二十四節気「処暑」七十二候「禾乃登(こくものすなわちみのる)」

 9月に入り秋の始まりを感じるようになって参りました。此処、札幌に於いては既に日中の気温は25℃前後が最高となり快適な夏の終わりを過ごしています。

 皆様に於かれましては如何お過ごしでしょうか。
 
 さて8月1日に悠遊舎を閉じてから約3週間に亘って慌ただしく引越しの荷造りに勤しみ、8月21日に札幌へと移住して参りました。此方へ来てからはずっと引越し荷物の荷解きやら新生活の準備やらで大わらわの毎日でしたが、9月に入ってから少しづつですが落ち着きを取り戻しつつあります。それでも完全に荷物の整理を終えるためにはギャラリーの再開を待つしかありません。愛知県に於いて開廊していた当時の常設展示作品の開梱は狭いアパートの一室では到底叶わず、暫くはダンボールの中で眠っていて貰うしかありません。勿論そうは言ってもネットでの通信販売は継続しておりますので、もし御所望の作品がありましたらお気軽にお問い合わせ頂ければ嬉しく思います。

 此処で少なからず皆様が疑問に思っておられるであろう「何故、札幌なのか?」について少し御説明したいと思います。

 5月のGW明けに突如決まった「悠遊舎閉館」、その後「どうしてもギャラリーを再開せねばっ!」と言う思いを実現するために、ありとあらゆる熟慮の末(意外に浅慮かも…f^_^;)札幌に移住することを決めました。

(1)刈谷から名古屋へ移転→家賃の高さに比べて果たして売り上げは如何か?
(2)刈谷から東京へ移転→大都会は自分のような田舎者には落魄れる要素満載
(3)刈谷から関西へ移転→
    関西在住の作家さんが他ギャラリーと競合してしまう可能性大
(4)刈谷から各地方都市へ移転→
    ギャラリーを再開するなら最低限「政令指定都市レベルの人口規模があること」が大事と考え、札幌、仙台、広島、福岡が候補に。仙台、広島は行ったことが無く余りに無知(広島は修学旅行で宮島と原爆記念館を見学はしましたが)。そんなこんなで福岡か札幌か?の二者択一となり寒い>暑いことから札幌に決めました。
 勿論「美味い」「安い」「広い」など他にも様々な理由がありますが、長くなるので此処では割愛致します。いつかギャラリーを再開した時にきちんと御説明致しますので、その時はに是非、札幌まで遊びにいらしてください。

 知っていましたか?実は札幌は名古屋とほぼ同規模の人口があるのです。一方で人口密度が低い。人の多いところがかなり苦手な自分にとっては理想的な街なのです。しかもどの都市からもアクセスが良い。例えば現在、札幌⇆名古屋の航空券は往復¥9,000(LCC)、所用時間も片道2時間弱だったりします。流石に日帰りは厳しいですが、観光がてら札幌へ足を運ぶのも一つの選択として”有り”ですよね。また各都市からも新千歳までは直行便が出ていることが多いですから、距離が遠いとは言えアクセスは悪くないと考えています。
 また札幌と言う街のブランド力も考えました。日本の都市で世界的に知られている街は東京、京都や大阪など多数ありますが札幌もその一つと考えています。特に北海道は世界の富裕層からも注目されていると言うニュースを耳にすることも最近よくありますし、確かに街を歩いていても海外からの観光客の人たちをよく目にします。そう言う意味でも札幌の持つポテンシャルは決して低くないと考えています。

 そうは言っても自分にとってはそんなに知り合いも多くなく、全くの新人としてやって来ましたので、初めからそう簡単に上手く行くとも思っていませんが、そこはほら、根っからの能天気さで乗り越えて行こうと思っています。気付いたら「愛知でこっそり再開していた(汗)」と言うことの無いよう頑張りたいと思っています。
 早ければ2019年中にもギャラリーを再開出来るよう今から画策しております。その時には必ず御連絡を差し上げますので、それ迄の間どうぞ暖かく見守りください。

 札幌の街に住んで未だ少ししか時間が経っていませんが、北海道人の印象は「親切で優しい」。あと何故だか「散髪屋が矢鱈と多い」。昨日も最寄りの駅まで1kmほどの道のりを歩いたのですが、途中に目に付いただけでも5~6軒の床屋がありました。この理由も誰方か御存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けると嬉しいです。

 季節の変わり目ですのでお身体を御自愛ください。
 今後とも宜しくお願い申し上げます。