石井雄次

「近藤良典の硝子 石井雄次の金属」のお知らせ

2018年6月1日(金)

二十四節気「小満」七十二候「麦秋至(むぎのときいたる)」

昨日までずっと不安定な天気、雨がしとしと降り続けていました。
それでも今日の五月晴れは本当に清々しくて、
このまま梅雨に入ってしまわぬようにと祈るばかりです。

さて明日より「近藤良典の硝子 石井雄次の金属」が始まります。
今回で4回目となるコラボレーション、
前回にも増して二人の作品が進化し続けていることが分かります。

180602_kondo_work_02
近藤良典
1975 大阪に生まれる
2001 独学でソフトガラスを始める(とんぼ玉を作り始める)
2002 ボロシリケイトガラスを始める
2005 千葉県柏市に移住
2008 「The Art exhibition of glass MARBLE & PAPERWEIGHT」
                      (悠遊舎ぎゃらりぃ)
    雑誌『LAMMAGA 6号』MARBLEで掲載
    雑誌『KINARI』1号に特集掲載
2009 雑誌『LAMMAGA 8号』 技法紹介で掲載
   「The Art exhibition of glass MARBLE& PAPERWEIGHT」
                      (悠遊舎ぎゃらりぃ)
2010 「The Alphabet Marble Contest 2010 in USA」
             審査員投票と一般投票で優勝
2011 「The Alphabet Marble Contest 2011 in USA」
             審査員投票で2位/一般投票で優勝
    雑誌『The FLOW』USAのバーナーワーク専門雑誌の表紙に作品掲載
2013 Treating Yourself Expo Flame Off in Toronto(カナダ)
                    Team JAPAN 優勝
2014 American Glass Expo (AGE) in Las Vegas (USA)
       2013年度 ベストマーブル作家賞 受賞(オンライン投票にて)
    Team Japan Show 2014(渋谷)
    妖怪獣(YO-KAI-JU)(アムステルダム)
    COUNTER CULTURE GLASS at Habatat Galleries(フロリダ)
2015 ALL JAPAN SHOW 2015(渋谷)
2016 Team Japan Show(バンクーバー)
2017 Team Japan Show(バンクーバー)180602_kondo_work_03180602_kondo_work_05

180602_kondo_work_04
 ボロシリケイトガラスによってマーブルを創り続けて来た近藤良典、そのことで特にアメリカに於いて高い評価を受けて来た彼が、さらに進化を遂げようと今回は初めて立体(sculpture)に挑戦しました。
 硝子の球体であるマーブルでは表現し切れない新しいカタチを模索し、また様々なアーティスト達とコラボレーションする中で大いに刺激を受け、どんどん自分の世界を広げ深め続けています。
 立体作品(sculpture)を発表するのは今展が初めてです。180602_kondo_work_01


180602_ishii_work_01
石井雄次
1971 東京に生まれる
1994 宝塚造形芸術大学プロダクトデザイン学科 卒業
1998 JJA ジュエリーコンテスト 関東通商産業局長賞
2009 国家一級貴金属装身具制作技能士 取得
2013 「應需細工所」オープン
    ヒコ・みずのジュエリーカレッジにて特別講師
2015 第28回 技能グランプリ 日本3位180602_ishii_work_04
180602_ishii_works_05
 23年間、ジュエリー職人としてオーダーを制作する傍ら、8年前より絡繰りジュエリー[gimmick jewelry]を制作し、個展や全国百貨店、アートイベントにて発表しています。
 2013年から「應需細工所」として古民家のショップをオープンしましたが、今春、制作に専念するためアトリエ兼自宅を兵庫県篠山の里山に移転、森の中のアトリエでジュエリーのみならずオブジェの制作を開始しました。
 今回のコラボレーションについては、今までの制作順序とは逆の方向で何か新しい発見があるかな、というものを二人で探してみたとっかかりの作品です。今回は初めて、先ず自分が自由に作り、その完成後に近藤さんが主にカタチの制約を受けることで「球」以外のカタチにトライしてもらいました。制作方法もカタチも今までに無いものになり、互いに刺激になったように思います。今後もこのスタイルも併せて次の構想を話しています。180602_kondo&ishii_work_01
180602_kondo&ishii_work_02
 ソロ作品については、明確なテーマは持たず、「身に付ける」という根本の枠を取り外した事が一番やってみたかったことで、大きさや重量・華奢さや構造(尖っていたり・細かったり)を無視してみる、その先の自由さで主に生き物をカタチにしました。プロフィールボードの左上にある英語の3つの単語が現在のワタシが大切にしたいことです。180602_ishii_work_03
「今」
「直感」
「楽しむ」
180602_ishii_work_02
 作りたいもののイメージはおぼろげに出発して完成に向かって作業を進めるのではなく、制作している最中の完成に向かうプロセスの中で自由な方向に向かえること自体を直感で選びとって楽しみながら進めていく、ということです。何かの答えを見据えて完成度を上げたり、完全や完璧に近付けるのではなく、ともかく最中を楽しむ時に思いがけず生まれる「こっちに進もう」という選択が最終的にどうなるか、という積み重ねがどんなカタチになり、ともすれば次の作品のとっかかりをも掴んでいく、そんなプロセスであったりスタイルであったり、なのです。
 なので大きなコンセプトはありません。「この人、楽しんでるな」と思ってもらえることが作品から出ていたら嬉しいと思っています。

