March 09, 2018

何を期待されているのか:臨床心理学臨時増刊号―公認心理師 2

臨床心理学臨時増刊号―公認心理師
一般財団法人日本心理研修センター 金剛出版 2016-09-10
売り上げランキング :
by ヨメレバ
【推奨対象者】公認心理師が期待されていることや,求められる知識・技能について知りたい方
※試験対策としては不適
 本書は,公認心理師の国家試験の実施試験に指定された一般財団法人日本心理研修センター監修による,公認心理師法成立に関わった国会議員や,関連諸団体,各領域の識者から寄せられた“公認心理師”への期待や求める知識・技能を掲載した特集号です。

内容は以下の通りです。

1-序
はじめに 村瀬嘉代子

2-公認心理師への期待
公認心理師への期待 河村建夫
公認心理師への期待 鴨下一郎
公認心理師への期待 加藤勝信
公認心理師への期待 山下貴司
公認心理師への期待 古屋範子
公認心理師への期待 笠 浩史

3-公認心理師とさまざまな連携の課題
市民は心理専門職を必要としている 泉 房穂
●医療・保健領域
公認心理師と医療との連携について 横倉義武
医療チームにおける連携 坂本すが
チーム医療推進協議会における連携 半田一登
公認心理師の誕生に寄せて 本條義和
●福祉領域
社会福祉の現状と福祉領域における連携 笹尾 勝
●教育・学校領域
「チーム学校」における連携―スクールカウンセラーの役割と課題 石隈利紀
スクールカウンセリングにおける連携 野島一彦
発達障害児・者への支援における連携 市川宏伸
●司法・矯正領域
司法・矯正における連携 廣瀬健二
●産業・組織領域
産業・組織における連携 櫻田謙悟
4-公認心理師と各職域の課題
●医療・保健領域
医療・保健領域と心理職 佐藤忠彦
公認心理師と各職域の課題―精神科医療 林 道彦
地域精神医療における心理職の役割 深谷篤史
総合病院 中嶋義文
精神保健福祉センターと保健所 邑口紀子・徳丸 享
●福祉領域
福祉領域における心理専門職への期待 日詰正文
児童福祉・社会的養護 加賀美尤祥
高齢者福祉 加藤伸司
障害者福祉 大塚 晃
●教育・学校領域
スクールカウンセリングと心理職 坪田知広
特別支援教育と心理職 上野一彦
●司法・矯正領域
矯正領域と心理職 渡邉 悟
家事紛争と両親の離婚における子ども支援 相原佳子
被害者支援 鶴田信子
●産業・組織領域
企業における心理支援 割澤靖子・安藤美和子
組織における心理支援(自衛隊) 藤原俊通

5-公認心理師に求められる知識・技能
名称独占資格としての公認心理師の役割とその周辺 奥村茉莉子
職業倫理 伊藤直文
トータルなアセスメントとケースマネジメント 岩壁 茂
変わりゆく家族への支援 大熊保彦
心理的援助の展開―アウトリーチ 松尾秀樹
さまざまな領域における多職種協働=チームワーク 津川律子
心理面接の要諦 村瀬嘉代子
臨床研究 下山晴彦

6-心理支援の軸としての心理学の展望
心理学の展望―公認心理師についての日本心理学会の取り組み 長谷川寿一・利島 保・丹野義彦・鈴木伸一
発達の観点から心理支援を展望する 子安増生
生活の視点から心理支援を考える 村瀬嘉代子・古谷(積)みどり

7-後記
おわりに 鶴 光代
  (目次より)
 最近では,“公認心理師”に関連する出版物がかなり増えてきています。ただ,第1回目の国家試験も未実施で公認心理師が誕生していない現状,「試験対策になる本」というニーズが最も多いのではないかと思います。

ただし,本書は,

(前略)
多くの実務にある心理職にとって,特に若い方々には,公認心理師の資格を取得して仕事にあたるときに,これからの社会の中でどのような役割を期待されているのかという全体像を改めて考えることは大切なことと思います。
(中略)
公認心理師はどこでも働ける領域汎用の資格ですが,仕事の独占部分を持たない名称独占資格ですので,その業務は一つひとつがどんな時にどんな所で,どのような役割において行われるかを的確に認識して取り組むことがますます必要になると思われます。
(pp2-3)
と「はじめに」に書かれているように,今後誕生していく“公認心理師”に期待される役割や,必要な知識,技能の全体像を明らかにするために編まれたもので,試験対策の本ではありません。その点は注意が必要です。


 本書は,公認心理師法成立に尽力された国会議員や関連団体など,どちらかというと心理職以外のメンバーから寄せられた記事が多くなっています。また,

  • 医療・保健領域
  • 福祉領域
  • 教育・学校領域
  • 司法・矯正領域
  • 産業・組織領域

の各領域ごとに,それぞれの領域ごとに直面している法改正による現場の変化や,直面している課題などが紹介されています。さらに,「連携」の際に必要な視点や,知識・技能なども紹介されています。

