ美術学校ガラス科大学院 修了
1998 Glass Studio SANOSANO 設立
2002 第49回 日本伝統工芸展 日本工芸会奨励賞
2003 第19回 伝統工芸第七部会展 文化庁長官賞
2006 第45回 日本伝統工芸富山展 高岡市教育委員会賞
2007 第21回 伝統工芸諸工芸部会展 朝日新聞社賞
    国際ガラス展 金沢2007 審査員特別賞
2015 アートフェア富山2015 準グランプリ
2016 越中アートフェスタ 大賞
2017 日本クラフト展 大賞
180415_sanot_works_02
 吹きガラスの技法では球体の形が基本なのですが、電気炉で板を作り吹きガラスの工程で組み立てることで、柔らかさもある四角い作品を作りました。電気炉で板を作る工程で緻密な模様を作れるところが特に楽しいです。180415_sanot_works_03


180415_sanoy_works_01
佐野曜子
1962 東京に生まれる
1985 成蹊大学文学部英米文学科 卒業
1996 オーストラリア国立大学キャンベラ美術学校ガラス科大学院 修了
1998 Glass Studio SANOSANO 設立
2002 第3回 清洲国際工芸ビエンナーレ 銅賞
2005 第20回 伝統工芸諸工芸部会展 第20回記念賞
2008 第26回 朝日現代クラフト展 奨励賞
    第55回 日本伝統工芸展 NHK会長賞
2009 第48回 日本伝統工芸富山展 富山支部賞
2016 越中アートフェスタ 優秀賞
180415_sanoy_works_02
 色を何重にも巻き時間をかけカットする作品を今まで作ってきましたが、今回は電気炉で板を作り吹きガラスの工程で膨らます技法で作りました。板を作る段階で、よりで自由な感じでパーツを並べています。180415_sanoy_works_03


会期は4月25日(水)まで、10時〜18時/木曜、金曜休館です。
尚、4月16日(月)は伊藤かおりが在廊致します。
この機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
https://www.facebook.com/YOU.Yuusya/
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

「蓼喰ふ虫も酒器好き 2017」のお知らせ

2017年7月14日(金)

二十四節気「小暑」七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

梅雨の名残のような突然の嵐に翻弄されるこの頃ですが、
すでに真夏の兆しはもう目の前、
陽射しの強さにくらくらするほどの眩暈を覚える毎日です。

さて明日より「蓼喰ふ虫も酒器好き 2017」が始まります。
もう年に一度の恒例行事となった感もある酒器の作品展、
昨年までは秋の開催となっていましたが、
今回は真夏の開催となりました。
今、コレクターにも大人気のぐい呑みも出品されていますが、
今回は夏に相応しくガラスのビヤグラスやタンブラーなども多数出品され、
透き通った涼しげな光の反射が目に眩しいです。
今回は7人の作家、1人を除いて悠遊舎初お目見えの作家ばかりです。

170715_asano_works_01
浅野 哲
1958 大阪府に生まれる
1988 京都市立芸術大学大学院美術科 修了  
1993 長三賞陶芸展 奨励賞
1995 国際陶芸ビエンナーレ 奨励賞
    朝日陶芸展 秀作賞
    長三賞陶芸展 奨励賞
1996 伊丹クラフト展 優秀賞
1997 朝日現代クラフト展 優秀賞
1998 倉敷アイビースクエアー 工房部勤務

新しくて楽しい酒の宴になるような器が作りたいと思い制作しています。170715_asano_works_02


170715_awa_works_01
阿波夏紀
1988 岡山県に生まれる
2011 岡山県立大学デザイン学部 卒業
    第51回 日本クラフト展 入選
2012 第46回 女流陶芸展 入選 
2013 岡山県立大学大学院デザイン学研究科セラミックデザイン学専攻 修了
    第6回 岡山県新進美術家育成「I氏賞」 選考 
2014 牛窓亜細亜藝術交流祭 2014 「セラミックデザイン原画とデッサン展」作品展示 
    第10回 国際陶磁器展美濃 入選 
2016 第5回そば猪口アート公募展 大賞
    伊丹国際クラフト展“酒器・酒盃台” 入選
2017 金沢世界工芸コンペティション 入選
      第10回現代茶陶展 入選

心の中に思い描く風景や物語を細やかな穴(点)を打つことで表しています。
夢の中にいるような、優しく儚い空気を纏った作品を目指して制作しています。170715_awa_works_02