会期は6月13日(水)まで、木曜、金曜休館/10時〜18時です。
尚、6月2日(土)、3日(日)は作家が在廊致します。
この機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
https://www.facebook.com/YOU.Yuusya/
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

「KOGEI Art Fair Kanazawa 2017」のお知らせ

2017年11月18日(土)

二十四節気「立冬」七十二候「金盞香(きんせんかさく)」

昨夜から雨がずっと振り続けています。
この時間になって漸く少し雨も上がりましたが、
今日はさすがに冬の到来を感じずには居られない寒い一日でした。
それでも世間は忙しく動いています。
17時頃に灯油を買いに近くのガソリンスタンドへ行く道すがら、
夕闇の中を沢山のクルマが列をなして家路を急いでおり、
また遠くに見えるショッピングセンターではネオンが明るく輝いていて、
感傷に浸ってる場合ではないな〜としみじみ思うのでした。

さて11月24日(金)〜26日(日)、金沢にてアートフェアが開催されます。
悠遊舎ぎゃらりぃも出展致します。
この「KOGEI Art Fair Kanazawa 2017」は初めて金沢で開催され、
また工芸に特化したアートフェアとしても日本では初めてのことと思います。
悠遊舎ぎゃらりぃとしても今まで名古屋、神戸、東京と、
様々なアートフェアに出展して来ましたが、
工芸に特化したアートフェアは初めてと言うこともあり、
とても楽しみにしています。
171124_kafk_dm_01

悠遊舎ぎゃらりぃの出展概要は下記の通りです。

会場:KUMU金沢 -SHARE HOTELS-
部屋:410号室
会期:11月24日(金)/13時〜18時(招待者限定)
   11月25日(土)/11時〜19時(一般公開)
   11月26日(日)/11時〜18時(一般公開)
作家:陶芸→浅野 哲、増原嘉央理
   硝子→川北友果、田中福男
   彫金→石井雄次
   金工→光本岳士
在廊:11月24日(金)→石井雄次、川北友果、田中福男、光本岳士
   11月25日(土)→石井雄次、田中福男、光本岳士
   11月26日(日)→浅野 哲、石井雄次
171124_kafk_dm_02

今回を機にさらに日本の工芸が飛躍することを心から願っています。
もし宜しければ是非、足をお運びください。
金沢でお会い出来ることを楽しみにしております。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
https://www.facebook.com/YOU.Yuusya/
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

「近藤良典の硝子 石井雄次の彫金」のお知らせ

2017年5月10日(水)

二十四節気「立夏」七十二候「蚯蚓出(みみずいずる)」

GWが明けて梅雨が始まるまでの短いこの時季が、
1年を通して一番過ごしやすい季節と言えるのではないでしょうか。
清々しい太陽の光と爽やかな風を感じながら、
ささやかな幸せに感謝することを忘れずに過ごしたいものです。

