大豆生田綾子

「加飾的硝子」のお知らせ

2018年4月14日(土)

二十四節気「清明」七十二候「鴻鴈北(こうがんかえる)」

数日前から少しづつ花粉症も落ち着いてきたような気がします。
例年に比べて軽かった今年の花粉症、
今後、少しづつ治まっていってくれると良いのですが…
今年の桜は一気に咲いて一気に散ってしまい、
自分は花見に間に合いませんでした。
来年はこんなことにならぬよう早め早めに行動するよう心掛けたく思います。

さて明日より「加飾的硝子」が始まります。
通常、作品展は土曜に始めるのが常ですが、
今回は私用があり明日、日曜からの開催となりました。

今回は5人の作家にお願いしています。
初めて御紹介する作家2人に、久し振りの出番となった作家が3人です。
ギャラリー内はとても賑やか、華やかな雰囲気に包まれています。
硝子の透明感のある鮮やかな色彩が色とりどり咲き乱れておりますので、
観ているだけでも華やいだ気分になれると思います。

180415_ito_works_02
伊藤かおり
    国立音楽大学器楽科ハープ専攻科 卒業
    第三回 国際ハープ会議(ウィーン) 参加
    国際ジャズ&ポップスハープフェスティバル(モントレー) 参加
2000〜 外航客船による世界一周クルーズにエンターテイナーとして乗船
2001 演奏活動の傍ら硝子制作を始める
2010 ビアマグランカイ8 入選
2016 東日本伝統工芸展 入選
    第五回 そば猪口アート公募展 入選
2018 丹青会 招待作家枠にて出展
現在 ハーピストとして活動しながら硝子制作を続ける
180415_ito_works_03
 私自身が美しく輝くものが好きなので、切子のまばゆい程のキラキラ感を楽しんで頂けるような作品作りを心掛けています。特にグラスやぐい呑みは飲む人が一番美しい状態を見られるよう、覗き込んだ時が一番楽しめるようにデザインしていますので、是非お手に取って覗いて見て頂きたいです。
 サンドブラストの柔らかな表情と、切り子のガラス本来の煌めきという一見相反する表現を一つの器の中に閉じ込め、また最近はそれらをより生かせるよう、キルンワークで生地から制作する事にこだわっています。180415_ito_works_01


180415_oomameuda_works_01
大豆生田綾子
1975 栃木県に生まれる
1996 女子美術短期大学 卒業
    草木染め 修業
1997 江戸切子 修業
2014 現代日本ガラス 工芸の最前線
180415_oomameuda_works_03
 切り子とサンドブラストという技法を用いて、器という用途のあるものをより楽しく使えるように、そして使っていて幸せな気持ちになれるような器を目指して制作しています。180415_oomameuda_works_02


180415_kigoshi_works_01
木越あい
1988 多摩美術大学立体デザイン科クラフト専攻ガラスコース 卒業
1990 多摩美術大学大学院デザイン科修了
1994 世界現代ガラス展 (北海道立近代美術館)
2017 Japanese Glass Today (ドイツ)(’18)
180415_kigoshi_works_02
 宙吹きにて3色以上の透明色を薄く表面に重なるように器を作り、冷めてからサンドブラストで色を彫って絵を描いています。
 物語を感じる絵をガラスという透ける素材を通して描きたいと考えています。手前と奥の絵を呼応させたり、擦りガラスと透明な部分の違いで意味を持たせたり、器という立体物に絵がある楽しさを追求しています。180415_kigoshi_works_03


180415_sanot_works_01
佐野 猛
1960 東京都に生まれる
1984 法政大学社会学部社会学科 卒業
1996 オーストラリア国立大学キャンベラ美術学校ガラス科大学院 修了
1998 Glass Studio SANOSANO 設立
2002 第49回 日本伝統工芸展 日本工芸会奨励賞
2003 第19回 伝統工芸第七部会展 文化庁長官賞
2006 第45回 日本伝統工芸富山展 高岡市教育委員会賞
2007 第21回 伝統工芸諸工芸部会展 朝日新聞社賞
    国際ガラス展 金沢2007 審査員特別賞
2015 アートフェア富山2015 準グランプリ
2016 越中アートフェスタ 大賞
2017 日本クラフト展 大賞
180415_sanot_works_02
 吹きガラスの技法では球体の形が基本なのですが、電気炉で板を作り吹きガラスの工程で組み立てることで、柔らかさもある四角い作品を作りました。電気炉で板を作る工程で緻密な模様を作れるところが特に楽しいです。180415_sanot_works_03