170715_okushima_works_01
奥島圭二
1977 滋賀県に生まれる
2000 立命館大学産業社会学部 卒業
2002 富山ガラス造形研究所造形科 修了
2010 滋賀県高島市を拠点に硝子作家として独立
    Glass Craft Triennale 入選
2011 日本クラフト展 入選
2012 テーブルウェア大賞展 審査委員イワタルリ賞
2013 Art from the Lakes 滋賀県ミシガン州美術交流展
    Lansing Art Gallery (Michigan State) 
    江原道江陵巿滋賀県高島市美術交流展(韓国江陵 ) 
    ART ROAD 77 2013 特別展 KYOTOKYO2013(ヘイリ芸術村)
2016 伊丹国際クラフト展 入選
    ART OSAKA(’17)
    Gallery MaKaRi にて個展(New York) 

硝子という素材の儚く繊細な美しさに惹かれる想い。
金属や土の持つ存在感への憧れ。
儚さと強さを併せ持つ妖艶な作品を作りたいと考えています。
硝子という素材の可能性に挑み続けたいと考えています。170715_okushima_works_02


170715_kitagata_works_01
北形槙子
    神奈川県に生まれる
2007 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科ガラス専攻 卒業
    彩グラススタジオ勤務
2016 そば猪口アート公募展 入選
2016 伊丹国際クラフト展・酒器展 入選
2017 「音を楽しむ」展(伊丹市立工芸センター)

吹きガラスと切子など異なる技法を組み合わせることで、
色合い・かたち・模様・手触りなどにおいて、
ガラスの持つ表情のやわらかさを意識して制作しています。
ずっと触っていたい、ずっと眺めていたい
そんなふうにだれかのお気に入りになれたならば幸せです。170715_kitagata_works_02


170715_shojiguchi_works_01
小路口力恵
1998 富山ガラス造形研究所 造形科 卒業
2000 富山ガラス造形研究所 研究科 修了
2000 富山ガラス工房 所属
2001 第19回朝日現代クラフト展 入選(’01,’08)
    世界工芸コンペティション・金沢 入選
2002 日本現代ガラス展・能登島 金賞受賞
2003 あさひふるさと創造社なないろKAN硝子工房 所属
    第2回「KOGANEZAKI・器のかたち・現代ガラス展」入選(’04,’06)
2004 Glass Flowers-グラス・フラワーズ-(石川県能登島ガラス美術館/石川)
    工芸都市高岡 2004 クラフトコンペ 入選(〜’09)
2005  “小路口屋”硝子工房 設立
2007 洞爺村国際彫刻ビエンナーレ2007 入選
2008 第47回日本クラフト展 入選
   「ローマ賞展祭 北陸の工芸・現代ガラス工芸展」シルヴィオ・ヴィータ賞
                (ローマ日本文化会館/イタリア)
2010 Collect Art Fair(ロンドン)(’11,’12,’15)
2011 京畿道世界陶磁ビエンナーレ 韓日ガラス造形ワークショップ 招待(韓国)
    第5回「酒の器展」金賞
2012 「第5回現代ガラス展in山陽小野田」入選
    SOFA CHICAGO(アメリカ)(’13)
2013 京畿道世界陶磁ビエンナーレ 韓日ガラス造形ワークショップ 招待(韓国)
    第52回日本伝統工芸展富山展 入選(’15,’16)
    国際ガラス展・金沢 2013 入選
2014 第53回日本伝統工芸展富山展 奨励賞受賞
2016 「LEXUS NEW TAKUMI PUROJECT」富山の匠 選定
2017 「PALM BEACH MODERN + CONTEMPORARY」(アメリカ)

「やさしく、やわらかく、ここちよい。」をコンセプトに制作しています。
今回の出品作品は、削りにより模様を付けたグラスとぐい呑みです。
底を揺れるように仕上げてあるので、
ユラユラ揺らしながら楽しく使っていただければと思います。170715_shojiguchi_works_02


170715_sugihara_works_01
杉原晴香
1994 大阪府に生まれる
2015 第57回大阪工芸展 入選
    第53回県展 伊藤文化財団賞
2016 第54回 兵庫工芸展 兵庫県芸術文化協会賞
    韓日交流陶芸展(ソウル)
    第5回 そば猪口アート公募展 入選
    伊丹国際クラフト展 酒器/酒盃台 入選
2017 器の庭(台湾)
    神戸芸術工科大学 先端芸術学部 クラフト・美術学科 陶芸コース卒業

この作品は布に泥を吸収させ形づくっています。
焼成することにより布は消えてなくなります。
日々の生活の中で受ける外からの刺激によって、
心の奥に生まれる危うく揺らめき確かではない形、、、
そんなことをイメージしながら制作しました。170715_sugihara_works_02


