2006年11月29日

シンプル丸米パン

さて、久々の成形パンです。

maru2


生地をこねこねして焼く、というのに憧れて
これまでいろいろ試行錯誤してきたわけですが、

結論・・・






小麦グルテンなし、米粉で成形はやっぱ無理!

成形できる固さを維持すればヒビだらけになり、
ヒビの入らないだけの水分を混ぜれば液状化。

それを防ぐための方法はただひとつ。


ゆでる!


こねこねして即「焼く」のは
ひとまずあきらめて、
こねて「ゆでて」おいしいパンを作る、
を目標にしてリトライしてみました。


まずはシンプルな丸パンから。


配合はこんな感じ。


リ・ファリーヌ 135g
コーンスターチ 15g
塩 2g

温水 80〜85g
オレンジジュース 20g

白神こだま酵母ドライ 3g
温水 10g

菜種油 5g



これ、サトワカさんち
米パンベーグルとほぼ同じです。

最初に作った豆乳入りパンから、
余分なものを抜いてできるだけシンプルに、
と思ったら、結局はここに行き着いた。

サトワカさんのところでは
かぼちゃパウダーなのですが、
ここではオレンジジュースで色づけしてみました。

かぼちゃパウダーって、同じグラムでも
モノによって色づきがかなり違いませんか!?

ズボラちゃんはつい手がすべって
いっぱい入っちゃって
真っ黄色になってしまったりするので、
オレンジジュースで色づけがお気に入り。

かぼちゃに比べると
かすかにしか色がつかないのですが、
20g以上入れてしまうと
味に影響が出すぎる気がします。

かぼちゃかオレンジジュースか、
個々のアレルギーの状況、および
味の好みによって使い分けるといいかと思います。

また、コーンスターチがいまいち、
という場合にはタピオカ粉でもOKです。
少々もちっと感が増しますが、
ふっくら仕上がりで悪くないです。
ただ、さめると多少表面がカピカピします。


さて、肝心の作り方については、
サトワカさんちのベーグルレシピに
かなり丁寧に説明がありますので、
ここではズボラちゃん的補足をするに
とどめたいと思います。

水分はベーグルレシピのとおり、
酵母溶かし用の10gをのぞいた
100〜105g(ジュース20gの場合は80〜85g)で
9割方、成形できる固さになります。

ので、10g程度を残して一気に水分を加え、
粉類とこねこねして様子を見て、
足りなければ残りの水分を足していきます。

最初、かなり固いな〜
というくらいでちょうどいいです。
う、固くてこねられないぜ、というくらい。

maru7


菜種油を入れるとつややかに、
扱いやすい生地に変わるので大丈夫。

maru6



型に入れるパンと違って、成形の場合、
「水分を入れすぎると成形できない」
「型に入ってないのでどんどん水分が飛ぶ」
という二重苦なので、
1次発酵はサトワカ師匠の教えどおり、
「小さいボウルに生地を入れ 、
大きいボウルにお湯をはってラップをかけ」

電子レンジの発酵機能を使っています。

1次発酵後、ガス抜きをしてから4分割。

クルクルと丸めます。

maru5


切れ目やヒビがなくなるくらいまで、
手早くクルクルッとお団子にしちゃってください。

はい。
ベーグルに比べて簡単そうでいいでしょ〜♪

ここで再び電子レンジの発酵機能で2次発酵、
といきたいところなのですが、わが家の場合、
電子レンジ付属のオーブンを使用して焼きます。
ここで予熱に入らないと過発酵は必死。

なので、電子レンジはここで予熱を開始して、
2次発酵はちょっとひと工夫。

こんなです。

maru4


小さいパンの場合、この電子レンジ用の
ロールケーキ型がご活躍。
パン生地と熱湯を入れた耐熱容器を入れて
フタをします。

そして、ちょうど35℃くらいになった
浴室乾燥作動中のバスルームへGO!