180415_sanoy_works_01
佐野曜子
1962 東京に生まれる
1985 成蹊大学文学部英米文学科 卒業
1996 オーストラリア国立大学キャンベラ美術学校ガラス科大学院 修了
1998 Glass Studio SANOSANO 設立
2002 第3回 清洲国際工芸ビエンナーレ 銅賞
2005 第20回 伝統工芸諸工芸部会展 第20回記念賞
2008 第26回 朝日現代クラフト展 奨励賞
    第55回 日本伝統工芸展 NHK会長賞
2009 第48回 日本伝統工芸富山展 富山支部賞
2016 越中アートフェスタ 優秀賞
180415_sanoy_works_02
 色を何重にも巻き時間をかけカットする作品を今まで作ってきましたが、今回は電気炉で板を作り吹きガラスの工程で膨らます技法で作りました。板を作る段階で、よりで自由な感じでパーツを並べています。180415_sanoy_works_03


会期は4月25日(水)まで、10時〜18時/木曜、金曜休館です。
尚、4月16日(月)は伊藤かおりが在廊致します。
この機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
https://www.facebook.com/YOU.Yuusya/
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

「置物一展 2014」作品を掲載しました。

2014年1月17日(水)

「置物一展 2014」の作品を掲載しました。
140110_tomita_storeswork_0102

各作品へのお問い合わせはメール、若しくはお電話にて受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。140110_asano_storeswork_02


●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0322
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

「置物一展 2014」始まりました。

2014年1月10日(金)

二十四節気「小寒」七十二候「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」

謹賀新年
明けましてお目出度う御座います。
と言うには少々、正月気分からは遠離り過ぎているでしょうか。
昨日までギャラリーをお休みしておりまして、
方々へ出掛けたりしておりました。
とは言っても、必ずしも遊んでばかりいた訳ではありませんので、
その点、御容赦頂ければ幸いです。

さて、本日より新年最初の作品展「置物一展 2014」が始まりました。
この作品展も今回で8回を数えることとなり、
少しづつですがオブジェへの理解も深まって来ていることを実感します。

今回は陶、硝子の分野から16名の作家たちが出品しています。


浅野 哲
「模細工文陶筥」w13 X d11 X h12 cm:50,000円140110_asano_work


安藤郁子
「その森へ帰る」w32 X d21 X h23 cm:60,000円140110_ando_work


一色智登世
「seed」w30 X d30 X h24 cm:150,000円140110_isshiki_work


伊藤けんじ
「豚」w30 X d9 X h22 cm:65,000円140110_ito_work


稲崎栄利子
「space ship」w10 X d10 X h10 cm:120,000円140110_inazaki_work


大豆生田綾子
「スカーレット」w14 X d7 X h12 cm:42,000円140110_oomameuda_work


兼藤 忍
「あたたかな祈りの胸像」w25 X d25 X h38 cm:70,000円140110_kanefuji_work


岸本耕平
「凛壁」w14 X d10 X h11 cm:21,000円
「凛壁」w16 X d7 X h13 cm:21,000円
「凛礁」w15 X d8 X h14 cm:42,000円140110_kishimoto_works


佐野 猛
「ストライプの箱」w5 X d5 X h10 cm:31,500円
「patchwork box」w9 X d8 X h6 cm:52,500円140110_sano_t_works


佐野曜子
「織りの香立て」w12 X d12 X h3 cm:21,000円
「織りの香立て」w10 X d10 X h3 cm:21,000円140110_sano_y_works


清水真由美
「pot」w7 X d7 X h6 cm:29,400円140110_shimizu_work


田中哲也
「QOO No.11 -NOAH」w45 X d13 X h25 cm:94,500円140110_tanaka_work


丹羽シゲユキ
「華蓮」w26 X d11 X h11 cm:78,750円140110_tamba_work


富田美樹子
「器官 -K-」w13 X d9 X h7 cm:140,000円
「器官 -K-」w13 X d10 X h9 cm:140,000円140110_tomita_works


