彫金

「近藤良典の硝子 石井雄次の金属」のお知らせ

2018年6月1日(金)

二十四節気「小満」七十二候「麦秋至(むぎのときいたる)」

昨日までずっと不安定な天気、雨がしとしと降り続けていました。
それでも今日の五月晴れは本当に清々しくて、
このまま梅雨に入ってしまわぬようにと祈るばかりです。

さて明日より「近藤良典の硝子 石井雄次の金属」が始まります。
今回で4回目となるコラボレーション、
前回にも増して二人の作品が進化し続けていることが分かります。

180602_kondo_work_02
近藤良典
1975 大阪に生まれる
2001 独学でソフトガラスを始める(とんぼ玉を作り始める)
2002 ボロシリケイトガラスを始める
2005 千葉県柏市に移住
2008 「The Art exhibition of glass MARBLE & PAPERWEIGHT」
                      (悠遊舎ぎゃらりぃ)
    雑誌『LAMMAGA 6号』MARBLEで掲載
    雑誌『KINARI』1号に特集掲載
2009 雑誌『LAMMAGA 8号』 技法紹介で掲載
   「The Art exhibition of glass MARBLE& PAPERWEIGHT」
                      (悠遊舎ぎゃらりぃ)
2010 「The Alphabet Marble Contest 2010 in USA」
             審査員投票と一般投票で優勝
2011 「The Alphabet Marble Contest 2011 in USA」
             審査員投票で2位/一般投票で優勝
    雑誌『The FLOW』USAのバーナーワーク専門雑誌の表紙に作品掲載
2013 Treating Yourself Expo Flame Off in Toronto(カナダ)
                    Team JAPAN 優勝
2014 American Glass Expo (AGE) in Las Vegas (USA)
       2013年度 ベストマーブル作家賞 受賞(オンライン投票にて)
    Team Japan Show 2014(渋谷)
    妖怪獣(YO-KAI-JU)(アムステルダム)
    COUNTER CULTURE GLASS at Habatat Galleries(フロリダ)
2015 ALL JAPAN SHOW 2015(渋谷)
2016 Team Japan Show(バンクーバー)
2017 Team Japan Show(バンクーバー)180602_kondo_work_03180602_kondo_work_05

180602_kondo_work_04
 ボロシリケイトガラスによってマーブルを創り続けて来た近藤良典、そのことで特にアメリカに於いて高い評価を受けて来た彼が、さらに進化を遂げようと今回は初めて立体(sculpture)に挑戦しました。
 硝子の球体であるマーブルでは表現し切れない新しいカタチを模索し、また様々なアーティスト達とコラボレーションする中で大いに刺激を受け、どんどん自分の世界を広げ深め続けています。
 立体作品(sculpture)を発表するのは今展が初めてです。180602_kondo_work_01


180602_ishii_work_01
石井雄次
1971 東京に生まれる
1994 宝塚造形芸術大学プロダクトデザイン学科 卒業
1998 JJA ジュエリーコンテスト 関東通商産業局長賞
2009 国家一級貴金属装身具制作技能士 取得
2013 「應需細工所」オープン
    ヒコ・みずのジュエリーカレッジにて特別講師
2015 第28回 技能グランプリ 日本3位180602_ishii_work_04
180602_ishii_works_05
 23年間、ジュエリー職人としてオーダーを制作する傍ら、8年前より絡繰りジュエリー[gimmick jewelry]を制作し、個展や全国百貨店、アートイベントにて発表しています。
 2013年から「應需細工所」として古民家のショップをオープンしましたが、今春、制作に専念するためアトリエ兼自宅を兵庫県篠山の里山に移転、森の中のアトリエでジュエリーのみならずオブジェの制作を開始しました。
 今回のコラボレーションについては、今までの制作順序とは逆の方向で何か新しい発見があるかな、というものを二人で探してみたとっかかりの作品です。今回は初めて、先ず自分が自由に作り、その完成後に近藤さんが主にカタチの制約を受けることで「球」以外のカタチにトライしてもらいました。制作方法もカタチも今までに無いものになり、互いに刺激になったように思います。今後もこのスタイルも併せて次の構想を話しています。180602_kondo&ishii_work_01
180602_kondo&ishii_work_02
 ソロ作品については、明確なテーマは持たず、「身に付ける」という根本の枠を取り外した事が一番やってみたかったことで、大きさや重量・華奢さや構造(尖っていたり・細かったり)を無視してみる、その先の自由さで主に生き物をカタチにしました。プロフィールボードの左上にある英語の3つの単語が現在のワタシが大切にしたいことです。180602_ishii_work_03
「今」
「直感」
「楽しむ」
180602_ishii_work_02
 作りたいもののイメージはおぼろげに出発して完成に向かって作業を進めるのではなく、制作している最中の完成に向かうプロセスの中で自由な方向に向かえること自体を直感で選びとって楽しみながら進めていく、ということです。何かの答えを見据えて完成度を上げたり、完全や完璧に近付けるのではなく、ともかく最中を楽しむ時に思いがけず生まれる「こっちに進もう」という選択が最終的にどうなるか、という積み重ねがどんなカタチになり、ともすれば次の作品のとっかかりをも掴んでいく、そんなプロセスであったりスタイルであったり、なのです。
 なので大きなコンセプトはありません。「この人、楽しんでるな」と思ってもらえることが作品から出ていたら嬉しいと思っています。

