2017年05月28日

新城バラ園訪問(新城市)

今日は朝方、バラ庭の消毒。午前中はバラの咲きがら切り等の作業。
午後から、新城市一鍬田鍋島にある「新城バラ園(フラワーパーク新城)」へ、二年ぶりの訪問です。

新城バラ園2017

「新城バラ園」は、新城市日本松の松井孝夫さんが個人で作られ、一般に無料で開放されているバラ園。
広い駐車場は満車気味。多くの方が訪れていました。

新城バラ園2017

ちょうど見頃ろ、多くのバラが咲いています。

スタンダード仕立てのバラ

スタンダード仕立てのバラ、2年前は2本でしたが7本に増えていました。

センテッドエアーに虫が

地植えバラコーナーには、それぞれ異なる品種のバラが200本以上植えられています。
気になるバラを紹介。ラベンダーピンクの花が美しいバラ「センティッドエアー」。「香りに満ちた空間」の意味の通り、濃厚な甘い香りが漂います。甘い香りに誘われて花に虫が。

ラバグルート

ビロード赤の花色が美しい「ラバグルート」。元気旺盛、たくさんの花を付けています。

新城バラ園、多くのバラが美しく咲いていて見頃。園主の松井さんにはお会いできませんでしが、充分楽しませていただきました。感謝です。


youan164 at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)バラ 

2017年05月27日

梅花空木の花

梅花空木の花

このところバラの花ばかり紹介していますが、今咲いている庭の花がひがむといけないので紹介。(笑) 玄関横にある梅花空木(バイカウツギ)、白い花が満開です。枝の中が中空なので空木(ウツギ)。花は梅に似ているので梅花空木というようです。

ホタルブクロ

ホタルブクロ、独特の筒形の花を咲かせています。

ドクダミの花

北側のフェンス沿いには、ドクダミの花が開いています。葉に独特の匂いがありますが、花は十字の形をして清楚で可愛い。花が終わると、繁殖力旺盛で少し厄介物扱いになりますが・・・。

バラは一番花を切った枝から、赤い枝が出てきました。もう少ししたら二番花が楽しめます。

二番花の枝


youan164 at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)我家の庭 | 

2017年05月26日

雨でうな垂れるバラ

雨のバラ

昨日、今日と久しぶりに雨。木々にとっては恵みの雨ですが、満開の地植えバラにとっては試練の雨。花の重さでうな垂れています。花が咲いてる鉢バラは軒下やガゼボに避難して、雨の難から逃れました。
写真は藤色の花「たそがれ」(左)とピンクの覆輪が美しい「ニコル」(右)。

雨でうな垂れるバラ

入口左の淡いクリーム黄色のバラ「快拳(かいきょ)」は、花弁が100枚以上のロゼット咲き。花に雨が溜まり、重みで枝が2本も折れてしまいました。切って部屋に飾ります。

今日午後からも時折雨。花見のお客さんがあるので、懸命に花の手入れです。

youan164 at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)バラ | 我家の庭

2017年05月24日

バラ庭 Y宅訪問(岡崎)

Y宅のバラ庭雨除けのテントが

今日は、岡崎市井田町のバラ栽培家・Yさん宅を訪問。しばしば訪れていますが、5月バラのシーズンになってからは、はじめて訪れました。
地植えのバラと鉢バラが満開。圧倒されます。今夜からの雨予防に一部テントが張られています。さすがです。

Y宅のバラ庭

Yさん宅のバラ庭は、どの角度から見ても素晴らしいの一言。地植えバラは大きく繁り、たくさんの花を付けています。

つるラビーニア満開

つるバラ「ラビーニア」もピンクの花が満開です。

コティヨンの花にに蜂が

淡い紫の優しい色合いの花、コテイヨンの花にハチがはいって、盛んに蜜をすっています。

屋根下へ避難のバラ

今夜からの雨に備えて、満開の鉢バラは、ガレージの屋根の下に避難。その数も半端ではありません。鉢バラは300個を越しているそうです。
伺がった時も、多くの見学者が訪れていました。岡崎一のバラ庭園です。


