茶碗

「元木貴信 元木庸子 硝子展」のお知らせ

2018年7月20日(金)

二十四節気「小暑」七十二候「鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)」

酷暑とも言うべき沸騰しそうなほどの熱暑に、
全国各地で熱中症などの被害が報告されています。
特に甚大な豪雨被害が齎された中国・四国地方では、
被災者の方々、またボランティアに駆け付けた多くの方々も、
十分に水分を摂って体調を崩されませんようお祈り申し上げます。

さて明日より「元木貴信 元木庸子 硝子展」を開催します。

神奈川県横浜市にて製作を続けている元木貴信、庸子は、
人生の伴侶として、そして仕事のパートナーとして、
信頼関係を築きながら創作に励んでいます。
貴信の制作するきちっとした器の数々は使いやすさに定評があり、
その上その独特の感性によって重厚さ、或いは清涼感も兼ね備えた、
職人気質の丁寧で真面目な姿勢が魅力です。
一方、その貴信の作品にサンドブラストと絵付けを施し、
華やかさ、可憐さを感じさせる庸子の作品は、
サンドブラストによる立体感のある表現のお陰で、
鳥や兎など動物たちの表情も生き生きと躍動し、
また花や草木など花鳥風月の世界が浮き立つように私たちに迫ってきます。
それは元木庸子ならではの唯一の硝子の世界と言えましょう

180721_motoki_t_works_01
元木貴信
1972 神奈川県に生まれる
1995 長野ガラス研究所入所
1998 長野オリンピック芸術祭参加(JSGA野外モニュメント展)
2007 伊藤けんじ氏(「彩グラススタジオ」主宰)に師事
2008 国立台湾芸術大学 glass studio resident artist に就任
2010 横浜市に築炉、元木庸子と共に制作を始める
2011 第5回 金津創作の森 酒の器展 入選
2014 黒壁30號館 長浜アートセンター「現代日本ガラス工芸の最前線」180721_motoki_t_works_05
 色を幾重にも重ね合わせ奥行きのある色彩を表現しました。青畳に合う、和みの器を生み出したいと考えています。また飲料などを注いだ時に、揺らめく金属箔の煌きを楽しんで頂きたいです。180721_motoki_t_works_02
180721_motoki_t_works_03
180721_motoki_t_works_04


180721_motoki_y_works_01
元木庸子
1972 東京都に生まれる
1994 東京理科大学理学部応用化学科 卒業
2004 父 黒住正敬氏に師事
2005 「彩グラススタジオ」(伊藤けんじ氏主宰)にて吹きガラス技法を学ぶ
2008 テーブルウェア フェスティバル入選(‘10入賞)
    国立台湾芸術大学「日本硝子工芸技術講座」講師
2009 川崎市ガラス工芸教室合同作品展 優秀賞受賞
2010 横浜市に築炉、元木貴信と共に制作を始める
2011 第5回 金津創作の森 酒の器展 入選
2014 黒壁30號館 長浜アートセンター「現代日本ガラス工芸の最前線」180721_motoki_y_works_03
 サンドブラストによりガラスに彫刻を施した後、エナメル彩を幾重にも重ねて作品を制作しております。動植物の柔らかな表情や繊細で奥行きのある表現をお楽しみ頂けましたら幸いです。180721_motoki_y_works_02
180721_motoki_y_works_05
180721_motoki_y_works_04
   

会期は8月1日(水)まで、木曜、金曜休館/10時〜18時です。
尚、7月21日(土)、22日(日)は作家が在廊致します。
また、この作品展が悠遊舎ぎゃらりぃでの最後の作品展となりますので、
暑い最中ですがこの機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
https://www.facebook.com/YOU.Yuusya/
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

2016年最初の作品展は…「元木貴信 庸子 硝子展」

2016年1月7日(木)

謹賀新年
明けましてお目出度う御座います。
昨年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

二十四節気「小寒」七十二候「芹乃栄(せりすなわちさかう)」

新しい年を迎え早1週間、
例年になく季節感のない年越しに、
何やら新年の実感もなく過ごしてしまいましたが、
今週末からは厳しい寒波がやってくるとの予報に、
正月気分も抜けて気を引き締めなければと思っております。

