下和弘

「蓼喰ふ虫も酒器好き 2018」のお知らせ

2018年5月11日(金)

二十四節気「立夏」七十二候「蚯蚓出(みみずいずる)」

GWも明けて五月晴れの毎日と言いたいところですが、
今年は何となく未だ肌寒さが続いていてどうもすっきりしません。
暦の上ではもう夏なんですから、
気持ち好く初夏の清々しさを堪能したいものです。

さて明日より「蓼喰ふ虫も酒器好き 2018」が始まります。
現在、酒器の作品展は様々な場所で開催され、
非常に人気の高い企画となっています。
それまであまり作家の創る器に関心がなかった層も、
ぐい呑みの作品展などを切っ掛けにして工芸に関心を持つようになり、
若いコレクターも増えて来ているように思います。
悠遊舎ぎゃらりぃでもこの「蓼喰ふ虫も酒器好き」展は今回で12回目を迎え、
多くのお客様に喜んで頂いていると自負しています。

今回の作品展では陶芸、硝子、金工の作家5人に出品をお願いしました。
全ての作家がこちらでは初めてのお目見えです。
どんな作品が出品されることか、自分もとてもワクワクしています。
御期待ください。

180512_ishibashi_works_02
石橋咲実(金工)
1995 愛知県に生まれる
2015 京都伝統工芸大学校金属工芸専攻 入学
    京都伝統工芸大学校 第20回卒業・修了制作展
    第45回伝統工芸日本金工展
2016 京都伝統工芸大学校 第20回卒業・修了制作展
       一般社団法人伝統的工芸品産業振興協会賞
    第45回伝統工芸日本金工展 21+部門 入選
2017 京都伝統工芸大学校金属工芸専攻 卒業
    京都伝統工芸大学校 第21回卒業・修了制作展
    「工芸とアートの金沢オークション」出品
2018 第13回京の伝統工芸新人作品展 佳作
現在  長野県にて制作活動中180512_ishibashi_works_03
 金属の持つ様々な色や輝きを組み合わせて、絵を描くように作品を作り上げています。また「蛤型酒器 貝覆い」のように漆と金属を組み合わせた作品も、今後の制作のテーマの一つです。
 それぞれの美しさを引き立て合い、金属だけや漆だけでは表現できない作品を作っていきたいと思います。鍛金による造形と彫金による加飾を楽しんで頂ければと思います。180512_ishibashi_works_01


180512_ichikawa_works_01
市川知也(硝子)
1974 滋賀県に生まれる
1997 朝日硝子製作所 勤務(~1999)
1999 黒木国昭氏に師事(グラスアート黒木 〜2013)
2014 日本伝統工芸富山展 高岡市長賞
    伊丹国際クラフト展 入選
    富山市美術展 奨励賞(’15)
2015 テーブルウェア大賞プロ部門 入選
    伝統工芸諸工芸部会展 入選
    日本伝統工芸富山展 奨励賞(’16)
2016 テーブルウェア大賞プロ部門 優秀賞 及び 審査員特別賞
2017 作家として独立
    富山市美術展工芸部門 大賞180512_ichikawa_works_03
 日本人の誇るべき精神文化「静寂閑雅」を自分なりの感性で表現した作品を制作しております。「日々感激、日々感動、日々感謝」をモットーに心の内から滲み出る情熱作品を目指し精進する毎日です。
 今回、制作した作品の中で「左業」は最新作です。その中でも「凄金」は初披露となります。「左業」は日頃からお世話になっているお鮨屋さんからのリクエストで誕生しました。
 そのお鮨屋さんの大将の頭文字が「し」、大将を紹介してくれた方の頭文字が「せ」、それにお鮨の「す」、頭文字が全て「さ行」。それに左利きの自分が「自分の技で生み出す作品」と言うことで「左業」と名付けました。180512_ichikawa_works_02


180512_oida_works_01
種田真紀(陶芸)
1978 岐阜県に生まれる
2001 名城大学法学部法学科 卒業
2008 京都伝統工芸大学校 卒業
    山本芳岳氏に師事 
2011 石川県九谷焼資料館「赤の系譜展」
2013 独立
    石川県立伝統産業工芸館「九谷の赤と青」
    ルーブル美術館「世界伝統工芸品展」180512_oida_works_02
 「赤絵線描」と言う上絵技法を使って器に絵付けをしています。
 白と赤のバランスを大切に、現代に合ったデザインの器を追求しています。思わず手に取りたくなるような可愛い器を作れるように日々励んでいます。180512_oida_works_03


180512_ooishi_works_03
大石さくら(陶芸)
1986 大阪府に生まれる
2007 第二十七回越前陶芸まつり『ユニークな器展 2007』 特別賞
2009 近畿大学芸術学科造形芸術コース陶・オブジェゼミ 卒業
2011 石川県立九谷焼研修所本科 卒業
    第二十六回石川の現代工芸展 テレビ金沢社長賞
2012 石川県立九谷焼研究所研究科 卒業
    公益財団法人金津創作の森 就職
2017 大阪にて活動180512_ooishi_works_02
180512_ooishi_works_01
 【植物と生物、平面と立体】
 絵柄を立体化させることで目で見て触れて楽しめる器をテーマに制作しています。

180512_shimo_works_02
下 和弘(陶芸)
1971 大阪府に生まれる
1995 佐賀県立有田窯業大学校研究科 卒業
    鯉江良二氏に師事
1996 三重県伊賀市にて独立
    国際陶磁器展美濃
2010 NHK「器 夢工房」180512_shimo_works_03
180512_shimo_works_01


会期は5月23日(水)まで、10時〜18時/木曜、金曜休館です。
尚、明日5月12日(土)は種田真紀が在廊します。
この機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
https://www.facebook.com/YOU.Yuusya/
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