西崎 智
「光鐘 黒炎」w12 X d12 X h24 cm:250,000円140110_nishizaki_work


柳建太郎
「資本経済戦闘員」w12 X d12 X h22 cm:73,500円140110_yanagi_work



会期は1月29日(水)まで、木曜休館です。
是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0322
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

「蓼喰ふ虫も酒器好き 2013」は明日から\(^o^)/


毎年春の恒例となりつつある酒器展も今回で第7回を迎えます。
その間、様々な作家、様々な酒器が出品されました。
今回は初見参の作家、久々に復帰した作家など、
硝子、陶芸から4人の作家が出品してくれました。
種類もぐい呑み、盃からロックグラス、ビヤマグ、ワイングラス、徳利まで、
バラエティに富んだ作品が勢揃いしています。

この機会に是非、お気に入りの器を見つけにいらしてください。

飯田尚央
01
02
03


石橋敬子
01
03
02


大豆生田綾子
02
03
01


梶間智絵
03
02
01


尚、会期は3月27日(水)まで、木曜休館です。

是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0322
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

大豆生田綾子 略歴

大豆生田綾子

1975 栃木県生まれ
1996 女子美術短期大学卒業
1996 草木染め修行
1997〜2004
    江戸切子修行

謹賀新年の御挨拶と「置物一展 2013」のお知らせ

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2013年ももう10日も過ぎて、お正月気分もそろそろ抜ける頃でしょうか。
自分は明日から仕事始めだと言うのに風邪をひきそうな気配f^_^;)
拗らせない様に気をつけなければ、と気を引き締めているところです。

二十四節気「小寒」七十二候「水泉動(しみずあたたかをふくむ)」

さて明日より「置物一展 2013」が始まります。
2013年最初の作品展は陶芸、硝子、金属の作家によるオブジェの作品展です。
今回は国内16名の作家達が出品してくれました。


11_ando_work
安藤郁子「森」
 価格:40,000円/小
    50,000円/大
 素材:土
大きさ:W7×D8×H16cm/小
    W16×D9×H16cm/大
特別支援学級の教員をしていた時に担当していた一人の生徒の、
その視線や佇まいが、
一見、弱いのに力強く透明な感じがして、
まるで「夜の森のようだ」と感じたことが、
この作品を生み出す切っ掛けになりました。


11_isshiki_work
一色智登世「seed」
 価格:28,000円
 素材:土
大きさ:W19×D14×H18cm
目に見えない時間や現象、言葉や音、記憶の断片、日常の風景、
日々起きる出来事からイメージは展開し、
連想的に発展して形となっていきます。
seed = はじまりのかたち


11_inazaki_work
稲崎栄利子「深海」
 価格:405,600円
 素材:土
大きさ:W30×D22×H8cm
自分の創る細やかなディテールは焼成と冷却を経て、
手では造形することが叶わなかった小ささまで収縮し、
強度を持って結晶化されます。
その凝縮された密度は人間の匂いのする手業から遠くかけ離れて、
独特の佇まいを醸し出してくれる様に思うのです。
そんな新しい佇まいを観たくて創ることを続けています。


11_iwamoto_work
岩本幾久子「前葉体」
 価格:18,000円
 素材:磁土
大きさ:W25×D16×H14cm
ミクロの世界など、
実際には目に見えない世界をモチーフに立体化して作品化していくのが、
私の最大のテーマです。
また、普段使いの作品については手触りを重視しています。


11_oomameuda_work
大豆生田綾子「朝顔金魚」
 価格:75,600円
 素材:硝子
大きさ:W12×D12×H9cm
金魚の尾ひれを朝顔の花びらで表現した作品です。
水中でひらひらなびくひれと、
風にそよぐ花びらを融合出来たら良いな、と思い制作しました。


11_kanefuji_work
兼藤 忍「宝珠」
 価格:50,000円
 素材:土
大きさ:W17×D17×H24cm
私がずっと表現したかったこと…
それは器でもオブジェでもない、もっと根源的なもの。
宝珠は意のままに様々な願いをかなえる宝、
無限の価値を持つものとして信じられて来たようです。
形が宝珠に似ているので、そんなパワーを願って…