170513_kondo&ishii
さて5月13日(土)より「近藤良典の硝子 石井雄次の彫金」を開催します。
2人の共演は今回で3度目、
3年前の二人の奇跡的な出会いから様々な可能性が広がりつつあります。
この3年の間にもマーブル、ボロシリケイトへの認知や人気は高まりを見せ、
近藤良典の作品もより多くの人々から注目を浴びるようになって来ました。
一方で活躍の場をクラフトマーケットからギャラリーへと広げ、
さらに世界からも声が掛かるようになって来た石井雄次も、
足場固めをしていた段階からより広い世界へと飛躍の時を迎えつつあります。
170513_kondo&ishii_works
また二人の作家による合作作品はさらに進化を遂げ、
お互いが互いを刺激し合いながら、
遊ぶゆとりさえ感じさせる作品が仕上がって来ています。
今回は二人のどんな共演が観られるのか、
観客も巻き込んで刺激的な作品展になることと思います。

170513_kondo_work_01
近藤良典
1975 大阪に生まれる
2001 独学でソフトガラスを始める(とんぼ玉を作り始める)
2002 ボロシリケイトガラスを始める
2005 千葉県柏市に移住
2008 「The Art exhibition of glass MARBLE & PAPERWEIGHT」
                      (悠遊舎ぎゃらりぃ)
   雑誌『LAMMAGA 6号』MARBLEで掲載
   雑誌『KINARI』1号に特集掲載
2009 雑誌『LAMMAGA 8号』 技法紹介で掲載
   「The Art exhibition of glass MARBLE& PAPERWEIGHT」
                      (悠遊舎ぎゃらりぃ)
2010 「The Alphabet Marble Contest 2010 in USA」
             審査員投票と一般投票で優勝
2011 「The Alphabet Marble Contest 2011 in USA」
             審査員投票で2位/一般投票で優勝
   雑誌『The FLOW』USAのバーナーワーク専門雑誌の表紙に作品掲載
2013 Treating Yourself Expo Flame Off in Toronto(カナダ)
                    Team JAPAN 優勝
2014 American Glass Expo (AGE) in Las Vegas (USA)
       2013年度 ベストマーブル作家賞 受賞(オンライン投票にて)
   Team Japan Show 2014(渋谷)
   妖怪獣(YO-KAI-JU)(アムステルダム)
   COUNTER CULTURE GLASS 2014 at Habatat Galleries(フロリダ)
2015 ALL JAPAN SHOW 2015(渋谷)
2016 Team Japan Show 2016(バンクーバー)170513_kondo_work_02

170513_kondo_work_03
”観たことがないもの”を常に制作することを心掛けています。

170513_ishii_works_01
石井雄次
1971 東京に生まれる
1994 宝塚造形芸術大学プロダクトデザイン学科卒業
1996 ジュエリーメーカー入社
1998 JJAジュエリーコンテスト・関東通商産業局長賞
2009 国家一級貴金属装身具制作技能士取得
2012 初の展示「Bodaiju Expo」出展
2013 心斎橋ギャラリーにて初個展
   「Bodaiju Expo 2」出展
   兵庫県篠山の古民家にてギャラリー&アトリエ【應需細工所】オープン
   ヒコみづのジュエリーカレッジにて特別講師
2014 アートイベント・各種百貨店にて出展
2015 「近藤良典の硝子 石井雄次の彫金」(悠遊舎ぎゃらりぃ)(’16,’17)
   第28回 技能グランプリ 日本3位
2016 初めてのコレクションシリーズ発表

170513_ishii_works_03
昨年より新たに春夏・秋冬と年2回のコレクションシリーズを制作発表
今回の春夏コレクションのテーマは[mythcal seeds]【空想の種】
それぞれが密かに抱く自分の中の何かを「空想の種」に宿して
めいめいに育て咲かせて欲しいと願いを込めて・・・
秋冬は[natural pattern]の予定170513_ishii_works_02


会期は5月24日(水)まで、10時〜18時/木曜、金曜休館です。
尚、5月13日(土)、14日(日)は作家も在廊致します。
この機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
https://www.facebook.com/YOU.Yuusya/
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

「近藤良典の硝子 石井雄次の彫金」のお知らせ

2016年5月11日(水)

二十四節気「立夏」七十二候「蚯蚓出(みみずいずる)」

GMが終わって爽やかな五月晴れが続くかと思えば、
何故だかはっきりしないどんより天気。
梅雨にはまだ早すぎますよ、と一言声掛けして今日も仕事に励んでおります。

さて5月13日(金)より「近藤良典の硝子 石井雄次の彫金」が始まります。
昨年に引き続き2回目の二人展は、
昨年以上にパワーアップした2人のコラボレーションが見処です。