三重と京都出張

2017年8月26日(土)

二十四節気「処暑」七十二候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」

盆明けからの急激な残暑の厳しさに、逃げ場のない息苦しさを感じる今日この頃ですが、皆様に於かれましては如何お過ごしでしょうか。
本当に熱中症の危険を感じるような毎日が続いていますので、くれぐれも用心してあと少しの間をしのいでください。

さて少し前のことになりますが、8月8日(火)に作家さんにお会いしに三重と京都へ、また昨日には四日市まで作品展を観に行って参りましたので、簡単にその御報告を、、、

8月8日(火)は前日までの台風一過で日本晴れ!とはいかず、晴れたり曇ったり、また台風の名残りの風が吹く中を伊勢湾岸をひたすら西へ向かいました。雨の所為で新名神は全面通行止めだったようですが、今回は東名阪を伊賀上野へとクルマを進めます。
思ったよりも渋滞もなく比較的スムーズに伊賀上野まで、途中少しづつ雨模様になりながら曲がりくねった山道を進んで、陶芸家:下和弘さんの自宅兼工房に到着したのは12時少し前です。

下和弘さんの工房は山の中、と言っても里山のような場所で、自宅の前には長閑な田園風景が広がるとても静かな環境です。
お会いするのはこれが初めて、2018年5月の酒器展に出品をお願いしています。
下さんの創り出す世界観はカラフルでポップ、とても遊び心を感じる自由な器の世界です。金銀彩や色絵を多用し、観ているだけでも愉快な気分にしてくれる作品が多いです。
悠遊舎ぎゃらりぃでは初のお目見えとなりますので、楽しみにお待ち頂ければ幸いです。

次に向かったのは京都南部在住の陶芸家:高橋亜希さんの工房です。
伊賀上野からは約1時間ほど…だったのですが、途中からの山道はクルマの擦れ違いも出来ないほどの山道、昨日の台風で崖崩れなど起こしてなければ良いけど、、、との心配をしながらの運転となりました。幸いなことに途中、パトロールの車と擦れ違ったりして、問題なく通行出来ることを確認出来たことにホッとしながら、高橋さんの工房に着いたのは14時30分頃。
高橋さんにもお会いするのは今回が初めて、やはり2018年2月の器展に出品をお願いしています。今年3月の京都陶磁器会館にて開催された「空女展 〜若き作家たちの挑戦〜」にて作品を拝見し、その独特の世界観に魅了されました。
高橋さんも磁器に色絵を施す作家さんなのですが、作風は抑制の効いた大人の”毒”をも感じさせる、欧米風に言えば”ダークファンタジー”な世界とも言えましょう。
こちらも楽しみにお待ち頂ければ嬉しく思います。

高橋さんの工房を出た頃にはすっかり雨も上がって綺麗な青空が広がっていました。通行止めだった新名神も平常に戻ったようで、帰りは滋賀信楽を通って新名神から帰りました。途中、信楽までの道すがら、窓を開けて走っていたらもう日暮が鳴き始めていて、盆前だというのに夏の終わりの侘しさを感じました。

閑話休題

さてここからは昨日の話です。
幾ら立秋を過ぎたと言ってもまだまだ残暑が厳しく続いています。あの盆前の日暮は何だったんだ!と言いたくなるような熱暑。思わずブー垂れてしまいたくなる気持ちは分かりますよね。
そんな中、昨日は四日市まで陶芸の作品展を観に行って参りました。

170825_tomita_works_02
先ずは目黒陶芸館にて開催中の「富田美樹子展」へ。
目黒陶芸館は陶芸界では、特にオブジェ作家を精力的に取り上げているギャラリーとして有名です。自分も年に何度も足を運んで勉強させて頂いています。
大阪在住の陶芸家:富田美樹子の作品は、その独創性と存在感が観るものを圧倒し、夢に出て来そうな(もしかすると悪夢かもf^_^;)気がします。聖と俗が混ざり合い、神と悪魔が対峙しながら溶け合うような、非常に神秘的で神がかりな作品となっています。
まさに曼荼羅の世界と言えるでしょう。
数年前から子育てなども一段落し、ここへ来てますます制作に没頭し、作品も激しさと崇高さを増して、神と交信するための装置のような、宗教的で時間や空間を軽々と飛び越えて往く強さを感じさせるようになって来ています。
悠遊舎ぎゃらりぃでも何度か取り上げている作家です。作品展は明日までですが、もしお時間ありましたら是非足を運んでみてください。
因みにギャラリーは四日市東I.C.から直ぐです。またギャラリーとして使用されている「平田邸」も四日市の歴史的建造物に指定された由緒ある建物で、静かな空間でゆっくりと過ごすのも悪くないと思います。170825_tomita_works_01


その後、目黒陶芸館を後にして向かったのは近鉄四日市駅前にある「山画廊」です。こちらでは名古屋在住の陶人形作家:福島輝哲の個展が開催されています。
福島輝哲の創り出す陶人形は日本の伝説や古い民話、はたまた古文書などに記された歴史上の人物、また動物や妖怪など、様々な題材をモチーフに独特の世界を生み出しています。
パッと観ると一瞬グロテスクなのですが、よく観ると愛嬌があって可愛らしかったり、ユーモアなども感じさせる作風が魅力です。
中でも「火の鳥」のシリーズは東日本大震災などの自然の脅威、また畏怖や鎮魂の思いを籠めて制作しています。
こちらも会期は明日までですので宜しければ是非、御高覧ください。

また何処かへ出かけることがあればブログにて御報告致します。楽しみにお待ち頂ければ幸いです。


●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
https://www.facebook.com/YOU.Yuusya/
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
カテゴリー