160108_motoki_y_02
さて、2016年の作品展第一弾として、
明日より「元木貴信 庸子 硝子展」を開催します。160108_motoki_t_03

一昨年からグループ展にて何度か御紹介した二人ですが、
回を重ねる毎に洗練されるその作品たちに、
自分自身もますます魅了されています。
160108_motoki_y_01
160108_motoki_t_01
今回の出品作品たちも年明けに相応しく、
お目出度い「花鳥風月」の世界が華やかに描かれています。
貴信氏の創り出す硝子の仕事とは思えない丁寧な器と、
そこに描かれる庸子氏の色鮮やかな鳥や花たち。
二人の手による見事なコラボレーションに、是非、酔いしれてください。160108_motoki_y_04
160108_motoki_t_02
160108_motoki_y_03
160108_motoki_t_04


会期は1月20日(水)まで、木曜休館/10時〜18時です。
尚、1月10日(日)には作家も在廊致します。
この機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

富田美樹子の新作が入荷しました。

2015年12月16日(水)
1511_tomita_04a01

富田美樹子の作品を掲載しました。

各作品へのお問い合わせはメール、若しくはお電話にて受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

「ART NAGOYA 2015」に今年も出展致します。

2015年7月30日(木)

二十四節気「大暑」七十二候「土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)」

1年で最も暑い季節、
さすがの熱暑に思う様に眠れず、何となく身体の疲れが取れない毎日。
今はただ只管に汗をだらだら垂らしながら、
真夏の通り過ぎ去るのを耐えるのみです。

150731_tomita_14
さて明日よりウェスティンナゴヤキャッスルにて開催される、
「ART NAGOYA 2015」に悠遊舎ぎゃらりぃとして今年も出展致します。
「ART NAGOYA」としては今回で5回目を数え、
悠遊舎ぎゃらりぃとしては今回で3回目の参加となります。

ウェスティンナゴヤキャッスルの9階フロアの部屋をギャラリーブースに見立て、
現代アートの見本市の装いで、
全国各地から、そして世界からも注目されるギャラリー、
そしてアーティストたちの作品が名古屋に集結します。

tomita202
悠遊舎ぎゃらりぃとしては今回、
現代陶芸の旗手の一人でもある「富田美樹子」を取り上げます。
その存在感は圧倒的で、
1度目にした者はその色彩と紋様の洪水に眩暈を覚えるのではないでしょうか。
イスラムのアラベスク紋様、
そしてチベット密教にも描かれる曼荼羅を彷彿とさせるその細密な紋様は、
繰り返し繰り返し打ち寄せる波のように、
私たちを永遠の彼方へと誘ってくれるようです。tomita104


tomita307
今回は富田美樹子が今までに制作してきた作品の中でも、
最大級の大作をこの「ART NAGOYA 2015」のために制作しています。
またオブジェの他にもぐい呑みや抹茶椀、蓋物などの器物も出品されます。

開催概要は下記の通りです。

日時:8月1日(土)/11時〜19時
   8月2日(日)/11時〜18時
   7月31日(金)/13時〜19時30分(招待者、プレスのみ入場可)
料金:1,000円/1日入場券
会場:ウェスティンナゴヤキャッスル 9階フロア
部屋:909号室/悠遊舎ぎゃらりぃ

会期中、富田美樹子も在廊致します。
是非、この機会に御高覧ください。tomita408


●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

「思いを刻む器展 石橋敬子 梶間智絵」のお知らせ

2015年3月11日(水)

二十四節気「啓蟄」七十二候「蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」

昨日からまた真冬に逆戻り、今年の春はいつもより来るのが遅いですね。
3月だと言うのに梅が真っ盛りに咲いています。
このままだと桜は4月中旬頃にずれ込むのでしょうか…
早く本格的に温かくなって欲しいものです。

さて3月13日(金)より「思いを刻む器展 石橋敬子 梶間智絵」が始まります。

今回は磁土に彫りを施すことで独特の世界を表現する作家の二人展です。

150313_ishibashi_works_04
150313_ishibashi_works_03
神戸にて工房を構える石橋敬子は青白磁に線描を描くように彫りを施します。
その作品は古くから伝えられる伝統的な作風のようでありながら、
よく目を懲らしてみるとそのモチーフはむしろ現代的な遊び心に溢れ、
魚や蟹、竜の落とし子や蝶など、とてもユーモアに満ち溢れています。
150313_ishibashi_works_01
150313_ishibashi_works_02
それもこれもしっかりとしたデザイン力と技術に裏打ちされているからこそ。
どんなモチーフが描かれているかを発見するのもまた楽しいと思います。150313_ishibashi_works_05