160513_kondo_works_02
160513_kondo_works_04
作品のクォリティをさらに高め、
繊細さ以上に迫力を増した近藤良典のグラスマーブルは、
アメリカでは今まで以上に評価が高まり、ますます限界を越えて進化中です。
今回は日本国内では滅多に観られない彼の凄みのある作品を、
しっかりと目に焼き付ける絶好の機会と思われます。160513_kondo_works_01
160513_kondo_works_03


160513_ishii_works_01
160513_ishii_works_02
また、緻密な計算と精巧な技術によって生まれる石井雄次のジュエリーは、
大胆な発想と時にユーモアにも溢れ、
女性は勿論のこと、コレクターズアイテムとして、
男性からも熱い支持を得ています。160513_ishii_works_03
160513_ishii_works_04


今回は昨年も好評だった2人のコラボレーションが改めて実現し、
さらに豊かな表情を持ったジュエリーが私たちを迎えてくれます。160513_kondo&ishii_works_01
160513_kondo&ishii_works_02


会期は5月25日(水)まで、木曜休館/10時〜18時です。
尚、5月13日(金)には石井雄次が在廊致します。
在廊予定だった近藤良典は諸事情により在廊出来なくなりました。
悪しからず御了承ください。
この機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
https://www.facebook.com/YOU.Yuusya/
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

「近藤良典の硝子 石井雄次の彫金」のお知らせ

2015年5月13日(水)

二十四節気「立夏」七十二候「蚯蚓出(みみずいずる)」

季節外れの台風一過のお陰で、今日はとても気持ち良く晴れています。
風もなく穏やかな五月晴れの日は1年でも最も過ごしやすく、
ついこの間まで若々しかった新緑の色も緑陰を濃くしつつありますね。
梅雨までの束の間の爽やかな季節を思う存分楽しみたいと思います。

さて明後日の5月15日(金)より、
「近藤良典の硝子 石井雄次の彫金」を開催します。150515_k&i_works_01


この二人の二人展を思いついたのは、実のところ苦肉の策でした。
初めの予定では石井雄次氏と別の作家さんとの二人展を予定していたのですが、
その企画が様々な事情で実現しなくなってしまい、
「はてさてどうしたものか…」
石井氏の圧倒的な存在感の作品に対抗し得る作家はそうはいません。
そんな時にふと近藤良典氏のことが脳裏を過ったのは2015年初めのこと。
「瓢箪から駒」「果報は寝て待て」「棚からぼた餅」←ちょと違うか…f^_^;)
近藤氏との二人展であれば十分に、
いや想像以上に迫力のある競演が実現するかも知れない…150515_k&i_works_02


そこから急遽、近藤氏に連絡を取り、
急なお願いだったにもかかわらず快く引き受けて頂き、
しかもその上に「硝子と彫金のコラボ作品」の制作を提案して頂いたりと、
今回は本当にお二人の心意気に頭が下がる思いです。

近藤良典、石井雄次 共同制作作品「雲に載る」150515_k&i_works_kumoninoru


150515_kondo_works_01
近藤良典
1975 大阪府に生まれる
2001 独学でソフトガラス(とんぼ玉)を始める
2002 ボロシリケイトガラスを始める
2005 千葉県に移住
2010 「The Alphabet Marble Contest 2010 in USA」にて
                審査員投票と一般投票で優勝
2011 「The Alphabet Marble Contest 2010 in USA」にて
                審査員投票で2位、一般投票で優勝
2013 「Treating Yourself Expo Flame Off 2013 in Toronto」
                Team JAPAN 優勝
2014 「American Glass Expo (AGE) in Las Vegas (USA)
        “2013年度 ベストマーブル作家賞”(オンライン投票にて)150515_kondo_works_03
150515_kondo_works_02


150515_ishii_works_01
石井雄次
1971 東京都に生まれる
1994 宝塚造形芸術大学プロダクトデザイン学科卒業
1996 ジュエリーメーカー入社
1998 JJA ジュエリーコンテスト 関東通商産業局長賞
2009 国家一級貴金属装身具制作技能士取得
2013 兵庫県篠山の古民家にて「應需細工所」オープン
    ヒコ・みずのジュエリーカレッジにて特別講師
2015 第28回 技能グランプリ 3位入賞150515_ishii_works_02
150515_ishii_works_03


他ではなかなか観られない二人展を実現することが出来ました。
尚、初日、5月15日(金)には近藤良典、石井雄次ともに在廊予定です。
この機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
カテゴリー