すかさずお湯もわかしはじめて
待つこと10分、

生地にはけっこう横ジワが入っています。

maru3


これをそのまま焼くと、
ヒビヒビ、表面ガチガチの
ハードパンになってしまうわけですが、
ゆでることでそれは解消できます。

なお米粉パンの場合、1次発酵だけでよい、
というのを複数の本で読んだため、
1次だけ、というのも試してはみたのですが、
成形してから必要なだけ発酵させるとなると、
せっかく作った形がダレダレになってしまうので、
単純な成形しかできなくなってしまうのが難点・・・。
しかもダレダレすぎてゆでられないので、
ヒビを回避するのも不可能になってしまいます。

というわけで、2次発酵の後、
ゆであがったら250℃で15分焼きます。

サトワカレシピでは200℃ですが、
うちのレンジ付属オーブン、
かなり温度が低いようなので
高めに設定しています。

乾燥を防ぐため、
先ほどの2次発酵に使った、
耐熱容器に熱湯を入れたものを
今度は3個用意して、
一緒にオーブンに入れています。


どうでしょう?

maru1


けっこうパンだよね、これ。

ちゃんと発酵していれば、
時間がたってもおおむね柔らかいまま食せます。

もちろん小麦とは違ってモチモチですが、
決してガチガチにはなりません。



さて、ここからは余談なので、
さら〜っと流していただければ幸いなのですが・・・

立ち読みしたくても
本屋に見当たらなかったので、
ついにこの本、Amazon買いしてしまいました。


アトピーにも安心 100%米粉のパン&お菓子


成形パンもある、と聞いたら
読まずにはいられないじゃないですか!

結果・・・

この成形パン、最初に作った成形パンとそっくり!

米粉150gに水分120gというのも同じ。

そうなんです、型入れパンなら
米粉150gに水150gは欲しい水分ですが、
成形だと120g以上入れるとゆるくなって
成形不可能になってしまう・・・。

120gでも食べられないことはないけれど
表面がガチガチでヒビだらけになってしまう。

そこで豆乳を入れたりジュースを入れたりと
試行錯誤してきたわけなのですが・・・

やはりプロでも通る道は同じ、
と思うと妙に安心してしまいました。

確かに「ゆで」なくても
食べられないことはないのですが、
私たちが食べたいのって、
小麦によく似たパンじゃなくて、
米粉だけど小麦以上のなにかがあるパンなんだよね。

これならある意味、小麦よりおいしいじゃん!

これなら小麦がなくたって生きていけるじゃん!

大げさだけど、そんなパンがあれば
元気が出そうな気がして、
それで夢中になって米粉かき混ぜてるんだよね。

なるほどものめずらしいし、たまになら
食べてもかまわないかな、というパンではなく、
自分の子どもが毎日食べたくなるような、
そんなパンを作るのが理想。


今回、またまた人の褌で相撲を取るというか・・・
サトワカレシピの焼き直しをしてしまいましたが、
なぜまたあえて、というならば
このパンのおいしさを是非小麦アレルギーの
みなさんにも味わっていただきたいからです。

作り方慣れちゃえば
○カットパン買うよりも安くあがりますよ〜!

ベーグルが難しかったという方、
是非丸めてみてください。


以下次号、成形餡入り編に続く! ・・・かもしれない。
この記事へのコメント
いいな〜美味しそうです
どっかで見たことあるような美味しそうなパン
あっ!!そうだ ハイジのパンみたい
あのハイジが 食べてたパンだよ
本当 ふかふかしていて 美味しそう
米粉のパンは 美味しいですよね

私も同じ本買ったのですが 明日は ういろうのおやつの日 のってたさつま芋のういろう作ってみました ういろうに豆腐???え〜e 
祐たんの お気に入りになりました

 
Posted by 祐たんママ at 2006年11月30日 00:30
いやされます、この丸いカタチ・・・。
ふかふか、ほんわかおいしそう〜〜♪

小麦にないものがある米粉パン!
そうですよね〜〜、これならまぁいっか?、じゃないんですよね。
おいしいパンが食べたい!!