このように,心理職以外のメンバーからの期待が多く書かれているため,内向きではない,公認心理師に対して「社会」が一体何を求めているのか,という“役割像”がよく描かれています。

例えば,

 うつ対策の提言の中では,予防,医療体制の充実,相談体制や職場復帰の体制強化など,縦割りである諸施策を全体的につなげていくことを求めています。当時,慶應義塾大学教授であった大野裕先生より,認知行動療法の有効性を教えていただき,その普及に取り組み始めました。その後,私たちが主張して,国立精神・神経医療研究センターに認知行動療法センターが創設され,2010年,同療法が保険適用になりました。
(p.14;公認心理師への期待 古屋範子 衆議院議員/公明党副代表)

(前略)カウンセリングなどを通じてストレスに上手に対応できる心の状態をつくる「認知行動療法」などによって,心の問題に取り組んでいきます。
(p.16;公認心理師への期待 笠浩史 衆議院議員/元文部科学副大臣)

(前略)心理職には心理療法への動機づけを高める技術,心理療法の技術が求められる。実際に,アウトリーチによる認知行動療法を実施した事例も報告されている(Pinninti et al., 2014)。
(p.59;地域精神医療における心理職の役割 深谷篤史 医療法人社団コスモス会 紫藤クリニック/NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチ)

(前略)家族支援を充実させ,ペアレント・トレーニングなどを活用する必要がある。
(p.79;障害者福祉 大塚晃 上智大学総合人間科学部)

(前略)近年では,刑事施設や少年院において,認知行動療法に基づく処遇プログラムが導入されるなど,心理の専門性のニーズが高まっていることに伴い,一部の刑事施設や少年院には,被収容者の処遇を直接担当する心理技官が配置されている。

(前略)心理技官は性犯罪再犯防止指導に関わり,認知行動療法に基づくグループワークを行っている。
(上・p.86,下p.87;矯正領域と心理職 渡邉悟 八王子少年鑑別所)

(前略)必要に応じてトラウマ関連症状の改善に有効なトラウマ焦点化認知行動療法を提供している。
(p.94;被害者支援 鶴田信子 公益社団法人被害者支援都民センター)

※すべて赤字強調筆者
と,目についたところを拾っただけでも,広義まで含めた認知行動療法的なアプローチがどの領域でも求められることが分かります。

また,どの記事においても,

  • 双方向での連携,コミュニケーションができること
  • 面接室内に留まらない,広い視点でものごとが考えられること
  • 心理療法を提供する前段階としての,ケースマネジメントや予防活動ができること

ということが強調されていたように思います(コミュニティ心理学で強調されていることばかり!?)。

しかしながら,現在の心理職は,

 筆者の経験では,心理士は他職種に比べると,マイペースで連携が苦手な人もいるように感じた。
(p.39;市川宏伸 日本発達障害ネットワーク(JDDnet))

と書かれてしまう人物が多いように感じていますので,どれだけこうした期待に応えられるかは,これからの公認心理師の養成にかかっているといっても過言ではないでしょう。
(余談ですが,私の少ない経験から言っても,引き継ぎ資料を仕事の合間を縫って作成・送付してもノーレスポンス,連携のために連絡を取ったらいきなりの質問攻め,そもそも挨拶ができない,など快くないことも多々ありました)

「心に強い興味を持ち,心に触れることに喜びを感じる」(p.109)だけでは,国家資格を得て活動していくことはできないことを肝に銘じておく必要がありそうです。


 以上のように本書は,公認心理師が未だいない現状においては,社会で求められる心理職として活動していくための"役割像"をつかめる貴重な1冊であると思われます。

ただし,字数制限のある雑誌特集であるため仕方ないとは思うのですが,大所高所からの記述に留まり,あまり踏み込んだ記述が少ないことが不満といえば不満です
(穿った言い方をすれば,法案成立のためにこんなに頑張りました!というサークル内の打ち上げ文集的内容とも言えなくもない)。

少なくとも,Twitterで内向きにされている,誹謗中傷,妄言の垂れ流し,内ゲバとも言えるメッセージを読んでいる暇があるなら,本書にあるような心理職の外側から寄せられる現実的な“期待”を把握しようとすることの方がよっぽど生産的だとは思います。



【関連文献】
『公認心理師必携 精神医療・臨床心理の知識と技法』(投稿予定)
『公認心理師入門 知識と技術 (こころの科学増刊)』(投稿予定)
『公認心理師エッセンシャルズ』(投稿予定)
    • 0 Comment |
    • このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
    • Edit
    • 人気ブログランキングへ

トラックバックは許可されていません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