我家は午後から、カミさんの仲間11人が来訪。バラをみていただいたあと、ガゼボで会食と懇親会。恒例の手写真です。

今日のお客さん2017.5.24



youan164 at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)バラ 

2017年05月23日

バラ 茜雲

茜雲

今日紹介するバラは「茜雲(あかねぐも)」。ほのぼのとした珊瑚色の丸弁抱え咲きで、淡い芳香がある花径10cmほどの花を咲かせます。銘花「クィーンエリザベス」の枝変わり。大島俊彦氏2002年作出のバラ。
大島俊彦氏は中部電力・配電課に勤務しながら、バラの熱心な趣味家として新品種「かがり火」「鵜匠」「茜雲」を作出。晩年は岐阜ばら会会長を務められました。
茜雲の暖かな色彩や柔らかな花容は、温厚な人柄だった大島氏を表しているとのことです。大島氏は2004年ご逝去。作り続けたいバラです。

入口から見た酔庵ローズガーデン。盛りを少し過ぎた感じかな。

入口から見たバラ庭

youan164 at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)バラ | 我家の庭

2017年05月22日

バラ千羽鶴とお客さん

千羽鶴2017

今日紹介するバラは千羽鶴。アイボリーを帯びたホワイトの花色で、花びらの先がとがり花芯が高い剣弁高芯咲きの白バラです。広島バラ園・田頭数蔵氏作出のバラ。
訪れた方が、思わずキレイと魅いります。

今日は午後からお客さん2組。バラを見ていただいた後、ガゼボで一休み。
後半の組には日本酒好きな方がいて、我家の日本を楽しんでいただきました。カミさんと同郷のYさん、故郷の話で盛り上がり時間があっという間に過ぎていきます。

今日のお客さんと恒例の手写真です。

今日の来訪者'17.5.22

youan164 at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)バラ | 我家の庭

2017年05月21日

ベランダから見たバラ庭

バラ庭 俯瞰

ベランダから見た、今日のバラ庭。しかし、日中は気温がグングン上昇して夏日になり、朝水をやった鉢バラも花がグッタリです。

午後からはMさん夫妻とHさんが来訪。バラを見ていただいたあと、ガゼボで懇談。日本酒がお好きなMさんは「好きな酒です」と、福島県会津若松市・宮泉銘醸の「寫樂 純米吟醸」を持参いただきました。さっそく日本酒で乾杯!です。寫樂(しゃらく)は、人気の日本酒。裏ラベルには純愛仕込」とあります。純愛仕込とは「米を愛し、酒を愛し、人を愛す。皆様に愛される酒を目指します。宮森義弘」とあります。蔵元が酒造りへの情熱を示したものという。

果実のような香り、口に含むと米の旨みが広がります。フルーティでキレがいいお酒。美味しい。
我家の常備の日本酒「醸し人九平次」や「丸石醸造 二兎」、変った酒として長期熟成酒「ダルマ正宗」等も楽しみました。

夕方になり、鉢バラも元気に。皆さんも日本酒を飲んで元気に!(笑)
今日のお客様と恒例の手写真です。

今日の手写真

今日楽しんだ日本酒。みな旨かったです。

今日の日本酒


youan164 at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)バラ | 日本酒

2017年05月20日

丸石醸造 二兎が旨い

二兎 純米吟醸二兎 純米大吟醸
  (純米吟醸 二兎 山田錦55生原酒)       (純米大吟醸 二兎 雄町48生原酒)

昨日来訪されたMさんとの酒タイムで味わっていただいた、岡崎市・丸石醸造の「純米吟醸 二兎(にと)山田錦55生原酒」。常備酒「醸し人九平次」よりリクエストが多く、好評でした。
蔵元の説明では「豊潤な果実を感じさせる甘みが口中に広がり、上品な酸が味をギュッと引き締めます」とあります。味わうと、甘みと酸のバランスが素晴らしい。旨いっす。