170715_takubo_works_01
田久保静香
2015 東北芸術工科大学芸術学部美術科工芸コース 卒業
    卒業・修了制作展 最優秀賞、森司賞
2016 「酒器・酒盃台」 入選
2017 東北芸術工科大学芸術文化専攻工芸研究領域 深井聡一郎研究室 修了
    修了制作展 大学院優秀賞

欧州の貴婦人たちによって開かれたアフタヌーンティーのシーンにおいて、
カップ&ソーサーは女性の指先の延長にある装身具であった。
私の作品は用途性としての機能を持ちつつも、
手に持たれた姿で完成されることを強く意識し、
器であることよりも装身具となることを目的とする。170715_takubo_works_02


会期は7月26日(水)まで、10時〜18時/木曜、金曜休館です。
尚、7月15日(土)、26日(水)は杉原晴香が在廊致します。
この機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
https://www.facebook.com/YOU.Yuusya/
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

スナ・フジタ、松尾一朝作品のお知らせ

2016年12月14日(水)

スナ・フジタ1611-19_sunafujita_01

松尾一朝
1611-01_matsuo_01
の作品を掲載しました。

各作品へのお問い合わせはメール、若しくはお電話にて受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
https://www.facebook.com/YOU.Yuusya/
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

珠箱「点々織」

松尾一朝 略歴
1706-05_matsuo_01

【作品番号】1706-05_matsuo
  【価格】32,400円(税込)
【作品概要】サイズ:w5.9 x d5.9 x h5.4 cm
       共箱:なし
      その他:追加注文不可1706-05_matsuo_02
1706-05_matsuo_03

珠箱「ハニカム」

松尾一朝 略歴
1706-01_matsuo_01

【作品番号】sold out
  【価格】51,840円(税込)
【作品概要】サイズ:7.5w x 7.5d x h5.5 cm
       共箱:なし
      その他:追加注文不可1706-01_matsuo_02
1706-01_matsuo_03

元木庸子 新作入荷のお知らせ

2016年2月6日(土)

元木庸子の作品を掲載しました。1601-03_motoki_y_01

現在発売中の最新号「家庭画報 3月号」巻頭の目次頁にて元木庸子の作品が紹介されています。椿作品3点のうち「振り出し」「ぐい呑み」は悠遊舎ぎゃらりぃにて販売しております。1601-11_motoki_y_01


各作品へのお問い合わせはメール、若しくはお電話にて受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

2016年最初の作品展は…「元木貴信 庸子 硝子展」

2016年1月7日(木)

謹賀新年
明けましてお目出度う御座います。
昨年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

二十四節気「小寒」七十二候「芹乃栄(せりすなわちさかう)」

新しい年を迎え早1週間、
例年になく季節感のない年越しに、
何やら新年の実感もなく過ごしてしまいましたが、
今週末からは厳しい寒波がやってくるとの予報に、
正月気分も抜けて気を引き締めなければと思っております。

160108_motoki_y_02
さて、2016年の作品展第一弾として、
明日より「元木貴信 庸子 硝子展」を開催します。160108_motoki_t_03

一昨年からグループ展にて何度か御紹介した二人ですが、
回を重ねる毎に洗練されるその作品たちに、
自分自身もますます魅了されています。
160108_motoki_y_01
160108_motoki_t_01
今回の出品作品たちも年明けに相応しく、
お目出度い「花鳥風月」の世界が華やかに描かれています。
貴信氏の創り出す硝子の仕事とは思えない丁寧な器と、
そこに描かれる庸子氏の色鮮やかな鳥や花たち。
二人の手による見事なコラボレーションに、是非、酔いしれてください。160108_motoki_y_04
160108_motoki_t_02
160108_motoki_y_03
160108_motoki_t_04


会期は1月20日(水)まで、木曜休館/10時〜18時です。
尚、1月10日(日)には作家も在廊致します。
この機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

フリーグラス「鬼灯」

元木庸子 略歴
1507-25_motoki_y_01

【作品番号】sold out
  【価格】8,640円(税込)
【作品概要】サイズ:w7.5 x d7.5 x h7.5 cm
       容量:180 cc
      その他:追加注文可1507-25_motoki_y_02

フリーグラス「鉄線」

元木庸子 略歴
1507-24_motoki_y_01

【作品番号】1507-24_motoki_y
  【価格】8,640円(税込)
【作品概要】サイズ:w7.5 x d7.5 x h7.5 cm
       容量:180 cc
      その他:追加注文可1507-24_motoki_y_02
カテゴリー