すっかり粉を忘れてる生活で、米三昧。
あまりの炊飯量に、ちょっとビビリ気味・・。
おいしい米パン、焼きたくなってきましたー!
Posted by こむぎこ at 2006年11月30日 00:43
美味しそうです!
コレなら私にも出来るかも?と思いたくなるようなレポート、ありがとうございます♪
しかも、材料が家にあるものばかり!
でも、発酵ができるかな・・、とちょっと弱気^^;
是非トライしたいです♪

○カットパンって、固いので、息子、イマイチ好きではないよう・・・。
小麦以上のパン、食べてみた〜い(゚ー,゚*)ジュルルル
Posted by アン カフェ at 2006年11月30日 01:24
あー、ふんわかとってもおいしそう!
素敵だわ!
じつは私もこの本買いました。
型入れ米パンのまずさにキレ気味でしたがこのまんまるかわいらしい米パンを見て癒されましたよー。
やっぱり気持ちの込め方が全然違うんじゃないかな。
我が子が毎日「食べたい!」って言ってくれるようなパンをつくってあげたいとゆう気持ち。
頼まれたからちょっと考えてみました、こんなんできました〜、みやすいわよ、小麦なしよって感じのレシピでしたものね。
今日は午後半休にしたのでさっそくやってみますね。
Posted by のぶりん at 2006年11月30日 09:22
成形パンの作り方、茹で方も載せちゃってください♪
リンクしたいです(*^_^*)
そうそう、固めでないと具が入れられないんだよね。
ゆるい餡だとイマイチ溶けちゃって作りにくいから
パン用の餡を取り寄せちゃったよ♪
(パン専用のあんこは市販の餡より固いんです)

この本の成形パンには本当にガッカリした…
そんなのもうとっくにやっちゃったよ!
このガチガチでは固くて具がはさめませんからー!
みたいな。
食パンはまだ良いかな、と言う感じ。

Posted by サトワカ at 2006年11月30日 09:54
さらに続き

ゆでる方法、かぶっていないかとあちこち探したら
共立さんとかも茹でてるんだよね。
もう一人ベーグル作っている人がいたけど
上新粉で作っているから多分水分量がまったく違うはず。
配合も違うし多分かぶってはないです。

共立レシピは油分がないからあのレシピでは長時間
持たないんだよね…しかもちょっと固そう。
最近こっそり?水分量を変えた気がする…
以前計算した時はぜったいこれこの時間じゃ
大きさまったく変わらないから!と思ったような。
給食や代替を視野に入れると
最終的にはeriレシピにいきつきます(笑)
やっぱ豆乳はすごいよ。

Posted by サトワカ at 2006年11月30日 09:57
実は…この本の成形パン見たときまっさきにeriボンの事を思い出したよ。『あれ?すごいレシピにて無い?』 ← だったら早く言え〜っ!

でもワタシは作りましたよ本の通りに。予想は出来てもやってみました〜、結果ガチガチでしたから
営業妨害するつもりはないのでこれ以上は書きませんが、パンはeriボン&サトボンに勝るものはありませんからっ!
でもお菓子のほうはちょっと手を加えると美味しく出来ると思わない?最近、いかに小麦に近づけるかに拘っているので素朴な食感では満足できなくなっているんだよね〜(苦笑)
昔のワタシならばこの本のレシピでも許せたかも
Posted by nous-avons at 2006年11月30日 12:37
>祐たんママさん

ハイジの白パン?あれ、憧れだったよね〜!
ウフフ、同世代♪

ういろう、おいしそうですよね。
簡単そうだし今度やってみよう!
ういろうって確かこむぎこさんもやってなかったっけ?
この本のレシピだと大豆アレさんNGになっちゃうけど、
こむぎこさんちのはどうだったかしら???
Posted by eri at 2006年11月30日 13:38
>こむぎこさん

ねえ、ういろう作ってたよね!?
過去記事見に行ったけど見つからなかった〜!
つなまよさんちのコメントで見たんだったっけか?