4月に発売された「純米大吟醸 二兎 雄町48生原酒」も、旨かったす。大事に飲んで残り僅かです。飲むと、やさしい香りとジューシーな甘みがひろがります。雄町特有のコクと心地よい酸を感じながら、キレもいいお酒。しかしラベルは撮影泣かせ。光の加減で光ったり黒くなったりです。

丸石醸造の「大吟醸 徳川家康」は、昨日発表された「平成28酒造年度新酒鑑評会」で、みごと金賞に選ばれました。

丸石醸造の「二兎」は旨い。岡崎ブランドとして頑張って欲しいもの。応援・PRしまっせ。

「純米吟醸 二兎 山田錦55生原酒」 丸石醸造 岡崎市中町
 使用米 山田錦100%使用  精米歩合 55%
 価 格 1.8L 3290円(税込) 購入店 岡崎市 荒川酒店

「純米大吟醸 二兎 雄町48生原酒」 丸石醸造 岡崎市中町
 使用米 備前雄町100%使用  精米歩合 48%
 価 格 1.8L 3630円(税込) 購入店 岡崎市 荒川酒店


youan164 at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本酒 

2017年05月19日

氷中貯蔵 熊の涙(高山市)

氷中貯蔵 熊の涙楽しんだ日本酒
            (氷中貯蔵 熊の涙)            (楽しんだ日本酒)

今日午前は、Mさんご夫婦がバラ見物に来訪。毎年岐阜県高山市・平瀬酒造店の「純米吟醸 熊の涙」を持参いただき恐縮です。この酒は、高山市のリカーショップながせがプロデュースしたお酒。酒造好適米ひだほまれを50%精米し、アベリアの花酵母で醸した純米吟醸生貯蔵酒です。お酒になったあと、氷点下の森で、3ヶ月間ゆっくりと貯蔵。春の訪れで目覚めた「熊の涙」です。

写真が趣味のMさん、バラを撮られたあとガゼボで楽しい酒タイム。いただいた「熊の涙」をいっしょに賞味。アベリア花酵母の香りを感じます。まろやかな口当り、美味しい。

我家の常備酒「醸し人九平次」や、「純米大吟醸 花陽浴(はなあび)」、丸石醸造の「二兎(にと)」も味わっていただきました。花盛りのバラ庭を肴に、ガゼボで日本酒を楽しむのはサイコーです。

途中から、バラ見物に見えたMAさんとKさんも合流。「知らぬ同士が 小皿叩いてチャンチキお〜けぇさ〜」状態になりました。(^^♪

今日のお客さんの手写真


午前中に来訪された方々と手写真。久しぶりの手写真、それだけ楽しいひと時だった証かな。

youan164 at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日本酒 | 我家の庭

2017年05月18日

バラ庭 見頃です

ガゼボから見た今日のバラ庭
                 (ガゼボから見た 今日のバラ庭)

酔庵ローズガーデン、見頃になりました。今日、ガゼボから見たバラ庭。今年は早咲きと普通咲きのバラがいっせいに満開状態になりました。

つるフェリスバイド満開
                 (つる フィリス・バイド 満開)

ベランダのポールに巻いた、つるバラ「フィリス・バイド」が満開。独特の花色のバラ。蕾が開くと黄色だが、次第に黄色の花弁の縁がサーモンピンクに。満開になると淡桃色になり、花弁が外側に反って平咲きになったあと、ほとんど白に近くなって長く咲き続けます。難点は逆さトゲで扱いが厄介なこと。我家のシンボルつるバラです。

手児奈ブラックバッカラ
              (手児奈)               (ブラックバッカラ)

咲いたバラの紹介。コンテスト用のバラ「手児奈」が咲き始めました。今年は遅い開花。もう1週間早かったらバラ展に出せたかも(笑) パティオローズ・小川宏氏2001年作出のバラ。

「ブラックバッカラ」は黒赤色のばら。花びらが厚くしっかりしていますが、写真のバラは花弁が1枚だけピンク色です。珍しいのでアップ。フランス・メイアン社2000年作出。

午前、午後とバラ見物のお客さんが訪れます。皆さん喜んでいただき、嬉しい!


youan164 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)バラ | 我家の庭