150313_kajima_works_04
一方、京都にて活動を続ける梶間智絵は色層となった磁土に彫りを施すことで、
カラフルで立体的なグラデーションのある器を作り続けています。
そのリズミカルな色の重なり具合がポップでもあり、
テーブルウェアとしても食卓を華やかに彩ってくれるものと思います。
150313_kajima_works_01
150313_kajima_works_03
150313_kajima_works_05
また今回は初めてペンダントも出品されています。
こちらも素材の面白さと相俟って他にはないアクセサリーに仕上がっています。150313_kajima_works_02


同じ「彫り」と言っても全く違った作風を持つ二人の作品展、
それぞれにお気に入りの作品を見つけにいらして頂ければ幸いです。

会期は3月25日(水)まで、木曜休館です。
この機会に是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0321
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

茶碗「色絵細胞紋様茶碗」

富田美樹子 略歴
1511_tomita_04b01

【作品番号】1712-11_tomita
  【価格】118,800円(税込)
【作品概要】サイズ:w13 x d13 x h6.5 cm
       容量:200 cc
       共箱:あり
      その他:追加注文不可
1511_tomita_04b02

茶碗「色絵細胞紋様茶碗」

富田美樹子 略歴
1511_tomita_04a01

【作品番号】1712-10_tomita
  【価格】129,600円(税込)
【作品概要】サイズ:w13 x d13 x h8.5 cm
       容量:300 cc
       共箱:あり
      その他:追加注文不可
1511_tomita_04a02

中村敏康 新作掲載

2012年9月2日(水)

中村敏康の新作を掲載しました。1208-48&49_nakamura


伝統工芸にて修業をする道を選ばず、独学で修得した切り子の技術。
だからこそ伝統にはない大胆なデザインを、
自分のものにすることが出来たのだと思います。

注文を頂いてから制作するため2〜3ヶ月程頂くことになりますので、
予め御了承いただければ幸いです。

明日から「中村敏康 切り子展」始まります!

二十四節気「立秋」七十二候「寒蝉鳴(ひぐらしなく)」
残暑厳しい折ですが、皆様におかれましては如何お過ごしでしょうか。

01
さて明日より「中村敏康 切り子展」が始まります。
毎年、晩夏に開催されて来た切り子展も今回で3回目となりました。
毎回、来場していただいたお客様からは好評をいただくことが出来、
自分としても嬉しく思います。
切り子は元々ファンの多いジャンルでコレクターも多いのですが、
中村敏康の切り子作品がなぜ人気があるかと言えば、

◯伝統的な切り子とは一線を画した斬新なデザイン
◯使い勝手の良さ
◯その手頃な価格

特にそのリーズナブルな価格については、
切り子を沢山見て来ているコレクターでさえも驚くお値打ち感があるようです。
切り子は御存知の通り高級品と知られ、
ちょっとしたグラスでさえも私たちが手にするには少々熟慮が必要になります。
それに比べて中村敏康の切り子はちょとだけ頑張れば手に入れることが出来、
私たちにとってとても優しい価格で出品してくれているのです。
1人でも多くの方に切り子の美しさを知って欲しい、
と言う中村敏康の思いが伝わって来ます。03


04
またそのモダンなデザインも特長の一つです。
切り子はやはりカットの美しさが命でもありますが、
それだけでなく、カットをどう配するか、
硝子表面の空間全体のバランスを考えて、
時にはカットをせずに色を残すと言う大胆な選択も必要になります。
そのことにより、結果的にカットをより際立たせることに成功し、
器としての価値をより高く品のある作品に仕上げてもいるのです。
今回はサンドブラストによる仕上げも組み合わせて、
カッとによる紋様と言うより「絵画」的な試みにチャレンジしています。02