本文とまったく関係のないレス(質問!?)ですみません(^ ^;
牛角、是非チャレンジしてみたいと思います!
Posted by eri at 2006年11月30日 14:09
>アン カフェさん

Aカット○ン、あたため方にコツがいりますよね〜。
あと少々子どもには噛みごたえありすぎかな〜。
これ、小麦以上じゃないですよ、念のため!
でも小麦にはないよさはあるかな、と思います。

ゆでる場合、多少過発酵ぎみでもなんとかなっちゃう気がします。
発酵のいかんによって、時間をおいてからのガチガチ度に影響が出ますが、
すぐに食べるのであれば、ゆでるというだけで
けっこう食べられる食感になってくれるので
気軽な気持ちでやってみてくださいまし♪
Posted by eri at 2006年11月30日 14:18
>のぶりんさん

今、ものすご〜くドキドキしています。
うまくいかなかったらどうしよう〜!
でもきっとあのハードパンよりはマシよ〜!
・・・ヤベ、言っちゃった!
ハードパン、なるほどフランスパン的にハードな
パンと思えばありかな、とも思いますが、
除去しているアトピーっ子の多くはちびっ子なので、
小麦なみに食べやすい柔らかいパンを作りたい!というのが親心。
←親心=執念ともいう・・・

型入れパン・・・米粉だけ、は無理がありますよね〜。
以前、私はのぶりんさんにでんぷん系1割、と教えてもらってから
米粉クッキングの世界が一変しました。
のぶりんさん、私にとっては恩人です!
なんだよ米粉だけかよ〜、と本を見てガッカリしたけれど、
スターチとか入れてたら入れてたで、パクられた!と思ってしまいそう(~ ~;

Posted by eri at 2006年11月30日 14:28
>サトワカさん

がびょ〜ん!やっぱ茹で方がないとダメですか、師匠?
茹で方は師匠の美しいベーグルの遊泳をご覧ください、
ってことではいけませんか!?
やっぱあそこが一番テンパッてるから、
ついつい撮り忘れるし、撮ってもカメラ曇るんですけど〜!
でも、根がマジメなもんで今日はちゃんと撮ってみた!
ぎょっ!鍋グラグラ煮立ちすぎてパン踊りまくり!
パンより泡の方が多いこの画像はなに!?

今さらですが、茹でるときは強火ですか?中火ですか?
食事系なら必須の火加減の記載を忘れていたことにはじめて気がついた!
Posted by eri at 2006年11月30日 14:36
>サトワカ師匠、よろしく〜〜〜♪

パン用の餡を取り寄せたですって!?
実は次はあんぱん挑戦、と思っていたわたくし。
師匠がやる気なら、そのレシピを待ってからにしよ〜っと♪
(←だ、だめ?許されない?)
カレー入れたり、クリーム入れたり、爆発必死なので
あまりアップしてないんだけど、実はけっこうゆでている餡入り系(~ ~;
師匠の餡入り成形のコツに超期待!

豆乳入りは確かにしっとりする・・・。
でも大豆アレだとダメだし、大豆セーフにしても使いすぎたくはない。
やはりアレルギーっ子の母としては、
自分では毎日食べないであろう料理研究家と違って、
そういったアレルギー食材への配慮だけは忘れたくないよね〜。
Posted by eri at 2006年11月30日 14:47
>nous-avonsさん

ええーーっ!早く言ってよー!買っちゃったじゃーん!

とはいえ市販本でこれだけのものが出れば多くの人が助かるし、
パンも、ゆでるくらいならこのパンでいいや、って人が多いかも。
(いや、だったら大人しく○カットパン買うか!?)
除去クッキングも長くなると、本買っても
どっかで見たようなレシピだったりするよね。
成形パンは、やっぱプロでも配分は同じかい!と思ったし、
正直、マフィン系はnous-avonsさんやこむぎこさんの
パクリかと思いました。←ヤベ、言っちゃった!
炭酸水や違う粉を使って工夫するあたりがやはり親の執念?
でも、そんなに何種類も粉使うの面倒!って人も多いだろうし、
こういう本が増えてくれるといいですよね♪


↑フォローになってる・・・よね?ね?
Posted by eri at 2006年11月30日 15:01
私もこの本のパン、いくつか試したけど、成功したと思えたことないです。腕が悪いのかと思っていたけど…それだけじゃない面もあるのか??