会期は6月13日(水)まで、木曜、金曜休館/10時〜18時です。
尚、6月2日(土)、3日(日)は作家が在廊致します。
この機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
https://www.facebook.com/YOU.Yuusya/
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

京都出張:前編

2017年7月24日(月)

二十四節気「小暑」七十二候「桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ)」

梅雨も漸く開けて本格的な真夏が到来しました。
この季節は熱中症やら夏バテやらで体調管理が大変ですが、老体に鞭打って頑張って働く所存です。

さて先週の7月20日(木)〜21日(金)に京都へ行って参りました。
作家さんとの作品展の打ち合わせと諸々の作品展やら美術展を巡る旅です。

先ずは20日(木)の午後、京都駅にて赤絵線描の陶芸家:種田真紀さんと待ち合わせ、来春5月の「蓼喰ふ虫も酒器好き 2018」の打ち合わせです。
お会いするのは今回が初めて、お互いの来歴や赤絵線描の技法の具体的な話など、また酒器展に出品して頂く器の希望などなど細かい話も織り交ぜて2時間ほどお話ししました。御本人もとても真面目な方で真摯な姿勢が伝わって来ました。

その後、地下鉄で四条駅で下車、種田さんにお薦めされて大丸百貨店で開催されていた、「伊庭拓也 金属工芸展 -金銀細工の世界-」を拝見しに6階へ。
非常に見応えのある若手彫金家の世界でした。
京都らしく簪や帯留めなどの細工がとても素晴らしく、細かく且つ立体感のある造形にとても存在感があり、丁寧な仕事振りが窺える作品にとても強い印象を持ちました。
どんどん新しい才能が生まれて来ていることを痛切に感じ、自分も気を引き締めていかなければと改めて感じました。

大丸百貨店を後にしたのは15時30分頃でしょうか。
徒歩で京都文化博物館別館内、arton galleryで開催されていた「南部 楓 x 望月玲実 二人展 深層からの余韻」へ。
南部楓さんは陶芸家、以前からお名前は存じ上げておりましたが作品を拝見するのは今回が初めて、独特の世界観を持った怪しさが魅力です。これからの活躍が期待される作家の一人だと思います。
望月玲実さんは洋画で終末的な世界の中の希望を描く作家さんです。色使いが大胆で面白かったです。

大丸百貨店から北へ上がって清課堂さんへ。
少し道を間違えて暑い中で余計な体力を消耗してしまいましたが、何とか無事に到着し、ひんやりとした静かな店内へ。
こちらでは「いまからまめさら 2017」という金属工芸の作品展を開催しており、こちらでは、やはり2018年5月の酒器展に出品をお願いしている金工家:石橋咲実さんの作品を拝見しに伺いました。
石橋さんの作品は特に象嵌技法に興味があるのか、朝顔状の豆皿に金銀の蝶が象嵌されていました。これから更に修練を重ねて本当に質の良い魅力的な作品を生み出していって欲しいと思います。

清課堂さんを後にして後、地下鉄五条駅まで下ってホテルにチェックインし、夜は京都在住の友人に美味しいハンバーグを食べに連れて行って貰いました。
この日は此処でお終い。

※写真がなくて味も素っ気もないですが、写真を撮るのを忘れてしまうのは歳の所為もあるのでしょうか…御容赦ください<(_ _)>

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
https://www.facebook.com/YOU.Yuusya/
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

「jewelleryの十二月 2015」が始まります。

2016年12月10日(木)