11_kishimoto_work
岸本耕平「凛彩花器」
 価格:21,000円
 素材:硝子
大きさ:W17×D8×H21cm
硝子と銀の反応による色合いを用いました。
格子状に硝子の色彩が交わる様に制作されています。


t_work
佐野 猛「crazy bottle」
 価格:52,500円
 素材:硝子
大きさ:W11×D5×H15cm
硝子の透明感を活かし、セロファンのような色の重なりを表現しました。
「どうやって創ったのだろう?」
と言うような不思議さも出せれば良いと思っています。


y_work
佐野曜子「春の丘」
 価格:52,500円
 素材:硝子
大きさ:W19×D19×H12cm
布を張り合わせるパッチワークの様子を、
硝子の切断、溶着の技法を使い表現しました。


11_suzuki_work
鈴木祥太「オトシモノ -南天-」
 価格:45,000円
 素材:鉄、銅、銀、洋白、緑青
大きさ:W8×D5×H3cm
自然の風景の中でも特に、
普段、意識しないと気付かないような何気ない光景に美しさを感じます。
そんな冬のある光景を表現しました。


11_tamba_work
丹羽シゲユキ「華蓮」
 価格:84,000円
 素材:磁土
大きさ:W28×D14×H14cm
ここ数年、
「生きることへの喜び、生命への賛歌」をテーマに制作しています。
植物などの躍動感、生命感をヒントに自分の直感が一致するとき、
人の素肌を連想させる白い磁土を削り出すことによって、
フォルムは起こされます。
今生きていることの喜びを作品を通して共有出来れば幸いです。


11_tomita_work
富田美樹子「色絵甲殻紋様大皿」
 価格:150,000円
 素材:土
大きさ:W30×D30×H60cm
大学卒業後に万古焼きの技法を知り、
万古焼きの上絵のこんもりと盛り上がった凹凸感と
はっきりした色の上絵の具に、自分の創りたい作品と技法が一致しました。
作品は、有機的な形に細密な文様を描き込んでいくという方法で、
植物の種子、つぼみ、茎、生物、昆虫など有機的な曲線を元に立体を創り、
その後に描く文様を考えます。
制作工程の半分以上を絵付けの作業に費やし、
文様は最初の始点を決めそこから増殖させる様に描き込み、
空いた面に合う文様を思案しながら描き進めます。
文様のインスピレーションは幼少期に滞在していた、
ポルトガルで観たイスラム圏の影響を受けた
ヨーロッパの装飾美術がルーツなのかな、と思います。
その細密な幾何学文様と私がまたインスピレーションを受ける
細胞、植物、昆虫などの有機的な曲線とが混ざり合って
作品の文様パターンが出来上がっています。
大学時代以後訪れた国のうち特にスペインのコルドバ、セビーリャ、グラナダ、
インドのジャイプール、ジョドプール、トルコのブルーモスクなどの、
装飾美術に強い衝撃を受けました。
迫って来る様な細密な文様の装飾が余す所無く施され、
ただそこに立ちすくんで圧倒的なエネルギーを呆然と感じ、
私も自分の手でこの様な感覚を呼び起こさせる物を作りたいと思い
作品創りに取り組んでいます。


11_nishizaki_work
西崎 智「不動坊」
 価格:150,000円
 素材:土、硝子
大きさ:W15×D15×H29cm
「神仏」「祈り」「癒し」をテーマに製作しています。
土と硝子と言う異質な素材を組み合わせ、
土の温かみと硝子の発する優しい光によって、
心に潤いを感じて頂ければ幸いです。


11_fukunishi_work
福西 毅「letter」
 価格:100,000円
 素材:硝子
大きさ:W17×D17×H20cm
これは、昨年アメリカニュージャージー州にある
CGCA(クリエイティブ・グラスセンター・オブ・アメリカ)の
アーティストレジデンスプログラムを受賞し、
現地に3ヶ月間滞在して制作した作品です。
 現地で感じた文化や風習の違い、
新しく組んだチームメイトとの作業の中から生まれて来た作品です。
多くの意味でチャレンジの多い体験となり、
自分にとっても多くの思い出の詰まった作品となりました。


11_fukumoto_work
福本双紅「萌ゆ」
 価格:25,000円
 素材:磁土
大きさ:W20×D20×H3cm


01
安田泰三「虹色バルーン」
 価格:262,500円
 素材:硝子
大きさ:W14×D14×H39cm
この作品は、
雲の中を風船が飛んでいくイメージを硝子の内側に表現し、
24面のカットとレース硝子で仕上げました。


会期は1月30日(水)まで、木曜休館です。

是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0322
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
カテゴリー