やっぱり茹でが大切なのね!
面倒くさがらずに、修行を積んで、次回の給食に備えよう…。
と言っても、来月は、パンはないみたい。
ミニケーキはあるけど…!
まあ、今それどころでもないんだけどね…。
Posted by たんぽぽ at 2006年11月30日 19:04
ワオー!
ういろうですね!
確かつな殿のコメントに・・・。

上新粉1カップ、砂糖1カップ、水1.5カップ(←水の量があいまい・・・2カップだった気もする・・・)
これを泡だて器などで良く混ぜて、縦に深い耐熱容器(タッパー)でふんわりラップして8分チン。
ちょっとふるふるでも、そのまま一晩くらいゆっくり冷ましてから容器から出します。
(お急ぎなら、大きい容器に水張って冷やしてもOK!)

で、砂糖ですが、授乳期だったので半分に減らしてつくってました。
3割は減らした方がよさそうな気がします。
あまりかたかったら、次は水分を増やしてください。

抹茶小豆、ブルーベリージャム、コーヒー、黒糖、お好みでフレーバーを作れますよん♪
すっかり作っておらず、忘れてしまっていますがー。
Posted by こむぎこ at 2006年11月30日 19:38
はじめまして。いつも楽しく読ませていただいています!おいしそうな成形パン私もうまく焼けるようになりたいです。そこで質問してもよろしいでしょうか?!

eriさんはオーブン機能付レンジご使用とのことですが私も同じです。オーブン余熱時間中の2次発酵はお風呂の乾燥機で工夫されているようですが、我が家にはありません(><)台所をなべをいくつも沸かして暑くしたり、発砲スチロールの箱にお湯をはったりしていますがイマイチです。そこでふと思いついたのが2次発酵後に茹でる・・・ということは茹でたらこれ以上発酵は進まない(イースト菌たちは全員焼死)のでオーブン余熱時間中しばらく茹で上がった状態で放置してもよいのでは?!と思いました。ただその方法だと焼き上がりが硬いような気がします。私が下手なだけかもしれませんが。やはり茹で上がった直後にオーブンに入れるべきでしょうか?


Posted by 名無し at 2006年11月30日 21:13
続きです。
私もこの本買いましたがeriさんのパンの方が断然良いと思いました(^^)
Posted by 名無し at 2006年11月30日 21:15
>たんぽぽさん

アレルギーの寛解も園との関係も、
母の努力とは必ずしも比例しないと思います。
たんぽぽさん、お酒は飲める方ですか?
ご近所なら、一杯が〜〜っとやりにいきたいよね〜。
←あなた授乳中ですが!?
私は落ちこんだ時にはかくしておけない激情型のB型人間なので、
子どもの前でも平静を装えず、
「ちくしょ〜、なんで食べられないんだよー!」
とか叫んでしまったりしてます・・・。
悔しさを正直に吐露して子どもと共有することも
マイナスばっかじゃないよね、と都合よく考えたりして。
nonくんは、きっとお母さんの苦労、わかってくれる子に育つと思う。
気が向いたら是非またお話聞かせてください。
なんの力になれるわけでもないけれど、
アレルギーっ子の母同士、激情を共有することで
少しは気持ちが軽くなるかもしれませんから!
Posted by eri at 2006年11月30日 22:40
>こむぎこさん、ありがとう!

やたーーっ!
ありがとう!保存版にする!
あの頃、まだ授乳期だったの!?
長くがんばってたのね。尊敬・・・!
ういろう探してこむぎこさんちを徘徊してるうちに、
ぽち子ちゃんの成長振りを見ながらすっかり読みふけってしまった(^ ^;
立派なお嬢さんに成長したよね〜。
幼稚園も楽しみですね♪
Posted by eri at 2006年11月30日 22:47
美味しそうにふんわりに見えます〜!

最後の方の日記の内容、うなずけます!!
たまにならいいかとか、米粉でこのぐらいならよしとしよう!とかじゃなく、普通にやみつきになるようなパン、焼きたいですよね〜!

私は密かに今日、クリスマス用のスポンジに挑戦してみましたがふくらみが悪く、次回にもちこしです。

いっぱい先生方がいるから、参考になります!!
Posted by にゃんたま at 2006年11月30日 23:10
>名無しさま、ご質問ありがとうございます!