二十四節気「大雪」七十二候「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」

1年で一番大雪が降る季節です。
と言う割にはなかなか寒くならないですね。
「雪が降ってほしい」と思う反面、
「寒いのは嫌だ」と言う我儘も世の常…汗f^_^;)
何れにしても師走に入り何かと気忙しい年の瀬ですから、
心だけでものんびりゆったりと構えていたいものです。

明日より「jewelleryの十二月 2015」が始まります。
この年の終わりに大切な誰かへ、
そして今年も頑張った自分への御褒美として、
素敵なプレゼントをしてください。
作家たちの心の込もったオリジナルジュエリーが、
貴方の心にほっこりとした灯りを灯してくれることと思います。
ユーモアを感じさせるシルバー・アクセサリーから、
ダイアモンドなどの石を使った宝飾ジュエリー、
また漆による艶やかで深みのあるジュエリーまで、
多数取り揃えてお待ち申し上げております。

井上陽介
151211_inoue_works_03
151211_inoue_works_02
151211_inoue_works_01


黒田沙知子
151211_kuroda_works_02
151211_kuroda_works_01
151211_kuroda_works_03


長井一馬
151211_nagai_works_01
151211_nagai_works_02
151211_nagai_works_03


松浦峰里
151211_matsuura_works_02
151211_matsuura_works_01
151211_matsuura_works_03


会期は12月23日(水)まで、木曜休館/10時〜18時です。
尚、下記の日程で作家も在廊致します。

12月19日(土):井上陽介
12月23日(水):松浦峰里

この機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

「近藤良典の硝子 石井雄次の彫金」のお知らせ

2015年5月13日(水)

二十四節気「立夏」七十二候「蚯蚓出(みみずいずる)」

季節外れの台風一過のお陰で、今日はとても気持ち良く晴れています。
風もなく穏やかな五月晴れの日は1年でも最も過ごしやすく、
ついこの間まで若々しかった新緑の色も緑陰を濃くしつつありますね。
梅雨までの束の間の爽やかな季節を思う存分楽しみたいと思います。

さて明後日の5月15日(金)より、
「近藤良典の硝子 石井雄次の彫金」を開催します。150515_k&i_works_01


この二人の二人展を思いついたのは、実のところ苦肉の策でした。
初めの予定では石井雄次氏と別の作家さんとの二人展を予定していたのですが、
その企画が様々な事情で実現しなくなってしまい、
「はてさてどうしたものか…」
石井氏の圧倒的な存在感の作品に対抗し得る作家はそうはいません。
そんな時にふと近藤良典氏のことが脳裏を過ったのは2015年初めのこと。
「瓢箪から駒」「果報は寝て待て」「棚からぼた餅」←ちょと違うか…f^_^;)
近藤氏との二人展であれば十分に、
いや想像以上に迫力のある競演が実現するかも知れない…150515_k&i_works_02


そこから急遽、近藤氏に連絡を取り、
急なお願いだったにもかかわらず快く引き受けて頂き、
しかもその上に「硝子と彫金のコラボ作品」の制作を提案して頂いたりと、
今回は本当にお二人の心意気に頭が下がる思いです。

近藤良典、石井雄次 共同制作作品「雲に載る」150515_k&i_works_kumoninoru


150515_kondo_works_01
近藤良典
1975 大阪府に生まれる
2001 独学でソフトガラス(とんぼ玉)を始める
2002 ボロシリケイトガラスを始める
2005 千葉県に移住
2010 「The Alphabet Marble Contest 2010 in USA」にて
                審査員投票と一般投票で優勝
2011 「The Alphabet Marble Contest 2010 in USA」にて
                審査員投票で2位、一般投票で優勝
2013 「Treating Yourself Expo Flame Off 2013 in Toronto」
                Team JAPAN 優勝
2014 「American Glass Expo (AGE) in Las Vegas (USA)
        “2013年度 ベストマーブル作家賞”(オンライン投票にて)150515_kondo_works_03
150515_kondo_works_02


150515_ishii_works_01
石井雄次
1971 東京都に生まれる
1994 宝塚造形芸術大学プロダクトデザイン学科卒業
1996 ジュエリーメーカー入社
1998 JJA ジュエリーコンテスト 関東通商産業局長賞
2009 国家一級貴金属装身具制作技能士取得
2013 兵庫県篠山の古民家にて「應需細工所」オープン
    ヒコ・みずのジュエリーカレッジにて特別講師
2015 第28回 技能グランプリ 3位入賞150515_ishii_works_02
150515_ishii_works_03