何れにしても硝子に華飾を施すことにより、
より楽しいワクワクドキドキする切り子作品になっていることは間違いありません。
05


会期は9月5日(水)まで、木曜休館/10時〜18時です。
尚、8月18日(土)には中村敏康も在廊致します。
なんと!
その日はギャラリー内にてカットの実演をしてくれることになっています。
なかなかカットしているところを観る機会は少ないと思いますので、
この機会に是非、足をお運びください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0322
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲

「佐野猛 佐野曜子 硝子展」始まる。

季節は二十四節気「夏至」七十二候「半夏生(はんげしょうず)」、
もうそろそろ梅雨も明けそうなこのごろ、
蒸し蒸しとした毎日が続いていますが、
皆様におかれましては御清祥のことと存じます。

01
さて、明日より「佐野猛 佐野曜子 硝子展」が始まります。
4年ぶり2回目となる今回も、硝子の涼しげな透明感、
カラフルな色彩の躍動を感じられる作品が多数出品されました。


02
佐野 猛

1960 東京都に生まれる
1984 法政大学社会学部社会学科卒業
1986 東京ガラス工芸研究所卒業
1991 能登島ガラス工房制作スタッフ
1996 オーストラリア国立大学キャンベラ美術学校
           ガラス科大学院修了
1997 箔功館デザインコンペティション 奨励賞
1998 Glass Studio SANOSANO設立
1999 '99日本のガラス展 優秀賞
2002 伊丹クラフト展 伊丹賞
第49回日本伝統工芸展 日本工芸会奨励賞
2003 第19回伝統工芸第七部会展 文化庁長官賞
2004 かわさき現代ガラス作品展 奨励賞
第2回現代ガラス展 in おのだ 横山尚人賞
第43回日本伝統工芸富山展 奨励賞
2006 第45回日本伝統工芸富山展 高岡市教育委員会賞
2007 第21回伝統工芸諸工芸部会展 朝日新聞社賞
国際ガラス展 金沢2007 審査員特別賞
2011 第50回日本伝統工芸富山展 高岡市教育委員会賞04



05
佐野曜子

1962 東京都に生まれる
1985 成蹊大学文学部英米文学科卒業
1991 能登島ガラス工房制作スタッフ
1996 オーストラリア国立大学
キャンベラ美術学校ガラス科大学院修了
1997 工芸都市高岡'97クラフトコンペ 奨励賞
1998 Glass Studio SANOSANO設立
1999 第41回富山県デザイン展 奨励賞
2002 第3回清洲国際工芸ビエンナーレ 銅賞
2005 第20回伝統工芸諸工芸部会展 第20回記念賞
2007 第46回日本伝統工芸富山展 高岡市長賞
2008 第26朝日現代クラフト展 奨励賞  
第55回日本伝統工芸展 NHK会長賞
2009 第48回日本伝統工芸富山展 富山支部賞03



二人の硝子へのアプローチは全く異なります。

佐野 猛は硝子の持つその面白さ、ユニークさをいかに伝えうるか、
そのことをテーマにずっと創作活動を続けています。
光を通すことで涼しげな表情を見せたかと思えば、
色を重ねることで重厚な立体感を見せてくれたり…
また技法を工夫することで、
硝子とは思えないような異質な存在感を際立たせることの出来る、
そんな素材の特長を多くの人に知って貰いたい、
そんな思いでずっと作品を創り続けているのです。

一方の佐野曜子は、
自分自身にとって居心地の良い時間、
優しく平穏な気持ちで過ごせる空気感、
それは一体どんなものなのだろうか…
その思いをずっと追求し続けて彼女の作品は生み出されています。
色を多用しながら何処となく静かな風合いを醸し出す作風は、
そんな彼女の追い求める穏やかさを表現しているのです。

同じ工房で同じ様に作品創りを続け、
良い意味でお互いに影響を与えながら、
2人の作品はますます進化を遂げようとしています。

会期は7月18日(水)まで、木曜休館/10時〜18時です。
尚、7月7日(土)には佐野猛が在廊致します。
是非、御高覧ください。

●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
悠遊舎ぎゃらりぃ
〒 448-0804
愛知県刈谷市半城土町大湫99-3 悠遊舎1階
tel (0566)61-0321 / fax (0566)61-0322
http://www.you-yuusya.com
http://blog.livedoor.jp/you_yuusya/
http://www.facebook.com/tetsunori.kato
●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲▼◆■★●▲
カテゴリー