名無しではさみしいので、記号みたいなもんだし、
なにかお名前付けていただけるとうれしいです(^ ^)

茹でた後・・・は、やはりできるだけ早くに焼き始めるのが理想だと思います。
成形パンの場合、型入れに比べて水分が少ないので、なんとか水分を補うべく1次発酵では大きめのボールにお湯を張ったり、2次発酵、焼きの段階でもお湯を入れた耐熱容器を入れたりしています。
もともと「茹でる」という工程自体、少なすぎる水分を補うためにやっている部分が大きいので、茹での後に放置して、みすみす水分を蒸発させてしまうのはあまりにも惜しい!
Posted by eri at 2006年11月30日 23:53
>さらに名無しさま

多少固めでもよしとするか、
面倒でも茹でてみるかの選択なんですけどね(^ ^;
息子の場合まだ小さくて、やわらかくないと食べたがらないので、
わが子に食べてもらうためには茹でてやるか!という感じです。
本来は面倒くさがりでできるだけ楽にやりたい性分なので
なんとか茹でずにできないものかとない頭をひねりましたが、
ひねってるうちに茹でちゃった方が手っ取り早いみたいです。
茹でても多少噛みごたえはありますが、
けっこうおいしそうに食べてくれています。
Posted by eri at 2006年12月01日 00:00
>にゃんたまさん

将来的に小麦セーフになったとしても
食べたいようなパンができたら最高だよね!

いよいよ出産まで秒読みですね。
ケーキで立ち仕事して無理しちゃダメよ〜!
クリスマスにはきっと家族が増えていますね。
Posted by eri at 2006年12月01日 00:11
すごいです!
はじめ写真みたときあまりの美しさに
米パンだと思わなかったです!
「これがeriさんの米パンか〜!」と感動しました。

私がやると茹でてもヒビ入るんですよね…
丁寧に作ればそれも解消されるのかしら。
もう、eriさんってばすばらしいです!

最近米パンも作ってなかったので
やわらかいパンがお好みの息子のためにも
さっそく作ってみようかな♪
素敵なレシピ、ありがとうございます!
Posted by まめ at 2006年12月01日 00:42
そうそう ういろう 以前水無月作るのにてこずって こむぎこさんの教えていただいたんですよね
簡単に出来るよ〜って
今回のさつま芋ういろう ちょっと豆腐チックな味は 口の中に広がります
そうそう ひそかに思っていたのですが
私も言ってしまおう いいよねごめんなさいね
あの本のパンたちは 私の先生たち(もちろんeri様も その中の一人)から伝授されたことが 確かに多くて 豆乳 ジュース ひそかに知ってるも〜ン♪って思ってしまった 私です
そして 私の周りには スペシャリストが多いことを改めて感謝しました
なので パンはまだ作っていないの だって美味しいくて丁寧なレシピ付きのパンがあるもの

感情を隠せないB型 ここにも居ます
よく あんたわかりすぎだよって言われる
たまにA型も出てくる そうです私はへんてこAB型
一杯いきた〜ぃ 私も入れて〜って じつはゲコです
Posted by 祐たんママ at 2006年12月01日 07:05
私は強火でグラグラやっちゃってますが
本当はそんなに強火でなくても良いんですよ。
沸騰直前とかそれくらいでプツプツ温度で
1分程度茹でるのですけど、何せ最初は
パンの初心者が多すぎて生焼けになった!とか
うまくできない!とか結構あったんで
アレっ子に生焼けは厳禁なので確実に火を通させるために
ぐらぐらしっかり茹でていました。
本当は、もう少し低い温度でさっと茹でる
くらいの方がしわしわも少なくて綺麗なんですよ(笑)
と、言う事でレシピにあわせてお好みで。

小麦はあんまりゆですぎると固くなるけど
米粉はどうなんだろうね。最近茹でて無いから
すっかり忘れてしまいました。
Posted by サトワカ at 2006年12月01日 11:31
>まめさん

