決して毎日というわけではない。
せいぜい1週間に数回あるかどう
かというところだ。

自分の中から「何か」が脱け出してしまったよ
うな感覚に陥ることがある。
自分のアイデンティティが溶けてしま
ったような感覚に陥ることがある。

自分の中に、大きな空洞がある
ことを意識せざるを得ないのだ。

そんなとき。
見えてはいるのに観
ていない。
聞こえているのに聴いていない。

自分が「今ここ」
にいないみたいだ。
周囲の世界にリアリティが感じられないのだ。
リアリティが無いくせに、周囲の世界のすべてが不快なのだ。

ウザ
ったいのだ。
重たいのだ。
そして、とても哀しいのだ。

あらゆるモ
ノが俺をザワつかせる。
すべてが俺を刺激する。
抗鬱剤や精神安定
剤も効きやしない。

この感覚には堪えがたい。
だから俺は目を閉じ
て、耳を塞ぎ、あらゆる刺激を遮断しようとする。

しかし、空気の
流れが俺の皮膚に絡みつく。
結局は、遮断することなんてできない
のだ。

・・・

かみさんを亡くしてしまった。
独りぼっちになってしまった。

あの瞬間以来、
俺は世界の周縁に排除されてしまった…と思っていた。
そして、世界の周縁は淋しいけれど、そこは安住の地でもある…と感じていた。

だが、自分
でも気づかないうちに、俺は周縁から中心に戻されてしまっていたらしい。

そこには義務があり、責任がある。
そして何より「
関わり」がある。

それから遠ざかり、それを排除し、それを破壊し
たかったのに、俺は今、「関わり」の真っ只中にいるのだ。

だから俺は、世界が嫌いだ。
だから俺は、自分が嫌いだ。
そして俺は、生きていることが大嫌いだ。

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ

にほんブログ村← いつもありがとうございます。ポチッとクリックお願いします。