他ではなかなか観られない二人展を実現することが出来ました。
尚、初日、5月15日(金)には近藤良典、石井雄次ともに在廊予定です。
この機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

明日より「jewelleryの六月 2013」始まります。

2013年6月27日(木)

二十四節気「夏至」七十二候「菖蒲華(あやめはなさく)」

今年の梅雨は本当に降りませんね。
思った以上に早く梅雨入りしたにも拘らず降りませんね。
このまま夏を迎えれば渇水は必至、心配事の多い今日この頃です。

01
さて明日より「jewelleryの六月 2013」を開催します。
この季節にジュエリー展を開くのは久しぶりのことです。
ジュエリーと言えば、
どうしても冬のお洒落を楽しむアイテムとして重宝するイメージが強いですが、
夏に似合いのお洒落を楽しむことで、
より涼しさを演出することが出来ると感じています。02


今回の出品作家はどの作家も久しぶりの出品です。
冬とはまた違った軽やかな雰囲気のジュエリーをお楽しみください。


07
白尾由美
1966 静岡県に生まれる
1993 海野えり子氏に師事
1996 日本ジュエリーアート展入選、以降入選多数
日本クラフト展入選、以降入選多数
1997 伊丹国際クラフト展入選、以降入選多数
2004 アトリエ・ユシラ設立
(社)日本ジュウリーデザイナー協会
(社)日本クラフトデザイン協会
クラフトデザイナー中部08



03
三輪美絵
名古屋ジュエリーデザインスクールなどで彫金を学ぶ。
現在、JJDA副会長の荒川芳秋氏に師事しながら活動中。
1998 工房Belle Toileを設立
「素材が持つ意味を生かしながら、
身につけてくださる方が幸せを感じられるようなジュエリーを
創っていきたいと思っています。」04


06
森 尚子
常葉学園大学教育学部美術専攻科卒業
1998 アートクレイシルバー講師資格取得
(財)二本余暇文化振興会アートクレイ倶楽部
銀粘土技能認定者
Studio NAO2主催
2006 (社)日本ジュウリーデザイナー協会
2008 日本ジュエリーアート展入選(’10、’12)
2009 名古屋造形大学非常勤講師05



会期は7月10日(水)まで、木曜休館です。
尚、6月28日(金)は森尚子が、
そして6月30日(日)は白尾由美が会場に参ります。
お気軽に御来場ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0322
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

宮越喜一 作品掲載

2009年3月17日(水)
宮越喜一の作品を掲載しました。

宮越喜一 リング「gills bone-F」宮越喜一のリングを初めて見たのは2008年のジュエリーデザイナー協会主催の「2008年 ジュエリーアート展」でのことだった。
その強烈な印象。
リングと言う枠を軽々と飛び越えてしまう力強い存在感。
ジュエリーであることを否定するかのようなその大きさと重量感。
まさに「身に着けるアート」とも言うべき先鋭的で挑発的なデザイン。

その一方で彼自身は思った以上に淡々として穏やかな人物でもある。
余計なことにとらわれることなく、ただただ自分の好きな物を追求し続ける彼の姿勢には共感と同時に軽い嫉妬も覚える今日この頃である。

リング「gills bone」

宮越喜一 略歴
宮越喜一 リング「gills bone」
【作品番号】0901-29_miyagoshi
  【価格】114,480円(税込)
【作品概要】素材:銀
     サイズ:h5 cm x k24(リングゲージ)
      重さ:22 g
     その他:サイズオーダー可能記事の続きへ

リング「ブラスカヌ」

宮越喜一 略歴
宮越喜一 リング「ブラスカヌ」
【作品番号】0901-23_miyagoshi
  【価格】101,088円(税込)
【作品概要】素材:銀
     サイズ:h5.5 cm x k24(リングゲージ)
      重さ:28 g
     その他:サイズオーダー可能記事の続きへ

リング「シャクアン」

宮越喜一 略歴
宮越喜一 リング「シャクアン」
【作品番号】0901-18_miyagoshi
  【価格】100,008円(税込)
【作品概要】素材:銀
     サイズ:h4 cm x k24(リングゲージ)
      重さ:18 g
     その他:サイズオーダー可能記事の続きへ

リング「カゼト」

宮越喜一 略歴
宮越喜一 リング「カゼト」
【作品番号】0901-09_miyagoshi
  【価格】149,040円(税込)
【作品概要】素材:銀
     サイズ:h3.5 cm x k24(リングゲージ)
      重さ:20 g
     その他:サイズオーダー可能記事の続きへ
カテゴリー