いや、これあくまでもサトワカ配合だから!
やっぱサトボンがすごいです。
私も茹でてもヒビ入ることあります。
これさ〜、もしかして発酵足りないと
かえって茹でたあとにものすごいヒビ入ってきませんか?
逆に過発酵で横ジワ入りまくりでも茹でると解消される気がする。
シワを入れまいと思って発酵時間を短めに、と思ってきたけど
どうやら逆だって気がしてきました。
1次、2次、としっかり発酵させちゃった方がパンらしくなるみたいです。
Posted by eri at 2006年12月01日 12:06
>祐たんママさん

やはりアレルギーに配慮すると、おのずから使える材料が限られてくるから
最後は同じようなレシピに行き着くんでしょうね〜。
もう知ってるよ、と思うほど
アレルギー歴が長くなってきたということかしら・・・
もうぜ〜んぶ知ってるもん!と思う頃には
アレルギー卒業できてるといいんだけどね〜(~ ~;

下戸いいじゃないですか!
酒代安くていい気持ちになれるってことよ!
B型、ためておけない性格って本人の精神衛生上けっこうお得よね。
家庭内トラブル(!)の際には、是非ご自身の
B型部分を全開にして、強気で乗り切ってくださいね♪
←いけない!これじゃあ鬼嫁のススメだ!
Posted by eri at 2006年12月01日 12:14
>サトワカさん

私も振り返ってみればグラグラだった。
けっこう2次発酵終わりかけてから
「しまった!お湯わかすんだよ、お湯!」
と慌てて用意することが多くて、
「よし!沸騰した!ぶちこめ!」って感じで
火加減まで気を使ってる余裕まったくなし(^ ^;

今日はお湯にはちみつ少量を入れる戦法に出てみた。
これ、かなり焼き色よくなりますね。
Posted by eri at 2006年12月01日 12:47
早速作ってみました!
ひび入りませんでした、感動〜♪

確かに、前は茹でた後にメリメリとひびが入ってました。
茹でてるのにナゼ〜?といつも思ってました。
発酵が足りなかったのか。納得!

↑のコメント投稿で何度もエラー出してしまったので
重複してたかもしれません、ごめんなさい!

Posted by まめ at 2006年12月01日 13:44
返信ありがとうございます!
やはり茹で上がったらオーブンへダッシュ!ですね。私同様小じわの目立つ肌には保水が必至なんですね。あと発酵も!頑張って2次発酵工夫してみます。
かなりの横着者の私も余計な手間は省きたい・・・のですがハード系のパンは苦手なので多分子供も同様食べにくいのでは?と思い柔らかいパンを焼きたいと意地になっています。見た目も味も満足のいくパンが自在に焼けると良いですね!

PS:ハンドルネーム、取り急ぎなので良い名前思いつきませんでしたm(--)m 次回こそ!
Posted by 名無しのごんべ at 2006年12月01日 21:07
>まめさん

見ました〜!
さっそく焼いてもらってうれしいです!
いろいろ焼いてるまめさんにそう言ってもらえると本当にうれしい。
お互い情報交換しながらいいものが作っていけるといいですよね♪

○ivedoor、私も全然コメント入らないことあります(= =;
マジで引っ越したいです。←1年くらい言ってるヤツ
できるなら、FC2に。
米粉メロンパンができるのと引越しできるのとどっちが早いかしら!?
Posted by eri at 2006年12月02日 22:50
>ごんべさま♪

ドキッ!その言葉耳に痛いわ。
2次発酵後の生地の横ジワ、確かにまるで鏡を見ているかのよう・・・
発泡スチロール発酵は、サトワカさんもこむぎこさんも
言ってたので、私もロールケーキ型に入らなかったら
やってみたいと思っていたのですがダメですか?
子どもにはやわらかいパンを食べさせたい・・・
横着なうえに不器用な私、○カットパンなどは
レンジでつい加熱しすぎちゃってガチガチになったりとか、
失敗を繰り返してたので、焼きたてのふわふわパンに憧れて、
かえって面倒な成形パンの世界にハマってしまいました(^ ^;
1人で試行錯誤できる範囲は限られているので、
情報交換しながらおいしいもの作りましょう!
是非また遊びにいらしてください♪
Posted by eri at 2006年12月02日 23:01