お久しぶりぶりですm(__)m

長らく更新せず
すみません(>_<)

パスワードが分からなくなってしまいました。

なんやかやで、ようやく新しいパスワードになりやれやれでした。


夏ドラマ始まりましたね。

まずは『ど根性ガエル』の1回目視聴しました。


この枠で以前放映した
『泣くな、はらちゃん』チーム制作なのか

原作が少年マンガなのに
切ない雰囲気で溢れてます。

エンディングの歌がTOKIOの

『リリック』でも違和感無いじゃない?みたいな。

関東の数ヶ所でロケしていて

オープニングのシーンは

うちの近所、土浦市駅の近く
一級河川、桜川に掛かる匂橋と
歓楽街の桜町付近で撮ったみたいです。


ヒロシとピョン吉が出会った池と赤い橋は

神奈川県横浜市
金沢文庫付近


ヒロシの地元は
葛飾区立石駅前商店街です。


(マンガの舞台は東京都練馬区石神井公園です。)


なんかピョン吉が老朽化して
消えそうな雰囲気ですが


ドッコイ生きてる
シャツの中。で閉めて欲しいと願ってしまう(>_<)


けなげな満島ひかりピョン吉
CGキャラとても可愛いです。

成功者ゴリライモの
パン工場

(ゴリライラストがパチスロの猛獣王のゴリキャラに似ているような。)

『チャーリーとチョコレート工場』っぽく


移動販売トラックから流れるゴリラパンの歌


中毒性があります。(セーラゾンビの変な歌っぽい)


ヒロシの母校の中学も、おおらか。


気軽に侵入出来ない現在の警備が厳しい学校と違います。

ヒロシの母ちゃん、薬師丸ひろ子と
ピョン吉が過ごす

自宅屋上が小さな楽園のよう。


スカイツリーが見える
都内の一等地に持ち家?があるから

いまいちヒロシが自立しないのかもです。

お疲れ様です(=゜ω゜)ノ


浅井です。

誕生日とアピールしまくったら
マイミクさまやフォロワーさまから

お祝いのメッセージや
メールを沢山いただきまして
素直に嬉しいです。


本当にありがとうございます。


と言うのは

今から私が書く話は

マイミクさんたちが
かなりドン引きすると思い

ずっと報告できずにいましたが


思いきって誕生日記念に?告白します。



以前からmixiで息子と友人二人が我が家で暮らしていると

度々ネタにしてきましたが

最近その話を書かなくなったのは


うちの旦那が脳梗塞になり
不安で押し潰されそうな時期


ちょうど旦那の誕生日の頃でした。

バレンタインデーでした。


息子と友人が予告もなく
家から突然いなくなりました。


突然居なくなったのですから


失踪というか夜逃げなんですわ。


多分私たちがドタバタしてる間に

用意周到、引っ越す準備をしてたんですね。


彼らの部屋が
もぬけの殻になっていて唖然としました。


昨年息子たちが引っ越してくるにあたり


旦那はずっと部屋の
片付けやったり

同居するようになってから
彼らが生活しやすいよう
気を使って暮らしていたから

ストレスや過労が重なったんだと思うと

安易に引っ越してきて良いと承諾した私


生活費を入れるのが死ぬほど嫌だったのか?

病気の人間に関わりたくなかったのか


若いうちに社員として
働いた方がいいよ。と言われたくなかったのか?



トンズラした息子たち


友人二人は他人なので
最低なガキだなと
放置出来ますが



人間の屑な行為に走った
自分の息子が許せませんでした。


そんなに追いつめられていたのか?


ホントに馬鹿な奴。


そして居なくなるまで
気が付かない私も間抜けすぎだし。



暫くは消えてしまいたい。と考えながら暮らしてましたが


息子が犯罪とか

人様に迷惑をかけるような
道に走ってしまうかもしれない(><)


もうどんな事態になろうが驚かない決意でいても


想像の斜め上をいく予感がします。


なにかあった場合

親なので、どんなアホな子供でも
見捨てられません。


こんな奴はもう知らん。では
済まないんですよね。


3月11日に警察に
捜索届けを出しに行きました。


警察のかたに事情を話してきましたが


成人してる場合、身内でも本人が拒否したら


自宅に連絡するよう
強要は出来ないそうです。

ちょうど震災の時刻に重なって
警察の職員や

署を訪れている人みんなで黙祷したのですが


今も震災で行方不明に
なっている家族を
探している人がいると思うと胸が痛くなり


どんなに愚かな子供でも

どっかで生きてるなら
それでよしとしておこう。



警察に行く前には
友人の
親のルート等探しました。

辞めていた友人のバイト先から聞いた

(これもメチャメチャ大変でした。個人情報の関係で。)

友人の自宅は更地になっていて
家の電話は無く

なんか根が深い問題があるような。


彼らの依存関係も
そのあたりにあるのか。



今は無理に捜索するのは
諦めよう。


それくらい頭が冷えてきました。


今まで自分の知っている人間で


逃げるという選択をして

連絡が取れなくなった人が何人かいます。


その全員と数年経ち
普通に話が出来る関係です。


ずるい人は
ほとぼりがさめると戻って来るよね。


でも、やっぱりこの人は信用できない。


人を見捨てることが出来る
裏切る人だ。の不信感は消えません。


時間が経てば
たぶん息子も連絡してくるでしょう。


それは息子がまた困った時だと予想してます。


その時、自分が親として
どう向き合えるか?


あまり自信はありませんが
なるようになるか~と気楽にしてないと


嫌な記憶がフラッシュバックして

やってらんないのです。


以上だいぶハショリましたが


そんな事がありました。



旦那の誕生日(冬)は
がっかり残念な感じでしたが

私の誕生日(春)には
楽しく過ごしたいと


マイミクさんにウザいくらいに

わたし誕生日っす!とアピしてしまいました。


生きてると

なんでこうなった?

な出来事がありますが


それは自分だけじゃなく

みんなに幸せと不幸はおとずれてます。


いつか笑って話せるわ。


中島みゆきモードになれたらいいな。


まだまだ長くなるんで
続編はその内書きます。


呆れる話を読んでくださり

ありがとうございますm(._.)m

44c5f5b0.jpg
お疲れ様ですm(__)m

ホントに5月も終わりですね。

レディコミ連載作品

我が家の娘
ミックス犬の
『あかちゃん』漫画が
締め切り最中なんですが

少し前に
亡くなってしまったんです。

15歳でした。

担当さんに連載を終わらせること

赤ちゃんが亡くなった
報告が中々出来なくて

苦しかったです。

老犬の介護の話を
書くにあたり

一年くらい続ける予定で
打ち合わせしたのですが

『あかちゃんもうヨタヨタだから一年なんて
生きないかもしれません』

編集の方が
『そんなにヤバいんですか?』心配してました。

自分で言うぶんには平気なんです。

実際は一年以上元気でいてくれて

一緒にいられて幸せでした。

旦那さんが病気で

まだ弱っているときに

亡くなったのですが

病気になってから

初めて旦那が泣きました。

『あかちゃんのお墓の穴が掘れない~っ(T0T)』

確かに不自由な身体では

庭にお墓つくってあげられない。

切実に困りました。

結局近くに住む弟に
手伝ってもらい

無事埋葬出来たのでした。

大事な家族だった
あかちゃんがいなくなり

ガックリしまくりでしたが

ちゃんと、あかちゃん漫画を完結させて

あかちゃんを安心させたいです。

31




http://www.zeppan.com/jfan_ding/project/480

↑このページのトップヘ